fc2ブログ

“特賞”で、おすし🎊 【すし小島】

2023.01.15

 先月、東久留米市のパン屋さん「プチ・フール」でシュトーレンを買ったとき、スクラッチカードを3枚いただいた。
市制施行50周年を機に東久留米市が進める、市にゆかりの巨匠漫画家・手塚治虫のヒット作『ブラック・ジャック』を通じた地域振興策の一環として展開されている「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」なる事業で、取扱店で配布・使用可能というもの。

「けっこう当たりますよ(笑)」とパン屋のおとうさん。
ホントに当たった! w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!


20230115 sushikojima-28


3枚中、特賞2000円1枚と2賞500円1枚。
1500円のシュトーレンを買って2500円の金券をもらったことになる。
東久留米市民でもないのに、なんか申し訳ない。

でも「プチ・フール」もそうだが、つい先週も市内「三沢かご店」で5000円以上の買い物をしたりと、東久留米ではけっこうカネを落としているので遠慮なく使わせていただく。

特賞のありがたみをかみしめられる食べ物。
すしをおいてほかにないでしょう。
ラーメンなんかに使っていたら見識を疑われかねない(笑)。


20230115 sushikojima-11


ということで、滝山中央名店会の「すし小島」へ。


20230115 sushikojima-12


「すし小島」は、商店街の向かいに店を構える「鮮魚とゝや」直営のすし店。
とゝやは創業40年超の地域最優良鮮魚店であり、すしネタは折り紙付きといえよう。


20230115 sushikojima-13


注文は、にぎりのいろどりセット1150円と海鮮丼1180円。
2500円分のお買い物券があっても安い順に選んでしまう貧乏性なわしら ( ̄- ̄;) ンー


20230115 sushikojima-1620230115 sushikojima-17

20230115 sushikojima-1820230115 sushikojima-19


ここで券を使い切ってしまったほうがスッキリするので、もう1品、煮穴子一本にぎりを追加。


20230115 sushikojima-14


「すし小島」には一度入ったことがあり、そのときのブログ記事を読み返すと、“おばあさんのたまり場”だの“客単価は低そう”だの“そのわりにお店の水道料金は高くついていそう”だのとろくでもないことを書き連ねており、猛省の極みである。
今日の客層は家族連れや若いカップルなど前回のような偏りは感じられず、むしろ僕らが最高齢なんじゃないの? という感じ(笑)。


20230115 sushikojima-15


海鮮丼はシャリ大盛り無料とのことで、大盛りにしてもらう。
大盛りだからなのかは不明だが、器がでかい。


20230115 sushikojima-22

20230115 sushikojima-29
器の大きさが伝わるだろうか…


写真の撮り方が下手でいまひとつスケール感が伝わらず申し訳ないが、異常にデカい器に違和感なく収まっているネタたちも、縮尺的に考えれば器同様ものすごくデカいということをご理解いただきたい。


20230115 sushikojima-21


中トロ、サーモン、アジ、イカ、甘エビ、ホタテ、イクラ。
中トロは3切れもあり、ぜいたく感いっぱい。
口の中でとろけます。


20230115 sushikojima-23


いろどりセットは、中トロ2、イカ、マダイ、エビ、アジ、サーモン、玉子、かっぱ巻き。
やはりネタが大きめで厚みもあり、味が濃厚で食べ応え十分。


20230115 sushikojima-24

20230115 sushikojima-25


煮穴子は鮮魚店直営ならではの鮮度の高さを感じる。
ふっくらやわらかく炊き上げられた穴子の風味と、甘いツメに酢飯、その三位一体感が素晴らしい。


20230115 sushikojima-30


大満足のすしランチ。
パン屋のおじさん、ありがとう❣


20230115 sushikojima-27


[DATA]
すし小島
東京都東久留米市滝山4-1-40





[Today's recommendation]


https://youtu.be/DgR3W3pbpPo



wachat230115.jpg


ハレの日のおすし 【ささき寿司】

2022.12.30

 年末で娘が帰ってくるというので、晩ごはんをどうするかという話になる。
こういう場合、2つの考え方があり、普段食べないようなごちそうにするか、食べ親しんだ母の手作り料理にするか。

