fc2ブログ

とっくに若くなく… 【ニューバーグ】

2021.11.28

 先週、久々に都心を歩いて非常に楽しかった。
味を占めたワタシは今朝、面白そうな散策コースを思い付き、話してみると、「そのコースじゃ、いまから出掛けても遅いんじゃないですか?」と。
たしかにもう9時近かったし、そのコースは4~5時間はかかりそうだ。

すぐに修正の利くワタクシ。
「昔、住んでたあたり、歩いてみる?」

昔住んでいたあたりとは、結婚したばかりのころ1年ちょっと住んでいた丸ノ内線 新中野駅あたり。
西武新宿線の新井薬師前駅から中野経由で新中野へというざっくりした計画で、そのあとどうするかは成り行きで。


20211128 newburg-1120211128 newburg-12
新井薬師 梅照院

20211128 newburg-13-220211128 newburg-14-2
昭和新道 中野駅南口

20211128 newburg-15-220211128 newburg-16-2
昔入ったことがある「中野大勝軒」と「いさわ」(閉店)

20211128 newburg-17-220211128 newburg-18-2
鍋屋横丁(鍋横)。中野通りのちゃんぽん「球磨」は昔、鍋横にあった

20211128 newburg-1920211128 newburg-20
杉並区和田


上の写真の左奥の賃貸マンションに住んでいた。
道を挟んで右側は中野区本町。
相方がよくイシ○のミー○ボールを買っていたマンション斜向かいの「デイリーヤマザキ」は、最近まで残っていたが、今日行ってみると訪問看護ステーションに変わっていた。
そういう業態は35年前は存在しなかったと思う。

それだけに、マンションは名前もそのまま、外壁の様子などもきれいなままに残っているのはすごいことだと思った。


20211128 newburg-23-2
和田帝釈天

20211128 newburg-24-2
妙法寺参道入り口


20211128 newburg-2520211128 newburg-26
妙法寺


ここまではだいたい予定のコースだが、この先は白紙である。
時刻は11時45分。
とりあえず、腹が、減った……


20211128 newburg-28
「ホープ軒本舗 杉並店」は環七通り高円寺陸橋近くにあった


せっかくだから昔入ったお店で食べたいが、覚えているのは「ホープ軒」(「ホープ軒本舗 杉並店」)ぐらいで、2017年に閉店している。まあ、残っていたとしても夜のみ営業だったんだけど。
この先は高円寺で、あまり縁のない街。

いや、一つだけ、昔なじみのたべものがある。
イ○イのミート○ールからの連想もあったかもしれない (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20211128 newburg-29
セントラルロード


高円寺駅北口から西に伸びる商店街セントラルロードにあるハンバーグ専門店「ニューバーグ」。
1969年創業の老舗洋食店である。


20211128 newburg-3020211128 newburg-31


高円寺のこちらのお店には過去1回しか入ったことがないが、かつて吉祥寺にも出店しており、「ニューバーグ」のハンバーグは学生時代にさんざん食べたたべものなのだ。
体の半分はニューバーグの謎肉でつくられていたと言っても過言ではない。


20211128 newburg-3220211128 newburg-33


12時20分で先客5名ほどと予想外にすいていて、ラッキー❣
…と思っていたら、僕らのあとアッという間に席が埋まって、本当にラッキーだったみたいだ。


20211128 newburg-3820211128 newburg-38-2


昔そればかり食べていたダブルメキシカンをポチッとな。
もう1品は、Aスタンダードハンバーグ。
これで合わせて1240円と激安である。


20211128 newburg-39-120211128 newburg-39-2
スタンダードハンバーグ(デミグラスソース)


あとで調べてみると前回とまったく同じ注文だったという、よくあるパターンだった。
ただし、値段は前回は1180円。


20211128 newburg-3720211128 newburg-37-2
ダブルメキシカンハンバーグ


自社工場で作られたパテはお店でいったん油で揚げ置かれ、注文が入ってから電子レンジでチンして熱したプレートにスパゲティ・温野菜と一緒にのせてソースをかけ、最後に目玉焼きを添える… といった感じ。


20211128 newburg-36


ハンバーグというか、やっぱり“ニュー”バーグ。
つなぎの多いねっとりした歯応えで、肉を食べている気がしない。
昔も大豆だコーンスターチだといろいろうわさされていた。


20211128 newburg-34


変わらないハンバーグの味と食感。
モチモチのスパゲティも。
フォークでいただくみそ汁 (〃 ̄∇ ̄)ノ


20211128 newburg-35


それにしても、さすがにもたれた。晩ごはんまで響くくらいに。
前回は「苦には感じなかった」と書いている。「若いころの精神とシンクロすることで身体面でも消化機能が高まった、とか…」

