FC2ブログ

秩父でおいなりさんといえば…? 【武島家】

2018.10.14

 秩父編のつづき。
「大むら 本店」を出て参道(番場通り)や東町の商店街を散策。


181014 takeshimaya-11


秩父は歴史ある町だけに、古く趣のある建造物がたくさん残っている。
が…、あまりにも人が少ない。
午後になって観光客らしき姿をちらほら見かけるようになったが、お昼ごろは人けがないといってもいいほどさびれていた。
同じ埼玉県の歴史観光スポットでも、明治期に形成された蔵造りの街並みを生かしたまちおこしに成功し休日ともなれば人でごった返す川越とは大違い。
市内吉田地区で「龍勢まつり」が行われているが(夕方のニュースで知った)、その影響もあるんだろうか?


181014 takeshimaya-12 181014 takeshimaya-13
181014 takeshimaya-15 181014 takeshimaya-14
181014 takeshimaya-16 181014 takeshimaya-17
181014 takeshimaya-18 181014 takeshimaya-19
181014 takeshimaya-20


参道から秩父鉄道の踏切の細道に入ると、青い幟が見える。
「いなりずし 武島家」。
老舗然としたお店のいなりずしは惹かれるものがある。持ち帰りずしのようなので、晩ごはん用に買って帰ることにした。


181014 takeshimaya-22


店内は、入って正面が注文カウンターでその後ろが広い作業場。左手が小上がりになっていて座卓が2つ。
品書きが張ってあるので店内飲食も可能らしい。
寿司とうどんセットなんていう魅力的なメニューも。


181014 takeshimaya-23


いなりずし6個を包んでもらう(1個90円)。


181014 takeshimaya-25


奥の作業台にのり巻きのパックがたくさん積んであって、それもおいしそうなので「のり巻き追加してもらっていいですか?」と聞くと、「1本でよろしいですか?」と。
のり巻きはかっぱ、たくあん、かんぴょうとございますが? などということはなく、のり巻きといったらのり巻き。“のり巻き=かんぴょう巻き”の時代感覚が息づいている。


181014 takeshimaya-26


あとで調べたら五色巻き(かんぴょう、きゅうり、桜でんぶ、玉子、油揚げの太巻き)というものもあるようだ。そこは教えてほしかったなぁ…。
のり巻きといったらのり巻き(笑)。


181014 takeshimaya-27


大正5(1916)年創業とのことで、こちらも100年企業だ。
昼ごはんの「大むら 本店」と足したら236年。
足す意味があるかどうかわからないが、なんか秩父すごい ヾ( ̄  ̄〃)ノ


181014 takeshimaya-29


いなりずしは大きめ甘め。
どれくらい甘いかというと、砂糖の結晶化? によりお揚げの食感がごわごわ… というくらい。
地域地場産業振興センターポータルサイト「FIND Chichibu」のお店のページには「いなりのタレは戦後60年以上‘返し’を使っています。1個の大きさは、通常の1.5倍!」とある。


181014 takeshimaya-24


のり巻きのかんぴょうも、甘い。
子どものころ、かんぴょう巻きは苦手だった。甘いから。
年をとって、この素朴な味もいいものだと思うようになった。


181014 takeshimaya-28


[DATA]
武島家
埼玉県秩父市番場町16-4
http://www.find-chichibu.jp/db/companies/view/214



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=nNf-1DJCrPc



chat181014-2.jpg waka181014-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2



 5代続く和菓子の老舗

2018.10.14 水戸屋本店/埼玉県秩父市本町1-22 http://db.dokoikube.com/mitoya_h.htm" target="_blank" title=" http://db.dokoikube.com/mitoya_h.htm"> http://db.dokoikube.com/mitoya_h.htm


181014 mitoya-11
181014 mitoya-12 181014 mitoya-13
181014 mitoya-14
181014 mitoya-15 181014 mitoya-16


再び「観光×食べ歩きマップ秩父2018」を頼りに、老舗和菓子屋「水戸屋本店」へ。
先の「FIND Chichibu」のお店ページには、「創業明治8年」と。
本日のトータル、えーと… 379年(笑)。
こちらの名物はちちぶ餅。甘さ控えめ、つぶし餡の逸品。


Latest Articles
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
ひそかに続く三鷹ディープゾーン探訪 【かどや】 Nov 23, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2