なぜか油揚げがダブついてるらしい。
「おいなり作ろうか」という。「ムスメ、いなり好きだし」
「だったらそれに合わせておすし買ってこようか」

ということで、おすし屋のごちそうと母の手料理の折衷ということに。


20221230 sasakisushi-11


こんなときにちょうどいいと前々から考えていたお店がある。
武蔵小金井の「ささき寿司」は、江戸前にぎりと京風押しずしの2枚看板。
テイクアウトチェーンやスーパーを除き押しずしを買えるお店は貴重である。


20221230 sasakisushi-12


にぎりより押しずしのほうがハレの日っぽい。
しかもおいなりに組み合わせるとなると、そっちのほうが断然しっくりくる。


20221230 sasakisushi-13


さばバッテラ、えび、穴子、サーモンを各1本
注文が入ってから目の前で作ってくれる。


20221230 sasakisushi-14

20221230 sasakisushi-15


待つ間、ショーケースをじっくり眺めると、にぎりと押しずしのほかに、さばや小鯛の棒ずし、茶巾ずし、大阪ずし、助六… と、実に幅広いラインアップ。
「おすしの万国博覧会やぁ~!」


20221230 sasakisushi-16


危うくもう2~3品、追加で注文しそうになった。
パックを受け取ると手にずっしりきて、追加しなくてよかった… と。


20221230 sasakisushi-22


1本が6切れにカットされていて、1人2切れ×4種。


20221230 sasakisushi-17


シャリの味が濃いチェーン店のものを考えると、ちょっと飽きがくるかも… という量だが、こちらはシャリもネタも甘さ控えめ。
実に上品な味で、いくらでも食べられる。


20221230 sasakisushi-18


穴子は香ばしくあぶってあり、押しも強すぎずふんわり口の中でほどける。
えびはすし1本に2尾ほどと大ぶりなものを隙間なく重ねて敷いてあり、1切れの厚みがすごい。
さばは程よく脂がのり、漬け酢も甘すぎず、とてもおいしいバッテラ。


20221230 sasakisushi-19


これだけ食べても2500円ちょっと。
品数豊富で味よくコスパ抜群!
しみじみいいお店だと感じたのであった。


20221230 sasakisushi-20


皆さま、よいお年を😺


20221230 sasakisushi-23


[DATA]
ささき寿司
東京都小金井市前原町3-40-22





[Today's recommendation]


https://youtu.be/ecDhLebBBhc



wachat221230.jpg


ご褒美のおすし 【東鮨】

2022.05.20

 今週、めちゃくちゃ忙しかった。
連休のしわ寄せで、毎月の仕事のピークにもうひと山のっかった形。
最後まで引っ張られた仕事は依頼元で滞り、工程表では昨日校了の予定が1日押して、僕の作業は今朝の段階でそろった分までということになっていた。
で、朝イチで来たものを粛々と進め、11:47終了。

つ、つかれた… ヽ(  ̄д ̄;)ノ

人間の基礎代謝カロリーの20~25%が脳の活動によって消費されるという。
さっきので70%は使ったかなー。
したがって、

腹が、減った……


20220520 azumazushi-1120220520 azumazushi-12


頑張った自分へのご褒美。
やっぱ、おすしでしょ。


20220520 azumazushi-1320220520 azumazushi-14


昼ごはんにガッツリ食べたい自分的に、そばとすしは(量的に)上品すぎて候補に上りづらい。
それが量も質も満足させてくれるお店があることを思い出した。
その“最強すしランチ”を提供する「東鮨」へ。


20220520 azumazushi-1520220520 azumazushi-16


どのへんが最強かというと、ランチのすしがにぎり・ちらしとも800円とそもそもリーズナブルな設定だが、にぎりは1.5人前にしても1100円。もっとグッとお得になる。
さらに、上にぎり・上ちらしともにランチサービスで1650→1100円。


20220520 azumazushi-1720220520 azumazushi-18


ということで、にぎり1.5人前と上にぎりを注文。


20220520 azumazushi-1920220520 azumazushi-20


L字カウンター7席とテーブル席が4人×2。
カウンターに案内され目の前で一個一個にぎる大将の姿を見ていると、この値段で… と食べる前から申し訳ない気持ち。


20220520 azumazushi-3720220520 azumazushi-38


小鉢の冷ややっことお椀(あら汁)に続いて、おすしがくる。

「写真、いいですか?」
「ダメでーす(笑)」

前もこんな感じだったな… σ( ̄、 ̄=) ンー


20220520 azumazushi-2120220520 azumazushi-2220220520 azumazushi-23
上にぎり

20220520 azumazushi-2920220520 azumazushi-3020220520 azumazushi-31
にぎり1.5人前


「いや、いつも同じネタってわけじゃないからさ、前に見たのと違うじゃんとか言われても困っちゃうし」と大将。「“写真はイメージです”って書いといてよ」
「“いつもよりいいネタ使ってます”って書いときます」
「あ、そうそう。きれいな人には特別にってね(笑)」
「それはぜひ、書いてもらわねば(笑)」と相方。


