FC2ブログ

前菜で満足❣ レベルの驚きのランチ 【アジアン酒場 アビマーニ】

2020.09.05

 毎月第1土曜日に開催される「つむじ市」の告知をInstagramで見つけ、野菜を買いに昼に出かけた。
しかし野菜が売られている土間の入り口には、「本日、これより中は完売となりました」の看板。
昼では遅いのである。


20200905 abhimani-27
「つむじ市」のコーヒースタンド


そのまますごすご帰ろうとしたが、ふと入り口横のコーヒースタンドが目に留まった。
ここのコーヒーもおいしいが、そうではなく各種ソフトドリンク。
使われているシロップの製造元が市内のエスニック料理店「アビマーニ」であることを思い出したのだ。
思い出したら猛烈に食べたくなって、その足で「アビマーニ」へ。


20200905 abhimani-31


表に“C day LUNCH”の立て看板。


20200905 abhimani-12


説明しよう。
こちらのお店はランチメニューとしてA~Eの5パターンの組み合わせが用意され、ローテーション方式がとられている。日曜定休の週6日営業なので、たとえば今週月曜日がAとすると次の月曜はBというふうにずれていく(A~Eの内容はお店HPを見てね)。


20200905 abhimani-35


「決まった曜日にしか来れないというお客さんもいるので、なるべくいろんなものを食べてもらおうと」と、あとで店長さんに聞いた。
なるほどねー d(゜ο゜)o


20200905 abhimani-13


ということで、Cランチ7種類から、夏季限定のトムヤム冷麺は外せないとして、もう1品、迷いに迷って赤豚の黒カレーガパオライスに。
ランチはすべて生春巻・海老トースト・ソフトドリンク付きで、選べるドリンクは自家製ジンジャーエールとソルティレモンのスカッシュに。


20200905 abhimani-14


まずドリンクが来る。


20200905 abhimani-17


ジンジャーエールはショウガをスライスして砂糖でもみ込んで煮出して… という手間ひまかけて作られたもの。ソルティレモンは塩分5%とのことで、なるほどしょっぱい。
どちらも驚くほどおいしいが、ショウガの辛み成分やソルティレモンの塩分補給効果など、夏バテ防止・熱中症対策にもよさそう。


20200905 abhimani-16


続いて前菜2種。
この2品はお店の名物メニューで、海老トーストはスイートチリソース味、生春巻はナンプラーベースのタレでいただく。


20200905 abhimani-18


今回はこれに薬味ペーストを付けてもらった。タイ産唐辛子をベースに、辛いだけでなく香りもよく、何にでも合いそう。
これも自家製で、ご主人は何でも自分で作る流儀のようだ。


20200905 abhimani-19


そしてなんでもあっさりレシピを教えてくれる。前回はジンジャーエールの作り方、今回はこのペーストの材料を教えてもらった。
入手(代用)容易な材料でシンプルに作られているので、興味のある方はお店で聞いてみてください。


20200905 abhimani-15


で、このドリンクと絶品の前菜で、僕はもう満足してしまった。驚きのランチと言うほかない。
いやいや、ここからがメインなのである。


20200905 abhimani-22


トムヤム冷麺は甘辛すっぱおいしい夏のタイ風麺料理の定番。
海老ごろごろでパクチーどっさりがうれしい。
夏季限定メニューで、あと2週間で終了とのこと。まだ間に合う ヾ(・ω・*)


20200905 abhimani-23


赤豚の黒カレーガパオライスとは、ガパオライスのひき肉バジル炒め部分が黒カレー風味肉野菜炒めになっているオリジナリティ高いメニューだ。


20200905 abhimani-20


これを食べていた相方が、「これって黒焼きそばソースじゃない?」と。
それで思い出したが、このものを前回も食べている。黒カレーに「ポールスタア」の東村山黒焼そばソースを使っているということをご主人に聞いたはず。


20200905 abhimani-21


実はトムヤム冷麺を前回も食べていたことは覚えている。
ということは…

あとで自分のブログを確認したところ、約1年前の前回とまったく同じ2品を頼んでいたことが判明。どうりでいろいろデジャヴュ感が…(笑)。
能がないというか、単純な人々である。


20200905 abhimani-24


帰りしなに聞いた夜のセットメニュー。
「ディナーのお値段じゃないですね」と言うと、「ええ、ラーメン屋感覚で(笑)」とご主人。


20200905 abhimani-25


昼の前菜2品にさらに水餃子がついて、各種麺飯料理が、なんと999円‼
これはぜひ食べに行かなければ👍


20200905 abhimani-26


[DATA]
アジアン酒場 アビマーニ(ABHIMANI)
東京都東村山市本町3-6-14
https://abhimani.net/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]

wachat20200905.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/8NmjIkXuF_8

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200905 abhimani-28




タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】

2020.07.11

 3日ほど前、タイ料理店「サワディー」の7~8月限定メニューのインスタ投稿を目にした。
ヤムママーというものが載っていて、“トムヤム味インスタントラーメンのシーフードサラダ”と書いてある。
レストランメニューなのに、インスタントって、堂々と。
気になってしょうがないんですけど… (ーー;).。oO


