fc2ブログ

チャチャッと 【IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット】

2022.11.23

 前記事の続きで、昼ごはんをどうするか。
イベント「発酵で旅する東京の森」が行われているGREEN SPRINGS内のポップアップスペース「TAKEOFF-SITE」の隣にはレストランがあり、仕切りがオープンな感じなのではじめ同一スペースかと思っていたほどで、雨も降っているしここでいいか…。
ところが予約制で、いま予約しても1時間後の案内になるという。


20221123 ikeabistro-11


諦めて向かった先は「IKEA立川」。
道を挟んで「GREEN SPRINGS」の向かい。
実はIKEAにも買い物の用事があり、車はそっちに止めてある。


20221123 ikeabistro-12


で、入ったのが、1階のファストフード「ビストロ」。
こうなる予感はありました… ( ̄- ̄;)ンー


20221123 ikeabistro-13


若い人の多い立川の街なかにはなかなか居場所が見つけられないし、チャチャッと昼めしを済ませ、チャチャッと帰路に就くと。


20221123 ikeabistro-14


僕はポテチキセット(ホットドッグトッピング付き、フライドチキン、ハッシュドポテト、ドリンクバー)550円で、相方はホットドッグトッピングセット270円とシナモンロール100円。


20221123 ikeabistro-15


ケチャップ&マスタードマシンに難渋する。
機械の機能が、おおらかというか大ざっぱというか雑というか。
HPのメニュー写真のようなバエるトッピング、絶対できません。


20221123 ikeabistro-16
それにしても、へたくそすぎないか?(笑)

20221123 ikeabistro-17

20221123 ikeabistro-18


すべて、超シンプルな味付けの食べ物。
こういうのでいいんだよ、こういうので。


20221123 ikeabistro-19


[DATA]
IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット
東京都立川市緑町6
https://www.ikea.com/jp/ja/stores/restaurant/









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]


https://youtu.be/hzpQleBP6po



wachat221123-22.jpg





緑豊かな癒しのひととき 【和食だいにんぐ 川霧】

2022.07.10

 前記事に引き続き「秋川渓谷 瀬音の湯」ルポ。
こちらは温泉施設であり、お風呂目的の人が多い… という当たり前のことに、行くまで気づかなかった。


20220710 seoto-no-yu-15


日帰り温泉ブームというものが、わからない。
真っ昼間に外出先で真っ裸になるって、すごくめんどくさくないですか?
しかも、そのあとまた外着を着て、ビールも飲めず、クルマ運転して帰らなきゃいけないし… σ( ̄、 ̄=)ンー


20220710 seotonoyu-kawagiri-11


前記事に書いた周辺散策の前に温泉施設をのぞいている。
S字形にカーブした建物で、手前がお風呂で奥が食堂、その間に休憩所がある。


20220710 seotonoyu-kawagiri-13

20220710 seotonoyu-kawagiri-12


昔の温泉施設を彷彿させる畳の休憩所と、その横のテーブル席の休憩所(一応、カフェとなっている)が人でいっぱいで、皆さんひとっ風呂浴びた様子だった。午前中にもかかわらず。


20220710 seotonoyu-kawagiri-2420220710 seotonoyu-kawagiri-25


廊下に張ってあった地図がわかりやすく(同じものがパンフレットになっている↑↑)、じっくり見てみると、この周辺には意外に飲食店が多い。


20220710 seotonoyu-kawagiri-15


そういうところで昼ごはんということも考えたが、この施設にも食堂はある。
散策ですっかりハラが減ってしまったというのもあるが、施設食堂好きを公言しているからには、こちらは外せないだろう。


20220710 seotonoyu-kawagiri-27


ということで、「和食だいにんぐ 川霧」へ。

11:45で満席で順番待ち。
さっき人があふれていた休憩所が閑散としているから、あれは食堂オープン待ちだったと思われる。


20220710 seotonoyu-kawagiri-1720220710 seotonoyu-kawagiri-18


注文は、おすすめメニューの鶏そぼろ弁当と、野菜天せいろそば(そば大盛り)。


20220710 seotonoyu-kawagiri-16


ぐるりとガラス張りで緑に囲まれ、店内までマイナスイオンにあふれていそうだ。


20220710 seotonoyu-kawagiri-19

20220710 seotonoyu-kawagiri-20


鶏そぼろ弁当の米はあきる野市と有効姉妹都市の関係にある宮城県栗原市産を使用。
思いがけず、ふるさとのお米。

みそ汁に少し入った舞茸は、天丼がそうであることから、隣の檜原村産と思われる。
そばも市内の製麺所の生そばを使用… とある。
となれば、当然、野菜も近所で採れたものであろう。