それから4年近くたち、消化機能もその分低下していて当然ということに、いまだ気づいていないらしい。


20211128 newburg-40


[DATA]
ニューバーグ
東京都杉並区高円寺北3-1-14
http://osietesite.com/gourmet/tokyo/yosyoku/niku/newburg





[Today's recommendation]

wachat211128.jpg




https://youtu.be/IIOJdMdS56k



20211128 newburg-27
本日のゴール


青春を懐かしがる 【ビフテキ家 あづま】

2021.11.23

 22日朝のニュースでラグビー早慶戦の特集をやっていた。
そういえばワールドカップのあと生観戦したくなったが、まもなくコロナが始まってしまったんだった。見たい気持ちは2年たっても変わっていない。
早明戦は何度か見ているが、早慶戦は見たことがなかった。

「今日、ラグビー見に行こうか」
と翌日の朝食のときに切り出したのである。

ところが、チケットの手配をしようとしたら、チケットぴあは予定枚数終了と。
焦っていろいろ当たってみたが、チケット販売はネットのチケットぴあのみで、当日の早慶戦はともかく約2週間先の早明戦も完売。リセールにもワセダ絡みは引っかかりもしないのだった。
えー、ラグビーってそんな人気なの…!?

自分の学生時代はラグビーブームの頂点で、1学年上に本城・吉野・津布久の三羽烏を擁した早稲田は人気の面ではラグビー界のトップに君臨した。早慶戦や早明戦はまさにプラチナチケットだった。
あのころの熱気が戻っているとすれば、ラグビーファンでありチョイ経験者としてはうれしいことではあるが…。

「ラグビーが無理ならイチョウでも見に行こうか」と相方。
神宮外苑のイチョウ並木は秩父宮ラグビー場のすぐ近く。そこに行く気になっていただけに、ナイス提案。


20211123 azuma-1120211123 azuma-12


用事があるという半蔵門まで地下鉄で行き、外苑まで歩くという計画。


20211123 azuma-1320211123 azuma-14


半蔵門→紀尾井坂→真田堀→四ツ谷駅→若葉→鉄砲坂→信濃町駅… というコースで、絵画館に12時ちょうど。


20211123 azuma-1520211123 azuma-16


軟式球場を回り込んで神宮球場の外野席入り口あたりまで来ると、突如ものすごい人並みに。

「え… なにこれ!? ラグビー? 日本シリーズ?」

それはイチョウ見物に訪れたおびただしい人の群れなのでした w( ̄▽ ̄;)w


20211123 azuma-1720211123 azuma-18


そそくさとその場を離れ、昼ごはんを食べに「ホープ軒」へ。が、やっぱりというか長蛇の列。「もうこのあたりはダメ。新宿まで歩こう」 となったのである。

前振りと中身に一貫性がないのはそういう経緯によるもので、ご容赦願えればと。


20211123 azuma-1920211123 azuma-20


「新宿でお店の候補は?」
「えーと、天ぷら、じゅうじゅう焼き、とん丼、…」
「じゅうじゅう焼きかな」

ということで、北西から北へと進路を修正しつつ新宿三丁目方面へ。

「新宿末廣亭」横、じゅうじゅう焼きで有名な「ビフテキ家 あづま」は、近くのデパートでアルバイトをしていた学生時代、バイトの帰りによく入った。
前振りとお店に関連があるとすれば、キーワードは学生時代。
今回のテーマは“青春時代を懐かしがる”かな。


20211123 azuma-2120211123 azuma-22


末廣亭の前から外観写真を撮ろうとスマホを構えたら、お店がない。
え、閉店しちゃった? と目を凝らせば、神田松鯉の幟の向こうに小さいながらも看板はたしかにある。
近寄ってみると、看板の下には地下へ下りる階段。


20211123 azuma-2320211123 azuma-24


かつて1階と地下の2フロアだった「あづま」は地下だけになり、1階には別のお店が入居している。
調べてみると2019年4月にリニューアルしたらしい。


20211123 azuma-27


13:20来店で満席、空き待ちとなったが、僕らのすぐあとから順番待ちはどんどん増えていったのでタイミングはよかったみたいだ。


20211123 azuma-2820211123 azuma-29


注文は、昔そればかり食べていたもち豚のじゅうじゅう焼き(昔“もち”は付いてなかったと思うが…)と、もう1品は店名に敬意を表す意味でビフテキに。


20211123 azuma-3020211123 azuma-31


15年前くらいに家族で入ったときは地下へ通され、煙がすごかったことを覚えているが、いまはもちろん全席禁煙。内装や照明も明るくなった印象で、こういう変化は歓迎である。