20200711 sawasdee-16


早速このものをテイクアウト。


20200711 sawasdee-18


受け取るとき、「インスタント麺でのびやすいので早めに召し上がってください」とお店のおにいさん。
たしかにインスタント麺そのものという見た目である。


20200711 sawasdee-15


細めで平べったく縮れの強い、袋麺というよりカップ麺によくあるタイプ?
ゆで時間が絶妙なのか、家に持ち帰るのにそれなりに時間がかかるが、のびた感じはしなかった。


20200711 sawasdee-19


このヤムママー、食べる前からかなり匂いが強い。
大きめのパクチーがトッピングしてあるが、匂いのもとはこれではなくネギ系。2色のタマネギがほぼ生の状態でごろごろしてる。
さらにはニラや小口ネギのようなものやエシャロットの葉のようなものや、おそらくニンニクも… と、ネギ系たっぷり。
香辛料のエキゾチックな香りと相まって食欲直撃…! だが、仕事途中の人にはちょっとキツいかも… という意外にディープなたべものでもある。


20200711 sawasdee-20


ほかにレタスも多めに使われているが、やはり麺の存在感が大きいのでサラダ感覚とはちょっと違うかな。
シーフードはエビとイカ。


20200711 sawasdee-21


味付けはタイ料理のキホン、甘酸っぱ辛い。
はじめタマリンドのような酸味を強く感じるが、しだいに唐辛子が効いてくる。
後半、かなり辛い。生タマネギの辛味も追い撃ち。


20200711 sawasdee-17


ジャンキー要素も東南アジア料理の魅力の一端とすればヒエラルキーのシナジーが… って、何が言いたいかわからなくなっちゃいそうだが、とにかくはまる人はガッツリはまる新感覚の麺料理に違いない。


20200711 sawasdee-23


ちなみにもう1品、「私は保守的だから、パッタイでいいの」と相方さん。
普段「サワディー」で食べるときはだいたいパッタイ+何かという頼み方をするというくらい好き。安定のおいしさである。


20200711 sawasdee-14


でもこうやってヤムママーと一緒に食べてあらためて気づくことには、かなり甘くオイリー。
パッタイのジャンキー度、同じくらい高し。
まあ、それがいいんではあるけれども。


20200711 sawasdee-11


[DATA]
サワディー 久米川店
東京都東村山市栄町2-21-8
https://www.facebook.com/sawasdeethaiRestaurantkumegawa
https://www.instagram.com/sawasdee_kumegawa/




インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat20200711.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/hTBPPSNGYi8

 にほんブログ村 音楽ブログへ








国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】

2019.08.10

 こういうブログをやっていながら近場に入ったことのないお店がいくつもあるというのはちょっとマズいかなぁ… と思うことがある。
サッカーに例えれば海外リーグの話題は気にかけるがJのクラブの動向がさっぱりわからなくなってしまっていることに対する自己嫌悪みたいなもので、きわめて個人的な問題であり、ほかの人にすればどうでもいい話であるとは思うが…。


190810 abhimani-13


東村山本町・鷹の道沿いの「アジアン酒場 アビマーニ」は2017年4月オープン。


190810 abhimani-12


以前この場所で営業していたうどんが人気の居酒屋という業態から勝手に想像していたよりかなり狭いお店で、少し面食らった。
見える範囲では4人掛けテーブル2卓、カウンター4席の計12席。2階も客席になっているもよう。


190810 abhimani-17


こちらのランチはおもしろいシステムで、A~Eの5パターンを日替わりで回している。各パターン7種類から選べ、人気No.1のガパオライスなど3品は共通のようだ。


190810 abhimani-18


E dayの本日、まずランチメニューから赤豚の黒カレーガパオライス、もう1品は“夏special”トムヤム冷麺を注文。
全品ドリンク付きで、自家製ジンジャーエール(相方)と高知産柚子のスカッシュ(僕)に。


190810 abhimani-15


すぐにドリンクが出てきたが、これがどちらも驚きのおいしさである。
ジンジャーエールはショウガをスライスして砂糖でもみ込んで煮出して… と、ご主人がていねいに作り方を教えてくれる。


190810 abhimani-19190810 abhimani-20


柚子などのスカッシュには店内で販売しているシロップが使われていて、そのシロップ製造にもご主人が関わっているとのこと(各シロップは久米川辻近くの「つむじ」でも常設販売)。


190810 abhimani-21


続いて前菜2種、生春巻きと海老トースト。
ちゃんと品書きを見ていないので前菜が出てきただけで驚いたという(笑)。
海老トーストはスイートチリソース味、生春巻きはナンプラーベースのタレでいただく。海老トーストの甘くかつ刺激的な味付けに食欲をそそられる。