20220520 azumazushi-2420220520 azumazushi-25

20220520 azumazushi-28


上にぎりは中トロ、イカ、赤身、白身、赤貝、イクラ、エビ、玉子に、ネギトロ巻き(手巻き)が付く。


20220520 azumazushi-3220220520 azumazushi-3320220520 azumazushi-34

20220520 azumazushi-3520220520 azumazushi-36


1.5倍は並扱いだと思うが、それでも赤貝ひもや炊き牡蠣、ホタルイカといった上ネタがのる。
まさに質も量も満足させてくれる。


20220520 azumazushi-39


食後のコーヒータイム。
じわじわ実感が湧いてきた。

「仕事、終わったー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!


20220520 azumazushi-4020220520 azumazushi-41


[DATA]
東鮨
東京都東村山市本町4-12-52
http://www.shoukoukai.or.jp/member/azumazushi/






[Today's recommendation]

wachat220520.jpg




https://youtu.be/8RXUBBKAIs0



20220520 azumazushi-45
麦畑 / 小平市小川町


おいしい江戸前&相模前 【梅乃家】

2022.03.12

 前記事の続きで、昼ごはん編。
荒崎公園と長井漁港の中間あたりにある「梅乃家」というお店へ。


20220312 arasaki-4720220312 arasaki-48


こちら、おすし屋さんである。
選択肢がかなーり限られるなか、おすし屋さんを見つけたのは運がよかったといえよう。


20220312 umenoya-1120220312 umenoya-12


漁村に来ているからには魚介が食べたいわけで。
お店の雰囲気もいい感じ。


20220312 umenoya-13


海岸道路のクランクに位置しており、道の向かいは船揚場など港湾施設で、その向こうはもう海。
1階の窓からも海が見えるが、店内には2階に上がる階段があり、座敷席などになっているものと想像される。この位置なら箱根から伊豆大島まで相模湾を一望のもとに見渡せるのではないだろうか。
あくまでも想像だが。


20220312 umenoya-2820220312 umenoya-29


夏の夕刻。
夕日に染まる相模湾。
焼けた肌に海風が心地よく。
どこからともなく聞こえてくる加山雄三……。

空想にふけるだけで気分が上がる ♪(* ̄∇ ̄)/


20220312 umenoya-14


注文は上寿司と海鮮ちらし(上)。


20220312 umenoya-1520220312 umenoya-16


テーブル席2卓と小上がり2卓のこじんまりしたお店。
出前主体か、空想どおり夜の需要が多いか…。


20220312 umenoya-17-18


寿司は一個一個ネタがでかく、ひと口で食べられないほど。


20220312 umenoya-19-20


シャリもでかいので見た目以上に食べでがある。
漁港に立地しているだけあって鮮度抜群。


20220312 umenoya-21-22


海鮮ちらしはもっとすごく、マグロ2種類、しめサバ、タコ、玉子… と、にぎりにないネタがたくさんのる。


20220312 umenoya-34-35


加えて、ちらしだけに、かまぼこ、かにかま、しいたけ、かんぴょう、れんこん、でんぶ…。
値段が110円しか違わないとは思えない構成で、これははっきり言ってオトク。


20220312 umenoya-25-26


サービス品のデザートは、あんみつ。
寒天がシャキッとしていて、もしかしたらテングサから煮出してる…?
黒蜜に缶詰フルーツも懐かしい。


20220312 umenoya-27


〽海よ 俺の海よー


20220312 umenoya-3020220312 umenoya-31


[DATA]
梅乃家
神奈川県横須賀市長井6-1-17





[Today's recommendation]

wachat220312-22.jpg




https://youtu.be/Wkg3NqVyxII


復活! 応援バラちらし 【鮨孝】

2022.02.13

 フォローしている「鮨孝」さんのInstagramに5日ほど前、“バラちらし寿司をオリンピック期間中復活させます”という投稿が上がった。

なぜオリンピックでバラちらし?
キャプション、ちゃんと読みましょう。

――女子アイスホッケースマイルジャパンで活躍中の東村山出身の床姉妹も食べた、バラちらし寿司をオリンピック期間中復活させます。


20220213 sushikoh-1520220213 sushikoh-16


その写真には見覚えがある。
コロナ第1波の2020年4月、テイクアウトで提供していたバラちらしを床姉妹が食べ“東村山エール飯”で応援してくれたという話。
そのバラちらしを食べながら今度は床姉妹や日本代表をテレビで応援しようという、おすしやさんの粋な計らいである。


