fc2ブログ

小だぬき発見! 【シャトー洋菓子店】

2022.01.16

 たぬきケーキというものに興味があって、これまで(たぶん)3回取り上げている(「サン・ローザ」「ファンフル」「モンテリマール」)。
バタークリームを使った昭和時代のケーキだが、レトロ感がウケていまちょっとしたブームらしい。
ブーム前にも一定数コアファンはあったようで、「全国たぬきケーキ生息マップ」というサイトもあり、マイブーム初期から参考にさせてもらっている。
といっても行動圏に残っていたのは3店のみで、それが上のリンク先というわけだ(サン・ローザは閉店)。


20220116 château-1120220116 château-12


たぬきマップの精度はかなりしっかりしているが、Googleマップにも漏れはあるように、完璧ということはないだろうと、古いケーキ屋さんを見つけると店内をのぞき込むクセがついた。ケーキ屋さんは入った以上、買わずには済まされない対面システムだから、外からのぞき込むと。
だがそれでたぬきを発見したことはない。


20220116 château-1320220116 château-14


そんな感じでのぞいていて、お店の人と目が合い「どうぞ♪」と声をかけられ、逃げるように立ち去った前科があるのが「シャトー洋菓子店」である。


20220116 château-2120220116 château-22


村山団地に隣接する団地西通りの商店街。
いわゆる衰退商店街に立地するお店だが、昨秋、なぜか推薦するコメントが2件立て続けに寄せられた。
そのうち1件には「小ダヌキ発見しました」とある。「全国たぬきケーキ生息マップさんにも載っていないようです」と。
やっぱり漏れはあったのね ヾ( ̄ω ̄〃)


20220116 château-1520220116 château-16


前記事の続きじゃないが、せっかくこの商店街に来ているのだから寄ってみる。


20220116 château-1720220116 château-18


小だぬきはプチフールという詰め合わせに生息していた。
10個入りと15個入りのあるこのセット、いずれもタヌキ的なオールドスタイルのケーキのようである。


20220116 château-1920220116 château-20


「たぬきケーキはずっとつくり続けてこられたんですか?」と聞くと、「はい、プチフールは初代のつくる昔ながらのケーキのセットなんです」とおねえさん。

初代の昔ながらのケーキと2代目の現代感覚のケーキの両方を扱うのがこちらの特徴という。


20220116 château-2820220116 château-29


プチフールはすべてバタークリームのオールドスタイル。
昭和の人間には宝石箱のように映るといったら大げさか。


20220116 château-23


ただしこの数量、消費期限は1週間というが、2人暮らしの僕らにはビミョーである。
悩んだ末、子どもが帰ったときの楽しみということにして、今回は見送り。
ケーキ単品で、初代のモカロールと2代目の生チョコタルトを購入。


20220116 château-24


バタークリームを使ったモカロールはひたすら懐かしい味わい。香りもスポンジ生地も昭和そのもの。
50年前にタイムスリップするかのような感覚。

プチフールのもろもろへの期待感も、むろん高まる。


20220116 château-25


[DATA]
シャトー洋菓子店
東京都武蔵村山市学園3-64-19
https://4810cake.jimdofree.com/
https://www.facebook.com/shatoyogashi/





[Today's recommendation]

wachat220116-22.jpg




https://youtu.be/omzg05Sa494



20220116 château-26


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

marinさま

ハイカラなものがどんどんできて世の中が輝いていた時代が思い出されるようなお店ですね。
サバランはショーケースの真ん中にあってどっちの写真でも切れちゃってて残念な感じなので、ちょこっと写ってる1枚を追加しました。
この商店街は道が広く車が少ないので路駐でも… とも思いますが、400m北のミニストップ向かいに市の駐車場もありますので、ぜひ行って真相を確かめてみてください!

Re: 小だぬきon the run

鍵コメIさま

情報ありがとうございました。
完成度の高いタヌキたちに感動しました。
早いうちにプチフール試してみたいです。

No title

大昔(40~50年前)にひばりヶ丘駅にあったケーキ屋さん「シャトー」とそっくりの看板で、驚きました。
私にとって、子供の頃に初めて知ったケーキ専門店で、シャトーができてから、わが家の誕生日もクリスマスケーキも父のお土産もシャトーのケーキになりました。
お店のHPやフェイスブックを見たら、当時の記憶そのままのサバランがのってて、「おぉ、これこそシャトーのサバランだ!」とひとりで歓喜しました!
ひばりヶ丘にあったお店と関係があるのかな~? 
お店に行って真相究明してみたい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2