fc2ブログ

ある意味、幻の… 【マルケイ肉店】

2021.06.30

 忙しく働いたお疲れ脳のリセットに、夕方に自転車でぶらっと出かけたりする。
日の長い季節は川や水路沿いをゆっくり流すのが好きだ。
ちょうど梅雨時の花が見ごろであろう玉川上水へ、ぶらっと。

喜平橋交差点からあかしあ通りへ入り帰路に就く。警察学校を過ぎ、あかしあ通りの一本西の一中通りへ。
自転車では食べ物屋の動静をチェックするため気になるお店を結ぶようなルートをとったりするが、煎餅屋さんくらいしかないこの一中通りをしばしば通るのはなぜか。それは、とある存在が気になっているから。

いつもシャッターが下りていて閉業したとしか思えない外観ながら、まだやっているという情報が以前寄せられ、その後実際に開いているところを一度だけこの目で見たことがあるそのお店。しかしそのあとやっぱりいつも閉まっていて、あれはマボロシだったんだろうか…? と、ついまた見に行ってしまうという。


20210630 marukei-2220210630 marukei-23


ある意味、幻といえるそのお店が、開いていた。
シャッターが半分だけ上がっていて、横目で見た感じではショーケースに商品も並んでいるようだ。
さすがにハードルが高くそのまま通り過ぎたが、またとない機会にも思え後ろ髪引かれ…。
70m先で引き返しました。


20210630 marukei-29


上記情報源は文筆家でイラストレーターのツキさんで、このあたりの元地元民。

――ほとんどシャッターが閉まっていますが、たまの夕方にレア営業してるんです。ここの唐揚げがオッケーで。たしか、店の名前もオッケーだかカッケーだったような・・

正解は「マルケー」でした (;^_^A


20210630 marukei-21


引き返すとシャッターが全部開いていて、ちょうど開店したところのもよう(時刻は15:45)。
それだけに品薄で、唐揚げはまだ並んでいない。
唐揚げしか頭になかったので呆然と立ち尽くしていると、「揚げ物? できますよ」とお店のおにいさん。気さくそうな人で、一気に緊張がほぐれる。


20210630 marukei-2420210630 marukei-25


揚げ物で唯一できあがっていた手羽先を2本と、鶏からあげを200g揚げてもらう。
ちなみに値札の出ていない手羽先は1本65円と激安。


20210630 marukei-30


「いつも閉まってますよね」と聞いてみたところ、今日はいつもより開けるの早かったからと言ったかな… とにかく夕方開店のお店なんだそうだ。「もっと早く開けたいんだけど、病気しちゃって」
その分、夜10時と遅くまでやっていると(揚げ物は9時半ごろまで)。


20210630 marukei-32


「手羽先ちょっと小さかったから1本サービスしときますね」
人のご厚意に、僕はとても喜ぶ ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


20210630 marukei-2620210630 marukei-27


しょうゆ味にニンニク、ショウガを利かせたジューシーな唐揚げ。
水あめかな、皮がパリッと揚がって優しい甘さの手羽先。
どちらもオッケーなお味でした c( ̄▽ ̄)


20210630 marukei-28


[DATA]
マルケイ肉店
東京都小平市学園東町2-11-1





[Today's recommendation]

wachat210630.jpg




https://youtu.be/3z-GwdaKrn8



20210630 nokanzo-22
ノカンゾウの赤色の強い個体(ベニカンゾウ) / 玉川上水


Latest Articles
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2