昭和から続く実力派タイ料理店 【サワディー】

2018.07.13

 お店のホームページに1986年創業とある。わが家がこの町に引っ越してくる10年前である。たしかにこの店は最初からあった。当時すでに年季が入っていた。


180713 sawasdee-18


前回と同じような書き出しでなんなんだが、てかコピペなんだが(笑)、それくらい1986という数字には強い感銘を受けているということ。
久米川駅南口のタイ料理店「サワディー」は1986年創業。


180713 sawasdee-23


1986年といえば、昭和61年。
昭和時代にタイ料理って、いまとなってはうまく認識の折り合いがつかない。
たしかに1980年代後半、最初のエスニックブームが起こった。自分自身、渋谷~代官山~恵比寿~六本木エリアなどを食べ歩いた。当時、タイ料理といえば新宿歌舞伎町の「バンタイ」(いまも人気店)


180713 sawasdee-11


しかし、昭和といえば『三丁目の夕日』と、読んだことも観たこともない作品イメージが年々増幅し、実体験を上回ってしまっている。
『三丁目の夕日』にタイ料理屋は出てこないだろう(たぶん)


180713 sawasdee-12


この「サワディー」、そんな意外なほど早くから存在し、なおかつ僕らが引っ越してきてからも20年以上、安定して営業を続けている。
東村山市という、埼玉だか東京だかわかんないが田舎には違いない土地で、それは不思議なことじゃないかと僕は思っている。


180713 sawasdee-13


古い2階建て雑居ビルの2階。
ビルの共用スペースも、年々タイ料理屋の占有度合いが進んでいる。トゥクトゥク乗り付け、とか。


180713 sawasdee-14 180713 sawasdee-15


本日、来店したのは1時を過ぎていたのに、3組くらいの先客があり、あとからも入ってきた。
しっかり常客がいる感じ。


180713 sawasdee-16


店内がゆったりしていて、各テーブルもしきりがあったりして落ち着くからか。
ランチはメイン料理にサラダとスープ、デザートまで付く。のんびりできるはずだ。


180713 sawasdee-26


注文は、これはやっぱり外せない五目やきそば(パッタイ)800円と、もう一品、相方と一緒のときはあまり頼むことはない“辛口”だけど、品書きには“少しからい”とあるのでそれなら平気か? とグリーンカレー750円。


180713 sawasdee-25


まずサラダ。
ドレッシングが甘味のあるクリームタイプで、なんとなくアジアっぽく感じる。


180713 sawasdee-27


小さなおわんに入ったスープはいつもの具だくさんな鶏スープ。
ひき肉と大根とセロリであっさりした塩味。


180713 sawasdee-19


パッタイの大きめのえびは存在感があって、砕いたピーナツがたっぷりかけてある。
レモンを搾るとスイートチリソースがベースの味にさらにエスニック感が増す。


180713 sawasdee-20


カレーの具は細切りのタケノコと鶏肉で、ココナツミルクの風味豊か。
たしかに“少しからい”というくらいの程よい辛さ。ナンプラーもたっぷり使っていそう。


180713 sawasdee-21


ココナツミルクのデザートは、タピオカにトウモロコシの粒がちらほら。
ダブル炭水化物スイーツ(笑)。


180713 sawasdee-28 180713 sawasdee-24


糖質無制限のきらいはあるが、ココナツの甘い香りとトウモロコシの甘さがよく合っている。
こういうセンスは現地の人ならではだなぁと感心する。


180713 sawasdee-17


異国的だけれど、すっかり街になじんだ景色と味。
時間が醸したものなんだと思う。


180713 sawasdee-22


[DATA]
サワディー 久米川店
東京都東村山市栄町2-21-8
http://sawasdeethai.com/


[Today's recommendation]