20220710 seotonoyu-kawagiri-21

20220710 seotonoyu-kawagiri-22


地産地消や縁を大切にするありようは気持ちいい。


20220710 seotonoyu-kawagiri-23


東京にも知らないスポットはまだまだたくさんある。
夏休みの子どものようにワクワクしている。


20220710 seotonoyu-kawagiri-26


[DATA]
和食だいにんぐ 川霧
東京都あきる野市乙津565 瀬音の湯
http://www.seotonoyu.jp/dining/

http://www.seotonoyu.jp/
https://www.facebook.com/seotonoyu/





[Today's recommendation]

wachat220710-22.jpg




https://youtu.be/62MLOet6YL8



20220710 seotonoyu-kawagiri-28
カンアオイとチゴユリ


Ecoの国から 【IKEAレストラン 立川店】

2022.07.03

 家族の買い物のアッシーくんで「IKEA立川」へ。
買い物というか、避暑目的8割といったところ。
毎日家にこもって冷房にあたっていたら、体に悪そうだし、気も変になりそう。

ポイントポイントで車が滞り、IKEAと同じエリアにある「ららぽーと立川立飛」由来と推察され、考えることはみな同じなのである。


20220703 Ikearestaurant-11


SDGs達成率世界第1位(2020年)のエコ大国スウェーデンらしく、店内はバカみたいに冷房を利かせることなく絶妙な温度管理がなされている。
冷やすの大好きニッポンのオトーサン方にはつらい設定かもしれないが。


20220703 Ikearestaurant-12


前日、「だったら昼ごはんは『IKEAレストラン』だね」と冗談半分に言うと、「IKEAレストラン」に入ったことがないという長女が食いつき、引くに引けなくなったという ゞ( ̄∇ ̄;)


20220703 Ikearestaurant-13


その「IKEAレストラン」は予想どおり大混雑。


20220703 Ikearestaurant-15


まず席を見つけ1人座らせておいて2人で食事を買いに行くという戦略が組み立てられるので、3人いるとフードコートもだいぶ使いやすくなる。
このトシになってようやく慣れてきたというのもあるかも。


20220703 Ikearestaurant-14


が、買い方がヘタなのはいつもどおりで… (;^_^A


20220703 Ikearestaurant-16
このへんの組み合わせがナゾ的…


メインは次の3品。


20220703 Ikearestaurant-19
スウェーデンミートボール レギュラー(8個)¥690

20220703 Ikearestaurant-20
プラントカツカレー¥590

20220703 Ikearestaurant-18
サーモンラップサンド¥300


ほかに、ミートボール用にディナーロールと、その他サイドメニューとしてプレーンソーセージ、平飼い鶏のから揚げ×3。


20220703 Ikearestaurant-21


デザートに、ベリーベリーチーズケーキとアップルケーキ。


20220703 Ikearestaurant-22


まあ、子どもが小さいころこういうファミリー的なところにあまり連れていかなかった分、いまさらだけど、なかなか楽しいもので…。


20220703 Ikearestaurant-26


[DATA]
IKEAレストラン 立川店
東京都立川市緑町6
https://www.ikea.com/jp/ja/stores/restaurant/





[Today's recommendation]

wachat220703.jpg




https://youtu.be/HZJXYks800Y



20220703 Ikearestaurant-25
買い物はこういう感じ


埼玉のディズニーランド!? 【サイボク キッチン】

2022.06.19

 午後に所沢の松が丘に用事があるので、午前中そっち方面のおでかけスポットに出掛け昼ごはんを食べるというパターン。
今日は真夏日予報なので歩きを含む企画は避け… となると、“食”メインかな。

そっち方面には気になるスポットがいくつかあり、たとえば入間市狭山台の「中村屋 中華まんミュージアム」。2年ほど前に仕事で調べたことがあって、行ってみたいと思っているが、コロナでずっと休業。3月に見学を再開したが、受け入れは予約のみとのこと。

食がメインとは、つまりそういうこと。
食のテーマパーク的な?