190810 abhimani-24


トムヤム冷麺は野菜たっぷり、ぷりぷりエビがごろごろ。麺はセンレックかな?
甘味と酸味のバランスが絶妙で、あとから辛さがくる。じわりと汗ばむ夏らしいメニューだ。


190810 abhimani-23


赤豚の黒カレーガパオライスの見た目、香りには心当たりがある。聞けば思ったとおりポールスタアの黒焼きそばソースを使っているとのこと。
「ポールスタアさんとは国立時代からのお付き合いなんです」とご主人。


190810 abhimani-32


以前は国立の富士見通りで8年間営業していたということで、あとでネットで調べてみるとかなりの人気店だったようだ(e.g. 女優・石井めぐみさんのブログより)。
ご家庭の事情により実家に近い現在地に移転したという。


190810 abhimani-31


「どうりで東村山っぽくないですもんね(笑)」と相方。
たしかにランチに前菜って、このへんではあまり見ない (*・ω・)) コクコク
「いやいや、同じ多摩地区ですから(笑)」と謙虚なご主人。
でも目も舌も肥えた国立マダム相手に8年のキャリアはすごいと思うのだ。


190810 abhimani-16


ところで、偶然にも前々報に続いて“黒焼きそば食べ歩きキャンペーン”の指定メニューとなった。
こういうライス方面へのアプローチもありだなぁ… と黒焼きそばソースのフトコロの深さとご主人のセンスに感心させられる。
ただし記事はあくまでも偶然であり、当方はポールスタアの回し者ではありません(でござる)。


190810 abhimani-11


[DATA]
アジアン酒場 アビマーニ(ABHIMANI)
東京都東村山市本町3-6-14
https://abhimani.net/





[Today's recommendation]

wachat190810.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3



 
https://youtu.be/YXnjy5YlDwk





タイのおふくろの味は、フトコロにも優しく 【メースィールアン 久米川店】

2019.01.11

 久米川駅近辺での昼ごはん。
あるお店を提案されたが、節約中である旨を伝え、安く食べられるところを数店提示。その中から相方が選んだのがタイ料理店「メースィールアン」。
タイ料理という時点でそもそもボトムラインが低くない印象があるが、このお店は常識外れに安い(と僕は思っている)。


190111 mae sri ruan-12


「MAE SRI RUAN」だった店頭の置き看板が「タイのお母さんの味 メースィールアン」に変わっていた。
開店から8年半、どんどん街に溶け込んでいく感じ。
ちなみに“mae sri ruan”はタイ語で“よい奥さん(お母さん)”だそうだ。


190111 mae sri ruan-11-3 190111 mae sri ruan-17


「パッタイとグリーンカレーかなぁ…」と言いながらお店に向かっていたが、前に入ったときもそうだった気がするし…。
調べてみるとそのとおりで、しかも前回のブログ記事には

――われわれはふた月続けて同じ組み合わせのタイ料理ランチにしたという事実が浮かび上がる。しかもそれと気づかずに …( ̄  ̄;) ムム…

と書いている。
まったく進歩がないと言わざるを得ない。
ということで、食べたことないもの食べる路線に方針を変えました。
タイラーメン550円、チャーハン600円を注文。


190111 mae sri ruan-20


先客はお店のおかあさんの同胞と思われる女性1人だったが、僕らのあとに2組3人。
トータル4組6人だが、お店は1人体制なのでそれでもけっこう大変そうだ。


190111 mae sri ruan-14


実は大変なのは製造工程をじっと見ている僕のような客で、あ、のびる… とか、冷める… とかハラハラするのだが、おかあさんは悠然たるもの。


190111 mae sri ruan-16


タイラーメンはあっさり塩味の、いわゆるセンレック・ナーム。
以前、吉祥寺のタイ料理店やベトナム料理店(ともに閉店)でこういう汁そばを食べたことがあるので、イメージどおり。


190111 mae sri ruan-21


薄味の麺料理を卓上調味料セット“クルワンプルーン”で調整しつつ食べるのが本場スタイルらしい。
ナンプラー、唐辛子入り酢(プリックナムソム)、粗びき唐辛子(プリックボン)、砂糖(ナムターン)のうち、砂糖を除く3種で味を調整。どんどんおいしくなる。


190111 mae sri ruan-15


一方チャーハンは、以前歌舞伎町の「バンタイ」で食べた塩チキンライス風を予想していたら、色も味も濃いめの焼きめし風。
大きいタマネギスライスとカリッと炒められた豚ばらの塊がいいアクセントとなる。


190111 mae sri ruan-19


2人で1150円、タイ料理としては破格だと思いません?
で、割り勘にしてもらって(笑)、僕は550円。
この3日で昼食代1550円と、だいぶフトコロが持ち返してきた感じ。


190111 mae sri ruan-13-3


[DATA]
メースィールアン 久米川店
東京都東村山市栄町2-23-4



[Today's recommendation]

wachat190111.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=SSKBNiAdlgg


コスパ最強、素材も味も満足のタイ料理 【メースィールアン 久米川店】

2018.08.29

 タイ料理の相場というものを知らないが、久米川の「メースィールアン」はコストパフォーマンス的に最優良なんじゃないかとみている。


180829 maesriruan-27


比較になって申し訳ないが、先月入った同じ久米川のタイ料理店「サワディー」には、20年通っていることに免じて引き合いに出すことをお許しいただくとして、たとえば2人でグリーンカレーとパッタイを食べたとする。


