fc2ブログ

トラウマ→ウマウマな、地域密着中華 【紅龍房】

2019.06.16

 前記事のつづき。

「紅龍房(ころんぼ)」は去年、自転車で狭山丘陵を一周したとき、「さいたま緑の森博物館」案内所のおじさんに教えてもらって入りそうになったお店である。
入りそうになったというか、入った。
入るには入った。すぐ出た。


190616 kouronbou-28
大谷戸湿地と西久保湿地の間らへんには、いまも武蔵野の原風景が広がる


そのときのいきさつが、やはりこちらの記事に書いてある。当該箇所を以下に引用する。

古びた中華屋さん、いい感じです。
中はけっこう広く、驚くことにほぼ満席。お客さん20人ぐらいいる。
いちばん奥のテーブル席が空いているが、後客が来たら相席は必至。それに、お店の人が出てきてくれない。ボーっと突っ立っているところに地元客の冷たい視線。
アウェー光線とタバコの煙に追われるように退却しました。


このブログを始める前からこういうディープゾーン突撃昼ごはんみたいなことを続けているわけだが、覚えている限り退却行為はこれ一度きり。トラウマとなってずっとどこかに刺さっていた。


190616 kouronbou-11


せっかく昼時にこの土地にいるんだから、ここはひとつ去年の屈辱を晴らしたい。
てか、案内所のおじさんの言うように、ほかにお店がないという消極的選択であることも否定するものではない ヾ( ̄▽ ̄;) ハハ…


190616 kouronbou-12-2


11時ジャストに到着。
「11時半開店だったらアウトだな(笑)」とか言いながら駐車場に入ると、実際入り口には“準備中”のプレート。ガーン…! d( ̄◇ ̄) アウト!


190616 kouronbou-13


相方が車を降りて看板を確認。
「11時からってなってるから、ちょっと聞いてくる」と店内へ。
すぐに出てきてOKサイン。
…と、相性というか、なかなかすんなりとは入れてくれないお店なのだ。


190616 kouronbou-19


1階もけっこう広いが、2階への階段もあり、宴会場を兼ねた昔の大型中華料理店を思い出させるものがある。
幼少時の体験によれは、エビチリが出てくる系統のお店。


190616 kouronbou-17190616 kouronbou-18


注文はランチメニューから、フカヒレあんかけ炒飯と半ラーメン980円と、五目焼きそばとデザート700円。


190616 kouronbou-15

190616 kouronbou-16


このレギュラーのランチメニュー以外にデカいホワイトボードに書いてある“日替わりランチ”も充実している。


190616 kouronbou-20


その横の“本日のおすすめ”には鹿の背ロースやイノシシ肉の文字。
ステロタイプには測れないものを感じる。


190616 kouronbou-21


まずフカヒレあんかけチャーハンのセット。
「熱いのでここでかけちゃいますね」と、ソースポットのアツアツの餡を、アツアツ鉄板にのった炒飯にかける。ジュワワーッという演出。
ホール係の女性は愛想はないがとても親切。料理写真を撮りやすいように配膳のやり方を変えてくれたり(笑)。


190616 kouronbou-23190616 kouronbou-24


チャーハンの具は卵のみ、餡はフカヒレ、エノキ、キクラゲ。こういう至ってシンプルな中華が僕は好きだ。しょっぱめのチャーハンと甘辛いフカヒレ餡の組み合わせが絶妙。


190616 kouronbou-22


半ラーメンは竹打ちのようなピロピロ麺、鶏そばのようなほぐした鶏肉、斜め切りのネギと、セットのラーメンとしてはかなり個性的。


190616 kouronbou-25


五目焼きそばも、エビ、イカ、ウズラ… と、お手本のような内容。


190616 kouronbou-26


量がものすごい。加えて炒飯がいつまでもアジアジで、汗ダラダラ。
一つ要望として、どちらも甘辛しょうゆ系だっただけに、卓上に常備で酢が欲しい。頼めばもちろん出してくれると思うけど。


190616 kouronbou-27


トラウマ解消どころか、いい店やんかー。
すごく気に入ってしまいました。


190616 kouronbou-14


[DATA]
中国料理 紅龍房(ころんぼ)
埼玉県入間市宮寺541-1





[Today's recommendation]

wachat190616-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/QKMeLFrrUIA


Latest Articles
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
田舎風景に忽然と 【五千頭の龍が昇る聖天宮】 Sep 11, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2