そんなものがこんな埼玉の外れにほかにあるだろうか(いや、ない)。
いや、ありました OK!!( ̄▽ ̄)δ

人呼んで“豚のテーマパーク”「サイボク」。


20220619 saiboku-43


埼玉県日高市の㈱埼玉種畜牧場(通称サイボク)は、1946年設立の食品加工メーカー。自社牧場での種豚育種改良、肉豚生産・精肉、ハム・ソーセージ等製造販売に加え、本社敷地をレストランや天然温泉館、フィールドアスレチックなどを備えたアミューズメント施設として拡充させてきた。

朝に調べてみると、かなり混むらしいというので、慌てて出発。
が、10時45分ですでに第1駐車場は満車。


20220619 saiboku-36


第2駐車場に止め、これはまずレストランで食べたほうがいいと行ってみると、レストラン前には開店を待つ大勢の人。
案内係の人に聞いてみると、レストランには洋食の席とバーベキューの席があり、洋食席はすでにいっぱいで次の12時の回の案内になると。


20220619 saiboku-37


いやー、甘く見てました、サイボク。
あとで調べると、“埼玉のディズニーランド”と呼ばれることもあるらしい。


20220619 saiboku-39


案内の女性は、「ただし、バーベキューの席で洋食メニューをご注文いただくこともでき、それならすぐにご案内できます」と提案してくれ、その案に乗る。


20220619 saiboku-42


ここまで席の確保優先でメニューをチェックしていなかったが、あらためて品書きを見てみると、けっこうお高いのである。
まあ、こうなったらしょうがない… といったん開き直ったが、11時開店までまだ少しあったのがよかった。


20220619 saiboku-41


園内のほかの飲食施設を見て回っているうちに冷静になれた。
1900円のとんかつ定食など、分不相応ではないか…?


20220619 saiboku-38


ということで、「レストランサイボク」の整理券をキャンセルして、オープンカフェの「サイボクキッチン」へ。


20220619 saiboku-40


ぎりぎりパラソルテーブルを確保できるタイミングで、少し決断が遅かったら難民化していたであろう。
こちらはもつ煮が売りのようで、カレーライス、豚テキ丼、おろしメンチカツ丼にそれぞれもつ煮をセットにしたメニューがメインのもよう。


20220619 saiboku-35


注文はカレーと豚テキ丼。
もつ煮は2人でシェアすればいいので、一つだけセットに。


20220619 saiboku-31


カレーには、とろとろ肉がゴロゴロ。
それだけでぜいたく感がある。

豚テキ丼は炭の香りが香ばしく、ご飯が進むススム。
ただし進みすぎるとすぐなくなるくらい、ご飯少なめ。
もつ煮もあることだし、このセットはライス大盛りで頼むのが正しい(あるかわからないけど)


20220619 saiboku-33


もつ煮は居酒屋メニュー代表だが、明るい日差しの下で食べるのもなかなか。
もちろん素材のよさにもよると思うが。


20220619 saiboku-34


外で食べるほうが気持ちいいので、こっちを選んで正解。
ただし、パラソルの陰とはいえ真夏さながらの日差しのもと、ビールの誘惑にあらがうのは至難の業である。


20220619 saiboku-32


[DATA]
サイボク キッチン
埼玉県日高市下大谷沢546
https://www.saiboku.co.jp/
https://www.facebook.com/saiboku
https://twitter.com/saibokuham
https://www.instagram.com/saiboku_official/





[Today's recommendation]

wachat220619.jpg




https://youtu.be/QGJuMBdaqIw



20220619 saiboku-30
園内には立派な農産物直売所も。キュウリと絹さやを買う


公園のベンチで1人… 【パークス 野川】

2022.04.17

 前記事の続きで、野川公園で腹が減って途方に暮れるワタシ。
このあたりで思いつく街となると調布駅か府中駅になるが、どっちもそう近くないし、行ったところでお店のアテがあるわけでもないし…。


20220417 parks-nogawa-2820220417 parks-nogawa-29


野川公園は野川流域に広がる都立公園で、真ん中を通る東八道路によって南北に分断されている。
自然観察園側から連絡橋・一之橋を渡って南側へ移動。


20220417 parks-nogawa-2620220417 parks-nogawa-27


こちら側にはあまり来ないが、意外に人出が多い。
ハタと気づいて園内案内図を探して見てみると、思ったとおり“売店”というのがある。パンくらい売ってるかも。


20220417 parks-nogawa-1320220417 parks-nogawa-14


行ってみると、なんと「パークス」である。


20220417 parks-nogawa-1520220417 parks-nogawa-16


「パークス」は東京都公園協会の事業として主要都立公園に出店している売店。
パンよりもちゃんとした食事ができる。


20220417 parks-nogawa-1720220417 parks-nogawa-18


去年利用した別業態の「そば茶屋さくら」(小金井公園)がよかっただけに、パークスには好印象を抱いている。
行動圏内では石神井公園と小金井公園にあるのを知っているが、こちらはノーマークで、うれしい誤算といえよう。


