“映える”冷やし中華 はじめました? 【なにや】

2018.06.03

 当たり前の話だけど、ブログは遊びというか趣味みたいなものである。
毎日ちゃんと仕事をしつつ、合間にブログの原稿を書いたりしている。当たり前だけど。

ワタクシのブログはたべものの話なので、行動としては、当然のことながら食事をおいしくいただくことが第一義である。
それをブログに載せるのは第二義以下、ついでの所作である。

食事のついでの所作を仕事の合間になす程度の重みづけであることを忘れてはならない。

あくまでも“ついで”ですよ、ということを自分自身に納得させる手助けというか、ポーズに使っているのが撮影機器。
食事が出てきたときに「なんかおいしそうだから、ついでに撮っとくか…」みたいな顔してスマホを手に取る。
これがデジカメだといかにも用意周到のようで言い訳にならない。
だから僕は、iPhone 一枚のほか何も携行しない。


180603 naniya-20


と、すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思うが、これは当ブログの写真が雑であることの言い訳である。
本当のこと言うと、デジカメ買って使いこなそうと努力するのがめんどくさい。ただシャッターを切る、以上のスキルが身に付かないのは知っている。

なぜこんな言い訳を繰り返すかというと、いわゆる“バエる”が本日のテーマだから。
バエるべきものがバエてなかったら、それはiPhoneのせいであると(笑)。

去年の夏はノスタルジーをテーマに(たぶん…)冷やし中華に取り組んだが、今年はバエる路線に徹しようと考えている。
ビジュアル重視で味は二の次、と。もちろん、うまいに越したことはないが。


180603 naniya-11


昼ごろに国分寺のイベントに向かう途中、相方が、現地まで持ちそうにない、と。ハラ減って。
最寄りの飲食店を思い浮かべ、ちょうどよさそうに思えたのが中国麺の「なにや」。
その理由は2つあって、一つは、なにやの麺が相方の好きそうなタイプなので次は一緒に入ろうと考えていたこと、もう一つは、いかにも映えそうな冷やし中華を出していたのを思い出したこと。


180603 naniya-12


なにやの麺は、中国紫禁城で500年にわたり代々の皇帝に食されたという、約700年前の翡翠麺を再現したもの。
いくぶん芝居がかっているが、僕が入るときは必ず中国人留学生風のお客さんがいて、説得力が高いようなそうでもないような、妙な雰囲気なのである。
一方、店内には地場野菜などまじめな食材の販売コーナーもあり、スケールの大きい麺の由来設定と地道な食材へのこだわりのギャップがおもしろかったりする。


180603 naniya-13 180603 naniya-17


さて、冷やし中華。
スイカを器にしたものの写真をネットで見たことがある。
ありました、すいか冷やし。メロン冷やしもある。
要予約、時価。
そりゃそうだろうな(笑)。


180603 naniya-15


ならば、普通の器の冷やし中華は? …1800円。
いかに映えようと、麺1食にその値段は出せない。


180603 naniya-16


なおも壁の品書きを探り、サラダ冷やし麺というものを発見。
950円。それでいいか。
もう1品はベーシックな中国麺850円。


180603 naniya-18


正直言うと、冷やし中華のほぼ半値のサラダ冷やし麺にそれほどの期待感はなかった。
ところが、出てきたものはなかなか立派なのである。
サラダというだけあってダイコン、ニンジン、レタス、トマトと野菜がたっぷり。甘酸っぱいゴマだれが食欲をそそる。
ほかに厚みのあるチャーシュー、ゆで卵、食べる順番として最後にスイカ。
ちなみにこちらのチャーシュー、バカうま。


180603 naniya-19


「なにや」の代名詞の翡翠麺は、ホウレンソウを練り込んだ無かん水麺。
個人的感想だが、小麦の風味が強くボソッとした食感は武蔵野うどんを思わせる。
冷水でシメたものは今回初めて食べた。ものすごくコシが強い。
無かん水でこのコシというのは、やはりうどんのように生地をよくこねるのかな?