20211123 azuma-32


まずオニオンコンソメスープ。
塩気の強い昔風の味付けが食欲を増進させる。


20211123 azuma-3320211123 azuma-34


じゅうじゅう焼きは、豚バラ肉とキャベツが鉄板に盛り付けられた状態で提供され、上から特製オニオンソースをかけて食べるというもの。


20211123 azuma-37<


ソースが熱々の鉄板に触れ、ジュージューとものすごい湯気を上げる。豚肉には火が通っているがキャベツは生で、それがいい具合に蒸し焼き状態になるという、シンプルながらよく考えられた料理である。


20211123 azuma-37-2


ソースは昔ながらの甘みを抑えた味付けで、酢の酸味が効いてごはんがススム。


20211123 azuma-3520211123 azuma-36


ビフテキも熱々の鉄板にのってやって来た。パッと見、厚みもサイズ感も十分。
付け合わせの具なしナポリタンにテンション上がる。


20211123 azuma-3820211123 azuma-39


ナイフを入れると中はミディアムレア状態で、肉汁が多く軟らかい食感。
味は付いているが、フロアマネージャーに勧められるままにじゅうじゅう焼きのソースをかけてみれば、これまたごはんがススムススム。


20211123 azuma-46


あとから入った隣のテーブルの若いカップルの男子のほうは、じゅうじゅう焼きの肉大盛りと。
昔、バイト仲間のHMは必ず肉大盛りで頼み、「HMは肉食だからなー」とからかわれていたものだ。

彼は大学1年のときの下宿仲間で、テレビのなかった僕はその年のラグビー交流試合をHMの部屋で見たことを覚えている。
それは専修大に敗れ大学選手権に進めなかったという衝撃の結末で、早稲田は人気絶頂でも実力が伴っているわけではなかったのだ。


20211123 azuma-4320211123 azuma-43-2



この日の早慶戦、勝つには勝ったが、かなりハラハラする展開だったみたいだ。
見たかったような、見なくてよかったような…。


20211123 azuma-45


[DATA]
ビフテキ家 あづま
東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビルB1F
https://azuma-shinjuku.owst.jp/map





[Today's recommendation]

wachat211123.jpg




https://youtu.be/dx7vNdAb5e4


https://youtu.be/dO6rCGUt2_A



20211123 azuma-41
そろそろ幸先詣の時期かなと


素晴らしく昭和な 【キッチンサン】

2021.09.19

 久々に朝から青空の広がる、まさに秋晴れ。自転車日和である。
午後に松が丘に用事があるので、午前中、所沢方面を自転車でブラブラ。
まず松が丘の先の所沢市山口に一昨年オープンしたというショッピングモール「SAVE AREA」へ。

ところで、ここにSAVE AREAの写真がほしい。記事的にはそのほうが絶対よくなるとわかっていても、現場では気づかない。ブログを始めて3年半、その部分のカイゼンがまったく進んでいないので、今後はそういう行動を心がけようと思う。何でもかんでも撮る、と。

SAVE AREAはモールというよりシェアスペース感覚の想定外にサブカル&アートな空感で、なかなか面白い。機会があったら取り上げてみたい。

昼ごはんのお店を探しに新所沢へ。
大型ショッピングモールの斜陽化にはいろいろ考えさせられるものがあるが、もっとお世話になっている「新所沢パルコ」も2024年2月末をもって営業終了という。
かつての若者文化の発信拠点の面影はなく、たとえば「SAVE AREA」との対比も際立つわけで。


