fc2ブログ

珈琲の香りの向こうに… 【カフェ・フーガ】

2018.03.04

 以前はほとんどコーヒーを飲まなかった相方が、最近目覚めたみたいなのだ。
街を歩いていて見かけたり、ネットや雑誌の記事なども気になるらしく、しばしば情報をもたらす。

つい先日の話。
「久米川のモザーク通りで自家焙煎のコーヒー豆屋さん見つけた」
という。

「『長澤』じゃなくて?」
「もっと手前で、左側」
「じゃ『フーガ』?」
「それ、どのへん?」
「えーと… ほら、『不二家』の向かいあたりに雑貨屋さんあったじゃない。あのへん」
「何だっけ、それ…? でももっと向こうだと思うけどな」
「あれ? そういえばあの雑貨屋、どうなった?」

と、おかしな方向に話が飛んだ。


cafefuga11.jpg


鷹の台で食事したあと、コーヒーに目覚めた相方はそのお店に寄る、と。
連れてこられたのは、やっぱり「カフェ・フーガ」でした(笑)。
「あれー? こんなにこっちだったかなー?」と。
方角や距離感に不自由な相方は、だいたいこんな感じである。


cafefuga13.jpg


テーブル3卓、カウンター4席の小さなお店。
店内は全面禁煙。
店主は60手前くらい? の男性。
ブラジルNカルモデオーロ550円とフーガブレンド(中深煎り)500円をオーダー。


cafefuga56.jpgcafefuga57.jpg


壁にはアンリ・ルソーを思わせるエキゾチックな絵画が掛かり、テーブルの天板ガラスにはパリの街角の写真が差し込まれ、エリック・サティ『Je te veux』のギターアレンジヴァージョンが流れ、香り高いコーヒー…。


cafefuga58.jpgcafefuga59.jpg


と、一部フランス度が高いが、といってすごくおしゃれかというと、そうでもない。
ガチガチにつくり込まれておらず自然体で、くつろげる空間になっている。


cafefuga55.jpg


隅の焙煎機の上に“コーヒー焙煎室”というプレートが掛かっていたり、カウンター左端の席には“ハンドドリップ見学席”と書いてあったりと、遊び心もちらほら。
駅前なのに、時間の流れるのがゆっくりな感じ。


cafefuga20.jpg


お支払いのとき、「このへんに雑貨屋さんありませんでした?」と聞いてみる。
一拍置いて、「それ、うちです」と店主。
なんでも、以前は雑貨屋とコーヒーショップを別々の場所でやっていて、10年ほど前にそれを一つにして、雑貨屋の場所で喫茶店を始めたそうだ。


cafefuga19.jpg


「前の喫茶店って、どのへんでやられてたんですか?」
「正丸峠、知ってます?」
「秩父に行く途中の?」
「あの2つ先の峠でやってました(笑)」

ずいぶん変わった場所で商売してたんだ。


cafefuga60.jpg
昔、雑貨屋さんで買った“ヘンなもの”一例


そうか、カフェ・フーガはあの雑貨屋さんだったのか。
不思議な巡り合わせというか、いろいろ思い出す。
あのころいろいろ弱っていて、その店で変なもの買ったりしてたんだよなぁ…(笑)。


cafefuga61.jpg


[DATA]
カフェ・フーガ
東京都東村山市栄町2-8-21





[Today's recommendation]


https://youtu.be/JQ1YQFFj0Xw


chat180304-2-22.jpg


Latest Articles
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2