180603 naniya-21


もう一品の中国麺は、このお店のまじめさが凝縮したようなたべもの。
たとえば具の細切りコンブは、だしをとったあとのコンブを煮つけたものと思われる。
シメて強烈なコシを出してあるより、かみしめられる硬さの温麺のほうが、麺の真価がわかりやすいかもしれない。武蔵野うどんへの向き合い方と共通するものがある。


180603 naniya-22 180603 naniya-14


映えるかどうかビジュアル的に今日食べたものは微妙だが、冷やし中華というたべものでこれだけ味のよいものは、実はなかなかないんじゃないだろうか。

遅ればせながら、冷やし中華(食べ)はじめました。


180603 naniya-23


[DATA]
なにや
東京都小平市学園西町1-26-25



[Today's recommendation]

American Idiot green day
Green Day
『American Idiot』

https://www.youtube.com/watch?v=Ee_uujKuJMI



chat180603.jpg
◆ 猫写真はこちら


中国皇帝が食したという宮廷麺 【なにや】

2017.04.09

 ここはテレビや雑誌にもよく取り上げられる有名店である。有名店は苦手なのだが、無かん水の中国麺というものに興味があり、去年フラッと入ってみた。行列店的な印象があったが、1時前後にもかかわらず先にも後にも客は自分1人。混むのも苦手なので運がよかったのだと思う。ゆっくり味わうことができ、たいへん満足した。
リピート決定と思いつつ半年以上空いてしまった。


naniya15.jpgnaniya16.jpg


入り口に中国麺の説明がある。
「700年前の翡翠麺を再現」「中国紫禁城で500年間食された」
店内にもいろいろな解説やテレビ出演時のスナップショットが展示されていたり、銅鑼が掛けてあったり(実際これを使う儀式があるらしい)、エンターテインメント性が高い。入店角度からコの字カウンターに至る動線に古典芸能の舞台まわりのような独特の様式美を感じるのは私だけだろうか。


naniya11.jpg


中国麺850円。
翡翠麺はホウレンソウを練り込んだかん水・保存料不使用の麺である。無かん水というと、白っぽく、ストレートで、フワッと軽い食感というイメージがあるが、この緑色の麺は中太で縮れが入り、コシというのとは異なるむぎゅっとした独特の噛み応えがある。
確かにラーメンとはまったく別物で、青菜の香りはともかく、武蔵野系のうどんを細くしたらこんな感じではないだろうか。クセになる味わいだ。

スープは和風で甘味が強い。僕は甘いのは苦手だが、これは砂糖とも化学調味料とも違った自然な甘味だ。
「煮物っぽい」という書き込みを見かけたが、だし昆布の再利用とみられるたっぷりの刻み昆布がそう感じさせるのか。花形切りのニンジンやチャーシュー、煮卵というトッピングからも、煮物っぽいというかおせち料理的イメージだ。
ほかにメンマ、チンゲン菜、ブロッコリーと具だくさん。具やだしに小平産無農薬野菜を使用しているという。


naniya14.jpg


このチャーシューが絶品。酒や香味野菜で風味付けされているようで、上品な香りもうま味もコクもよい。軟らかめだが崩れはしない絶妙の火の通し加減。スープの甘味はこのチャーシューの煮汁由来かもしれない。
前の客が支払いのときお土産用のチャーシューを買っていた。

いい意味で芝居がかっているところがある。祭りの日の非日常(ハレ)の演出のようでもある。そういえば店内に屋台が出てる(地場野菜の販売コーナー等)。
しかし仕事は直球ど真ん中勝負な感じ。どこまでも真面目で一本気な中国麺屋さんである。


naniya12.jpgnaniya13.jpg


[DATA]
なにや
東京都小平市学園西町1-26-25


Latest Articles
ランチずし最強宣言! 【東鮨】 Aug 22, 2019
絵心をそそる門前の茶屋 【小林屋】 Aug 20, 2019
関東(ry) うどんロード ―2 【おぎの屋 板倉店】 Aug 19, 2019
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2