180829 maesriruan-19
180829 maesriruan-18


「サワディー」の場合1550円で、これはこれで都会価格から見れば恐ろしくコスパ良好となるはずだが、「メースィールアン」は1300円。これはタイ料理に限らず、いまどきなかなかない優秀なレベルといえる。


180829 maesriruan-11


視点を変えると、われわれはふた月続けて同じ組み合わせのタイ料理ランチにしたという事実が浮かび上がる。しかもそれと気づかずに …( ̄  ̄;) ムム…
大好きなパッタイはいつも頼むとして、もう1品、「たまにはカレーにしようか」なんて発言もあったように思う。行き当たりばったり感は否めない。


180829 maesriruan-12


店内はスナックの居抜きのようなムーディなつくりで、エキゾチックな装飾は控えめ。ワイドショーの流れる大型モニターもカラオケスナック的である。


180829 maesriruan-23


カウンター席のほか、4人テーブル1卓、2人テーブル3卓。
調理担当のタイ人のおばちゃんと接客係の日本人のおっちゃんの2人体制。


180829 maesriruan-13


初めて入ったのが2011年で、タイの大洪水があった年。お店のおばちゃんは被災した故郷にしばらく帰っていたとのことで、浸水したレストランで水と一緒に入り込んだ大蛇が捕獲されたというようなことを話していた。
2011年といえば東日本大震災で故郷の当時両親が住んでいた家は津波に遭い、大蛇どころじゃない大ごとになっていたのだが…。
防災の日が近いからか、タイ料理を食べて災害について考えさせられる。


180829 maesriruan-14 180829 maesriruan-15


自然災害といえば、1993年の記録的冷夏ではタイ米騒動が起きた。
凶作の対策として緊急輸入されたタイ米が不評で、売れ残ったタイ米と日本米をセットで売り出す米屋も出現、タイ米がごみとして出されるという悲しい出来事も。


180829 maesriruan-25 180829 maesriruan-24


その後、エスニック料理が浸透してタイ米(インディカ種)は正しく評価され、むしろこだわりの食材のイメージが確立されていったのは、タイ米好きとしてはうれしい流れ。

で、こちらのグリーンカレーのご飯はタイ米。軽い食味が、さらりとしたカレーによく合う。


180829 maesriruan-20


店内に目をやると、入り口近くの棚にジャスミンライスとプリントされた米袋がある。
タイ米の最高級品だ。


180829 maesriruan-22 180829 maesriruan-21


パッタイの麺の太さを選べる店もあるようだが、こちらのは細麺。
甘めの味付けだからか、あたりが柔らかい感じがいい。


180829 maesriruan-17



おっちゃんに調味料を勧められる。
ただし、ナンプラーは、かけすぎるとしょっぱくなる。酢は、けっこう味が変わる。
うーん… それはそうだろうな。

どちらも安定のおいしさでボリュームがあり、なかなか満足。


180829 maesriruan-16


お会計をお願いすると、「おなか、いっぱいですか?」と聞いてくるおばちゃん。本当に人がよさそう。
働き者だし、人好きだし… という感じ。
日本もずっと好きでいてくれるといいな、と心から思った。


180829 maesriruan-26


[DATA]
メースィールアン 久米川店
東京都東村山市栄町2-23-4



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=CxEu0QN6nzk



wachat180829.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


地元ブルワリーにキッチンカー参戦! ――その2 【カオマンガイ ピントー】

2018.07.15

――その1よりつづく

「Distant Shores Brewing(DSB)」駐車場のキッチンカーは、タイ料理移動販売の「カオマンガイ ピントー」さん。
カオマンガイ(ゆで鶏のっけご飯)をメインに、平日は多摩地区を中心に、休日はイベントへ出店している。


180715 khaomangai-pintoo-01


オーナーは若い男性。
「出店場所を探してるんですけど、都内では全然見つからないんです」とのこと。


180715 khaomangai-pintoo-02


なお、6月より東久留米・旧市役所通りの自然食コミュニティレストラン「YOUR BIG FAMILY」レンタルスペースで、毎週月曜日、「小さなタイ料理屋さん」としてランチ営業を行っている(11:30~15:00、LO 14:30)。


180715 khaomangai-pintoo-03


カオキャックン(タイのえびせん)300円を購入。
DSBの屋外テーブルでえびせんをつまみにビールを飲んでいると、4時半を過ぎたあたりからどんどんお客さんがやって来た。


180715 khaomangai-pintoo-22


隣のテーブルに、小さい子ども連れファミリー客。
タイの屋台料理はえびせんといえどもけっこう辛く、子どもの食べるものはなさそうだが、DSBは持ち込み可で、隣はセブンイレブンだ。けっこう親子連れを目にする。