20220213 sushikoh-1320220213 sushikoh-14


…と、この記事が1日早かったらタイミングばっちりだったんだが、実に惜しい… というかかなり残念! とお感じの人も多いことと思う。日程を1日間違えていたという (〃 ̄ω ̄〃ゞ

でもまあ、オリンピック期間はあと1週間あるし、スマイルジャパンおつかれさまでした、残りの競技もガンバレ日本代表ということで。


20220213 sushikoh-2720220213 sushikoh-28


そのバラちらし、僕らも第1波のタイミングで食べている。なんと、1パック500円の驚愕価格。
その後、いまからぴったし1年前に食べたときは、さすがに値段の付け方を間違えていたことに気づいたらしく、790円に値上げしている。


20220213 sushikoh-17-18


3回目となる今回、なんと500円に戻っているではないか!
思うに、あくまでも五輪応援企画ということで、採算度外視。まさに粋な計らいといえよう。


20220213 sushikoh-19-20


今回はウニのせバラちらし(800円)も登場。
1個ずつ買う。


20220213 sushikoh-23-24

20220213 sushikoh-21-22


マグロ、サーモン、アジ、白身、とびこ、桜でんぶ、酢ばす、きゅうり、かんぴょう、しいたけ、厚焼き玉子…。ウニは蒸しウニかな、ねっとり濃厚。

しっかり甘く、酸っぱい、ニッポンのハレの日のごちそう。
晴れ舞台の観戦にこれほどふさわしい食べ物があるだろうか。


20220213 sushikoh-25-26


[DATA]
鮨孝
東京都東村山市本町2-6-25





[Today's recommendation]

wachat220213.jpg




https://youtu.be/qbfWl5g2-eI



20220213 sushikoh-29


年をとるということ 【鮨孝】

2021.10.30

 先月このブログにも書いているヘルベルト・ブロムシュテット指揮NHK交響楽団のコンサート当日。
実はスケジュール調整にかなり苦労していて、無事行けることになってホッとしている。それでも午前中は2人とも仕事で、開演45分前に家を出て自転車すっ飛ばして会場の「所沢ミューズ」へ。


20211030 sushiko-11
所沢市民文化センター ミューズ アークホール


ブロムシュテットさんを知ったのは高校のころ。
世界最高峰オーケストラの一つシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者に抜擢された(日本では)無名の若手指揮者ということで、権威主義的音楽ジャーナリズムの鼻もひっかけないあしらいのなか、当時進行していたベートーヴェン・チクルスの「田園」だけは高評価で、これは聴いてみたい! と。
その後、名誉指揮者としてN響への度重なる客演などを通じ、ブロムシュテットは日本で最も愛される指揮者となっていく。


20211030 sushiko-12


若手と思っていた当時、実は50歳前後であり、今年でなんと94歳!!
立ったまま棒を振るだけで驚かされるが、若いころよりむしろ速いんじゃないかというテンポ設定で、弛緩することのないインテンポで高い集中力を維持したまま2曲。まるで奇跡のよう。
感動して涙が出た。


20211030 sushiko-13


夜は予約してあった東村山の「鮨孝」へ。


20211030 sushiko-1520211030 sushiko-16


お祝いということで娘2人も帰っている。
節目の年齢のお祝いらしい。


20211030 sushiko-1720211030 sushiko-1820211030 sushiko-19


でもさ、昔なら長寿とされた節目でも、あんな94歳見せられたらとてもじゃないが祝ってもらう資格があるとは思えないし。
なのでそのへんは、サラッと、コソッと。


20211030 sushiko-22


本日はとりあえず“おまかせ寿司”4人前を予約してある。


20211030 sushiko-23


酒は「澤乃井 新酒しぼりたて生原酒 一番汲み」を四合瓶で頼む。
「おつかれさま!」
と乾杯(笑)。


20211030 sushiko-2420211030 sushiko-25


「前後しちゃって…」と食前酒を出してくださる若女将。
もう一回乾杯(笑)。


20211030 sushiko-26


にぎりをメインに、食前酒・先付・お椀・茶碗蒸し・デザート付きのコースなのである。


20211030 sushiko-2720211030 sushiko-28


先付の具だくさんの煮しめ、茶碗蒸しに続いて、追加で頼んだ合鴨つくね焼き。
串にかぶりつくと少しぷりっとした歯ごたえがあって、中はジューシー。
粉山椒をたっぷりつけて食べるとおいしい。


