FC2ブログ

古びた倉庫に、時を忘れる異空間 【カフェバー ブレッソン】

2020.01.04

 「ぼん天」で食事のあと、「ブレッソンにコーヒー飲みに行く」という。
以前、久米川町に住んでいて、このあたりには土地勘がある。久米川東小の北側を抜けて、二中の南から立川造園の裏を通って久米川辻へ。


20200104 bresson-31


「カフェバー ブレッソン(Bresson)」は2018年11月オープンのカフェ&ダイニングバー。

“久米川町にカフェがオープン”という情報をブログ「東村山グルメ日記2」で見かけたのが去年3月。
カフェなどとはおよそ縁遠い土地である。「何だそりゃ、どこに…?」と、さっそく見に行った。府中街道の「じゃがいも」「こむぎ」の入るマンションと「つむじ」の間。月に2~3回は必ず通る位置である。「ぜんぜん気づかなかった…」というくらい目立たないたたずまいなのであった。


20200104 bresson-11


外観は古さびれた倉庫。
シャッターとサッシという殺風景な建物正面の右隅、白ペンキ塗装の一角がカフェの入り口。塗りむらがフレンチカントリーテイストというのかな。


20200104 bresson-12


サッシの引き戸は開けっ放しなのに入り口があることには気づかず、一歩踏み込めばその世界にいるという、まるで異世界への扉のよう。
ドアを開けて2階への階段を上がる。


20200104 bresson-13-2

20200104 bresson-1420200104 bresson-15


店内は意外なほど広い。家具の配置がゆったりだから、そう感じるのかも。
外観とのギャップもあって、思いのほかあったかい。いろんな意味で。


20200104 bresson-16


内装は無垢材に漆喰壁。
家具・調度はアンティーク。


20200104 bresson-2120200104 bresson-22


壁に掛けてある写真はご主人の作品という。


20200104 bresson-20


上記ブログ等によると、プロのカメラマンのご主人がレンタルの撮影スタジオを改装してオープンさせたカフェとのこと。店名はフランスの写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンにちなむ。ほか、詳しくはマサさんのブログをご覧ください σ( ̄、 ̄=) ンート…


20200104 bresson-1720200104 bresson-18


コーヒー×2をオーダー。
おいしいコーヒーとハイカカオチョコレートで癒やされる。


20200104 bresson-19


時のたつのを忘れる午後のひととき。


20200104 bresson-23


[DATA]
カフェバー ブレッソン(Bresson)
東京都東村山市久米川町4-34-15
https://cafebar.photo-bresson.com/
https://www.facebook.com/CafebarBresson/





[Today's recommendation]

wachat202014-2.jpg




https://youtu.be/q8PoJamI1bg


https://youtu.be/IJWlBfo5Oj0


Latest Articles
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2