fc2ブログ

タヌキふたたび 【ファンフル洋菓子店】

2023.12.15

 めでたいことがあってお祝いがてら出かけた相方がもう一つめでたい話を持って帰ってきた。
どれくらいめでたいかというと、このときと同じくらい。


20231214 funfull-11


さっそくお祝いのケーキを買いに国分寺「ファンフル洋菓子店」へ。
こちらは多摩地域でも数少ない“たぬきケーキ”を扱っているお店。


20231214 funfull-12


たぬきケーキとは文字どおりタヌキをかたどったケーキで、スポンジの土台にバタークリームでつくったタヌキの顔をのせ、全体をチョコレートでコーティングするというもの。


20231214 funfull-14


1965(昭和40)年ころに誕生し、昭和40~50年代に全国的に流行したらしい。
生クリームの普及やスイーツ業界の世代交代などに伴い姿を消していったが、バタークリームを使ったレトロ感が逆に受け、扱い店の少ない希少性と相まって“昭和遺産ケーキ”などと呼ばれ一部で人気が再燃、それをテレビ番組で取り上げるなどしていまやレアアイテムとして人気沸騰。


20231214 funfull-1520231214 funfull-1620231214 funfull-17

20231214 funfull-1820231214 funfull-1920231214 funfull-20

20231214 funfull-2120231214 funfull-2220231214 funfull-23


「写真いいですか?」
「どうぞどうぞ」
パチリ。
「そんな簡単に撮れちゃうの?」とお店のおとうさん。「こっちは2周遅れだからなぁ(笑)」

時代はぐるぐる回っているだけで、こうして並んで走っている。


20231214 funfull-35


これまでもこのブログではときどきたぬきケーキ(派生型を含む)を取り上げてきた「サン・ローザ」「ファンフル」「ナイトー」「モンテリマール」「シャトー」「ナカタヤ」


20231214 funfull-26


自転車圏のお店はすべてチェックしているつもりだが、ここ数年、ブームを受け復活させるお店も。
この調子で生息域をどんどん広げていってほしいものだ。


20231214 funfull-24


自分自身、そこまで好きというより、やはりバタークリーム世代のノスタルジア。
森◯エンゼ◯パイを思い出させる説も、一部に。


20231214 funfull-37

20231214 funfull-38

20231214 funfull-39


ところで、なぜお祝いにたぬきケーキか?
それはヒミツです。


20231214 funfull-31


[DATA]
ファンフル洋菓子店
東京都国分寺市本多2-1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/J1VNf0ELCPs?si=g4gD62Po3cXxF8EU



wachat231215.jpg



20231214 funfull-25
「ナカタヤ」のたぬきケーキ(ミニ・ボレロ)


研究所でタヌキ研究… じゃなくて 【ファンフル洋菓子店】

2018.04.01

 国分寺駅より徒歩10分、JR中央線のすぐ北側にある日立製作所中央研究所。
1942年創設。約20万平方メートルの敷地内には、多摩川の支流である野川の源流の湧水や、創設時から自生する樹木が維持・管理されている。
約120種・合計27000本の樹木には、メジロやシジュウカラ、コゲラなど40種類以上の野鳥が飛来する。

研究所内の緑地は春秋の年2回、地域コミュニケーションの場として市民に公開されている。
今年の春の庭園公開は4月1日。

この日、矢川~谷保の散策のあと閉園時間15時の1時間ちょっと前に研究所に入ることができた。

ちなみに“自転車ご遠慮ください”だったみたいだが、われわれを含め多くのチャリ族を親切に仮駐輪場所に案内してくれている。
ほかにも“お願い”がいろいろあるので、橋を渡ったところで配られている案内の紙にはちゃんと目を通そう。

正門を入ってすぐに橋で、この谷が深い! 高所恐怖症の自分は足がすくむレベルで、なんでこんな駅チカがこんなことになってるのか!? と、びくびくするやらわくわくするやら。


