FC2ブログ

この唐揚げ、やばいかも… 【KIMURAYA59】

2020.10.20

 ちょっと前の記事に飲食店のテイクアウトは苦手と書いている。電話予約とかいろいろ段取りが必要だから、と。
通りすがりにちゃちゃっと買いたいので、スーパーのお弁当コーナーじゃないが、理想としては店頭にお弁当が並べられていたりするとうれしいのだが。

そんなお店、どこかにありません?
ありました (๑❛ᴗ❛๑)b


201020 kimuraya59-24


久米川駅南口の洋食&居酒屋「KIMURAYA59」は、もともとメンチカツやコロッケを夕方に店頭で売っていたので、コロナ禍においても初期の対応がスムーズだったように思う(前報参照)。


201020 kimuraya59-26


この間ずっとお弁当販売を続けていたかわからないが、今回たまたま昼どきに通りかかったらこういう↑↑↑ 感じだった。
これはもう迷わず買ってしまう (・ω・)b


201020 kimuraya59-25


59日替わり弁当590円。
メインはメンチカツ(59久米川メンチカツ)、鶏の唐揚げ、紅しょうがからあげ。
店名というかなんというか… なのでアレなんだけど、この内容で590円は身を削る企業努力だと思う。


201020 kimuraya59-30


付け合わせが“厚焼き玉子とぬか漬け”でなく“トルティージャとピクルス”というところが、洋食屋のDNAか。
こちらは自家製ピクルスがおいしかったと記憶している。キュウリ、ニンジン、ダイコン、カブの4種類と、ピクルス好きにはうれしいラインナップ。


201020 kimuraya59-32


メンチやコロッケ、唐揚げはときどき通りすがりに買っているが、紅しょうがからあげというものを今回初めて食べた。
これがうまいのである。


201020 kimuraya59-27


考えてみれば、おでん種の練り物やかき揚げといった油ものに、ふだん脇役の紅ショウガは主役として使われることもあるくらい、このものは油と相性がいい。この唐揚げがうまくないわけがないのだ。

唐揚げの臭み消しとしてショウガは欠かせない素材なので、そういう役割ももちろんあるとして、紅ショウガであるところの意味は、香りに加えて酸味。唐揚げの油気と紅ショウガの酸味のバランスの絶妙さ。


201020 kimuraya59-22
1パック3~4個200円


これはハマる… という予感どおり、2日後にまた買いに行ってしまった。
紅しょうがからあげ、しばらく抜け出せないかも…。


201020 kimuraya59-21


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ59)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/





インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪

ランキングも ヾ(_ _。) ペコ…







[Today's recommendation]


◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/qqXUpe3jlkA

 にほんブログ村 音楽ブログへ








弁当といったら、ここ! 【じゃがいも】

2020.07.04

 このところブログを更新する余裕もないほど忙しいが、このご時世にまことありがたい限りであり、関係する皆さまには感謝しかない <(_ _*)> アリガトォ

ちょうどひと月前にそのことを書いている。
しかーし…
その後も新規のオファーは続き(断れない性格)、さらにはコロナで休止状態だった昔からの仕事も再開しつつあって、ありがたいとはいえそろそろ危険水域に迫りつつあるかも…。
どうしよう ( ̄_ ̄ i) タラ…


20200704 jagaimo-11


先月始まった新しい仕事のうちの1本(実は2本ワンセット)が来て、今日明日で片付けないと来週相当きつくなる。
朝からこの仕事に取りかかる。
昼ごはんはなじみの「じゃがいも」に予約を入れ、相方に取りに行ってもらう。