20211030 sushiko-29


続いて、やはり追加注文の本日の揚げ物。あんこうの唐揚げである。
ひとくちサイズと聞いたがなかなか大きく食べ応えがある。飾り切りのすだちに女性陣は喜ぶ。こういうひと手間は遊び心か余裕の証しか。
むちっとした肉質はふぐに通じる。


20211030 sushiko-30


いよいよメインのにぎり。


20211030 sushiko-3120211030 sushiko-32



中トロ2貫、貝類2貫(ホタテとミル貝)、ウニ、甘海老、イカ、イクラ、玉子、鉄火巻き… 本格ネタの数々を堪能❣️


20211030 sushiko-3520211030 sushiko-36



まぐろのよさはさすがである。
ミル貝の香り、ウニの甘み…。


20211030 sushiko-3320211030 sushiko-34


職人のにぎる寿司は、やっぱりおいしいものだなぁ… としみじみ。


20211030 sushiko-14


[DATA]
鮨孝
東京都東村山市本町2-6-25





[Today's recommendation]

wachat211030.jpg




https://youtu.be/eew0fbFsgjA



20211030 sushiko-37
娘からのお祝い


人気のランチずし、忠実に継承 【魚がし寿司】

2021.07.09

 理不尽に忙しくてヤサグレてるワタシ。
気合の入った企画であるということはわかるんだが、だったらそれに見合った工程を組むべきである。気合が入っている分ボリュームがあって、にもかかわらず動きだしが残り5営業日って…。しかもできあがっているものを半日寝かせ、ただでさえ少ない残り時間を無為に過ごさせる。その間ほかの分も上がってきて、僕のところで渋滞する。
そんな突貫工事で製品クォリティを担保するなんて、どだい無理な話だ。無理でもやるというスタンスだけに、ストレスがたまる (ー'`ー ;) ウーム…


20210709 uogashizushi-33


気分転換に昼ごはんを食べに。
3日ぶりの外食。というか、3日ぶりの外出か…。


20210709 uogashizushi-32


歩いて最初に目に留まった「魚がし寿司」へ。


20210709 uogashizushi-35


こちらは一昨年、代替わりしている。代替わりというか、よその職人さんに事業譲渡した形だと思う。
その再スタート直後に入って以来、約2年ぶりの「魚がし寿司」。


20210709 uogashizushi-30


注文は、ランチ限定サービスの魚がしにぎり×2。
先代時代からの人気メニューで、店頭に掲示されているのでずっと続けていることは知っていた。税込み1000円という値段も変わらず。


20210709 uogashizushi-29


新しい職人さんは若い方で、2年たったらいろいろ変わっていることもあるんじゃないかと思ったが、店のレイアウトや雰囲気はほぼ昔のまま。匂いも同じ。


20210709 uogashizushi-2720210709 uogashizushi-28

20210709 uogashizushi-36


魚がしにぎりは、マグロ、ブリ、サーモン、カツオ、イカ、エビ、炙り〆鯖、玉子、鉄火巻とかっぱ巻き。
お椀はアオサ入りあら汁。


20210709 uogashizushi-2120210709 uogashizushi-22


シメサバをバーナーであぶってあるところがいまっぽいかなぁ…。
それ以外は先代時代とほぼ同じ。いや、過去記事と見比べると、にぎりが7貫→8貫と増えている。


20210709 uogashizushi-25


相変わらずランチであってもネタがでかく、マグロやエビなどは1貫で満足できる。
デカいだけにごまかしの利かないネタの味。


20210709 uogashizushi-23


ランチだけでいうのもアレだけど、先代のいいところが忠実に継承されているように感じられる。しかも1貫増量で。
こういう質実剛健な感じ、いまどき貴重かも。


20210709 uogashizushi-24


さて、午後もまだまだ仕事はつづく。
明日はいよいよアレの日で、ドキドキ…。


20210709 uogashizushi-31


[DATA]
魚がし寿司
東京都東村山市栄町1-9-14





[Today's recommendation]