20220417 parks-nogawa-1920220417 parks-nogawa-2020220417 parks-nogawa-21


やきそばを買って、1人ベンチで食べる。


20220417 parks-nogawa-2220220417 parks-nogawa-23


「そば茶屋さくら」の記事に、
“だだっ広い公園のベンチで1人そばをすする…。ぼくにはとてもできない”
と書いたら、
“私はベンチでひとり丼抱えて蕎麦、全然いけます”
というコメントをいただいた。

それもそうだよな… と、ポジティブな方向に響くものがあった。


20220417 parks-nogawa-24


ベンチで1人、焼きそばをすする。
こういうのも公園デビューというのかな… (;^_^A


20220417 parks-nogawa-3020220417 parks-nogawa-31


[DATA]
パークス 野川
東京都三鷹市大沢6-4-1
https://musashinoparks.com/kouen/nogawa/
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities049.html





[Today's recommendation]

wachat220418.jpg




https://youtu.be/euE0wyRmyZs



20220417 parks-nogawa-32
前記事に書いたカタクリ自生地は、深大寺自然広場・調布市野草園の向かい斜面だった


地産地消を掲げる施設食堂 【ことみ食堂】

2022.04.03

 神奈川県に帰る娘を府中本町駅まで車で送っていくことになっていた。
道のわかりやすさと電車の乗り換えの便から府中本町なんだが、近くには気になる案件もあり、一石二鳥ということで。

気になる案件というのは「府中市郷土の森博物館」。
多摩川の河川敷と後背地に広がる府中市郷土の森公園(是政緑地)に隣接する野外博物館である。


20220403 kotomishokudo-1120220403 kotomishokudo-12


プラネタリウムを併設する本館のほか、江戸中期から昭和初期の府中市域の建築物を移築復元して保存。リノベーションしてカフェとして使われている古民家もあるという。
古民家好き、施設食堂好き的にはたまらないものがあるが、1月に自転車で聖蹟桜ヶ丘に行く途中に見つけたもので、それまで存在すら知らなかった。


20220403 kotomishokudo-1020220403 kotomishokudo-10-2


博物館は入場料がかかる(大人300円・プラネタリウム600円)
それがネックとなった。
300円払うことに抵抗があるわけではないが、この天気。昨日の予報が外れ朝から本降りの雨となっている。
野外博物館であり、館内案内図看板を見るとかなり広そう。
300円とはいえ料金払うとなると…


20220403 kotomishokudo-1320220403 kotomishokudo-14


「天気いいときにちゃんと見て回ったほうがいいんじゃない…?」

ということで、今回博物館は見送り。


20220403 kotomishokudo-1520220403 kotomishokudo-16


そのまま帰るのかというとそうではなく、実はもう一つ施設がある。
博物館入り口前の「観光物産館」は、前にこの施設群を見つけたときに利用しており(トイレ休憩で)、こっちもなかなかいいかも…! と思っていた。


20220403 kotomishokudo-1720220403 kotomishokudo-18


――地元農産物や特産品・観光関連グッズを販売する「野菜・お土産品コーナー」、市内の観光スポットやイベント情報を提供する「情報提供コーナー」、府中市産の食材を使用したメニューを提供するレストランを備えた…HPより)

というように、レストラン併設。
施設食堂好き的には…!


20220403 kotomishokudo-1920220403 kotomishokudo-20


まず物販コーナーで買い物。


20220403 kotomishokudo-4120220403 kotomishokudo-42

20220403 kotomishokudo-2120220403 kotomishokudo-22

20220403 kotomishokudo-2320220403 kotomishokudo-24

20220403 kotomishokudo-2520220403 kotomishokudo-26


農産物のほか府中市内の和菓子店やコーヒー店の商品、聖地的に『ちはやふる』関連グッズを取りそろえる。
府中市産の高菜とニラを購入。


20220403 kotomishokudo-2720220403 kotomishokudo-28


館内左手にレストラン「ことみ食堂」がある。


20220403 kotomishokudo-2920220403 kotomishokudo-30


“ことみ”は府中観光協会キャラクターの“古都見(ことみ)ちゃん”に由来しており、以前の「古都見カフェ」から2020年8月に改称。
府中は大國魂神社の1900年の歴史を有する古都である。