180401 hitachi-31


まもなく芝生の広場。
ぐるっと屋台が囲む。地元の人気カフェから、なぜかバッタ屋的なものまでと幅広い。
といっても、一民間企業におじゃましているわけだから当然といえば当然だが、全面アルコール禁止。
ほぼ10km歩いて、喉カラカラ。谷保の「増本」では、先があるのでグッとこらえていたが、ここでもビールはおあずけ。


180401 funf-21


それにしても、特におもしろみのない普通の芝生の庭園。
期待外れだったかな、と。


180401 hitachi-18


芝生の外れに下り道。
こっちも行けるのかな…? と下ってみると、その先がこの庭園の核心部なのであった。


180401 hitachi-32


56年前の記述を見つけた。研究所開設20周年の論文集に、当時の研究所長が寄せたレビューの前書き部分である。

――中央線国分寺駅北側、恋ヶ窪の一角に、武蔵野のなごりをとどめている幽すいな森がある。これが日立中央研究所の所在地で、敷地約20万平方メートル、構内の谷合からは今なお泉がわき出ていて、これを集めて広大な池を作り、池には白鳥が静かに浮いている。先年皇居のお堀から一つがいの寄贈を受けたものであるが、つい先ごろふ化したばかりのひなの姿も見られる。武蔵国、国分寺の跡もほど近いところにあって、構内の森から、谷からなにか神秘的な昔のいぶきさえ感じられる。(星合正治、日立製作所中央研究所の歴史と概要、日立評論、1962年別冊論文集号 日立製作所中央研究所創立二十周年記念論文集、1-7、1962より)


180401 funf-22180401 funf-23
180401 funf-24180401 funf-25180401 funf-26


過半世紀を経て受ける印象は、この情景描写と変わらない。


180401 funf-27180401 funf-28


小径には、案外最近見ないヤマブキやヤマツツジ、ウグイスカグラが咲き、大きな池にはハクチョウが浮かぶ。いろいろな種類のサクラはもう花吹雪だ。
高度経済成長を支えた企業研究者が目を休めたであろう、あたかも時が止まったかのような光景。


180401 hitachi-21


池の周囲を時計回りに歩いて、振り返ると、森の向こうに高いビルが見える。
高さ135メートルの超高層ツインタワー「ココブンジウエスト・イースト」。
ちょうど今日、一部開業を迎えた。
これだけは、まさに今日そのものの風景なのであった。


180401 funfull-31


国分寺に寄ったのにはもう一つ理由があって、それはたぬきケーキが買える店があるから。


180401 funfull-51180401 funfull-52


先日の「サン・ローザ」閉店のショックを埋めるためにどうしても来たかった「ファンフル洋菓子店」。


180401 funf-29180401 funf-30


お店は昔の洋菓子店そのもの。


180401 funfull-33
オランジュケーキ255円、モンブラン265円、たぬき240円


たぬきは小ぶりで上品な感じ。
中のスポンジはココア味。ほかのケーキもそうだが、味と作り、価格までも昭和の名残を感じさせる。


180401 funfull-56


店主のご婦人の笑顔に、少し立ち直れた気がする。


180401 funf-31


[DATA]
ファンフル洋菓子店
東京都国分寺市本多2-1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/eaPJKz1o0R4



chat180401-222.jpg



180401 hitachi-22
4月1日、日立製作所中央研究所


Latest Articles
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
まずは腹ごしらえ😅 【曙亭】 Apr 08, 2024
桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース Apr 07, 2024
赤ずきんといえば 【赤ずきん 久米川店】 Apr 04, 2024
活力の源 【九州ラーメン いし】 Apr 03, 2024
踏切ぎわのだんご屋さん 【みや古だんご】 Apr 01, 2024
生気の補充 【山田屋 十二社】 Mar 31, 2024
ネオたぬき… とは 【cafe222】 Mar 29, 2024
ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】 Mar 28, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2