wachat210709.jpg




https://youtu.be/qKYQNtF11eg



20210706 yamaodamaki-22
ヤマオダマキ


お祝いのお寿司🎉 【ダイヤ寿司】

2021.04.03

 前記事の続きで、家族が集まったのは次女のお祝いをするためであって、お祝いといったら、やっぱり寿司。
お店で食べることも考えたが、4人で動くのは気が引けるし不安でもある。
宣言が解除されているなか、どう行動しようと勝手だとは思うが、こうなってしまっては発出も解除も意味をなしておらず、個々人で判断するしかないのだよ。


210403 diazishi-28


ということで「ダイヤ寿司」でテイクアウト。
にぎりは松にぎりに。


210403 diazishi-26


正月に食べたときは極上にぎりで、今回は1人多いため予算の関係でランクダウンかというと、そうには違いないが、ケチったのではなくスポンサーに配慮したもの。お代は親持ちではないのである。
ならば長女持ちかというとそうでもなく、なんとお祝いされる次女本人が支払うという、一風変わった趣向になっている。


210403 diazishi-27


次女はある賞をいただいた。賞状と賞金をいただいた。その賞金で家族に寿司をごちそうすると。


210403 diazishi-21


にぎりを抑えた分、ほかでぜいたくさせてもらった。
極上海鮮太巻3240円。
前回食べた江戸前太巻が1000円以下とは思えないおいしさとボリュームだっただけに、その4倍近い値段の品とは… と心惹かれるものがあった。


210403 diazishi-22


松にぎりはぜんぜん豪華である。


210403 diazishi-34


寿司を食べつけない人間にとって、極上と遜色ないくらいに豪華に見える。細かく比べればちょこちょこ違いはあるが、パッと見それを感じさせない仕事はまさにプロフェッショナルであり、食べる人間への思いが込められている。


210403 diazishi-25


すしダネの海鮮サラダがまた秀逸。


210403 diazishi-29


海鮮太巻は、言ってみればそのにぎりのネタすべてを一点にギュッと閉じ込めた、「お寿司のビッグクランチや~!」
小さい小さい、固まったかと思うと、それが爆発する!(『美味しんぼ』)
まさに、お寿司のビッグバンや~!


210403 diazishi-30


あらためて、おめでとう🍾🎊🎉㊗️🌟
収束後、親持ちでちゃんとやらなければ。


210403 diazishi-31210403 diazishi-32


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/





[Today's recommendation]

wachat210403-55.jpg




https://youtu.be/sIBXTHB0QDw



210403 diazishi-33
次女が買ってきたタヌキケーキ


お弁当の季節 【仙石】

2021.03.01

 久米川駅南口通り(西友通り)の持ち帰り寿司のお店「仙石」でいなりとのり巻きを買った。
こちらはいつもショーケースの前にお客がいて、つられるように通行人がのぞき込み、人だかりが絶えない。


210301 sengoku-25


だいたいが女性客。ほぼ年配の方。
おばあさんはお寿司がお好き。
偏見です。


210301 sengoku-27


ここでいう寿司とは、いなり・のり巻き、いわゆる“助六”のこと。
助六寿司は歌舞伎の主要演目「助六由縁江戸桜」に由来し、主人公・助六の恋人・揚巻の名が油揚げ(いなり)と巻き寿司に通じることによるとされる。また、この演目の幕間に出される弁当であったとも。


210301 sengoku-21210301 sengoku-22


生魚のにぎり中心のいわゆる江戸前寿司よりむしろ助六に江戸の粋を感じるのは、そのような文化的背景や見立ての妙によるところが大きい。
おばあさんは粋… というか、少なくともお芝居好きは多そうだ。


210301 sengoku-23
太巻と五目いなり


ところで、歌舞伎の幕間に食べられる弁当といえば、幕の内弁当。
東京・歌舞伎座前、1868(明治元)年創業の老舗弁当店「木挽町辨松」が昨年4月20日に廃業した。歌舞伎座の公演中止(3~7月)のあおりで店の経営が立ち行かなくなったと。コロナ禍で弁当需要が高まるなか、不運な事例といえる。
行ったことも食べたことも(たぶん)ないけれど非常に残念なニュースであったと思い返される。


