fc2ブログ

ひと昔前のイタリアな? 【オレンジハウスすえひろ亭】

2018.03.25

 JR南武線の谷保駅は昔からの住宅地や団地を擁し、駅北口には古い商店街が残る。
シャッターや空き店舗も見られるが、古い物件が残っていたりリノベ型の新しいお店ができていたりと、なかなかおもしろい街区である。


orangehouse-suehirotei-32.jpg


家族が谷保周辺に用事で出かけることがときどきある。
今日も用事ができたというから何かと思えば…

(記事後半をご覧ください)


20181225 orangehouse-suehirotei-25


谷保かいわいをぶらついていて、ずっと気になっていたのが駅前にある年季の入った外観の洋食屋「オレンジハウスすえひろ亭」。


20181225 orangehouse-suehirotei-26


こういう店構えは、下手すると高い。なので珍しく事前に調べました。
食べログによれば、ランチが1000円前後。それなら安心だ。
1965年オープンとも書いてある。期待感が高まる。


20181225 orangehouse-suehirotei-27


店の正面が不思議なつくりで、駐車場に通じる裏口のようである。
と思っていたら、帰るときに判明したのだが、正面と思っていたのはまさに駐車場に通じる裏口であった(笑)。
こっちが大通りなので、土地勘のない人間には紛らわしい。


orangehouse-suehirotei-26.jpg
正面入り口はこちら。東側の裏通りに面している


その裏口にメニュー表が出ていて、ディナーメニューとなっている。狙っていたハンバーグランチ等、“ランチ”の文字が見当たらない。
日曜日はランチサービスはないのではないか? 一応聞いてみることに。


20181225 orangehouse-suehirotei-2820181225 orangehouse-suehirotei-29


扉を開け、階段を下りてきたおばさまに相方が「ランチはやってないんですか?」
「日曜の食事メニューになります」とおばさま。
「じゃあ大丈夫だね」と、ずんずん階段を上っていく相方。
いや、それがさっきの“ディナーメニュー”だと思うんだが…。


orangehouse-suehirotei-14.jpg


左奥のテーブル席に着く。おばさまにお品書きを渡される。
“ディナーメニュー”
やっぱりー(笑)。

食事メニュー最安値がカレーライス950円。メイン料理はボトムラインで1300円前後が4品。
いやー、失敗失敗。
でもこういうこともたまにはあるので、あきらめというか開き直ることはできるようになった。
昼飯に金をかけるつもりはないという信念を貫き、ミエを張らないことが肝要。


20181225 orangehouse-suehirotei-30


カツカレー(チキンカツ)1270円と、ハンバーグと小エビフライ1390円+ライス300円をオーダー。

「サラダはどうなさいますか?」
「けっこうです」
「スープお付けしましょうか?」
「要りません」
「お飲み物は… いらないですね(笑)」

ホント、こんな感じ。
断わっておくが、おばさまは嫌味なところはまるでないし、わしらもつっけんどんにしているわけではないので、このやりとりはきわめて平和裏に取り交わされている。
それでも昼ごはん2人で3000円コースになってしまった。


orangehouse-suehirotei-17.jpg


創業1965年だけあって趣のある店内。
あちこちに掛けられたキャンティ・フィアスコボトルに象徴されるように、内装イメージはひと昔前のイタリア。というか、ひと昔前の日本のイタリア料理屋。


20181225 orangehouse-suehirotei-37


ものすごく懐かしいつくりだが、どこだったか…。思い浮かんだのが六本木の「ニコラスピザ」だが、もっと似ているところがあった気がする。
とにかく忘却の彼方からいくつものイメージが呼び起こされそうになる店内。


20181225 orangehouse-suehirotei-35


まずカツののったライスの提供。
「カレーすぐ来ますね」とおばさま。


20181225 orangehouse-suehirotei-36


で、まもなくステンレスのカレーポットが来る。


orangehouse-suehirotei-20.jpg


カレーの香りが、この見た目どおり。ポットで提供されるカレーのにおいなのである。これは大事なところ。
食べる前に視覚と嗅覚でタイムスリップできる。


20181225 orangehouse-suehirotei-32


ハンバーグと小エビフライは、グラタン皿 on ステーキプレートと、これも懐かしのビジュアル。


20181225 orangehouse-suehirotei-34


味はどれも昔の洋食。
カレーもハンバーグもエビフライも、みな懐かしの味わい。フライドポテトまで懐かしい(笑)。


orangehouse-suehirotei-23.jpg


覚えがないのはカレーの付け合わせぐらい。
これはビーツだろうか?


20181225 orangehouse-suehirotei-33


ディナーメニューだけあって、さすがにコスパはよろしくない。
しかし1000円前後のランチサービスでこの内容なら、付加価値の高さを考えれば、僕は納得する。


orangehouse-suehirotei-33.jpg


[DATA]
オレンジハウスすえひろ亭
東京都国立市富士見台1-13-15





[Today's recommendation]


https://youtu.be/RVivK7s4ors



chat180325-1-22.jpg





 老舗洋菓子店の直売店 
2018.03.25 白十字 富士見台工場直売店/東京都国立市富士見台1-37-28

20181225 orangehouse-suehirotei-22


用事とは、「白十字」のサービスデー。
白十字は1955年創業の国立の老舗洋菓子店で、毎月25・26日に1割引きのケーキサービスデーを実施している。


20181225 orangehouse-suehirotei-21


さらにオトク情報!
「南口本店」は1割引きだが、谷保に近い「富士見台工場直売店」は15%引き!
シュークリーム130円、モンブラン290円、カシス330円を買う(ここから各15% off)。


20181225 orangehouse-suehirotei-2320181225 orangehouse-suehirotei-24


Latest Articles
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2