fc2ブログ

意外性ある本場スタイル 【グラバー亭】

2018.06.07

 チャンポンというたべものが好きで、家の近くにチャンポン屋があったら喜んで通う。
昔、杉並区和田に住んでいたころ、鍋屋横丁の商店街にあったチャンポン屋(中華屋?)でよく食べたが、あの店はまだあるんだろうか?
某チェーン店にもずいぶん通ったが、あるとき調理システムががらりと変わって別のたべものになってしまい、そのあとは一度も入っていない。

いまはチャンポンが食べたくなったら立川若葉町の「大龍軒」に行く。
大龍軒のチャンポンは好きだが、1店では心もとないので拠点を増やしたい気持ちはある。


180607 grabbertei-14


そんななか、ずっと気になりつつも人気店ということにひるんで入れずにいたのが三鷹の「グラバー亭」であるが、訪問させていただいているkenbooさんのブログに最近立て続けにルポが載った。
で、いろいろ情報を教えていただき、入ってみようという気になったのだ。


180607 grabbertei-13


教わった駐輪場に自転車を止め、ちゃんと銀行に入ってATMで1000円下ろし(笑)、1周回ってグラバー亭に入店。


180607 grabbertei-19


2時15分でお客さんは2人。まあ、昼ごはん遅くなっちゃったな… と時間がずれたときじゃないと、混みそうな店に入ろうって気にはならないんだけど。
注文は、ちょっと微妙… という教えに背くことになるが、やっぱり最初はちゃんぽんかなぁ…。


180607 grabbertei-16


店内は、入り口側にテーブル5卓、奥側に厨房とカウンター席という奥に細長いつくり。
ちゃんぽん680円、おっそろしく速い3分での提供。午後休み(14:30~)直前で急いだのかもしれないけど。


180607 grabbertei-11

180607 grabbertei-12


3分だから当然だが、煮込んだ感はなく、野菜シャキシャキである。
具は、キャベツ、モヤシ、タマネギ、コマツナ、タケノコ、豚肉、エビ、アサリ、ちくわ、赤はんぺん。
煮込まれていないためスープは野菜のうま味はさほど感じられず、塩気がストレートに来る。豚骨ベースだと思うが、アサリの風味が強く出ている。


180607 grabbertei-18


麺は予想外に軽いぱつぱつな食感だった。
これは長崎チャンポン独特の「唐灰汁(とうあく)」麺というものらしい。
唐灰汁とはかん水の一種の薬品で、食品添加物としての規制などの制約から現在、製造業者は長崎県内に2軒しかないという。唐灰汁についてはこちらのサイトに詳しい。


180607 grabbertei-32


つまり本場仕立てのチャンポンなわけだが、蒸し麺か乾麺を戻したような、たしかに微妙な食感である。
しかしそのぱつぱつ麺、どんどんスープを吸っていく感じで、野菜もしんなりしてくるから、食べ進むにつれ全体がなじんでいく。これが本場スタイルか?
食べ終わるころにはしっかり満足感が得られているのである。


180607 grabbertei-15


はじめ意外性を感じつつもちゃんと落としどころが用意されていた… 的なところが、人気の秘密かもしれない。はまる人は、はまると思う。
次回は気になる長崎ラーメンかな。


180607 grabbertei-31


[DATA]
グラバー亭
東京都三鷹市下連雀3-25-8





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UwMf7JHLBVU



chat180607-22.jpg


Latest Articles
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2