210301 sengoku-26


それからもうすぐ1年。
もうすぐお花見弁当の季節でもあるのだなぁ…。


210301 sengoku-28


[DATA]
仙石
東京都東村山市栄町2-8-5





[Today's recommendation]

wachat210301.jpg




https://youtu.be/Rx0mYN32Kps
これは歌舞伎町だ



210301 sengoku-29
西の空


飲食店、とある成功事例 【すしの万葉 秋津暮れ六つ】

2021.02.19

 話は秋津の商店街に弁当を買いに行った半年ほど前にさかのぼる。

コロナ禍の行動様式の変化で人出の少ない午前中に散歩するようになり、秋津の商店街を横切ったときのこと、ちょっと前に発見して気になっていた天ぷら屋さん「暮六つ」に“お弁当”の幟が立っている。
天ぷらだと買う場面はそう多くないが、弁当なら必要性が高く、よい情報が得られたと思った。


210219 sushinomanyo-28


後日、あらためて買いに行ってみると、弁当は売られていなかった。
天ぷら盛り合わせを買うついでにお店のおかあさんに聞いてみた。


210219 sushinomanyo-31210219 sushinomanyo-32
参考写真:五目ちらしと日替わり弁当を買った去年11月の様子(左)と、10月に買った「暮六つ」の天ぷら盛り合わせ


「今日はお弁当はやってないんですか?」
「そうね。私が11時に来たときにはもう帰っちゃってたから、売り切れたんでしょう」
「ん…? ということは、お弁当売ってるのは別のお店の人?」
「そう。青葉町のおすし屋さん」
「青葉町って、もしかして万葉さん?」
「そう、万葉さん」

いやー、知らないことってまだまだたくさんあるものだなぁ…! と思いましたね。


210219 sushinomanyo-26
ひと気のない青葉町の商店街


「すしの万葉」のおいなりを買ったことがある。
3年ちょっと前の東村山市民産業まつりで出店しているのを見かけた。青葉町のお店に看板は掛かっているが開いているのを見たことがなく閉店したものと思っていたので興味が湧き、少しお話を伺った。店を開けることもあるのか聞いてみると、予約してもらえればとのことで、電話番号を教えてもらった。


210219 sushinomanyo-27
人通りの絶えない秋津の商店街


それにしても、せいぜい年に2~3回の市内のイベントに出店するためだけに厨房設備を維持管理しているのだろうか…? と不思議でしょうがなかった。
「暮六つ」のおかあさん情報で3年前の疑問が氷解したわけである。


210219 sushinomanyo-30210219 sushinomanyo-29


近隣の方ならご存知のように、青葉町の商店街は衰退著しい。一方、秋津の商店街は市内で最も人通りが多い。
こういう生き残り策もあるのか… と感心させられた次第。


210219 sushinomanyo-25


本日、散歩の途中にのぞいてみると、弁当は2パックしか残っていない。
時刻は10時15分。
「万葉」の弁当は昼前には完売するそうだ。「おいしいからね」と天ぷら屋のおかあさん。


210219 sushinomanyo-24


三色ごはん360円と助六280円。
「両方ください!」


210219 sushinomanyo-22


[DATA]
すしの万葉 秋津暮れ六つ
東京都東村山市秋津町5-8-43





[Today's recommendation]

wachat210219.jpg




https://youtu.be/xPDBtc2pB-U



210219 sushinomanyo-34
恩多町4丁目


Latest Articles
I hope … 【村山ホープ軒 東大和店】 Jan 29, 2023
懐かし度の断然高い 【阿佐谷ホープ軒】 Jan 28, 2023
週末にしっぽり🍶 【大清かまぼこ店】 Jan 27, 2023
人気ラーメン店シリーズ? 【ラーメンサニー】 Jan 26, 2023
この異常な物価高において 【◯つばき食堂】 Jan 25, 2023
人生最高“峰”レベルな…! 【イタリアンレストラン トスカーナ】 Jan 24, 2023
ノスタルジック街中華への道 【中華 柳屋】 Jan 22, 2023
新酒を一献 【こばやし酒店】 Jan 21, 2023
大福いろいろ 【花みずき】 Jan 20, 2023
こういうユルいの 【白樺】 Jan 19, 2023
普通・薄めで! 【武道家 吉祥寺店】 Jan 19, 2023
Hope & Peace! 【村山ホープ軒 本店】 Jan 17, 2023
Ranking
          
          
Category
Category-2