FC2ブログ

天ぷらドーンと8点盛り 【扇屋】

2017.08.03

 西武線の久米川駅と八坂駅を結ぶ一方通行の通り。えーと、モザイクだかウィングだか、といつまでたっても覚えられないが、調べてみると商店街は3つに分かれていて、久米川側からモザーク通り商店街、ウィング通り商店街、ショッピングプロムナード八坂となるらしい。

その“プロムナード”部分はけっこう活性化されていて、オシャレなカフェやダイニングバー、パン工房などが並ぶ。それも比較的最近の動きで、気がついたらそうなっていたという感じ。
そんななか、生き残ったのか、それとも取り残されたと言うべきか、という昭和のたたずまいを見せるのが、天ぷら・定食の「扇屋」。


y-ohgiya12.jpg


この店は店頭で天ぷらを販売しており、そのコーナーのほうが目立つから、しばらく僕は総菜屋と認識していた。
あるとき奥に飲食スペースがあるらしいことに気づいた。そこが秘密の小部屋のように映ったのは、入り口の間口の半分を自動販売機が遮り、使用可能な片方の引き戸が隠し扉の性格を帯びていたからだ。なじみでもない限りその戸を開けようとは思わない。
こういうのが僕は大好きだ。


y-ohgiya13.jpgy-ohgiya14.jpg


そのように僕にとってはディープそのものの存在だが、地元密着度は高い。いつもお客さんが入っているし、夜に貸し切りになっていることもある。
思うに、お店の奥さんの社交性が繁盛の秘訣じゃないだろうか。よく近所のおばちゃん連中と世間話をしていたりする。

お店に入ると先客はカウンター席の両端に2人。と思ったら左端は店主。この人はよくこのへんに座っている。
なので僕は真ん中に座り、盛り合わせ天ぷら定食800円を頼む。
でもさすがに気になるんだが、客(わし)が1つ置いて横に座っても店主は席を立つ気配がない。なぜかこっちが気を使ってしまう。


y-ohgiya16.jpgy-ohgiya15.jpg


それはそれとして、僕の注文は天ぷらである。この店はフライまでは奥さんに任せても、天ぷらだけは店主のおっちゃんが揚げていたはずだ。
調理担当を全面的に奥さんに移管して、店主は緩やかに引退の道を探るということだろうか…。
厨房では奥さんが手際よく天ぷらを揚げ、娘さん? がご飯、みそ汁などの用意をしている。おっちゃんはずっと座ったまま。


y-ohgiya17.jpg


盛り合わせ天ぷらは、エビ、イカ、キス、アジ、なす、人参、ピーマン、大葉の8品。それで800円という信じがたい価格設定だ。
カラッと揚がっているが、専門店のようではなく家庭の延長に近い。でも僕は天ぷらはこういうのでもいいと思っている。天つゆにどっぷり浸せばご飯が進む。本当はビールがほしいところではあるが。


y-ohgiya18.jpg


娘さん? の存在とか、このところ運営に変化が見られる。それが全体的にいい方向を向いているように感じられる。
そのあたりをそっと見守りたい。そう思わせるお店である。


y-ohgiya11.jpg


[DATA]
扇屋
東京都東村山市栄町3-15-21



[Today's recommendation]

temps_meet.jpg
The Temptations
『Meet The Temptations』/『The Temptations Sings Smokey』




chat170803-2.jpg


Latest Articles
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2