20200704 jagaimo-12


電話をしたとき、いまちょっと混んでるから20分くらいあとで… との返事に、相変わらずの人気ぶりがうかがえた。


20200704 jagaimo-13
20200704 jagaimo-14


注文は、焼肉弁当590円、カツカレー600円、カレーピラフとチキン700円。


20200704 jagaimo-16


3食分なのは前日から長女が帰っているためで、某サイバー事件対応で長女もずっと忙しかったと。
コロナによる繁閑は業種により極端に異なるらしい。


20200704 jagaimo-17


焼肉弁当は大盛りごはんの上に味付け濃いめの甘辛焼き肉がのっていて、さくさくごはんがススム系。


20200704 jagaimo-18


薄切りでもなく厚すぎず、程よく食べごたえのある切り身のロース肉に粉をはたいてソースの絡みをよくしたような焼き肉。ボリューム満点である。


20200704 jagaimo-21


カツカレーのカレーはチープというか業務用ベース的なわかりやすいカレーだが、そういうものにあらがうすべを持たないのがわれわれ世代。


20200704 jagaimo-22


これもかなり味濃いめだが、ときどき無性に食べたくなるのだ。


20200704 jagaimo-19


カレーピラフという品名も、懐かしい響きでイイね 👍


20200704 jagaimo-20


さて、昼ごはんで活力チャージできたことだし、仕事の続きを… と思ったら、なんと昼ごはん前にほぼ終わっていたのである。
3日は覚悟していた仕事をほぼ半日で。ひとえにワタクシの能力による ヾ(- -;) かどうかはおいといて、ものすごくうれしい。


20200704 jagaimo-23


とりあえず「終わったー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!


20200704 jagaimo-15


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26




インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪


[Today's recommendation]

wachat2020o704.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://www.youtube.com/watch?v=RT7tB_yeQx8

 にほんブログ村 音楽ブログへ



20200702 kosugi-11
武蔵小杉。話には聞いていたが、かつて住んでいた街の激変ぶりを目の当たりにして、ただ呆然と…。だいたいモトスミあたりから丸子橋が見えるって、どういう状況?




定番ハンバーグもお持ち帰り♡ 【グルマンやま】

2020.06.17

 街なかに出かけたときは、ひと通り飲食店を見て回ってしまう。
生存確認といったら失礼だがやはり状況が気になるのと、あと緊急対応で普段と違うサービスを提供しているところも多く、これまた失礼な言い方だがちょっと楽しみだったりもする。

たとえばひと気のない広大な所沢郊外へ自転車で脱出するルートとして秋津の街なかを抜けるとき、「グルマンやま」は気になる存在だ。
市内で一番の古株洋食店である。
テイクアウトの張り紙でもあれば、ぜひ利用したい。


20200617 gourmetyama-11


しかしテイクアウトどころか店を開けているような気配もなくいつも静まり返っていて、少し心配になっていった。それこそ生存確認という言葉が…。

何か掲示物でもないものかと自転車を降りて店先で探りを入れていると、おもむろに入り口の“手動ドア”が開いてギョッとさせられた。出てきたのはシェフその人である。
「え、えーとぉ… テイクアウトとかやってます…?」

という成り行きでランチのテイクアウトをやっていることを確認し、「そのうちお願いします」と言っておきながら2週間くらいたってしまった。


20200617 gourmetyama-13


今日で今月の仕事の忙しいところは終わりという開放感もあって、食べたかった「グルマンやま」のハンバーグを、満を持してテイクアウト。


20200617 gourmetyama-12


電話注文してから伺ったが、行ってみると入り口が開け放たれ中から陽気な音楽が聞こえてくる。ランチメニューの看板も出されていて、“ランチお持ち帰りできます”と書いてある。
これならずいぶん利用しやすい。


20200617 gourmetyama-14


ランチは、やまランチ(ハンバーグステーキ)とAランチ(豚肉の鉄板焼き)の2種で、これは何年も変わっていない。値段も少なくとも5年くらいは変わっていないと思う。
持ち帰りにはスープが付かないということは先日直接伺っていて、容器代や手間を考えればしょうがないと納得していたが、しかしこのジャガイモのポタージュがただ者じゃない。あらためて考えれば、ちょっと残念。
それはいずれ店内でということで。


20200617 gourmetyama-15


店内では鉄板にのって提供されるハンバーグと鉄板焼き。パックでも味付けのベースは変わらない。


20200617 gourmetyama-16


ハンバーグはふわっとした食感だが、つなぎが多い感じはない。肉肉した味わいにスパイスやハーブのマスキングが絶妙。ソースにネギとしょうゆのような和テイストが感じられるのが個性的。


20200617 gourmetyama-17


付け合わせのトマトソースのペンネはお店のランチでは見たことのないもので、パプリカ等の効いた味付けに手抜きなし。


20200617 gourmetyama-18


鉄板焼は、豚肉、モヤシ、キャベツ、豆苗というシンプルな構成。
こちらもソースが独特で、野菜の甘味にビネガーの酸味が爽やか。一見、中華や定食屋の野菜炒めと変わらないが、食べてみてその違いに驚かされる。