20210919 kitchensun-20


昭和は遠くなりにけり… も、たべもの屋さんに関してはあくまでも昭和寄りなワタシ。


20210919 kitchensun-2720210919 kitchensun-28


パルコ2階、昭和感いっぱいな外観のうどん&喫茶のお店には一度入っておきたいと思っているが、緊急事態宣言で臨時休業。

駅構内を通って東口へ。
駅前商店街の洋食レストラン「キッチンサン」も、ずっと気になっているお店。


20210919 kitchensun-2520210919 kitchensun-26


L字カウンターの周囲にテーブル席が配置されているつくりで、僕らが入った時点でテーブル6脚すべて埋まるという感じに賑わっている。家族連れが多い印象。


20210919 kitchensun-30


カウンター席には、スポーツ新聞を手にゆっくり食後のコーヒー… だったりと、昭和の喫茶店文化を懐かしむかの風情の高齢男性の姿もちらほら。

ランチセットのハンバーグと豚天盛り合わせと、週替わりランチのポークソテーミートソースを注文。


20210919 kitchensun-3120210919 kitchensun-32


メニュー表のレイアウトから、ミートソーススパゲティにポークソテーがのってくるものと思い込んでいたが、こうきたかぁ…。


20210919 kitchensun-2120210919 kitchensun-22


それにしても、厚めのポークソテー2枚でボリューム満点。
ランチセットのハンバーグも豚天もずっしりと。
どちらも660円とは思えない内容だ。


20210919 kitchensun-2320210919 kitchensun-24


甘くないミートソースがいい。
野菜の自然な甘みのみで、ひき肉のうま味とコクが引き立つ。シンプルな昔ながらの味わいで、このソースでぜひスパゲティを食べてみたい。


20210919 kitchensun-33


ハンバーグと豚天のドゥミグラスソースも同様に昔なつかしの…。
生タマネギがたくさん入った厚みのあるボリュームハンバーグ。


20210919 kitchensun-3420210919 kitchensun-35


店内は手入れが行き届き、お客の出入りも激しく、現役そのもの。
だからこそ味わえるタイムスリップ感。
パルコというよりこんなお店のある街がうらやましい。


20210919 kitchensun-29


[DATA]
キッチンサン
埼玉県所沢市松葉町2-2





[Today's recommendation]

wachat210919.jpg




https://youtu.be/awtOMzqS9_M



20210919 tsuriganeninjin-22
ツリガネニンジン / 荒幡富士


コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】

2021.09.11

 散歩はまだ続いている。
が、降ってきてしまった。
雨宿りを兼ねて「コープ東村山秋津町店」で買い物。
えーと、ここから帰る途中、昼ごはん食べるとすると…?


20210911 jagaimo-2120210911 jagaimo-22


府中街道沿いの洋風仕出し弁当「じゃがいも」は、利用履歴がおそらくいちばん古いお店である。いまより400m駅寄りにあった「じゃがいも弁当」時代から。
なのでコロナ禍でも弁当利用はコンスタントにあったが、店内で食べるのは、調べたところ1年10カ月ぶりらしい。


20210911 jagaimo-23


雨の中、開店時間を待つ母子。
と思ったらお弁当のお客さんで、11:30にプレートが“営業中”に引っくり返って最初の客が僕ら。が、次々お客が入ってきて、やがて席はすべて埋まってしまった。


20210911 jagaimo-24


テーブル3卓、カウンター4席(間引いてある)に、5組11人。
単独客はなく僕らのほか、ガテン系、高齢女性、若い男性、僕ら世代男女… 各2人と、見事に客層がばらけている。
外にお弁当のお客さんも並んでいるし、相変わらず人気の高さがうかがえる。


20210911 jagaimo-27


注文は日替わり定食(相方)と唐揚げ定食(僕)。
スープとみそ汁で選べるが、どちらもみそ汁に。


20210911 jagaimo-2520210911 jagaimo-26


お店の雰囲気が微妙に変わった… と相方が言う。うまくはいえないが、ビミョーに小ぎれいになったと。若い女性スタッフがアレなんじゃないかと。
BGMが変わった… とは思ったけど。ずっとユーミン一筋だったが、ラジオ(FMヨコハマ?)が流れている。その点ではたしかに新機軸を感じなくもない。


20210911 jagaimo-2820210911 jagaimo-29


唐揚げ定食は、カツカレー、味噌ラーメンとともに、個人的こちらのベスト3。
というか、その3つでローテーションしていると言っても過言ではない。


20210911 jagaimo-32


…と思っていたが、唐揚げ定食をお店で食べるのは、調べてみると4年半ぶり。いろいろ感覚が狂っているのである。
大ぶりの唐揚げが5~6個ゴロゴロ。濃いめの味付けにニンニクが効いていて、ご飯がススムススム。


20210911 jagaimo-3020210911 jagaimo-31


日替わりは、アジ照り焼きにひれカツ。それで594円と、おそるべきコスパのよさ。
相方が食べているのをてっきりサバだと思って見ていたほど、立派な型のアジである。
アジのいちばんおいしい季節ですねー (≧ω≦)b


20210911 jagaimo-3320210911 jagaimo-34


この日歩いた距離9.3kmと、食欲の秋に向け、まあまあな準備運動。


20210911 jagaimo-3520210911 jagaimo-36


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]

wachat210911-3.jpg




https://youtu.be/BBml5_3bn6c



210911 yaburan-33
ヤブラン


話題の施設で観光気分 【レストランTiam】

2021.06.20

 昨年オープンして話題になった「ところざわサクラタウン」は、所沢市との共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の中核であり国内最大級のポップカルチャーの発信拠点となる、KADOKAWAグループが所有・運営する複合施設である。


