FC2ブログ

理想的とんかつ定食 【菊富】

2018.05.30

 所沢駅西口のファルマン通りと、所沢銀座~小金井街道(旧 県道浦和所沢線)、航空公園からの道が交わるファルマン通り交差点。
いかにも昔の交通の要衝といったような変則ぶりが際立つ交差点であるが、古道の名で記述すると次のようになるらしい。


180530 kikutomi-17


江戸道(旧 所沢街道、現 プロペ通り)に府中道(昭和通り)が合流し(ファルマン通り)、東からは引又道(旧浦和所沢線の南側に平行する道)と江戸道(同 北側に平行する道)が交わって、中心街である上町~下町の通り(所沢銀座)に入る交通の要衝が、根岸の交差点(ファルマン通り交差点)である。


180530 kikutomi-18


交差点から所沢銀座に下ってすぐ右手にあるとんかつ屋「菊富」。
こちらのお店、個人的にはこれまで取り上げさせていただいたお店の中でも特に来店歴が古い。初めて入ったのは15年以上前だと思う。


180530 kikutomi-11


情報が少ないわりには客入りのいい店で、最近ますますにぎわっているように感じられる。
1時来店でいっぱいで入れず、付近をぶらぶらして時間をつぶす。


180530 kikutomi-22 180530 kikutomi-12


御幸町、寿町、有楽町あたりは所沢でも特に古く、深く、妖しい地帯で、探検心をくすぐられる。
これまでの潜入調査で閉店したものと見なしていた中華屋に暖簾が掛かっている。時空の歪み現象のようである。


180530 kikutomi-13


1時15分再来店。お客さんは3組5人。
ディープな路地裏とは対照的に、メインストリートはタワーマンションや公共施設が立ち並ぶ再開発地帯である。こちらのお客さんも若い勤め人風が増えている印象を受けるが、ファミリー層、リタイア昼飲み客… と幅広い。


180530 kikutomi-16 180530 kikutomi-15


注文は、とんかつ定食(780円)、キャベツ大盛り(サービス)。
お手本のようなとんかつ定食というか、こちらのランチ、パッケージ構成要素が理想的。お新香、小鉢付きで、汁ものが豚汁というところがポイント高い。


180530 kikutomi-20


その豚汁の構成要素がまた理想的で、具は豚肉、大根、にんじん、ごぼう、こんにゃく、豆腐に、薬味ねぎ。
かなり煮詰まっている。どれくらい煮詰まってるかというと、多めに入ってる豚肉がホロッとなるくらい。
豚汁は煮詰まってこそおいしいが、豆腐は適宜追加で性状が保たれている。


180530 kikutomi-21


衣サクサクで脂身の甘味が引き立つロース肉のとんかつ。大きくはないが小さいとも思わない、“ちょうどよい”大きさと厚み。
いや、780円にしたら十分大きい。
っていうか、これ全部で780円。
ここを基準と考えると、ほかのとんかつ屋には入れなくなってしまうのだ。


180530 kikutomi-19


久しぶりの訪問となったが、清瀬の「枡壱」なき今、知る限りでは多摩六都~所沢エリア最優良のとんかつ店だと思う。


180530 kikutomi-14


[DATA]
菊富
埼玉県所沢市御幸町2-1



[Today's recommendation]

The TEMPTATIONS Truly For You
The Temptations
『Truly For You』

https://www.youtube.com/watch?v=SHVKb2j6rfc



chat180530.jpg
◆ 猫写真はこちら


所沢レトロゾーンのとんかつ店 【菊富】

2017.02.16

 年季の入った飲食店好きっていうのは、思い返せばかなり昔から無意識のうちにもそういう指向が高じる期間が断続的に現れて、もう十数年前になると思うが所沢のこのあたりにひきつけられていたことがある。変則交差点の上にあった天ぷら屋(その名も「昭和屋」)、ここの路地を入ったところの中華屋「栄華」、そしてこのとんかつ「菊富」を擁し、団子屋なんかもあって、いい雰囲気なのだった。

よく覚えていないが、ここは10年くらい値段据え置きじゃないだろうか。
とても優しそうなご主人とクールでしっかりしていそうな奥さんという、バランス的にいちばん安定感のあるパターンで運用されている。
いつもそこそこお客が入っている。豚肉、大根、にんじん、こんにゃく、薬味ねぎと、とん汁の具だけ見てもバランスがいい。そしてとんかつは普通においしい。
すべてがちょうどいい感じだ。


kikutomi13.jpg


とんかつ定食780円。小鉢と漬物、とん汁付き。
以前、歌舞伎町の某有名とんかつ店で食べたとき、「所沢の勝ちだな」という話になった。いま、ワタクシ的にはいい感じで地元店を開拓できてきたけど、当時まともなとんかつ屋はここしか押さえていなかった。

若いころ、どこにでも普通にあって、当時の若者がいちばん世話になったというタイプの店。これからも年に数回ペースで、ちょくちょくお世話になるんだろうなと思う。


kikutomi11.jpgkikutomi12.jpg


[DATA]
菊富
埼玉県所沢市御幸町2-1


Latest Articles
ふるさとの復興支援イベント! ――出張カキ小屋「牡蠣奉行」 Dec 15, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2