fc2ブログ

ボリューム満点、仕事しっかりのすしランチ 【亀八鮨】

2017.11.10

 意外に思われるかもしれないが、東村山市にはすし屋が多い。
もろ内陸で、大地の恵みそのものという感じの武蔵野うどんの中心地で、その代表的存在である「ますや」でおばちゃんに「天ぷら、何あります?」と聞くと「何でもあるよ。魚はないけど(笑)」と返ってくるような土地柄である。意外に思って当然だ。

ここでは非チェーン系ということに限定するが、その中でさらにランチサービスを提供するという条件で絞り込んでも、自分の知る限り該当する店は15店ほどもある。
これは、面積にして20%広い小平市よりも、路線価で70%高い国分寺市よりも、すし屋の数で東村山市は50%強上回るという数字になるのである(当社独自集計)。
ランチ営業のない高級路線の店や独特の業態(持ち帰り、出張サービス、出前のみ、等)のところを加えれば、差はさらに広がるかもしれない。

ちなみになぜランチサービスという条件かというと、それはうちがビンボーだからにほかならない。夜にすし屋なんて、そもそも選択肢に入っていない。


kamehachizushi31.jpg


この東村山のすし屋のランチは半分ほど制覇しているが、いずれも個性的でいい店ばかり。
そしてずっと気になっていたのが、市の中心部にありながらタイミングが合わなかったりして入ったことがなかった「亀八鮨」。
妻が午前のみ仕事という本日、久米川駅で落ち合ってお店に向かう。


kamehachizushi33.jpg


店内は入って右手にカウンター7席、左が小上がりで6人掛け座卓×3。2階は座敷席になっているもよう。
小上がりのいちばん手前の席に着く。
先客は若い男性2人組。および幼児・乳児各1名… って、これは客じゃなくて3代目候補だ。


kamehachizushi51.jpgkamehachizushi52.jpg


カウンターの向こうの握り場にはご高齢の大将。奥の厨房には若い2代目の姿がちらほら。ほかに若い女性が2人。2代目の奥さんと妹さん、とか?
ホームページには“すし一筋40余年のがんこおやじと息子夫婦でおもてなし”とある。
チャキチャキしてるが、がんこそうではないな。笑顔はむしろ柔和である。

ランチメニューから、B(にぎり6貫・手巻2本)1000円とC(にぎりのみ10貫)1100円を注文。


kamehachizushi35.jpg


意外に思ったのが、カウンターの上に飾ってある暖簾会的額縁。「亀八鮨」の文字が30も並ぶ。
ネットで引いてみると、たしかに各地の亀八鮨がヒットする。知らなかったがすし界の一大勢力のようだ。


kamehachizushi53.jpgkamehachizushi54.jpg


さて、柔和ながんこおやじはいつまでたっても仕事を始める気配がない。テレビのチャンネルをいじったりしている。ドラマ好きらしい。
しばらくして、息子が握り場に入ったな… と見ていると、2人そろってすごいペースで握り始めた。おやじが巻き物、息子がにぎり。息子の準備ができていなかったのかな?
コンビネーションもよく、粋でいなせなすし職人という立ち姿である。


kamehachizushi32.jpg


にぎりはネタもシャリも大きい。Cには中トロが2貫も。白身はタイ。Bの巻物はネギトロと納豆。
ネタで面白いのが、白っぽくてつるっとした、これはタコの頭だろうか?
それからツメが塗ってあるものは、見た目も穴子とはちょっと違っていて、貝のような不思議な食感。お茶を交換してくれた2代目に聞いてみると、煮イカとのこと。煮アワビのレシピなのだそうだ。軟らかくてとてもおいしい。


kamehachizushi55.jpg


お椀はタイのあらのみそ汁。いいだしが出ていて、身もたっぷり。
Bランチのツレは食べきれず、ネギトロ巻きを手伝い、僕もおなかいっぱいだ。


kamehachizushi56.jpg


ランチタイムは1時半まで。僕らが食べている最中にもう店じまい。
カウンターでは3代目候補の“まかない”タイム。職人お父さんの作るのり巻きである。なんとぜいたくな。


kamehachizushi57.jpg


お会計のとき、「お待ちどおさんでしたね」と大将。「ちょうどシャリ切らしちゃったもんで」
それで仕事に取りかかれなかったのね。
僕らはたまたま入った一見客だったわけで、それを差し引けばシャリの量はどんぴしゃりということになる。

2代目もままならぬ世に、その次の世代がちらちら。
そんな感じの、また一つ地元の良店である。


kamehachizushi34.jpg


[DATA]
亀八鮨
東京都東村山市本町4-3-45
http://www.sushiten.com/tokyo/kamehati  http://www.shoukoukai.or.jp/member/kamehati/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/BQnTCB_rX84



chat171110-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
田舎風景に忽然と 【五千頭の龍が昇る聖天宮】 Sep 11, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2