FC2ブログ

80's memory な W-Mex とは? 【ニューバーグ】

2018.02.25

 今日は久々に高円寺へ。
高円寺くらいになるともう立派な街だから、散歩というより観光といったほうが適切な感じがする。中央線の中野~三鷹間で高円寺は最も縁の薄い街だったことから、アウェー→よそ者→通りすがりの観光客、という図式が成り立ったりもする。
実際、物珍しいからキョロキョロするし写真バシバシ撮るしで、すっかりオノボリサン状態だった。


newburg32.jpg


目的は、昔懐かしいたべものを食べること。
アウェーなのに昔懐かし、とは?


newburg11.jpg


西武新宿線の野方駅からぶらぶら高円寺に向かう。
先日の西荻窪もそうだが、西武線利用の自分が中央線沿線の街に遊びに行くときにはこのパターンをとることが多い。
平行して走る両路線の南北に対応する駅間は、だいたい片道20~30分と、ちょうどよい散歩コースとなる。


newburg12.jpg


早稲田通りからあづま通り商店街に入ったとたんにテンションが上がる。
古いたべもの屋が立て続けに現れる。その先もそういう展開が続く。
高円寺って、こんなおもしろい街だったのか…!?


newburg13.jpgnewburg14.jpgnewburg15.jpg


以前ときどき高円寺を歩いていたころの目的といえば、古本、中古CD。
そのころのターゲットと比べて、現在の主要な興味の対象である昭和食堂遺産は、出現頻度が圧倒的に高いのだ。


newburg16.jpgnewburg17.jpgnewburg18.jpg


南口を新高円寺駅近くまで散策し、ルック商店街~パル商店街と戻って再び北口へ。


newburg19.jpg


駅前から西に延びる中通り商店街に、目的のお店がある。
狭いが人通りの多い商店街に入って最初の十字路手前にあるハンバーグ専門店「ニューバーグ」。
当地に店を構えてもうすぐ50年という老舗洋食店だ。


newburg20.jpg


ちなみに、僕がこの店に入るのはこれが初めて。
しかし若いころ、ここのハンバーグをさんざん食べていた。
学生時代に住んでいた吉祥寺に、当時ニューバーグが出店していたのだ。


newburg22.jpgnewburg21.jpg


お店の場所は、吉祥寺中道通りのいまの「一圓 本店」あたり。
向かいには輸入レコードショップ「芽瑠璃堂」があり、右に入るといまでは有名店の「まめ蔵」と「多奈加亭」。
ニューバーグのハンバーグ定食は、よく覚えていないが500円でけっこうお釣りが来るレベルの激安がウリ。僕は“ダブルメキシカン”ばかり食べていた。
やはり激安の当時サンロード出口付近の五日市街道沿いにあった「一圓」のバカデカ餃子と並んで、当時最も多く食したたべもの。
自分にとってのまさにソウルフード、青春の味なのである。
ニューバーグはそのころ吉祥寺以外にも出店していたように思うが、いまでは高円寺店しか残っていない。


newburg37.jpg


12時すぎでほぼ満席。食券を買って少し待つ。
これは懐古趣味的イベントであるから、なるべく当時が忠実に再現されることが望ましい。よって、僕はこのトシにしてダブルメキシカンハンバーグ(辛口ソース)680円を選択した。相方はスタンダードハンバーグ(デミグラスソース)500円。
当時に比べれば値上がりしているものの、いまだ激安路線は踏襲されている。


newburg26.jpgnewburg27.jpgnewburg28.jpg


ハンバーグの調理工程は、工場で作ったパテを電子レンジで温め、熱したプレートにスパゲティと一緒にのせてソースをかけ、最後に目玉焼きを添えるというもの。
これで“早い・安い・(うまい)”を実現している。
目の前のパテの山、まんま例のアニメなのでうれしくなってしまう。


newburg23.jpgnewburg24.jpg


もう一つ、こちらの企業秘密はつなぎにある。
ねっとりした歯応えで、肉を食べている気がしない。昔も大豆だコーンスターチだといろいろうわさされていた。いまなら逆にヘルシー志向でウケるんじゃないだろうか。


newburg29.jpg


まったく変わらないメキシカンハンバーグの味と食感。モチモチのスパゲティも懐かしい。
と、チープなたべものに感激するワタクシ。


newburg31.jpg
newburg38.jpg


この量に加えて、例によって相方のご飯を半分手伝い、それでも別に苦には感じなかった。
若いころの精神とシンクロすることで身体面でも消化機能が高まった、とか…。


newburg36.jpg


シブい喫茶店もたくさんあるようなので、帰りがけにお茶でも飲んでいこうと庚申通りを歩く。しかしいざ探すと見つからないもので、そのまま野方に戻ってきた。
野方の商店街でみそ屋の看板が残るリサイクルショップでいい感じの漆塗りの小皿を50円で購入。

この日の観光の出費は、電車賃を除いて1230円でした。


newburg35.jpg
newburg33.jpgnewburg34.jpg


[DATA]
ニューバーグ
東京都杉並区高円寺北3-1-14
http://osietesite.com/gourmet/tokyo/yosyoku/niku/newburg



[Today's recommendation]

Procol Harum Best Collection
Procol Harum
『Best Collection』

https://www.youtube.com/watch?v=xlZT8vBC7dg



chat180225.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
ひそかに続く三鷹ディープゾーン探訪 【かどや】 Nov 23, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2