20200617 gourmetyama-19


料理もおいしいが、異世界にスリップしたかのような店内空間の魅力も大きいお店である。
やはり、お店でゆったりしたい… という結論。


20200617 gourmetyama-20


[DATA]
グルマンやま
東京都東村山市秋津町5-13-17





[Today's recommendation]

wachat20200617.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://www.youtube.com/watch?v=Knwtw10HdB8&list=RDKnwtw10HdB8&start_radio=1&t=23
お店のイメージは、マーラー5番の第4じゃなく第3楽章

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200616 shimizuya-11
ガラリと雰囲気変わって、季節の和菓子…(詳しくは インスタ で)




さまざまな助け合いのカタチ 【KIMURAYA59】

2020.05.12

 久米川「西友」脇の「パチンコ大学」は政府の緊急事態宣言延長に伴い協力休業を継続中だが、この間、近隣飲食店の弁当販売用に店頭スペースを無償で提供している。「厳しい状況が続いているので、微力ながらご協力できれば」という助け合いの精神。大阪堺あたりのパチンコ店とは大違いだ。


20200512 kimuraya59-1120200512 kimuraya59-12


たしかに人通りの多い好立地である。いろんなお店の売り子さんが並んで呼び声を上げている様子は活気があって、こっちが元気をもらえるようだ。
「#東村山エール飯」もそうだが、コロナ危機にあってさまざまな助け合い・支え合いが形になって現れている。


20200512 kimuraya59-14


先日、パチンコ大学前に「KIMURAYA59」さんが出店しているのを見かけたが、自分とこの弁当・惣菜と一緒にお向かいの居酒屋「久米ばる れお」の弁当を売っていた。
さらに武蔵小金井のラーメン店「獅子亭」の品も並んでおり、なぜ? と思って調べてみると、こちらは元「れお」店長さんが一昨年オープンさせたお店らしい。「久米ばる れお」は以前「めん屋 れお」というラーメン屋だったし、レオ→獅子… いろいろナットク!
これもまた助け合いのカタチ。


20200512 kimuraya59-15


この日はパチンコ店前に出張はなく「KIMURAYA59」店頭のみでの販売。


20200512 kimuraya59-16


ずっと気になっていた「れお」の“ブラックトルネー丼”が休みだったので、“59 日替わり弁当”を2つ買う。トルネー丼はまた後日。


20200512 kimuraya59-17


なぜか海苔ありと海苔なしがあるので、1個ずつに(笑)。


20200512 kimuraya59-18


一見普通の持ち帰り弁当のようだが、付け合わせの副菜はどれも洋食店らしい味付けで、ホカ弁の唐揚げ弁当とはひと味違うのだ。


20200512 kimuraya59-19


鶏の唐揚げは以前から夕方に店頭販売しており、ときどき買って食べているなじみの品。ニンニクが効いていてご飯が進む。
唐揚げの横に盛り付けてあるのは豚肉のショウガ焼きのようにみえるが、ショウガでもしょうゆでもなく、オイル焼きと呼ぶのがしっくりくるような洋食っぽい味付け。


20200512 kimuraya59-20


ホウレンソウとベーコンのガーリックバター炒めは、パスタに絡めたらおいしいだろうな… というこのお店らしい一品。
玉子焼きはスパニッシュオムレツだ。


20200512 kimuraya59-21


翌日、またのぞきに行ってみると、12時すぎでもパチンコ店前にはまだ「れお」の弁当は届いておらず、「あっちではもう出てるはずです」というので170m南の「KIMURAYA59」へ。


20200512 kimuraya59-22
「久米ばる れお」の店頭


しかしこちらでもトルネー丼は出ておらず、代わりに豚丼を購入。


20200512 kimuraya59-23
豚丼700円


こういうつながりを大事にする人たちって素晴らしいと思う。
前記事でもちょこっと触れているように、自分にはない要素だけに、眩しく映るのです。


20200512 kimuraya59-13


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ59)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/





[Today's recommendation]

wachat20200512.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/loOWKm8GW6A

 にほんブログ村 音楽ブログへ








インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪


夜桜&ウイルス退治の逸品料理―洋食編 【Kitchen KEIJI】

2020.03.27

 “新型イベント さくら通り 夜桜をたのしもう♫”の2店目は「Kitchen KEIJI」。
イベントの詳細については前記事「久米川 絹」をご覧ください。というか、前記事で参照先としてリンクを張っているのが「Kitchen KEIJI」さんのFacebookページだったりするんだが。


