FC2ブログ

今風おにいさん prod. 昔風マーボー ――2018-19秋冬メンコレ④ 【ことぶき】

2018.11.13

 いまやっている仕事でおそらくいちばんボリュームがあるNS社の今月分が午前中で終わって、開放感いっぱいのワタクシ。久々に遠出しようと勇んで出かけました。
が… しばらく走って、なんか調子出ない。っていうか、調子が悪い。

ちょう‐し〔テウ‐〕【調子】 4 活動するものの状態・ぐあい。「からだの調子をくずす」「エンジンの調子を見る」(デジタル大辞泉)

全身だるいのと、頭痛がするのと、喉が痛いのと…。
そういえば相方がずっと風邪ひいていて喉痛いと言ってた。うつったかー ((ーー*) ンー…


181113 kotobuki-28


本日は曇天模様で非常に寒い。それも影響あるかも。
無性にあったかいものが食べたくなった。


181113 kotobuki-11


現在地のGPS座標はN35.753030, E139.548436。
この近くに熱々麺がおいしそうなお店がある。
思い出したら、珍しく即決。


181113 kotobuki-27


ということで、熱々麺2018-19秋冬コレクション、略して秋冬メンコレ。
「八重ちゃん」「東園」「うな瀧」に続く第4弾。


181113 kotobuki-17


中華料理店「ことぶき」は、ひばりヶ丘駅北口再開発工事の最前線に位置する。
というか、もともと駅舎の階段横に店を構えていたが、駅舎改築・駅前整備事業に伴い現在地に移転。


181113 kotobuki-18


前回、予備知識ゼロで入ってみて、あとで調べたところ、こちらはとろみ系のラーメンにスキルが高そうに感じた。
とろみ系の中でもマーボーメン一択と、なぜか入店時には固まっている。
おそらくkenbooさんのマーボー愛に感染(笑)。


181113 kotobuki-25


店主は2代目? のおにいさん。僕から見たら若者で、寡黙そしてイケメン。
そのクールなイケメンが、目の前のオープンキッチン状態の厨房で超強力バーナーでガンガンやっつける。
よくわかんないけど、女の人にはなんかクラッとくるものがあるんじゃないかな…。


181113 kotobuki-23
181113 kotobuki-24


マーボーメンは、予想とちょっと違っていた。
具は絹ごし豆腐まるまる一丁のほか、豚ひき肉、薬味ネギ。


181113 kotobuki-20


まず、スープと餡が別という2液型ではなく、汁全体にあらかじめとろみをつける一体型。
そして麻婆としてのボディ感がない。
これは昭和50年ころ、一般家庭に急速に普及したレトルトの麻婆豆腐の姿に似ている。
予想以上にムカシ風。


181113 kotobuki-21 181113 kotobuki-22


味としては、辛いことは辛いがいわゆる麻辣とは違う、豆板醤のみの辛さ。山椒によるしびれ感はない。
2液型でスープと餡がしだいに混じり合っていく化学反応的ダイナミズムは味わえないが、とろみが緩くならない安定感はある。
辛いことは辛いが、基本は穏やかで優しいマーボー。

この昭和スタイルのマーボーメンに脳の海馬を刺激されたのか、30年以上も昔の記憶が呼び覚まされた。
学生時代、マーボー麺ばかり食べていたお店がある。
近いうちにそこに行ってみようと思う。


181113 kotobuki-26


[DATA]
ことぶき
東京都西東京市ひばりが丘北3-3-33



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=g3Z4PX2JI_c



wakacha1113.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


再開発の… 明日に架ける 【ことぶき】

2018.02.21

 あんまり寒いので夕食は鍋以外に考えられない、という意見がある。家庭内に。
一方で、もう鍋のネタが尽きた、との声も聞こえてくる。
今年に入ってからだけでも、定番の寄せ鍋はもとより、しゃぶしゃぶ、すき焼き、担々鍋、ちゃんぽん鍋、トムヤム鍋… と手を変え品を変え、なんとかしのいできた。

しの・ぐ【×凌ぐ】2 困難や苦境などにじっと堪えて、なんとか切り抜ける。辛抱して乗り越える。(デジタル大辞泉)

献立の単調化という“苦境をなんとか切り抜け”つつ、もっとライフライン的問題として暖房器具の貧弱なわが家では、卓上コンロで暖をとって室内の低温化という“困難な状況にじっと堪えて、なんとか切り抜け”てきた。