20220403 kotomishokudo-3120220403 kotomishokudo-32


地産地消を推進するため、物販の農産物同様府中産の食材を使ったメニューを提供する。


20220403 kotomishokudo-3320220403 kotomishokudo-34
お飲み物のトップがサントリー生ビール。荒井由実『中央フリーウェイ』に出てくる“ビール工場”はこのすぐ近くだ

20220403 kotomishokudo-3520220403 kotomishokudo-36

20220403 kotomishokudo-3720220403 kotomishokudo-38


地産地消的な、とろ飯膳と揚げもちうどん温を券売機でポチッとな。


20220403 kotomishokudo-3920220403 kotomishokudo-40


食堂はコロナ禍で席数を減らしているとのこと。
そういうのがなくてものんびり、ゆったりな雰囲気なんじゃないかと思う。


20220403 kotomishokudo-03-04


とろ飯膳のとろろにかかっているのはしょうゆのもろみ?
大豆の形そのものもあり、豊かな味わい。


20220403 kotomishokudo-06-07


ご飯は古代米。
みそ汁にはネギ、ミツバ、ワカメがたっぷり。


20220403 kotomishokudo-01-02


うどんはミツバの香りが鮮烈。
揚げ餅でコクとボリュームがプラスされ、冷たい雨に打たれたあとだけにほっとする。


20220403 kotomishokudo-05


ほかにお客のない食堂で雨音を聴きながらの食事。
この感じ、古民家で味わいたかったね… と、ちょっと後悔した。


20220403 kotomishokudo-08-09


[DATA]
ことみ食堂
東京都府中市是政6-32-10 府中市郷土の森 観光物産館内
https://kotomicommunity080.wixsite.com/comunitywork/kotomi
http://www.bussankan.sakura.ne.jp/





[Today's recommendation]

wachat220403.jpg




https://youtu.be/FYUCzuChwQg
‘The knight's gate in the ancient capital, Kiev’(古都キエフの騎士の門)


https://youtu.be/Zirhb2ko2us


https://youtu.be/CUNS2RX5olk


秩父名物いろいろ 【道の駅 果樹公園あしがくぼ】

2022.03.31

 前記事の続きで、「道の駅 果樹公園あしがくぼ」で昼ごはん。


20220331 michinoeki-ashigakubo-1220220331 michinoeki-ashigakubo-11


芦ヶ久保といえば氷柱が有名で、2月に秩父に行ったとき、R299ミョーにクルマ多いなと思っていたら、ここの道の駅を過ぎて一気にすいた。氷柱の会場は道の駅のすぐ裏手らしい。来るなら氷が溶けてから… と思ったのである。
まあ目的が植物なら、氷のある時期に植物はないわな。


20220331 michinoeki-ashigakubo-1320220331 michinoeki-ashigakubo-14
正面(農産物直売所)入り口


“果樹公園”という名前について――芦ヶ久保地区の日向山南麓には果樹農家が点在し、これらが集まって“果樹公園村”を構成している。前記事で歩いた場所がそれにあたり、季節ごとにイチゴやプラム、ブドウの収穫ができるとのこと。


20220331 michinoeki-ashigakubo-1520220331 michinoeki-ashigakubo-16
正面右手に食堂入り口


「道の駅 果樹公園あしがくぼ」には普通の食堂と「水辺のカフェ」というのがある。
メニューが幅広そうということで、“普通の食堂”で食べることに。


20220331 michinoeki-ashigakubo-1720220331 michinoeki-ashigakubo-18


品書きの掲示のしかたが効果的。
入り口から券売機まで動線に沿っていろいろメニュー写真が張ってある。
一見、品数豊富そうだが、よく見るとだいたい同じことを言っているのであった。


20220331 michinoeki-ashigakubo-2020220331 michinoeki-ashigakubo-2120220331 michinoeki-ashigakubo-22

20220331 michinoeki-ashigakubo-2320220331 michinoeki-ashigakubo-24

20220331 michinoeki-ashigakubo-2520220331 michinoeki-ashigakubo-26


横瀬町は秩父圏で、食文化的にそば、うどん、わらじかつ…。
こちらの食堂ではそのへんに特化したメニュー構成となっている。


20220331 michinoeki-ashigakubo-19


秩父名物のわらじカツ丼と豚みそ丼を合わせた“ミックス丼”というものがある。
これは外せないでしょう。


20220331 michinoeki-ashigakubo-2720220331 michinoeki-ashigakubo-28


もう1品はざるそば・秩父産舞茸天ぷらセット。
いっぱい歩いたので、そば大盛り (≧ω≦)b OK!!