20200327 kitchenkeiji-12


コロナ不況対策として、コロナビール1本+ウイルス退治料理を567(コロナ)円という破格で提供するイベントである。(※イベントは終了しています)


20200327 kitchenkeiji-11


「Kitchen KEIJI」も「絹」同様金曜夜にもかかわらずお客は少なく、入り口側のスペースは先客・後客ともに1人、右奥のスペースにもう1~2人。


20200327 kitchenkeiji-13


こちらの“免疫力UP逸品料理”はガーリックステーキ。


20200327 kitchenkeiji-14

20200327 kitchenkeiji-15


セット以外に1人1品オーダーするルールで、本日のおすすめから白魚のチーズフリット550円、春季限定メニューからチーズリゾットのライスコロッケ600円を頼む。
白魚が品切れで牡蠣に変更になりますが…? ということだが、ぜんぜんOK、むしろうれしいくらい。


20200327 kitchenkeiji-16


ガーリックステーキは、コロナビールとセットで567円では誰が見ても赤字… というボリュームである(写真は2人分)。


20200327 kitchenkeiji-17


新タマネギの敷かれた鉄板にサイコロステーキがごろごろ、上からニンニクチップがかかっている。
ソースはしょうゆベースのおろしタマネギソース。


20200327 kitchenkeiji-18


強力な殺菌効果を有するアリシンや抗酸化作用を持つケルセチンといったフィトケミカルたっぷり、まさにウイルス対策料理といえよう ヾ( ̄▽ ̄)


20200327 kitchenkeiji-19


牡蠣のチーズフリットは大粒のカキが5~6個。
衣はカリッと揚がり、なかは熱々ジューシー。


20200327 kitchenkeiji-20


衣のチーズと上からかけられたパルミジャーノで牡蠣のうま味を包み込み、濃厚なおいしさに。


20200327 kitchenkeiji-21


チーズリゾットのライスコロッケは、さくさくの衣がおいしく、トマトソースが敷いてある。
こちらもチーズがたっぷりかかったぜいたくなひと皿だ。


20200327 kitchenkeiji-22


2店でこれだけ食べればさすがにおなかいっぱいになる。


20200327 kitchenkeiji-23


加えて、相方は酒をほとんど飲まないので、僕はコロナビールほぼ3本をやっつけている。
最近、ビールは量を飲まなくなっているので、これも効いた。


20200327 kitchenkeiji-24


ということで、3店目(というか、〆のラーメン)を断念して、これでお開き。
これだけ飲み食いして2店で6000円ちょっと。
ありがとうございました ヾ(・ω・。)ノ


20200327 kitchenkeiji-25


[DATA]
Kitchen KEIJI(キッチン ケイジ)
東京都東村山市栄町2-31-1
https://ameblo.jp/kitchenkeiji/





[Today's recommendation]

wachat20200327-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/-tJYN-eG1zk

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200327 kitchenkeiji-35




たくさんの元気と幸せを、ありがとうございました 【ひの食堂】

2020.03.16

 夕方、寒い寒いと言いながら仕事をしていたらメールが入った。
「【FC2 BLOG】新着コメントのお知らせ」とある。
メールを開く。

ご利用ありがとうございました !
ひの食の娘です (^-^)
3月14でひの食は閉店しました (T_T)
ご贔屓にして頂いてありがとうございました


一瞬、何のことかわからなかった。
次の瞬間には上着を引っ掛け玄関に向かっていた。


20200316 hinoshokudo-11


夕日を受ける「ひの食堂」。
変わらぬたたずまい。
入り口引き戸には一枚の張り紙。


20200316 hinoshokudo-12


コメントをお寄せいただいたのは「2020.03.07『ひの食堂』」の記事に対して。
僕らが伺ったのは閉店の日付のちょうど1週間前ということになる。
そんな気配はみじんも感じられなかった。
いつものとおり、ていねいな仕事と接客。
おいしいおいしい定食。


20200316 hinoshokudo-13
2020/03/07


当ブログにお知らせくださったのは、直近に記事にしているため発信の期待も込められているものと受け取り、こうして記事にしているが、僕が真っ先にやったのはブログ「東村山グルメ日記2」のマサさんにお伝えすること。
発信力が僕なんかとは桁違いに大きいし、「ひの食堂」に対する愛情も深い。
マサさんは仕事明けでお疲れのところ、さっそくFacebookで第1報を伝えてくれた。