「おでん、しばらくやってないんじゃない?」
と誰かが発言すると、もう鍋のローテーション問題に煩わされたくない調理担当者は「じゃ、おでん」と即決する。
ということで、買い出し担当はひばりが丘に向かう。


hibari-kotobuki124.jpg


おでん種のメインとなる練り物はひばりが丘の「大清かまぼこ店」と決めている。10年ぐらい前からそうなっていて、ここの味に慣れるとほかはちょっと厳しい。吉祥寺の「塚田蒲鉾店」もよいが、味もいいが値も張る。


daiseikamaboko2-11.jpgdaiseikamaboko2-12.jpg


練り物購入後、並びの「栄屋うどん店」に立ち寄る。
前にも書いているが、おでんのシメはご飯に豆腐をのせて汁をぶっかける日本橋「お多幸本店」の“とうめし”風、またはうどん。
ということで、田舎うどん3玉購入。


sakaeyaudon2-12.jpgsakaeyaudon2-11.jpg


買い物が済んだので、お昼ごはんにする。


hibari-kotobuki19.jpg


都市計画道路ひばりヶ丘駅北口線整備事業が進むなか、駅前の雑踏に立地した多くの飲食店は移転または閉業した。
すでに建物が取り壊され殺伐とした雰囲気のさら地の真ん中にポツンと立つ真新しいビルの1階に、小さな中華食堂がある。
人気ラーメン店「サニー」の手前にあって、妙に落ち着きのある気になる存在である。


hibari-kotobuki121.jpg


“昔ながらのらーめん”の看板を掲げる「ことぶき」は、カウンター7席のみの小さなお店。
ビルの名前が「ことぶきビル」だから、こちらはビルオーナーだ。厨房の料理人は若いからオーナーの息子さんだ、たぶん。
と、こんな感じで予備知識ゼロで入店したのである。


hibari-kotobuki123.jpg


あとで調べると、「ことぶき」は1974年創業。もともと駅北口階段横で営業していたが、駅前整備事業に伴い移転。2014年に現在地で再スタートした(こちらの記事に詳しい)。


hibari-kotobuki18.jpg


2時すぎでカウンター右端に2人連れ。
左端に座り、“ラーメンとのお得なセット”770円から、炒飯セットを注文。


hibari-kotobuki16.jpg
hibari-kotobuki17.jpg


左手のテレビはやはりオリンピック中継で、またまたフィギュアスケート。でも、向こうのお客さんたちはあまり関心がないようで、こっちに視線が来ることもないので助かった。
ロシアの氷上の妖精が彗星のごとく現れた瞬間だったらしい。


hibari-kotobuki14.jpghibari-kotobuki15.jpg


目の前はオープンキッチン状態で、寡黙な料理人の手際よい仕事ぶりを見ることができる。
中華鍋の炒めの技術が高そう。


hibari-kotobuki11.jpg


ラーメンのひと口目はけっこうオイリーだが、味付けは非常にすっきりしている。
昔ながらというより、いまどきの自然志向のようなものを感じなくもない。
麺はいわゆる加水率の高い中細やや縮れ。バラロールのチャーシューはしっかりした味付け。


hibari-kotobuki13.jpg


炒飯は昔ながらの味わい。ご飯はパラパラ、具はチャーシュー、卵、グリーンピース、ニンジン、コーン、ネギ。


hibari-kotobuki12.jpg


僕はこのセットでまあまあ満足したのだが、あとで調べてみると、どうも失敗したようなのだ。
口コミによると、こちらはとろみ系が人気。もやしラーメン、カントンメン、マーボーメン…。どれもとてもおいしそう。
近いうちに再チャレンジかなぁ…。


hibari-kotobuki120.jpg


[DATA]
ことぶき
東京都西東京市ひばりが丘北3-3-33



[Today's recommendation]

Bridge over Troubled Water
Simon & Garfunkel
『Bridge over Troubled Water』

https://www.youtube.com/watch?v=tUuUr6iS3ao



chat180221.jpg
◆ 猫写真はこちら



 2018.02.21 大清かまぼこ店/東京都西東京市ひばりが丘北4-2-25

daiseikamaboko2-13.jpg
うずら玉子巻、ウインナー巻、いんげん揚、しいたけ揚、はす揚、ごぼう巻(以上90円×3)、もやし生姜揚80円×3


 2018.02.21 栄屋うどん店/東京都西東京市ひばりが丘北4-1-29

sakaeyaudon2-13.jpg
田舎うどん90円(×3)


  2018.02.21 魚沼屋豆腐店/東京都東久留米市八幡町2₋12-12

uonumatofu2-11.jpg
がんも大110円、生揚げ170円


Latest Articles
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
ひそかに続く三鷹ディープゾーン探訪 【かどや】 Nov 23, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2