FC2ブログ

いまごろ秋冬メンコレ…? 【ラーメン喜楽】

2020.02.06

 すっかり忘れていたが、ウインターシーズンには“熱々麺シリーズ”というものをやっていたんだった(たとえば、このへんこのへんをご参照ください)

なぜ忘れていたかというと、そりゃもうこの記録的暖冬。熱々麺といわれてもねぇ… σ( ̄、 ̄=) ンー

――気象庁によると、1月の平均気温は、東日本(関東甲信、北陸、東海)で2.7度、西日本(近畿以西)で2.8度も平年を上回り、1月としては最も高温となった。(朝日新聞デジタル 2020/02/04)

いや、「翠蘭」の五目つゆそばとか「のぶちゃん」の麻婆ラーメンとか、単発で食べてはいるけど、シリーズとして発信することにはまったく思い至らなかったわけで。


20200206 kiraku-33


なぜいま思い出したかというと、この寒さ。数年に一度の大寒波という。
こういう振り子の振れ幅の大きい現象も含めて、気候変動という。


20200206 kiraku-13


本日の晩ごはん担当としては鍋物以外に考えられず、下里の食品スーパー「オザム」で材料を買って帰ろうと考えたとき、いろいろひっくるめて思い出されたわけである。


20200206 kiraku-12


オザム駐車場入り口横に位置する「ラーメン喜楽」は、前報に記したとおり、(市場内を除いて)このあたりで唯一残る飲食店である。


20200206 kiraku-15


その店名の付いた看板メニュー“喜楽そば”が気になっていた。
根拠は忘れたが、喜楽そばはたしか熱々麺の三要件“カラミ・トロミ・ギトギト”のどれかを満たすメニューだったはず。


20200206 kiraku-19


前報の写真と比べていただければわかるように、庇テントがリニューアルされている。
以前は店名すら不明という状態だった。


20200206 kiraku-14


そのことをブログに書いてまもなくリニューアルされたものだから、「あ… こんなこと書かれてる。チキショー!」って新調したんじゃないかとビクビクしながら眺めていたのだ。もちろん偶然だろうけど(そのへんの胸の内はコメントのやりとりからお察しいただければ…)


20200206 kiraku-16


さて、喜楽そば。
透明なスープにたっぷり野菜のあんかけ。いわばタンメンのかき玉あんかけ仕立てという代物。
かき玉あんかけは濁らず固まらず、きれいな仕上がり。


20200206 kiraku-17


キャベツ、モヤシ、タマネギ、ニラ、ニンジンに、豚のバラ肉。
野菜の自然な甘味を生かした優しい塩味で、体も心もほっかほかに。


20200206 kiraku-2120200206 kiraku-20



こちらはけっこう長くやられていて、いまの店主が2代目らしいということを、やはり前報に寄せられたコメントで知った。
店内はピカピカにきれいで、接客も明るく気持ちいい。
ちょっと目立たない存在だが、実は高感度抜群な良店であることを再認識。


20200206 kiraku-18


[DATA]
ラーメン喜楽
東京都東久留米市下里5-9-10





[Today's recommendation]

wachat20200206.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/8N-qO3sPMjc

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200206 kiraku-32
この日、東京都心で初氷を観測。1919年の統計開始以来、最も遅い記録となった




「喜楽」という名の中華屋さん 【ラーメン喜楽】

2018.05.14

 東久留米市下里4丁目の団地(久留米西住宅)周辺は、この10年ちょっとでずいぶん変わった。
ちょっと調べてみると――

・2006年5月 しんやま親水広場完成
・2012年6月 都市計画道路3.4.11号線 多摩北部医療センター西までの区間が開通
・2014年6月 東久留米卸売市場(得得市場)リニューアルオープン
・2015年4月 ケーズデンキ東久留米店オープン
・2017年4月 しんみやまえ親水こみち開通


180514 kiraku-14


このように親水公園や量販店ができても、飲食店にとって追い風とはならない。
新所沢街道の恩多町一丁目(洋食「ジャスミン」の交差点)から西団地入口(「松屋」の交差点)までの間で残っているお店は、市場内の飲食店を除けば「ラーメン喜楽」1店のみ。


