fc2ブログ

これも東京ラーメン原風景 【丸福中華そば 西荻店】

2021.12.11

 ブログタイトルに“昭和”とついているくらいだから、ある意味時間が止まっている部分があって、たとえばラーメン。
いまどきの人気店にはさほど興味はないが、往年のビッグネームに弱い。
「丸福」なんて、名前を聞いただけでひれ伏す。


20211211 marufuku-1120211211 marufuku-12


いまの人にはそのへんの基準がわからないだろうから、お店も混むことはない。
土曜の12時40分で先客2名。
ありがたいことです。


20211211 marufuku-13


が、こちらの「丸福」さん、かの「丸福」とはビミョーに系統が違うらしい。


20211211 marufuku-14


そのへんの事情について、あるいはそもそも「丸福」とは何か、過去記事を参照していただければと。
なお、“かの「丸福」の謎”に関してはこちらの記事が少し迫ってるかも。


20211211 marufuku-1520211211 marufuku-16


1・2階の2フロアで、1階はカウンター5席と小さいお店。
いまはコロナ対応で4席に減らしてあり、思いのほかゆったり落ち着ける。


20211211 marufuku-18


人気No.2という玉子そばを注文。
昔は代名詞的な品で、1人で入るときはいまだにそれ。
いまのNo.1はワンタン麺で、後客4名の注文は全部そっちだった。


20211211 marufuku-17


店員さんは若めの男女で、普通に日本語を話すが知らない言語も聞こえてくるので、中国系の方かな。昔はプライド高そうなおやじがやっていたものだが…。
いまは作り手側にも過去の栄光の記憶は引き継がれていないだろう。


20211211 marufuku-1920211211 marufuku-20


しかし、ひと口スープをすすって「あ… 丸福だ!」と、味のほうはしっかり継承されているのである。
いいかげんな味覚の人間がごくたまに食べても思い出される味。


20211211 marufuku-2120211211 marufuku-22


こちらのスープは、千葉県・入正醤油の超特選しょうゆを使い、玉子の煮汁とそぼろを加えることで独特の風味を醸し出している。魚介系は使っていない。
スッと鼻に抜ける香気は、いまなお気高い。


20211211 marufuku-23


年の瀬にノスタルジックな感情が高まるのは、自分だけだろうか。


20211211 marufuku-24


[DATA]
丸福中華そば 西荻店
東京都杉並区西荻南3-25-7





[Today's recommendation]

wachat211211.jpg




https://youtu.be/Ezqen5-UxlQ



20211211 marufuku-25
西荻窪駅はすごい人出


関連記事

Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】 Aug 16, 2022
厄除けあれこれ 【喜多院】 Aug 15, 2022
17万石の風格 【川越城本丸御殿】 Aug 14, 2022
Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】 Aug 13, 2022
天空の古民家 【小林家住宅】 Aug 11, 2022
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
単なるノスタルジアにあらず 【河内屋】 Aug 02, 2022
80’sファンシーな 【迷夢】 Aug 01, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2