20220331 michinoeki-ashigakubo-29-30


そばは毎日自社の加工場で製麺しているとのこと。
星が飛んだ挽きぐるみで、細切りのパツンパツンと締まった食感。
香りよくおいしいそば。


20220331 michinoeki-ashigakubo-31-2


舞茸天ぷらは、でかいのが3個も。こっちも大盛り…? とか思ってしまったほど。
女性のこぶしくらいあって迫力満点!


20220331 michinoeki-ashigakubo-34-2


丸く立体的な造形で、コロモというよりマイタケ自体にたっぷり油を吸わせているから皿がギトギト。
キノコと油は相性がよく、キノコをいちばんおいしく食べる調理法だと思う。カロリーと胃もたれを気にしなければ…。


20220331 michinoeki-ashigakubo-33-2


ミックス丼にはタレにくぐらせたわらじカツと豚のみそ漬けがのる。


20220331 michinoeki-ashigakubo-35-36


サクサクのカツと、こうじの香る甘めのみそ味の豚肉。
ご飯は少なめに見えるが器が深いので十分あり、並でおなかいっぱい。

山歩きのあとだけに完食。ごちそうさまでした❣


20220331 michinoeki-ashigakubo-37-38


[DATA]
道の駅 果樹公園あしがくぼ
埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6
https://www.yokoze.org/shisetsu/michinoeki_kajukoen_ashigakubo/





[Today's recommendation]

wachat220331-22.jpg




https://youtu.be/Ya_rkm7iVJQ





 お土産いろいろ♪
2022.03.31 道の駅 果樹公園あしがくぼ 農産物直売所/埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6

20220331 michinoeki-ashigakubo-41-2


食堂と中でつながっている農産物直売所でお買い物。


20220331 michinoeki-ashigakubo-3920220331 michinoeki-ashigakubo-40


梅干し、えごま、秩父夜まつり最中…。
買ったのはほぼ日用食料品で、本日の出費はほぼ食事代のみ。


20220331 michinoeki-ashigakubo-42-2


素朴な味わいの直売所メニュー 【あぐれっしゅげんき村】

2022.03.27

 施設内食堂が好き。
そういうと昔ながらの学食や庁舎食堂、いまどきはフードコートなんかがイメージされ軽んじられるが、いやいや、そういうのがいいのだ。
子どものころ街に遊びに行けば合同庁舎や電電公社の食堂でよく昼ごはんを食べていたという実体験が根っこにありそうだ。

普通の市役所食堂みたいのも嫌いじゃないが、施設自体の付加価値が高ければなおよい。
古民家リノベとか、大正ロマンとか、北欧風なコンセプチュアルなのとか「そばの杜」「耕心館 喫茶ストーリア」「カフェ・プイスト」参照)
施設自体は入場無料のところが多く、食事プラスアルファのコスパおよび満足度は相当高くなる。

地図でいろいろ調べて狭山市の稲荷山公園に行ってみることに。
が、時期が悪かった。
東京都心で満開宣言が出されたこの日、公園はどこもいっぱいだったに違いない。稲荷山公園の駐車場入り口には車の列ができている。
とっさの判断力で行き先変更。「あぐれっしゅげんき村」とナビさんに入力。