180514 kiraku-12


2000年オープンの「スーパーオザム下里店」駐車場に立ちはだかるような位置。
こちらは看板がなく暖簾も花柄だったりするから、外観は何のお店かわからない。よく通る道で、ずっと中華屋だと認識していたが、いざ入るとなるとさすがに不安に。
ガラス戸に張ってあるメニュー表にて指差呼称。
「麺類・飯類・定食、ヨシ!」


180514 kiraku-13


以前隣にあった「ラーメンショップ」と少し西にあった“九州ラーメン”と称する店には1回ずつ入ったことがあるが、こちらは今回が初めて。
店内がすごくきれいで驚いた。
ご夫婦かな、お店の人も思っていたよりずいぶん若い。それに、とても感じがいい。

初めて入る街の中華屋さんでは基本料理をなるべく多く試したいので、まずセットメニューを探す。ありました、3種類。
で、やっぱりチャーハンセット(ラーメン+半チャーハン)かな…。


180514 kiraku-15


「喜楽」といえば渋谷のラーメン屋が有名だが、中華・ラーメン屋に限らず飲食店としてはよく目にする名前。某サイトで検索したところ、東京都で喜楽と付く店は中華店40軒、ラーメン店11軒(重複あり)。
僕の行動圏だけでも、先日入った所沢の「喜楽」のほか、清瀬、東小金井、上石神井、吉祥寺… とある。渋谷の喜楽が好きな店だったので、この名前の印象はよい。


180514 kiraku-16


ところがこのお店、店内にも店名が見当たらない。
実は外の庇テントに「KIRAKU 喜楽」の文字がかすかに読み取れるが、これは自然に色あせたのではなく意図的に消したように見えなくもない。いまの店は、喜楽閉店後居抜きで入った別の店という可能性も…。


180514 kiraku-17


まず半チャーハン。半にしてはかなり多め。具も高密度。塩気の強いしっかりした味付け。
ラーメンも同様に、味濃い目。
メンマが特徴的で、すごく太い。軟らかく、味付けも中国酒のような上品な香りが付いている。


180514 kiraku-18


お勘定のとき、店名聞いちゃいました(笑)。記事にするときに間違ってたらまずいし。
「きらくです。喜ぶに楽しいで」とおねえさん。

お店の人に店名を聞いたのは、東大和ハミングロードの餃子屋(実際、名前はなかった)以来。


180514 kiraku-19-2


あとでメニュー写真を見たら、トップメニューが“喜楽そば”であることに気づいた。
でもそれだけじゃ確信が持てないぐらい、謎の隠密行動的営業である。


180514 kiraku-11


[DATA]
ラーメン喜楽
東京都東久留米市下里5-9-10





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=GzZWSrr5wFI



chat180514.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
おうちごはん~原光 Apr 07, 2020
ラーメンたべたい! Apr 06, 2020
2020 祝開店!! ③――韓国料理をテイクアウト 【韓国料理 辛ちゃん】 Apr 04, 2020
最後の晩餐的感覚…? 昼だけど 【ながしま 磯とり料理】 Apr 02, 2020
2020 祝開店!! ②――川の畔の和カフェ 【八福豆】 Apr 01, 2020
食べに行けないなら、持ち帰ろう! ――#東村山エール飯 Mar 30, 2020
夜桜&ウイルス退治の逸品料理―洋食編 【Kitchen KEIJI】 Mar 29, 2020
夜桜&ウイルス退治の逸品料理―和食編 【久米川 絹】 Mar 29, 2020
だいじょうぶかぁ…? 【笹本だんご店】 Mar 28, 2020
2020 祝開店!!――おしゃれなパスタ屋さん 【パスタ食堂】 Mar 27, 2020
節目に思うこと 【九州ラーメン いし】 Mar 26, 2020
味に間違いなしの神社ラーメン 【峰英軒】 Mar 25, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2