天丼の絶妙な箸休め 【小諸】

2017.05.08

 引き戸を開けるとカウンターの右端でお店のお母さんがご飯を食べていた。一瞬、躊躇したが、「どうぞどうぞ」と勧められるままにカウンターの左端に座る。お茶を入れようとするから思わず「ゆっくり食べてください」と言いそうになるが、そういうわけにもいかんわな。
最近こういう間が悪いのが多い。まだ1時15分なんだが…。
天丼700円を注文。


komoro17.jpgkomoro14.jpg


カウンターの中では板さんがナスを切ったりみそ汁を温めたりと天丼の準備を始める。僕のところからは見えない左奥に揚げ場があって、別の板さんが動いている気配が伝わってくる。お母さんがお茶をつぎ足してくれる。
3人がかりで世話を焼かれているという気恥ずかしさ…。やっぱり間が悪い。
前に来たときはご夫婦と跡取り息子(天ぷら担当)と思ったのだが、目の前の板さん、年齢不詳でけっこう若そうにも見える。母親と息子2人という構成かもしれない。

お母さんがスポーツ新聞を勧める。新聞でも読んでいてもらえれば少しは落ち着いてご飯を食べられるという意図と察知し、普段読むことのないスポーツ紙を読むふりをする。右の板さんも柱の陰でご飯食べてる。
そういえば今日は新聞休刊日だ。…ってオレ、mini toto-B当たってんじゃね? ありがとう、モンテディオ山形!


komoro16.jpg


天丼はふた付き重箱で登場。お椀もふた付き。
お椀のふたを開けるのにちょっと手間取ったらお母さんが教えてくれる。
「こうやってギュッと」
「こう、ギュッとですよね?」

以前ここの天丼を食べたとき、天ぷら自体はおいしいが天丼としてはどうなんだろう? と考えてしまった。衣が薄く上品な仕上がりだった。そもそも丼物は上品な食べ物ではないし、天丼の天ぷらは衣ぼってりめ、つゆどっぷりめのほうが親しみがもてる。
本日の天ぷらは、ぼってりではないが薄すぎもせずちょうどよい感じ。


komoro15.jpg


700円でエビ3本はうれしい。ほかにナスとピーマン。ごま油が香り、甘さ抑え目のつゆとも相まって食が進む。
ワカメのみそ汁はだしが濃く味わい深い。
そして大根ときゅうりのぬか漬けがおいしい。それもそのはずで、丸のままの漬物からいま切り出したものだ。天ぷらの箸休めとしてのぬか漬けの効能は『美味しんぼ』にも取り上げられているほどだが、先日の葉月といい、その相性のよさを実感させられる。
お母さんが3度目のお茶つぎ。

食べ終えて帰り支度をしていると、お母さんがティッシュボックスを差し出してくれる。顔に飯粒でも付いてたんだろうか? オレのことだからやりかねないな…。
最後まで世話を焼かれっ放しのおっさんなのだった。


komoro12.jpgkomoro11.jpg


[DATA]
小諸
東京都小平市学園西町2-28-4


chat170508-2.jpg


Latest Articles
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
ふるさとの原風景を体感 【ますや】 Aug 08, 2019
ホヤをめぐる諸問題(と思い出) 【角上魚類 小平店】 Aug 07, 2019
ネパールカレーと近未来予想図 【PIMA】 Aug 05, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2