20210620 sakuratown-52


自分の行動圏(自転車コース)に位置するため、前記事末尾の写真のような形でこのブログにもときどき登場するが、これまでちゃんと取り上げたことはなかった。
申し訳ないがトイレ休憩用の施設という捉え方だったが、横目で見る飲食店やショップが意外に地元コンシャスだったりで、実は気になっている。


20210620 sakuratown-12


朝までしつこく降り続いた雨も上がって急速に天候が回復する勢いにつられるように、ひやかしノリで出かけてみた。


20210620 sakuratown-11


自転車でのんびり行っても30分ほどの距離。
施設は、ホテルや商業施設、ジャパンパビリオンなどがある「本棟」と「角川武蔵野ミュージアム」、「武蔵野坐令和神社」の主に3棟からなる。


20210620 sakuratown-1320210620 sakuratown-14


まずお参り。


20210620 sakuratown-15-2


武蔵野坐令和神社は、“主祭神に東京大神宮より天照皇大神、相殿神に東所沢の氏神とされる本郷氷川神社より素盞鳴尊を勧請して祭神とし…”という格式と、“訪れてみたい日本のアニメ聖地88”の1番札所という大衆性の、聖俗両面併せ持つ。この二面性は施設のコンセプト全体に通底しているようにも感じられる。


20210620 sakuratown-16

20210620 sakuratown-17

20210620 sakuratown-18


例によって昼ごはんが主目的だったりするが、お目当ての「手打ちうどんさわいち」には順番待ち多数。隣の「ラーメンWalkerキッチン」も同様で、1つ上の階の「角川食堂」に至っては長蛇の列である。
途方に暮れました (o ̄∇ ̄)o!! ガーン


20210620 sakuratown-19

20210620 sakuratown-20

20210620 sakuratown-21


先に案内板を見ていた相方が、「上のほうにホテルレストランというのがあるみたいよ。ちょっと高そうだけど」と。
たしかに元・角川社員(←わし)としては知っている人間がいないとも限らないし、ラーメン屋に並んでいる姿を見られるのはちょっとアレだったり、足元を見られたくない(笑)というビミョーな心理が働く。

なにかミョーに荘厳なホテル用エレベーターホールへ。


20210620 sakuratown-22


6Fがホテル階で、その名も「EJ ANIME HOTEL」。


20210620 sakuratown-5520210620 sakuratown-56


ロビーは一見普通のホテル風で、レストランも格式高そう。


20210620 sakuratown-2620210620 sakuratown-27


が、振り返ると…


20210620 sakuratown-58

20210620 sakuratown-29


ビジネスとしてどっちが本筋でどっちがあそびなのか、どっちも本気なのか、あるいは…。
戸惑いつつ「レストランTiam」へ。


20210620 sakuratown-30

20210620 sakuratown-3120210620 sakuratown-32

20210620 sakuratown-33


ランチメニューから、ちょっと大きな和牛ハンバーグ・セットとビーフシチューかけオムライス・セットを注文。
参考までにグランドメニュー? のメニュー帳を開いてみると…


20210620 sakuratown-3420210620 sakuratown-35

20210620 sakuratown-3620210620 sakuratown-37


はじめほとんど客はいなかったが、次第に埋まっていった。
客層がミョーに若い。子どもと言ってもいい。


20210620 sakuratown-38


ようやく気づき始めたが、(仮説だが)ここは“一流ホテルというセット”であり、スタッフは“ホテルマンを演じている役者さん”なのかもしれない。
僕らは知らず知らず、異世界から忍び寄る“虚無”という役をやらされているのかもしれない。


20210620 sakuratown-39


そう考えると逆に面白い。
夢を見ない大人もふとさまよい込んでしまうファンタージエン。


20210620 sakuratown-40


…と、神道の世界からだいぶ遠くまで想像の翼を広げているのである。


20210620 sakuratown-41


食事はサラダに始まって…


20210620 sakuratown-42

20210620 sakuratown-43

20210620 sakuratown-44
ちょっと大きな和牛ハンバーグ・セット


20210620 sakuratown-45

20210620 sakuratown-47

20210620 sakuratown-48
ビーフシチューかけオムライス・セット


20210620 sakuratown-49


食事のあとはコンセプトショップやミュージアム棟、隣接する武蔵野樹林パークへ。
軽い気持ちで訪れて、気がつけばすっかり観光気分を満喫していた。


20210620 sakuratown-5020210620 sakuratown-51



[DATA]
レストランTiam(ティアム)
埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 EJアニメホテル
https://tokorozawa-sakuratown.jp/shop-restaurant/tiam.html
https://twitter.com/ejanimehotel?lang=ja