20220327 agresh-1120220327 agresh-12


「あぐれっしゅげんき村」は県道126号所沢堀兼狭山線沿いにあるJAの直売所。


20220327 agresh-1320220327 agresh-14


フードコート併設でうどんなどが食べられるほか、店内で売られている弁当類のイートインも可。


20220327 agresh-1520220327 agresh-16


記事にするのは2回目だが、こっち方面に来るときは立ち寄ることが多い。


20220327 agresh-18


そんなとき必ず買うのが狭山市「横田屋製菓」の和菓子。
素朴な田舎まんじゅうが懐かしうまし。今日は豆大福を買う。


20220327 agresh-17-2


あとはサニーレタスとケール。JA直売所だけに。


20220327 agresh-20-220220327 agresh-21-2


さて、昼ごはん。


20220327 agresh-19


前々から次は絶対食べてみようと思っていた所沢市「菊寿司」のお弁当は、残念ながらお休み中。なので前回同様フードコートメニュー2品になった。


20220327 agresh-2420220327 agresh-25


やっぱり外せないのが肉汁うどんと天ぷら。
もう1品はさといもコロッケ定食。


20220327 agresh-2720220327 agresh-28


カフェテリア内はコロナ対策で1人席を多く設けてあり、4人掛けテーブルは満席に近い。
ちょっと風が強かったが、オープンテラスで食べることにした。


20220327 agresh-29-30


うどんは武蔵野風のよじれのある剛麺で、小麦の香りがよくおいしい。


20220327 agresh-31


肉汁の具は豚肉、ネギ、油揚げ。肉もネギも驚くほどたっぷり入っている。
うま味成分がやや強めだが甘すぎず、コシの強い太麺とよく合う。


20220327 agresh-34-35


天ぷらは“盛り放題200円”サービスがあったらしいが、コロナ禍につき休止中。
それでも180円でこの量はすごい。


20220327 agresh-33


たまねぎ、にんじん、さつまいもが各2個。
1個あたり30円♪ でサイズも c( ̄▽ ̄)


20220327 agresh-36-37


さといもコロッケも、でかいのが2個。
中身はほぼサトイモで、農産物直売所にふさわしい素朴メニューなのであった。


20220327 agresh-38


全体で肉汁の豚肉以外ほぼほぼ植物質のヘルシーランチとなった。
ただし、ヘルシーだけどボリューミー。
そっち方面で制限中の人は要注意だ。


20220327 agresh-2220220327 agresh-23


[DATA]
JAいるま野 あぐれっしゅげんき村
埼玉県狭山市堀兼2085-1
https://www.ja-irumano.or.jp/market/genki.html
https://www.facebook.com/jairumano.saitama/





[Today's recommendation]

wachat220327-2.jpg




https://youtu.be/oqPHe3ZIn14



20220327 agresh-39


親として… 【福よし・お多福・かめ福 埼玉大井店】

2022.02.20

 車の定期点検で午前中クルマ屋さんへ。
そのまま車で足を延ばして昼ごはん… というパターンだが、少し問題がある。2日前から長女が来ていて、今日の午後に帰るという。1人で昼ごはん食べて見送りなしに帰るというのも、親として想像するに忍びないものがある。
「一緒に行く?」ということになった。

最近、植物に凝っているという娘に合わせ、大きめのホームセンターを検討。
都内まで送っていくことを考え、R254エリアから「スーパービバホーム 埼玉大井店」に。


20220220 fukuyoshi-12


車の点検が意外に長引いて少し遅くなってしまい、昼ごはんはフードコートで済ますことに。
3人めいめい食べたいブースに並び、必然的にワリカン。
親として忍びない (ーー )Ξ


20220220 fukuyoshi-13


僕はラーメン「福よし」でチャーハン特別定食。


20220220 fukuyoshi-1420220220 fukuyoshi-15


チャーハン+半ラーメンで、かなりボリューミー。


20220220 fukuyoshi-16-17


チャーハンもラーメンも普通においしい。
きわめてチャーハンらしく、ラーメンらしく、中庸でオーソドックスな味わいは、いまどき貴重かもしれない。


20220220 fukuyoshi-18

20220220 fukuyoshi-19


娘は「お多福」の肉汁うどん。
ふすまの入った、はた目にもおいしそうなうどんである。


20220220 fukuyoshi-20-21


相方は「ブーランジェベーグ」 のパン(半分は持ち帰り用)。


20220220 fukuyoshi-24-25


あとで調べるとこれら3店はすべて同系列で、㈱アクアのブランド。
店名もHPでは「福よし・お多福・かめ福 埼玉大井店」となっている。

ワンパッケージで競争を避けクオリティを追求する試みかと思うが、少なくとも味的にはかなり成功しているんじゃないだろうか。
フードコートの新しい方向性として注目される。


20220220 fukuyoshi-22-23


食事のあと園芸コーナーへ。
娘はアジアンタムのようなものを買っていた。
そのままR254を都心方面へ…。


20220220 fukuyoshi-11


[DATA]
福よし・お多福・かめ福 埼玉大井店
埼玉県ふじみ野市西鶴ケ岡1-3-15 ビバモール埼玉大井店
http://www.food-aqua.com/





[Today's recommendation]

wachat220220.jpg




https://youtu.be/gjNKxoFlfS8


東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】

2021.07.23

 前記事のつづきで、八王子駅で娘を降ろしたあと、なんとなく国道20号を西に向かった。なんというか、このあたりを車で走っていると無意識に高尾山をめざしている。

ただ、冷静に考えてみると、目的は昼ごはんくらいである。高尾山といえば、そば。
高尾山口駅周辺の事情を思い浮かべると、大きい駐車場がいくつかあって、1日1500円とか2000円とかいう観光地価格だ。山に登らず、そば食べるのにそんな駐車料金払っていたら、いかにもバカらしい。
高尾駅で引き返しました。