180715 khaomangai-pintoo-21


そろそろ夕ごはんの時間。
タイ料理好きの娘にカオマンガイ700円をテイクアウトすることに。
国産鶏をはじめ、体に優しい食材にこだわる。お米はインディカ米。
おにいさんの印象どおり、まじめそのものの味わいのタイ料理。


180715 khaomangai-pintoo-08-2


「YOUR BIG FAMILY」はブロ友mさんオススメのお店でずっと気になっていたが、意外なところでつながってくるからおもしろい。
ピントーの月曜か、YOUR BIG FAMILYの水木金か、近いうちに行ってみよう。


180715 khaomangai-pintoo-06



[DATA]
カオマンガイ ピントー
https://www.instagram.com/khaomangai_pintoo/?hl=ja

Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)
東京都東村山市秋津町3-14-2
https://distantshoresbrewing.com/
https://ja-jp.facebook.com/dsbrewteam/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=UnBlst3T7bY



chat180715-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


昭和から続く実力派タイ料理店 【サワディー 久米川店】

2018.07.13

 お店のホームページに1986年創業とある。わが家がこの町に引っ越してくる10年前である。たしかにこの店は最初からあった。当時すでに年季が入っていた。


180713 sawasdee-23


前回と同じような書き出しでなんなんだが、てかコピペなんだが(笑)、それくらい1986という数字には強い感銘を受けているということ。
久米川駅南口のタイ料理店「サワディー」は1986年創業。


180713 sawasdee-11


1986年といえば、昭和61年。
昭和時代にタイ料理って、いまとなってはうまく認識の折り合いがつかない。
たしかに1980年代後半、最初のエスニックブームが起こった。自分自身、渋谷~代官山~恵比寿~六本木エリアなどを食べ歩いた。当時、タイ料理といえば新宿歌舞伎町の「バンタイ」(いまも人気店)


180713 sawasdee-12


しかし、昭和といえば『三丁目の夕日』と、読んだことも観たこともない作品イメージが年々増幅し、実体験を上回ってしまっている。
『三丁目の夕日』にタイ料理屋は出てこないだろう(たぶん)


180713 sawasdee-13


この「サワディー」、そんな意外なほど早くから存在し、なおかつ僕らが引っ越してきてからも20年以上、安定して営業を続けている。
東村山市という、埼玉だか東京だかわかんないが田舎には違いない土地で、それは不思議なことじゃないかと僕は思っている。


180713 sawasdee-33


古い2階建て雑居ビルの2階。
ビルの共用スペースも、年々タイ料理屋の占有度合いが進んでいる。トゥクトゥク乗り付け、とか。


180713 sawasdee-32


本日、来店したのは1時を過ぎていたのに、3組くらいの先客があり、あとからも入ってきた。
しっかり常客がいる感じ。


180713 sawasdee-16


店内がゆったりしていて、各テーブルもしきりがあったりして落ち着くからか。
ランチはメイン料理にサラダとスープ、デザートまで付く。のんびりできるはずだ。


180713 sawasdee-26


注文は、これはやっぱり外せない五目やきそば(パッタイ)800円と、もう一品、相方と一緒のときはあまり頼むことはない“辛口”だけど、品書きには“少しからい”とあるのでそれなら平気か? とグリーンカレー750円。


180713 sawasdee-25


まずサラダ。
ドレッシングが甘味のあるクリームタイプで、なんとなくアジアっぽく感じる。


180713 sawasdee-27


小さなおわんに入ったスープはいつもの具だくさんな鶏スープ。
ひき肉と大根とセロリであっさりした塩味。


180713 sawasdee-18


パッタイの大きめのえびは存在感があって、砕いたピーナツがたっぷりかけてある。


180713 sawasdee-31


レモンを搾るとスイートチリソースがベースの味にさらにエスニック感が増す。


180713 sawasdee-20


カレーの具は細切りのタケノコと鶏肉で、ココナツミルクの風味豊か。
たしかに“少しからい”というくらいの程よい辛さ。ナンプラーもたっぷり使っていそう。


180713 sawasdee-34


ココナツミルクのデザートは、タピオカにトウモロコシの粒がちらほら。
ダブル炭水化物スイーツ(笑)。


180713 sawasdee-28180713 sawasdee-24


糖質無制限のきらいはあるが、ココナツの甘い香りとトウモロコシの甘さがよく合っている。
こういうセンスは現地の人ならではだなぁと感心する。


180713 sawasdee-17


異国的だけれど、すっかり街になじんだ景色と味。
時間が醸したものなんだと思う。


180713 sawasdee-22


[DATA]
サワディー 久米川店
東京都東村山市栄町2-21-8





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=nqAvFx3NxUM



chat180713.jpg
◆ 猫写真はこちら


宇宙展もタイカレーも、やっぱりココブンジ 【タラ】

2018.04.08

 国分寺市は日本の宇宙開発発祥の地である。
1955年4月12日、“日本の宇宙開発・ロケット開発の父”糸川英夫博士が開発したペンシルロケットの発射実験が、国分寺市本町1丁目の南部銃製造所で行われた。
現在の早稲田実業学校の敷地内であり、学校の正門前広場には「日本の宇宙開発発祥の地」記念碑が建つ。