[Today's recommendation]

wachat210620.jpg




https://youtu.be/-7fUQBnpobM
武蔵野坐令和神社の写真の赤い幟に関連して



20210620 mojizuri-11
ネジバナ / 東所沢公園


いつもの弁当 【じゃがいも】

2021.04.03

 前記事のつづき。
 この日、「百才」には用事で訪れ、ついでにお茶にした。その用事は前から決まっていたもので、予定ではそのあとどこかへごはんを食べに行くはずだったが、前日から泊まりに来ている長女が寝坊をしていて食事の用意もしてこなかったので弁当を買って帰ることにした。


210331 momotose-33
「百才 木づつみのえん」から府中街道を直進


ということで前記事の続きで、「百才」を出たわれわれは府中街道を一路北へ。
ペダルをこぐこと46秒。
「とうちゃこ」


210403 jagaimo-23


洋食弁当&キッチンの「じゃがいも」は、「百才」からわずか255mのところに位置する。


210403 jagaimo-24


焼肉弁当、唐揚弁当、日替りじゃがいも弁当を注文。


210403 jagaimo-25


日替りは牛焼肉で、選べるつけ合わせは③味噌野菜炒めに。


210403 jagaimo-21210403 jagaimo-22


日替りは相方で、焼肉と唐揚のおかずを半分ずつ交換して長女と僕。
いつもこんな感じ。
いつも…? と気になって調べてみた。


210403 jagaimo-28

210403 jagaimo-26

210403 jagaimo-27


「じゃがいも」はもともと弁当屋さんで、キッチンを始めたあとも弁当販売&出前は変わらず続けている。
で、このブログでは過去11回取り上げていて、うち3回が弁当の記事。うち2回に長女がいる。


210403 jagaimo-32


ムスメが帰ってきたらとりあえず「じゃがいも」の弁当を食べさせておけ… と。
なんか安上がりな家族だなぁ… ( ̄  ̄;) ウーム
安上がりと言ったら失礼だから“良心価格”に訂正するけど。


210403 jagaimo-29


4月3日の記事はまだまだつづく
実はそう安上がりでもないということが判明することになっている… かも。


210403 jagaimo-31


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]

wachat210403-2.jpg




https://youtu.be/ybPQKhrQaJ4



210403 jagaimo-33
さくら通り


季節感を味わう 【KIMURAYA59】

2021.03.24

 久米川駅南口の「KIMURAYA59」さんとちょっとした縁ができて、ごあいさつに出向かなければいけないなぁ… と思いつつ、ずいぶん遅くなってしまった。
「ごあいさつが遅れてすみません💦」とごあいさつ。


210324 kimuraya59-22


晩ごはんの買い出しを兼ねている。

おさらいだが、「KIMURAYA59」では年明けに改装工事を行ってショーケースとテイクアウト用小窓を設置した。
それ以前にも店頭にテーブルを出して弁当や惣菜を売っていたが、ショーケースを設置したことで品ぞろえが拡充された。


210324 kimuraya59-23210324 kimuraya59-24210324 kimuraya59-25


にもかかわらず、僕はコロッケやらメンチカツやら唐揚げやら… と、何年も前と同じものばかり買っているような気がする。
そういう記事が続いていると、なんだか惣菜屋さんの話みたいだな… と、自分で思ってしまった。


210324 kimuraya59-26210324 kimuraya59-27


こちらのお店、洋食をベースとする創作料理店である。売りは、自家製生麺と季節の食材でつくる月替わりのパスタ。また、ショーケースを設置して拡充されたのは洋惣菜なのだ。
ここは“本職”ぽいものを食べてみなければ。


210324 kimuraya59-28


ということで、鶏むね肉のシーザーサラダ温玉付き、海老とイカのあおさマリネ。
好物の紅しょうが唐揚げ売り切れにつき予定変更… というのはナイショだよ。


210324 kimuraya59-29


シーザーサラダはとにかく野菜たっぷり。


210324 kimuraya59-33


サニーレタス1株使ってる…? というくらいたっぷりで、水菜が混ざる。
シーザードレッシングはオニオンマヨソース風。


210324 kimuraya59-31


鶏むね肉もたっぷりで、おかず感覚のぜいたくサラダ👍


210324 kimuraya59-30


マリネも海老のサイズ感がよい。
さいの目に切った分厚いイカもゴロゴロ。


210324 kimuraya59-32


アオサの香りと新タマネギのしゃきしゃき感。パプリカが効いている。
季節感の演出に優れるこちらのお店らしいと思いました。


210324 kimuraya59-34


毎年人気のさくらパスタ、今年は桜えびと菜の花、タケノコのさくら色のリングイネ。
これはぜひ食べに行かなければ!!


