fc2ブログ

料理にも北欧の世界観 【カフェ・プイスト】

2022.03.06

 前記事の続きで、昼ごはん編。


20220306 tovejansson_acfpark-5120220306 tovejansson_acfpark-52


簡単におさらいすると、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は1997年開園の飯能市の児童公園で、ムーミンの世界観を再現するというコンセプトのもと運営されている。
有名な「ムーミンバレーパーク」とは別施設で、こちらのほうが20年以上も歴史が長く、知る人ぞ知る的人気スポットである。


20220306 cafepuisto-1120220306 cafepuisto-12


園内にある「Cafe Puisto(カフェ・プイスト)」は2018年オープン。
ほかの建物とともに丘陵の自然に溶け込み、ムーミン谷の景観をつくり出している。


20220306 cafepuisto-3620220306 cafepuisto-37


ちなみに“Puisto”はフィンランド語で“公園”を表すとのこと。
東京都立公園売店も“Parks”だが、こっちのほうがだいぶハイセンスっぽい。


20220306 cafepuisto-13


前記事に書いたようにハイキングコースを断念し、午前11時とちょっと早いがランチにしようと。


20220306 cafepuisto-1420220306 cafepuisto-15

20220306 cafepuisto-1620220306 cafepuisto-17


やはり前記事のように園内他施設同様こちらも土足禁止。
飯能の特産 “西川材”が内装に使われ、足の裏から木のぬくもりを感じてもらおうとの配慮かと。


20220306 cafepuisto-1820220306 cafepuisto-19


店内は、入って右手がテーブル席のあるホールで、左はキッズスペースになっているもよう。
入店時点で先客はキッズスペースに1組で、ホールは貸し切り状態。
ラッキー♪


20220306 cafepuisto-2020220306 cafepuisto-21


注文は、テリヤキチキンのオープンサンドと、ヤンソンフレステルセ(北欧のアンチョビグラタン)。


20220306 cafepuisto-2220220306 cafepuisto-23

20220306 cafepuisto-2420220306 cafepuisto-25


コンセプト的には一貫性を感じるが、ほかの建物のおとぎ話的要素の強さに比し、こちらは装飾やBGMなど現実世界っぽい。
ハイファンタジーとローファンタジーの違いというか、そもそも食べ物を扱っているというリアリティかも。


20220306 cafepuisto-5320220306 cafepuisto-54


オープンサンドは“スモーブロー”と呼ばれる北欧の伝統料理。
北欧ブームのなか、料理の世界でも北欧文化は注目されつつあるらしい。


20220306 cafepuisto-5520220306 cafepuisto-56


付け合わせはレタスサラダとキャロットラペ。
シンプルなサワードレッシングとラペのクミンの香りが食欲をそそる。


20220306 cafepuisto-2820220306 cafepuisto-29


ヤンソンフレステルセ(“ヤンソンさんの誘惑”の意)のネーミングは、菜食主義の宗教家であったヤンソンさんが、あまりにおいしそうで誘惑に負けて食べてしまったことから(諸説あり)


20220306 cafepuisto-3020220306 cafepuisto-31


アンチョビとじゃがいもという鉄板コンビで、北欧の家庭料理らしくシンプルで素朴な味わい。
ライ麦のパンがよく合う。


20220306 cafepuisto-32


もう少しゆっくりしたくなったので、追加で飯能産和紅茶とラムレーズンのシフォンケーキを頼む。


20220306 cafepuisto-33


香り高い紅茶だが味は穏やかで、和紅茶とはこういうものかと知る。
大きなマグカップにたっぷり。
ケーキは甘さも食感も軽いので、食後でも難なく食べられる。


20220306 cafepuisto-43


ソーサーに使われている皿がイッタラ;Iittalaだったり、ケーキを食べ終わるとムーミンのイラストが現れたり…。
楽しめるポイントいろいろ。


20220306 cafepuisto-35


お店を出たのが12時近くで、結局、最後まで貸し切り状態。
外はずいぶん人出も増えているだけに不思議な感じがする。


20220306 cafepuisto-38


目に見えない魔法がかかっているかのように。


20220306 cafepuisto-3920220306 cafepuisto-40


[DATA]
カフェ・プイスト(Cafe Puisto)
埼玉県飯能市大字阿須893-1
https://cafepuisto.hiyorifarm.com/
https://www.facebook.com/cafepuisto/
https://www.instagram.com/cafe_puisto/





[Today's recommendation]

wachat220306-22.jpg




https://youtu.be/d3SEJSK_jqg


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 記憶の場所

戸田鉄郎さま

やっぱり混同してましたか。
そそっかしいのが自分だけじゃなくてホッとしました ^^;

ご指摘のとおり商業感なく雰囲気もよく…。
ああいうのはニガテだけど、こういうのは大好きです。

ぜひ再訪してみてください!

記憶の場所

おはようございます‼️
(〃´▽`)ノシ☀️

まだ東京に出てきて
まだ間もない二十数年前
小手指に住んでいた友人と
このキノコの家を見た記憶があります

私もてっきりその場所が
今のムーミンバレーに
なったのかと思ってましたが
まるで別の場所だったんですね
( ̄□ ̄;)!!

あちらは商業感アリアリで
正直今一つでしたが
こちらの方が雰囲気良さげ
ランチメニューもそそられますので
機会があったら訪問してみます
ヽ(*´∀`)ノ
Latest Articles
こんなつけ麺がいい! 【大王ラーメン】 May 15, 2022
食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】 May 13, 2022
めぐるめぐるよ… 【名代にぼしラーメン 時代屋 保谷駅前店】 May 12, 2022
朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】 May 10, 2022
思いがけぬ地誌探訪 【福生加美上水公園ビジターセンター】 May 08, 2022
満足度100%超え! 【ますや】 May 07, 2022
東京三大〇〇🍡 【新鶯亭】 May 06, 2022
鳥居前のレトロ茶屋 【東照宮第一売店】 May 05, 2022
昭和時代の“東京の”博多ラーメン 【九州ラーメン 博多っ子 新宿店】 May 04, 2022
いわゆる聖地巡礼? 【大酉茶屋 田々】 May 04, 2022
熱々ふわふわの奥多摩名物 【へそまんじゅう総本舗】 May 03, 2022
うま味豊かなきのこ汁&香り高いそば 【そばと茸の里】 May 02, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2