180408 tara-11


宇宙や天文に興味のある方で、糸川=イトカワという名前を知らない人はいないだろう。
史上初の小惑星サンプルリターンを成し遂げた探査機「はやぶさ」が鉱物の微粒子を持ち帰ったのが小惑星イトカワであり、その名はもちろん糸川博士にちなんだもの。


180408 tara-13180408 tara-14


国分寺駅北口の再開発ビル「ココブンジ」(cocobunji)が完成し、昨日7日にはWEST 1~4階の商業施設「ミーツ国分寺」が開業を迎えたので見に行った。
というより、一足早く1日にオープンしていた市の施設「cocobunjiプラザ」(WEST 5階)で何か開館記念イベントが行われていたはず、と。


180408 tara-17


それは「『国分寺×宇宙』展示 日本の宇宙開発発祥の地国分寺で育む『宇宙への夢』展」という長いタイトルの展示であった。


180408 tara-15180408 tara-16
ペンシルロケット実機(左)、ISS国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟模型(右)


ペンシルロケットの実機のほか、日本初の人工衛星「おおすみ」や国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の模型など、宇宙好きには一見の価値アリの展示となっている(4月26日まで)。


180408 tara-18
日本初の人工衛星「おおすみ」の模型(右のケース)


と、得意分野なので長い前振りになってしまったが、計画して動いているわけではなく行ったらやっていた、と。


180408 tara-19


実はもう一つ、はっきりした目的があって(もうちょっと前振りが続きます)、知り合いが関わった本が出版されたので紀伊國屋書店まで買いに来た。

僕はすでに読み終わっているが、非常におもしろい内容なので親戚の高校生に贈ってあげようと思ったのだ。こういうとき、僕はAmazonは使わない。
サブタイトルからもわかるように、宇宙の話も盛りだくさんで、現役のJAXA/ISASの研究者も登場する。
偶然の宇宙続きである。


takai-seimei-3.jpg
『生命の起源はどこまでわかったか――深海と宇宙から迫る』 高井研 編
A5・並製・カバー・208頁、本体1700円+税、岩波書店



ところで、cocobunji EAST 1階、路面の位置に入った飲食店が「てんや」と「松屋」って、どうなのよ…。

その70m先。お昼ごはんは昔よく入ったタイ料理店「タラ」へ。
宇宙ネタは… さすがに関係ないか(笑)。


180408 tara-21


地下に潜る、店内はまるでスナック… となんとなく難易度が高そうなお店だが、地上の入り口に掲示してあるランチメニューの安さもあって、地域屈指の人気店である。
なにしろコーヒー付きで500円(+税)というメニューが3種類も用意されている(*日曜日はコーヒーは付かない)


180408 tara-31


1989年開店と、タイ料理店としてはかなりの古株。
最初に入ったきっかけはテレビ番組だが、10年以上前のことなので放送内容はよく覚えていない。
国分寺での昼食はだいたいココ、という時期もあった。僕が食べるのは必ず500円のゲァン ガイだった。


180408 tara-23180408 tara-24


5年ぶりぐらいになるだろうか、注文はやはりゲァン ガイ(鶏肉とナス入り緑カレー)500円。もう1品はバーミー ナームーデン(焼豚ラーメン)700円に。


180408 tara-32


ちなみにこちら、メニュー表の撮影はNG。
「ネットに載っちゃうとマネされちゃうから」とお店の方。
「料理の写真? OK♪」「お店? OK♪」と、ほかはたいへんフレンドリー。


180408 tara-35


ゲァン ガイは、こんな辛かったかな…? というくらいにしっかり辛い。


180408 tara-33


でも個人的にはこれくらいがちょうどよいという辛さだ。
ココナッツミルクの芳香に、ナンプラー? の隠し味を感じる。


180408 tara-28


バーミー ナームーデンは、酸味は強いが甘味は控えめというバランス感覚が好き。
で、しっかり辛いが、これもちょうどよいレベル。
具は、「豚切らしちゃったから鶏でOK?」ということで蒸し鶏と、モヤシ、チンゲン菜、小口ネギ、パクチー、刻みピーナツ。麺はバミー(中華麺)。


180408 tara-34


店名は、タイ語で「清水」の意味という。
けど、昔見たテレビに映っていたのは、おぼろげな記憶ながら、たくましい女性の姿。
どうしてももう一つの“Tara”を連想してしまうのだ。


180408 tara-20


[DATA]
タラ
東京都国分寺市本町2-2-12 コムロビルB1





[Today's recommendation]

gone with the wind
『Gone With The Wind: Original Motion Picture Soundtrack』
https://www.youtube.com/watch?v=PgF-rcHcPqE



chat180408.jpg
◆ 猫写真はこちら


カフェ感覚のかわいいタイ料理店 【カオチャイ】

2018.02.10

 東大和に用事。
用事というか、ブラックサンダーというチョコ菓子の製造元である有楽製菓東京工場直売所で、インスタ投稿か何かに「いいね」とした画面を提示するとブラックサンダーがもらえる、とかいうバレンタイン絡みのどうでもいいイベントに参加するという、どうでもいい用事。
ヒマか!?