210324 kimuraya59-21


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ59)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/
https://www.instagram.com/kimuraya59/





[Today's recommendation]

wachat210324.jpg




https://youtu.be/tm4nY7I_rXg



210324 nirinso
ニリンソウ


To Go に進路を取れ! 【KIMURAYA59】

2021.01.26

 テイクアウトカウンターのあるお店シリーズ。

10日前の「キッチンバー DenjiN」の記事に予告的に写真を載せているが、同じ久米川駅南口エリアの「KIMURAYA59」では年明けに改装工事を行ってショーケースとテイクアウト用小窓を設置した。


20210126 kimuraya59-12


もともと午後の中休み時間に店頭にテーブルを出して惣菜を売っていたが、コロナ禍ではランチタイムのお弁当にまでテイクアウトを拡充。
それをさらに強化する展開である。


20210126 kimuraya59-1620210126 kimuraya59-17


まさに“攻め”の設備投資。
「東村山グルメ日記2」のマサさんの言葉を借りれば、“「コロナに負けるもんか」とファイティングポーズを取っている感じ”。


20210126 kimuraya59-1820210126 kimuraya59-19


ショーケースの前にはテーブルも置かれ、おなじみのコロッケ、メンチカツ、唐揚げとお弁当が並んでいる。


20210126 kimuraya59-30


一方、ショーケースに陳列してあるのはサラダを中心とした洋惣菜類で、上のカウンターには惣菜パン。
いずれも初めて見る品で、揚げ物にしか目がいかないから見過ごしていた可能性もあるが(笑)、ラインナップが大幅に広がったのは確かだと思う。


20210126 kimuraya59-15


昼ごはん用に黒焼きそばとチキンタルタルサンド、夜のお酒のアテにコロッケ(2個)と紅しょうが唐揚げ(200g)。
これで1310円というので驚いたが、チキンタルタルサンドが150円と異常に安いので感覚とのズレが生じているのだ。


20210126 kimuraya59-20


これは衣サックリで中ジューシーなチキンをたっぷりタルタルソースが包み込む、食べ応えあるサンド。


20210126 kimuraya59-28


その時間にはもう1品、モッツァレラチーズとトマトソースのメンチカツサンドというものも並んでおり、コロッケパンや焼きそばパン方面への展開を予感させ興味深い。


20210126 kimuraya59-21


黒焼きそば400円も相当リーズナブル。
豚肉、キャベツなど具だくさんで、もちもちの太麺はもろ好み。オイルかパプリカの印象でか不思議と洋風な味わいで、ポールスタアの「東村山黒焼そばソース」の無国籍的フトコロの深さを感じる。


20210126 kimuraya59-27


俵形のコロッケは1人2個食べられないだろうというくらいボリューミーだ。ホクホクじゃがいも主体でしっかり下味がついているがシンプルで飽きのこない味。


20210126 kimuraya59-2620210126 kimuraya59-25


紅しょうが唐揚げはもはやわが家の定番レベル。
初めて食べてから3カ月で5回は買ってるなぁ… ( ̄  ̄;)


20210126 kimuraya59-29


コロナ禍じゃなくとも、こういうお店が増えたら街は絶対楽しくなるはず。
やっぱりコロナの功罪の“功”だと思う。


20210126 kimuraya59-1420210126 kimuraya59-13
before(左) / after(右)


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ59)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/





[Today's recommendation]

wachat210127.jpg




https://youtu.be/oGIFublvDes



20210127 moon-11
1月27日は旧暦十二月十五日で、十五夜の月。満月は2日後だけど…


陰きわまって…!? 【じゃがいも】

2020.12.01

 いままた外食しづらい局面に入っているが、こういうとき使いやすいのがテイクアウトカウンターのあるお店。
3月に始まった飲食店支援プロジェクト「#東村山エール飯」への自分の最初の投稿が「じゃがいも」というのも、そういう理由による。


20201201 jagaimo-26


言わなければ誰も気づかないと思うが、冒頭は5本前の記事のコピペである。
その最初の投稿というのが「龍巳うどん」と「じゃがいも」のセットで1本なので、このように流用が利く。

今日はカツカレーをテイクアウト。


20201201 jagaimo-25


3月末ごろの緊急事態宣言発令直前のピリピリした空気を思い出すような緊迫感が漂っているが、いまのほうが暗鬱に感じるのは、毎日の数字がさらに厳しいというより、日に日に日照時間が短くなっていっているから。


