fc2ブログ

自然を生かした園内に250品種! ――吹上しょうぶ公園

2022.06.12

 塩船観音寺愛宕神社に続く青梅市の花の名所シリーズ。

吹上しょうぶ公園は青梅市街地の北に連なる霞丘陵の谷あい(谷戸)に位置し、谷戸の貴重な自然環境の保全を目的に整備された。地理的には塩船観音寺の谷戸の西隣にあたる。

――霞丘陵の一角、勝沼城跡歴史環境保全地域に囲まれた谷戸と、その周辺の環境資源を積極的に活かし、ハナショウブを主体とした公園として整備しています。青梅市HPより)


20220612 Fukiage-hanashobu-1120220612 Fukiage-hanashobu-12


JR青梅線 東青梅駅近くの青梅市役所仮設駐車場に車を止めて歩いて向かう。
せっかくだから街歩きも兼ねようというわけだが、着いてみると公園の駐車場はすでに満車。正解正解!


20220612 Fukiage-hanashobu-1320220612 Fukiage-hanashobu-14


3年ぶりとなる「吹上花しょうぶまつり」開催期間につき入園料を払って入園(中学生以上200円)
なお、花しょうぶまつりは6月26日(日)まで開催。


20220612 Fukiage-hanashobu-2620220612 Fukiage-hanashobu-27


約2.1haの園内には約250品種のハナショウブが植えられている。
尾根に抱かれた谷戸という地形から、建物が視界に入らず花を観賞するには最適な環境というのがこちらの売り。


20220612 Fukiage-hanashobu-2920220612 Fukiage-hanashobu-30


ところで花菖蒲園というと池や湿地をイメージするが、日本原産のアヤメ科アヤメ属(Iris)のうち、カキツバタは水生植物だがアヤメは陸生、ノハナショウブ(ハナショウブの原種)はその中間の環境に分布する。
したがって水につかりっ放しの状態はハナショウブにとって好ましいわけではなく、多くの公園で水が張られているのは“絵づくり”のためらしい。
この公園では開花時期でも水のない畑状態で管理されており、本来の生育環境に近い状態のハナショウブが見られるという。


20220612 Fukiage-hanashobu-18
20220612 Fukiage-hanashobu-1920220612 Fukiage-hanashobu-20
20220612 Fukiage-hanashobu-28


ぐるっと見て回って、時刻は11:30。
園内は飲食禁止だが、出口を出た駐車場まわりにはいくつかフードカーが出ている。

(つづく)


20220612 Fukiage-hanashobu-2420220612 Fukiage-hanashobu-25


[DATA]
吹上しょうぶ公園
東京都青梅市吹上425番地
https://www.city.ome.tokyo.jp/soshiki/24/124.html





[Today's recommendation]

wachat220612-11.jpg




https://youtu.be/eUquh5xTP4M



20220612 Fukiage-hanashobu-31


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
懐かし度の断然高い 【阿佐谷ホープ軒】 Jan 28, 2023
週末にしっぽり🍶 【大清かまぼこ店】 Jan 27, 2023
人気ラーメン店シリーズ? 【ラーメンサニー】 Jan 26, 2023
この異常な物価高において 【◯つばき食堂】 Jan 25, 2023
人生最高“峰”レベルな…! 【イタリアンレストラン トスカーナ】 Jan 24, 2023
ノスタルジック街中華への道 【中華 柳屋】 Jan 22, 2023
新酒を一献 【こばやし酒店】 Jan 21, 2023
大福いろいろ 【花みずき】 Jan 20, 2023
こういうユルいの 【白樺】 Jan 19, 2023
普通・薄めで! 【武道家 吉祥寺店】 Jan 19, 2023
Hope & Peace! 【村山ホープ軒 本店】 Jan 17, 2023
“特賞”で、おすし🎊 【すし小島】 Jan 15, 2023
Ranking
          
          
Category
Category-2