fc2ブログ

釜飯というカテゴリーの時代錯誤的コスパの高さ! 【竹馬】

2018.10.27

 前記事の「ひがしやまとスイーツウォーキング」の途中に立ち寄ったのが、割烹・釜めしの「竹馬(ちくま)」。


181027 chikuma-11


このお店を見つけたのは最近のことで、店構えのわりに昼のメニューはそれほど高くないので入ってみたくてうずうずしていたが、ジャンルがジャンルである。1人ではちょっと…。
このウォーキングイベントなら同行者がいてコースにも近いので、だいぶ前から今回の候補に考えていた。


181027 chikuma-12


釜飯は1人ではちょっと… の理由は、気恥ずかしさだと思う。
釜飯はただ食べるだけでなく、一仕事しなければならない。お釜のふたを開けたのち、炊き上がりをしゃもじで底からひっくり返すように混ぜ、お茶わんによそう。すなわち調理・配膳工程の一部を客が引き受けさせてもらう体験型イベントである。
1人でイベントに参加していることの無意識下の感知が、気恥ずかしさの原因である。


181027 chikuma-55


1人釜飯の気恥ずかしさは、1人焼き肉のそれに通じる。
ほかにもありますよね。軽はずみに1人でイベントやらかしちゃって後悔することって。
流しそうめんとか? ヾ(ーωー) アルアル


181027 chikuma-56


店内は、入って左手が調理場とカウンター3席、右が小上がりで4席と6席の掘りごたつおよび2人用座卓2つという構成。
接客係が大女将的な年配の方、それと比較的若い板さんの2人体制。
4人用の掘りごたつに通される。


181027 chikuma-17


大いに迷っているわれわれに、「何でもお好きなものを頼んでいいんですよ(笑)」とおかみさん。
せっかくだから釜飯と定食を1種類ずつ頼もうと思ったが、釜飯は注文が入ってから炊き始めるわけだから、それだと提供時間がずれるのではないかと相方が言う。
「釜飯なら釜飯、定食なら定食と、2つそろえたほうがいいんじゃない?」

聞いてか聞かずか、「定食の白いご飯もこれから炊き始めますので、時間は一緒ですよ」とおかみさん。
なるほど、そういう調理プロセスだったか。


181027 chikuma-26

181027 chikuma-25


昔、ブームだったのか、釜飯屋はわりとどこにでもあった。
いまはあまり見かけなくなり、利用するのも久しぶりだから、そういうちょっと特殊なサービスシステムも忘れてしまっていた。

五目釜飯1000円と豚角煮定食1000円を注文。


181027 chikuma-57


待つこと20分強。
入ってすぐに気づいたんだが、何かを行っている途中に食べるたべものじゃないな、釜飯は(笑)。
ウォーキングの完歩賞はムリかな… とこの段階で早くも考えている。


181027 chikuma-58


どちらも予想以上に豪華。
五目釜飯の具は、えび、うずらの卵、鶏肉、鶏そぼろ、錦糸玉子、栗、なると、たけのこ、にんじん、みつば、など。
豚角煮は、豚肉だけじゃなく大根、干ししいたけ、たまねぎ、こんにゃく。
お新香(5種)と小鉢(ぬた)、みそ汁付き。


181027 chikuma-59


豪華すぎないか…? と不安になった。
それに、この量の多さは…。


181027 chikuma-60


品書きの価格は1人前ですが、提供は2人分からとなります… などという釜飯独特のシステムがあったりして。
そういえばおかみさんは、僕らが迷っていると「釜飯は量が多いですから、2人で召し上がってもいいんですよ」と言っていた。
まさか4人分頼んじゃった??


181027 chikuma-64


と、一瞬本気で不安になったが、お盆はどう見ても1人サイズである。
それほどボリュームがあり、一方で仕事も細やか。
たとえば、ぬたのキュウリは芯の部分だけ拍子木切りにしてある。ランチの付け合わせとは思えない。


181027 chikuma-62


釜飯は上品な薄味で素材の味が引き立つ。
釜飯のクォリティはもちろんのこと、白いご飯のおいしさが際立つ。じか火炊きたてを食べる機会はそうあるものではない。
注文を受けてから火にかけるという釜飯スタイルのぜいたくさ、いまはなかなか味わえなくなった。
このお店は味も雰囲気もいいし、コスパは最強クラスといえる。


181027 chikuma-63


ただし、このあとウォーキングを再開するわけである。
残り10km近く歩かなければいけない。そして、スイーツ6個…。

釜飯は、何かを行っている途中に食べるものではないし、それが運動系と食欲系をミックスしたイベントだったりしたら、なおよろしくない、と思いました。


181027 chikuma-24


[DATA]
竹馬(ちくま)
東京都東大和市上北台3-359-3





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=JmcA9LIIXWw



waka181027-22.jpg
chat181027-22.jpg



Latest Articles
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2