20201201 jagaimo-2320201201 jagaimo-24


“日照うつ”という言葉をご存知だろうか。
日が短くなるにつれて気持ちが沈み込んでいくという症状で、もちろん冬至が底になる。
誰にも多かれ少なかれそういう傾向はあるんじゃないだろうか。


20201201 jagaimo-28


この期間はイベントが多くそれで気を紛らしている部分もあると思うが、それもこの冬は厳しいものがある。


20201201 jagaimo-30


そんななか、報じられている朗報。
イギリスの“史上最大のワクチン接種計画”が来週始まる。


20201201 jagaimo-29


陰の気きわまってThe Longest Day… となすか!!


20201201 jagaimo-27



[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]

wachat20201201.jpg




https://youtu.be/cVU75AZ5gJU



20201201 jagaimo-31
記事内容とは(たぶん)関係ないが…


この唐揚げ、やばいかも… 【KIMURAYA59】

2020.10.20

 ちょっと前の記事に飲食店のテイクアウトは苦手と書いている。電話予約とかいろいろ段取りが必要だから、と。
通りすがりにちゃちゃっと買いたいので、スーパーのお弁当コーナーじゃないが、理想としては店頭にお弁当が並べられていたりするとうれしいのだが。

そんなお店、どこかにありません?
ありました (๑❛ᴗ❛๑)b


201020 kimuraya59-24


久米川駅南口の洋食&居酒屋「KIMURAYA59」は、もともとメンチカツやコロッケを夕方に店頭で売っていたので、コロナ禍においても初期の対応がスムーズだったように思う(前報参照)。


201020 kimuraya59-26


この間ずっとお弁当販売を続けていたかわからないが、今回たまたま昼どきに通りかかったらこういう↑↑↑ 感じだった。
これはもう迷わず買ってしまう (・ω・)b


201020 kimuraya59-25


59日替わり弁当590円。
メインはメンチカツ(59久米川メンチカツ)、鶏の唐揚げ、紅しょうがからあげ。
店名というかなんというか… なのでアレなんだけど、この内容で590円は身を削る企業努力だと思う。


201020 kimuraya59-30


付け合わせが“厚焼き玉子とぬか漬け”でなく“トルティージャとピクルス”というところが、洋食屋のDNAか。
こちらは自家製ピクルスがおいしかったと記憶している。キュウリ、ニンジン、ダイコン、カブの4種類と、ピクルス好きにはうれしいラインナップ。


201020 kimuraya59-32


メンチやコロッケ、唐揚げはときどき通りすがりに買っているが、紅しょうがからあげというものを今回初めて食べた。
これがうまいのである。


201020 kimuraya59-27


考えてみれば、おでん種の練り物やかき揚げといった油ものに、ふだん脇役の紅ショウガは主役として使われることもあるくらい、このものは油と相性がいい。この唐揚げがうまくないわけがないのだ。

唐揚げの臭み消しとしてショウガは欠かせない素材なので、そういう役割ももちろんあるとして、紅ショウガであるところの意味は、香りに加えて酸味。唐揚げの油気と紅ショウガの酸味のバランスの絶妙さ。


201020 kimuraya59-22
1パック3~4個200円


これはハマる… という予感どおり、2日後にまた買いに行ってしまった。
紅しょうがからあげ、しばらく抜け出せないかも…。


201020 kimuraya59-21


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ59)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/





[Today's recommendation]

wachat20201020-22.jpg




https://youtu.be/qqXUpe3jlkA


Latest Articles
看板どおり、うまい! 【ラーメンショップ101番】 Jan 19, 2022
いろいろ間違えて…? 【珍珍珍 谷原店】 Jan 18, 2022
小だぬき発見! 【シャトー洋菓子店】 Jan 17, 2022
愛は惜しみなく 【忠豊】 Jan 16, 2022
年末年始のしわ寄せ 【正来】 Jan 16, 2022
小麦香るもちもちうどん 【東村山肉汁うどん メリケン】 Jan 12, 2022
分散初詣からの… 【芝大門 更科布屋】 Jan 10, 2022
古きよき時代の… 【ながしま 磯とり料理】 Jan 08, 2022
近場で味わう非日常 【貯水池 鳥山】 Jan 06, 2022
意外に書き入れ時な、正月の… 【シャモア洋菓子店 久米川店】 Jan 05, 2022
開いててよかった♪ 【横浜家系 大幸家】 Jan 03, 2022
ファストうどん高率な三が日 【うまげな 西武所沢SC店】 Jan 02, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2