fc2ブログ

煮干し香る安心の一杯 【黒潮屋】

2018.02.08

 新青梅街道の山崎製パン武蔵野工場西のT字路(柳窪交差点)を下里方面に北上する新山通りは、団地の間を突っ切るようなルートだから基本的に古くさく活気がない。
入居者の高齢化が進む団地周辺は飲食店にとって好立地とは思えないが、ここに評判のラーメン屋さんがある。


kuroshioya11.jpg


久留米西団地の真ん前の「黒潮屋」は2004年開店。
そういうタイミングのラーメンブームでの出店で、同時期、このように立地条件に恵まれずフェイドアウトしていったお店が少なくないなか、この店は長く頑張っている。
何か秘訣があるに違いない、と潜入してみる。

というか、本当を言えばシゴト忙しくてもういっぱいいっぱい。近場で済まそうと…。


kuroshioya12.jpg


ここは開店当初に入ったことがある。味やなんか、まったく覚えていない。
でもそのころはまだ新進気鋭のラーメン屋に関心があったという証拠物件である。
味は覚えていないけど、お店そのものに悪いイメージはない。


20180208 kuroshioya-2420180208 kuroshioya-25


カウンターのみの店内。


20180208 kuroshioya-2720180208 kuroshioya-21


こちらはつけ麺が人気だが、僕はつけ麺はほとんど食べない。
10年くらい前、元祖つけ麺的存在の「中野大勝軒」でつけ麺を食べた。若いころ中野近くに住んでいてよく食べていたのだが、そのときはまったくダメで、以後つけ麺というものを食べなくなった。
年齢的なものだと思うが、濃すぎるつゆをまとった麺を受け付けないのである。

ということで、本日の注文はラーメン680円。


kuroshioya13.jpg


店内のいろんな掲示物を見ていたら、「当店は前金制となっております」とある。失礼しました、とお支払い。
1時半すぎでお客さんが2人。僕のあとにも単独客が2人。この立地でそれはすごいことだと思う。
自分以外のお客は常連とみられ、店主は注文と同時に支払いを求めている。
僕のようなほぼ一見客への気配りは細やかとみた。


kuroshioya17.jpg


店名から連想されるようにラーメンスープは魚介系。といっても、強烈に匂うのではなく、ほのかな煮干しの風味があとからくる感じ。
チャーシューが特徴的で、しっかり歯応えがありそうな見た目だが、ほろっと崩れる。
味玉、メンマ、ノリ、薬味のネギ、カイワレというのもいいバランスだと思う。


20180208 kuroshioya-23


とはいえ、特別主張が強いわけでもなく、特徴がないといえなくもない。
これで長く安定的に営業してきたというのは不思議といえば不思議。
たぶん、ラーメン1杯食べただけではその秘訣はわからない。
あとで調べたら、ここは塩ラーメンが人気のようだ。それに、やはりつけ麺という自分と無縁の要素が絡む。


20180208 kuroshioya-26


店主のキャラクターがよい。いわば友だちキャラの安心感。
人のよさがにじみ出ているようで、しっかり者っぽい奥さんともども接客がソフト&フレンドリー。
誰もが応援したくなるに違いない。


20180208 kuroshioya-28


[DATA]
黒潮屋
東京都東久留米市下里3-17-12





[Today's recommendation]


https://youtu.be/RsG37JcEQNw



chat180208-22.jpg


Latest Articles
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2