「自前のでかい駐車場のあるたべもの屋がいい。なんなら道の駅でもいい」
「だったら八王子には有名なのがあるよ」


20210723 takiyama-11


ということで、行き先を「道の駅 八王子滝山」にセット。
道の駅は駐車待ちが10台ほどあり、予想どおり夏休みモードの混みよう。
あらためて、高尾山行かなくてよかった… と思いました (・Θ・;)


20210723 takiyama-12


こちらは東京唯一の道の駅だそうだ。
地元の野菜や食品の売り場があって、いちばん奥がフードコート「やさいの食卓 八農菜」。


20210723 takiyama-13
右側がテラス席になっている


正午前の昼めし時で席はあらかた埋まっているが、屋外にも席があり、猛暑下でスカスカである。
日陰になっている席を確保して注文カウンターへ。


20210723 takiyama-1620210723 takiyama-17


こういう場合、カレーかラーメンを頼むのがお約束なワタシ。が、土地の名を冠した食べ物は押さえておくべきとの考えもある。
滝山うどんには惹かれるものがある。“滝山名物”とも書いてあるし。


20210723 takiyama-1420210723 takiyama-15


注文口にて口頭で申告するシステム。
もう1品は唐揚げ定食。


20210723 takiyama-18
※屋内は許可をいただいて撮影


テラス席は暑いけど、すぐ横を川(谷地川)が流れていて、風が通るロケーションである。トンボやチョウが飛んでいて、夕方なんかは気持ちいいに違いない。
見ていると、涼しい屋内より、暑いけど密の心配のないテラスをあえて選ぶという人が一定数いるようだ。


20210723 takiyama-19


滝山うどんとは、武蔵野うどんでいうところの肉汁うどん。
田舎うどんなどという名前が付いていたりもしそうな素朴な料理である。


20210723 takiyama-20


つけ汁は、豚肉、長ねぎ、なす、油揚げの入ったしょうゆ味。
デフォで揚げ玉が付いてきたが薬味がなく、セルフでとり忘れたのかもしれない。


20210723 takiyama-22


具だくさんのつけ汁がツルツルの細麺によく絡む。


20210723 takiyama-21


唐揚げは大ぶりのが5個でボリューミー。
ごくシンプルな味付けで、熱々の揚げたてがおいしい。ワシワシとご飯がススム。


20210723 takiyama-23


“野菜の食卓”というわりに付け合わせが寂しいと言わざるを得ないが、トマトなどは地場っぽくフレッシュである。


20210723 takiyama-24


滝山うどんは地に足ついた安定感があり、このあたりも武蔵野のうどん文化圏に入るのかと興味深いものがある。
一方、ラーメン類を見ると、基本のラーメンでもたまねぎトッピング。
いまや八王子名物といえば圧倒的にそっちなんですね… σ( ̄、 ̄=) ムー


20210723 takiyama-25


[DATA]
やさいの食卓 八農菜
東京都八王子市滝山町1-592-2 道の駅 八王子滝山
https://www.michinoeki-hachioji.net/





[Today's recommendation]

chat210724-2.jpgchat210724-1.jpg
5年ぶりくらいのお医者さんに生きた心地がしないと




https://youtu.be/s_pSJOkmYBA



20210723 takiyama-26


Latest Articles
アケボノとか… 【大金】 Nov 30, 2022
26の寺院が軒を連ねる ――烏山寺町 Nov 29, 2022
滝山の土曜の午后1時 【珍来】 Nov 27, 2022
こんなコミュニティ、いいね! 【喫茶庵 うたたね】 Nov 26, 2022
チャチャッと 【IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット】 Nov 26, 2022
かつおの追憶 ――発酵で旅する東京の森 Nov 24, 2022
洋食の追憶 【ホテルオークラレストラン ゆりの木】 Nov 23, 2022
150年後というか、50年前との邂逅 【東京国立博物館 表慶館】 Nov 21, 2022
一日楽しめる巨大ミュージアム 【東京国立博物館】 Nov 20, 2022
いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】 Nov 19, 2022
物見遊山気分で 【永福寺】 Nov 18, 2022
スタミナ or ヘルシー? 【木曽路】 Nov 17, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2