Lionel Richie All Night Long
Lionel Richie
『All Night Long』

https://www.youtube.com/watch?v=b_ILDFp5DGA&sns=em



chat180713.jpg
◆ 猫写真はこちら


創業30年余の老舗タイ料理店 【サワディー】

2017.05.07

 お店のホームページに1986年創業とある。わが家がこの町に引っ越してくる10年前である。たしかにこの店は最初からあった。当時すでに年季が入っていた。
そんな時代にタイ料理って、久米川あたりでは相当珍しかったと思う。それがいまも続いているのだから不思議だ。


sawasdee25.jpgsawasdee24.jpg


タイ料理はいまでこそ日本の食文化において揺るぎない地位を確立しているようにみえるが、1980年代後半のエスニックブームから今日に至るまでいくつもの潮流の変化があったに違いない。この「サワディー」では、そうした波に乗らず一定ペースで歩んできたことが幸いし、ブームが去るときの引き波にもさらわれることなく長期安定経営につながっているように思われる。


sawasdee21.jpg


都心や中央線沿線あたりの店と違ってオシャレなイメージは強くない。とがってない。
食材も本場風というより入手可能な手近なもので代用しているような、家庭的というか日本的アレンジ色の濃いタイ料理と、われわれは位置づけていた。たとえば、昔は入手困難だったパクチーの代わりに(と、わしらは考えている)セロリの葉をラーメンなどの薬味に使っていた。
それっぽいけどそれほど強く主張してこない感じが、普段使いにちょうどよかったのかもしれない。どの時代にも幅広い層の客が常に一定数入っていた。


sawasdee22.jpgsawasdee23.jpg
sawasdee28.jpgsawasdee27.jpg


この店も久々だが、タイ料理自体1年半ぶり。
僕はランチセットの五目やきそば(パッタイ)800円、妻はマイルドカレー(ゲーンマッサマン)750円。このところずっとパッタイを食べたいと思っていたところだ。
まず小鉢が出される。何という料理か知らないが、パンにミンチのようなものを乗せて揚げたもの。「デザート?」と思うほど甘いが、レタスが敷いてあるから前菜なんだろう。料理そのものの味というより、甘い蜜をたっぷりかけてある。
スープはセロリとダイコン、鶏肉。


sawasdee26.jpgsawasdee15.jpg


続いてパッタイ。以前のこの店のものに比べて洗練されているようにみえる。パッタイパッタイしてる。具は鶏肉、むきエビ、干しエビ、厚揚げ、卵、ニラ、チャイポー(タイ風たくあん)で、生もやしと砕いたピーナツ、レモンが添えてある。
タマリンドの酸味はそれほど感じないが、干しエビとチャイポーがいい感じに効いている。むきエビはたっぷりでプリプリ。


sawasdee11.jpg


途中で妻のマッサマンカレーと交換する。具は鶏肉とジャガイモがメインで、多めのピーナツが一緒に煮込んである。けっこう甘めのカレー。
「うちからパクチーもってくればよかった」とパッタイを食べつつかーちゃん。実は前日いいパクチーが手に入ったので生春巻きにしていた。

デザートのタピオカココナツミルクは、ココナツの果肉入り。このステンレスのレンゲは朝日新聞のエッセイで伊藤理佐が書いていたヤツじゃないかな?

ビルの階段の上り口から店の入り口まで続くさまざまなディスプレイは、もはや街の主要な構成要素だ。階段を上った正面にはトゥクトゥク(三輪タクシー)まで飾ってある。
昭和な雑居ビルに異国情緒が漂いカオスを深めるのであった。


sawasdee12.jpg
sawasdee14.jpg


[DATA]
サワディー 久米川店
東京都東村山市栄町2-21-8
http://sawasdeethai.com/


Latest Articles
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
ふるさとの原風景を体感 【ますや】 Aug 08, 2019
ホヤをめぐる諸問題(と思い出) 【角上魚類 小平店】 Aug 07, 2019
ネパールカレーと近未来予想図 【PIMA】 Aug 05, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2