20200316 hinoshokudo-14
2020/03/07


マサさんの言うように、これはある意味、事件だ。
東村山は火が消えたように寂しくなるんじゃないだろうか…。

でも1週間前、ぜんぜんそんな気配を感じなかったのは、お二人ともお体が優れないようには見えなかったということじゃないかな。
張り紙に添えられているイラストからも、何か温かいものが伝わってくる。
ご夫婦の選んだ道に穏やかでゆったりとした時間が流れることを祈るばかり。

45年間、おつかれさまでした。
おいしいお料理をありがとうございました。


20200316 hinoshokudo-15
2020/03/07


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2





[Today's recommendation]

hino2-23.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ



令和最初の… 【ひの食堂】

2020.03.07

 前報のタイトルが「平成最後のひの食堂」で、必然的に👆このタイトル。
前回まさに平成最後の営業日に伺ったのに対し、今回はこのように改元から日にちがたってしまった。令和の歴史の長さと同じだけ来店間隔が空いたことになる。令和の歴史、いろいろあった (-_- ) シミジミ

香港大規模デモ、ラグビーW杯、相次ぐ台風大雨被害、消費税率引き上げ、首里城全焼、IR汚職、イギリスのEU離脱。そして世界を震撼させる…


20200301 hinoshokudo-28


昔、ロビン・クック『アウトブレイク』、リチャード・プレストン『ホット・ゾーン』、映画『アウトブレイク』のノベライゼーションと立て続けに読んだことを思い出している。いま読んだら怖いだろうな… いや、この現実は小説よりはるかに怖いかも。

と、まだ1年に満たないとは思えない濃密な令和の歴史。

ということで、約10カ月ぶりの「ひの食堂」。


20200301 hinoshokudo-29


注文は焼肉定食750円とミックスフライ定食980円。
前回に比べ、それぞれ50円、30円アップ。


20200301 hinoshokudo-21


消費税率引き上げを挟み、このように全体に30~50円値上げされているが、なかには価格据え置きの品も。


20200301 hinoshokudo-26


なぜこの焼肉がこんなにおいしいのかという話になって、やっぱり肉がいいんじゃないかという結論に至った。素材については、たとえば高価格帯(といっても980円)のメニューはブロック肉からそのつど切り出しているらしい。
薄いにもかかわらず、甘みとうま味が十分。ぶ厚いだけが売りのステーキより満足度が高いかもしれない。


20200301 hinoshokudo-23


ミックスフライはカキ、イカ、エビ、アジ。
いつも感じるエビフライやイカフライの香りのよさは、油のよさかな…。
それは結局、焼肉など炒め系のおいしさにも通じるわけだし、やっぱり食材の良しあしは大事ということかな。


20200301 hinoshokudo-24


それにしても、この内容・おいしさで、いまだ1000円超えのメニューがないということがすごいわけで d(* ̄o


20200301 hinoshokudo-27


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2





[Today's recommendation]

wachat20200307.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/f6qZUCi7ToQ

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200307 tchaikovsky
「ハードオフ 東村山店」で550円で購入した、実はレアアイテム




市役所横に実力派な洋食屋さんオープン! 【Kitchen blue grove】

2020.01.11

 東村山市役所裏口の向かいにある四軒長屋は一時期さびれていたが、2018年6月に「とり幸」、同7月に「野口製麺所」と、いずれも市内の人気店が立て続けに支店を出し、様子が一変した。
そこへ新たに洋食店が開店し、いっそうの活気とコジャレた華やぎを添えている。


20200111 Kitchen blue grove-12


店名は「Kitchen blue grove(キッチン ブルーグローブ)」。
2019年9月21日オープン。


20200111 Kitchen blue grove-1320200111 Kitchen blue grove-14


店内は4人掛けテーブル1卓とカウンター5席ほどとこぢんまりしている。
カウンター席の背後の壁際に図書館の自習室ブースのような謎の構造物があるが、よく見るとこれもカウンター席のようだ。
某チェーンの“味集中カウンター”的な? 入ったことないけど (〃 ̄ω ̄〃ゞ ウーン…


20200111 Kitchen blue grove-17


先客はなくテーブル席に着くことができた。
先客はないが、2階から物音や子どもの声が聞こえる。カルチャースクールか何か別運営なのかと思ってあとで聞いてみると、たまたま団体予約の貸し切りとなっていて、普段は客席として普通に使えるそうだ。