青梅街道沿いのけっこうよく通る場所にあるが、この直売所は知らなかった。
真新しい建物で、会社HPで調べてみたら2017年4月本社工場建て替えとある。
驚くことに、かなりのにぎわいである。


yurakuseika180210-11.jpgyurakuseika180210-12.jpg


実は出かける前にくだんの投稿画面を見失っていたんだが、せっかくだから“久助”でもないかとのぞいてみた次第。あまりの混みように速やかに撤退。
この件に関し、世間に疎いので知らなかったが、体操の内村航平絡みの有名なエピソードがあるらしい。というか、そもそもブラックサンダーというものを自分はさっきまで知らなかった。
内村発言でもうかって工場建て替えました、という流れなんだろうか?


kaojai24.jpg


お昼ごはんは駅前の路地裏にあるタイ料理店「カオチャイ」へ。
イタリアン「MOTHERS」の向かい。間口の小さいかわいらしい店構えの気になる存在である。
少し先の民家? 前に駐輪場を確保してあるのは、自転車に乗る人間としてはありがたい。実は自転車の置き場所に困って足が向かない店というのは少なくない。


kaojai14.jpg


縦に細長くテーブル1列(4卓)しか並べられない狭い店内。2階席もあるようだ。
アジアンテイストのカフェ風なおしゃれな内観。照明を落としぎみの落ち着いた雰囲気。BGMはレゲエ。
スタッフは、若い男性2人・女性1人。


kaojai15.jpg


ランチメニューはカオマンガイ、パッガパオ、パッタイの3種類+日替わりで、すべて900円(スープ付き)。
本日の日替わりガイヤーンバーガー、バンズは近所のパン屋「サンサンベーカリー」製とある。このところサンサンに縁があるようで迷わず注文したが、時間がかかるとのことで、パッガパオ ムー カイダーオ ラートカオ(目玉焼きのせ豚ひき肉のホーリーバジル炒めご飯)に変更。
もう1品はパッタイ。


kaojai11.jpgkaojai12.jpg


待っている間にお隣にガイヤーンバーガーとおぼしきプレートが運ばれてきた。
インスタ映えするビジュアル。こっそり撮らせてもらった(さすがにピンボケ)。
時間かかるって、パン切らしてサンサンまで買いに行く、とかだったりして。


kaojai17.jpgkaojai20.jpg


メニューを見直していると、大盛り無料と書いてある。
パッタイならいくらでも食べられる自信がある。
これを見逃したのは悔しい。


kaojai18.jpgkaojai23.jpg


2品同時に運ばれてきて、思ったとおり量はさっぱりめ。
お約束の4種の調味料セット。
ぺらぺらステンレスのカトラリーがナイスな感じ。


kaojai21.jpg


パッタイはライトな感じの仕上がりで、ぎとぎと濃厚感はない。
麺はセンレック。具はモヤシ、ニラ、厚揚げ、干しエビ、玉子焼き、エビで、パクチーをのせレモンが添えてある。
パッガパオは甘く油っこい味付けでニンニクが効いている。ご飯はタイ米か?
トマト入りのチキンスープが優しい味わい。


kaojai22.jpg


で、パッガパオの油がけっこうおなかにずっしりくる。
大盛りにしなくて正解。


kaojai16.jpg


帰り道、府中街道からちょっとそれたところ(「サムライ」の隣)のギャラリー「青らんぎ」に寄る。
お目当ては、今日出店するという焼き菓子店「猫のあんこ」。
りんごのクランブルマフィンとガトーショコラを購入。
こちら、普段は一橋学園駅近くの学園坂商店街のシェアキッチンで週1回営業しているとのこと。


aorangi180210-11.jpgnekonoanko180210-11.jpg


それにしてもこのギャラリー、謎すぎ。
秘密結社的空間に、秘匿性の高そうなおばちゃんが50人ほども(大げさか…)集まってる。
機会があったら潜入調査してみようという気持ちもあるが、怖すぎるかも。


nekonoanko180210-14.jpg


[DATA]
カオチャイ
東京都東大和市南街5-89-9
https://www.facebook.com/タイ食堂カオチャイ-393407240841473/



[Today's recommendation]

Sugar Minott Good Thing Goings
Sugar Minott
『Good Thing Goings』

https://www.youtube.com/watch?v=nBj7Llo4wVM



chat180210.jpg
◆ 猫写真はこちら



  2018.02.10 猫のあんこ焼き菓子店https://ja-jp.facebook.com/nekonoanco/

nekonoanko180210-12.jpgnekonoanko180210-13.jpgnekonoanko180210-15.jpg
りんごのクランブルマフィン360円、ガトーショコラ380円