20200111 Kitchen blue grove-16
20200111 Kitchen blue grove-15


表でランチメニューをチェックして日替わり+レギュラーという組み立てと決めて入ったわけだが、入って大いに悩む。
カダイフ巻きエビフライって何よ ( ̄ω ̄;)

でもやっぱり最初はハンバーグかなぁ… ということで、デミグラスソースハンバーグ880円と、本日の日替わり:やわらかポークの赤ワインと黒こしょうソース850円に。


20200111 Kitchen blue grove-18


ハンバーグは小判形ではなく、爆弾形などと呼ばれる丸みのある形状。つなぎが少なく牛肉感が強いが、ナツメグをはじめスパイス・ハーブの適度に効いた本格派。
付け合わせのじゃがいものガレットがカリッと香ばしくおいしい。調理道具も使い込んだいいものなんだろうな。


20200111 Kitchen blue grove-19


やわらかポークとは、要するに豚の角煮である。
ふんだんにかけられたソースは赤ワインを煮詰めて暗紫色に底光りしており、甘味が強くバルサミコを思わせる酸味がいいアクセントとなっている。ポークは繊維がほどけるやわらかさ。


20200111 Kitchen blue grove-20


日替わりでこういう料理って、ちょっとすごい。
どれだけ引き出しがあるんだろう… と。


20200111 Kitchen blue grove-21


ご近所の情報筋によれば、ご主人は西武関係のレストランで30年も腕を振るった方だそうだ。花小金井の人気店「ZEN」のシェフのような経歴なのかな…(と思って確認しようとしたら、「ZEN」は閉店したようだ。ショック…)


20200111 Kitchen blue grove-22


先客はなかったが、僕らのあと、1時半すぎにして1人・2人・2人・1人と来客があり、なんと自習室が3席まで埋まってしまった。
市役所に加え久米川病院が移転開業という立地的な好条件下にあって、このクォリティ。
今後の展開が楽しみだ。


20200111 Kitchen blue grove-11


[DATA]
Kitchen blue grove(キッチン ブルーグローブ)
東京都東村山市本町4-6-16





[Today's recommendation]

wachat20200111.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/fLFMhK96wmI

 にほんブログ村 音楽ブログへ






地に足ついた人気イタリアン 【Kitchen KEIJI】

2019.11.16

 久米川駅南口ロータリー出口の大通りは150m先のよく目立つ「かつ一」の看板で突き当たりとなり、そこでT字に交わっている八坂神社~野火止通り間の通りを“さくら通り”という。
歩行者の動線は久米川駅と八坂駅を結ぶモザーク通り~ウイング通りの商店街、すなわち大通りから左方向にベクトルが向いており、さくら通りのT字路の右側は街外れ感を帯びる。


20191116 kitchenkeiji-21


そんな人知れず感のぬぐえない一角にありながら高い人気を獲得しているイタリアンのお店「Kitchen KEIJI」。
ずっと気になっていながら入ったことのないお店の一つだが、娘から話を聞かされるようなお店はおっさん的にはどうしても気後れしてしまうということ。


20191116 kitchenkeiji-23


間口が狭く、表から見ていていわゆるうなぎの寝床型の物件と思っていたが、正面の厨房の左右にゆったりした空間が隠れており、意外なほど広いお店で驚かされた。


20191116 kitchenkeiji-24


お客の入りもよく、ファミリー、女性グループ、女性単独、高齢者… という幅広い客層は、ファミレスの少ない久米川において受け皿として機能しているのかもしれない。


20191116 kitchenkeiji-25


注文は、まずランチメニューから11月のパスタA. 牡蠣とワイルドルッコラのペペロンチーノ。このあと用事がある相方はニンニクの可能性のあるパスタ回避でオムライス。


20191116 kitchenkeiji-33


まずセットのサラダ。
ドレッシングにしっかりニンニクが効いてましたと… (-ω-;) ムムゥ…
こういう場合、洋食系はいたしかたない面があるので、和食系、特にすしなんかが無難なのである。


20191116 kitchenkeiji-26


すしといえば、さくら通りの向かいの「政寿司」は、こちら「Kitchen KEIJI」さんのご家族だ。また、東村山駅近くの中華料理店「重慶」も親戚筋に当たる(「キッチンケージのブログ」参照)。