街の小さなタイ料理店 【メースィールアン 久米川店】

2017.07.19

 タイ料理が食べたくなったので、手近なところで久米川の「メースィールアン」へ。

この店は2010年開店だから丸7年。もっと長くやっているような気もするが、新規店の生き残りの難しい久米川で7年は長いほうだからそう感じるのかもしれない。
研究開発分野で事業化達成への3つの関門(魔の川、死の谷、ダーウィンの海)がよくいわれるが、飲食店が久米川で根づくのにもそういう障壁がありそうだ。麺〇小僧の崖、とか…。

7年という年月はそういう谷や崖をすでに越えたものと見なせるので、先週の「清香屋」同様、街の一員として、古くからある店とも変わりなく接していきたいと思うのである。
もちろん、できたばかりのお店を応援しないという意味ではないんだけど。


maesriruan13.jpg


店内は3分の1ほどをカウンターが占め、スナックの居抜き的なつくり。客席はカウンターのほか4人テーブル1卓、2人テーブル3卓。僕は入って左、カウンターのきわのテーブル席に着く。
店員は、ホール係が人のよさそうな日本人男性で、カウンターの中にタイ人と思われるおばちゃん。この方と、カウンター席のやはり外国人女性が、現地語で世間話をしている風。


maesriruan14.jpgmaesriruan15.jpg


5年ぐらい前に入ったことがあるが、こういうおばちゃんだったかなぁ…? と、記憶がつながらない。そのときは女性1人で切り盛りしている様子だった。
で、いま書いていて思い出したんだが、そこでタイの大洪水の話になったんだから2011年だ。女性は実家が大変だからしばらく帰郷していた、とかそんな話。


maesriruan17.jpgmaesriruan18.jpg


僕のあと、ゴスロリっていうのかなぁ、そういうファッションで肌が真っ白の痩せすぎの若い女性が目の前のテーブル席に着く。そのあと、EXILE系っていうのかなぁ、肌が真っ黒のひげを生やした若い男性がすぐ横のカウンター席に着く。
どっちもいまどきの若者像なんだろうけど、あまりにも傾向の違うものが同時に視界に入ってくるので不思議な感覚だ。ゴスロリで汁なしラーメンというミスマッチも、なかなか。


maesriruan16.jpg


高低差と座っている角度により厨房内は見えないので、聴覚と嗅覚を頼りに進捗状況を探るしかない。たぶん僕のパッタイだと思うんだが、けっこう炒め時間が長い。その間、数度にわたって劇的に匂いが変わる。
はじめ卵を炒めるような香ばしさ、次にだし系なのか何ともいえない濃厚な匂い、続いてすっぱそうな揮発成分が立ち上り、最後、大量の湯気とともに焦げ臭さが充満する。これにはさすがに不安になった。

タイ焼きそば(パッタイ)600円。焦げてはいない(笑)。っていうか、すごくおいしそう。
続いてスープと4種の調味料(粗びき唐辛子、酢、ナンプラー、砂糖)が出される。タイ料理店に1人で入るのは初めてだが、うまい具合に隅っこの席に収まってすっかりくつろいじゃってるので、この際じっくり味の変化を楽しんでみようという気になる。


maesriruan20.jpg
maesriruan21.jpgmaesriruan22.jpg


麺は思っていたのと違って細麺(センレック?)。具は卵、鶏肉、モヤシ、ニラに、砕いたピーナツのトッピング。味付けはけっこう甘め。
この甘いということで、調味料の方向性は酢メインということにおのずと決まってくる。酢を何回かかけ、ナンプラーを少々。酢に唐辛子が漬けてあってけっこう辛いので、粉唐辛子は使わない。砂糖ももちろん使わない。
こんな感じで、気づいたらかなり濃い味になってしまっていた。

なんだかんだいって、これはたいへん満足のいくランチだ。味も量も僕には申し分なく、これで600円というのはちょっと驚き。
ランチメニューはほかにもラーメン、カレー、チャーハン… とそろっている。これは案外通っちゃうかもしれないなと、いま思っている。


maesriruan12.jpg


[DATA]
メースィールアン 久米川店
東京都東村山市栄町2-23-4



[Today's recommendation]

Return to Forever
Chick Corea
『Return to Forever』



Latest Articles
それでもハラは減るわけで… 【松屋】 Nov 27, 2020
門前の茶屋で大地の恵みを 【観音茶屋】 Nov 24, 2020
農村を巡り、体感するツーリズムとは Nov 23, 2020
ホッとする地元の… 【龍巳うどん】 Nov 21, 2020
関東(ry) ロード ―4 【つかさ】 Nov 19, 2020
意外に多い○○系 【うどんの讃輝】 Nov 17, 2020
丘を越えはるか 【村田屋】 Nov 15, 2020
軽く20kmほど歩いてみた 【村山温泉 かたくりの湯】 Nov 13, 2020
祝🎊 放映決定! 【ながしま 磯とり料理】 Nov 09, 2020
おもてなしの心 【ますや】 Nov 06, 2020
フワッフワのシフォンケーキ 【東村山シフォン】 Nov 05, 2020
紅の○○ ふたたび❗ 【大清かまぼこ店】 Nov 03, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2