キッチンケージさんのブログ記事にも書いてあるように和洋中そろい踏みで、東村山の食文化を支える華麗なる一族なのである。


20191116 kitchenkeiji-27


オムライスは、ゆるくとろりとした卵がたっぷり。
濃厚なデミソースのかかる本格派だ。


20191116 kitchenkeiji-28-2


一方、ペペロンチーノはシンプルな構成。


20191116 kitchenkeiji-30


メインのカキと、ペペロンチーノなので唐辛子、およびニンニクというソース。そこに生のルッコラがふんだんにトッピングしてある。もちもちパスタがおいしい。


20191116 kitchenkeiji-32


コーヒーはエスプレッソ。


20191116 kitchenkeiji-34


ファミレス的機能の受け皿どころか、はるかに豊かな選択であることはいうまでもない。


20191116 kitchenkeiji-22

[DATA]
Kitchen KEIJI(キッチン ケイジ)
東京都東村山市栄町2-31-1
https://ameblo.jp/kitchenkeiji/





[Today's recommendation]

wakacha191116.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/7m94ip38UKs

 にほんブログ村 音楽ブログへ






多角的個人事業主における軽減税率は… 【じゃがいも】

2019.11.07

 実時間(11/11)では今年最高レベルで忙しい週に突入すると同時に、珍しくひどめの風邪をひき、気分サイアクな Rainy Day And Monday.

思えばこの日(11/07)、埼玉県所沢市方面で昼ごはん食べようと自転車で走っている途中、なんか具合悪いなぁ… となったのがはじまり。


20191107 jagaimo-11


帰って軽めのごはんにしようと、帰路に通りかかって突発的にみそラーメンが食べたくなった、久米川町の「じゃがいも」。
ここのはニンニクが効いてるから風邪にもよさそうと。


20191107 jagaimo-12


「じゃがいも」は、元はいまより400mほど南にあった弁当屋で、イートインスペースを備えた現在地に移転し、洋定食とラーメンの2本柱で営業している。


20191107 jagaimo-14


弁当販売は続けているので、イートインとテイクアウト弁当の2本立てでもある。いや、デリバリーもしてくれるので3本? 4本…?
とにかく毎日大忙し。


20191107 jagaimo-15-2


麺は札幌の西山製麺製。
野菜たっぷりのサッポロ的味噌ラーメンがおいしい。
あったまるし、汗かくところもポイントかな。


20191107 jagaimo-18


支払いは620円+税で、682円。
わかりやすいので、意外にストレスにならない気がする。


20191107 jagaimo-16


ところが、ここでようやく気づいたんだが、軽減税率、このお店はどうなってるんだろう。
イートインは外食扱いで現に10%支払ったわけだが、持ち帰り弁当、出前……。
ネットで調べても意外にわかりにくい。


20191107 jagaimo-13


いつもながら気づくのが遅くて聞くことができなかったが、そういう制度はこういう業態の個人事業主にとって、明らかに負担増なんだなぁ…と。
今度、唐揚げ弁当でも買いに行って聞いてみようと思う。


20191107 jagaimo-19
2時を過ぎて、左の食堂は“準備中”、右のお弁当窓口は“営業中”


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]

wachat191107.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/dPmbT5XC-q0

 にほんブログ村 音楽ブログへ






Latest Articles
お店で食べられるありがたさ 【ロティー屋 東村山店】 Oct 29, 2020
居酒屋クオリティーをランチメニューで 【魚武】 Oct 26, 2020
この唐揚げ、やばいかも… 【KIMURAYA59】 Oct 24, 2020
眺望サイコー! 中華レストラン 【天外天】 Oct 22, 2020
ギョーザ、まとめてみた Oct 20, 2020
鶏と炭にガンコにこだわる👍🏻 【炭焼工房 凪山丸】 Oct 19, 2020
シンプルを極めた究極の1杯 【麻辣椀】 Oct 17, 2020
野菜を摂ろう👍 【寳来屋】 Oct 14, 2020
超破格な本格中華弁当 【彩雅】 Oct 13, 2020
恒例につき? 海老そば&餃子! 【一翆】 Oct 11, 2020
肉肉ならぬヘルシーテイクアウト🥡 【故郷】 Oct 07, 2020
旬のフルーツたっぷり! 【お菓子屋Heureux】 Oct 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2