FC2ブログ

気楽にいこうぜ 【九州ラーメン いし】

2019.03.27

13:31入店――
「あ? もう終わったよ」と、いきなり毒舌モードの大将。
「またまたー(笑)」( ̄▽ ̄;)…


190327 ishi-11


そういえば先日、実際1時半で準備中になっていた。
「ほら、銀行とかも行かなきゃいけないのよ。空いたときにパパッと出ないと。グズグズしてたら3時回っちゃう」
1人でやっていると、なにかと大変なようだ。


190327 ishi-13


昨年末、やや長い休業から再開し、今年に入って変化があった。
これまで基本、無休だったが、月曜が定休日に。


190327 ishi-14 190327 ishi-15


「いや、働きすぎはよくないです」
「そうそう(笑)。ほんと、そのとおり」


190327 ishi-16


いつものラーメン大盛り。


190327 ishi-12


僕は月曜に来ることが多かった。今年2回ほど月曜にやって来て、あ、そういうことかと。
なので本日、今年初来店である。
「まあ、ぼちぼちいきましょう」


190327 ishi-18


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

wachat190327.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/4c3FD6msOzo


どっこい九州男児! 【九州ラーメン いし】

2018.12.21

 いつもおじゃましているつかりこさんの「ゆらゆら草」の最近の記事に、思わずほろっとくる街の中華屋さんでのエピソードが紹介されている。
平成最後の年の瀬というタイミングが関係しているのかどうか、このところ上の記事と同じような閉店話に僕自身もいくつか遭遇した。

クリスマス前にすでに閉店してしまっているお店や年内に閉店することが決まっているお店。
お知らせの張り紙をしていたりしていなかったり。
10日前には「本日をもって閉店することになりました」という告知文の張ってある中華屋さんの前を通った。


181222 ishi-21-2


久米川のラーメン店「狩勝」の件があって慌てて行きつけのお店の巡回を始めたのが12月初旬。

といっても同じ店に毎日あるいは毎週行くという濃密なお付き合いは得意ではないので、自分の感覚的に“行きつけ”とは2~3カ月に1度くらいの頻度であり、当ブログで5~6回以上取り上げているお店に対してそういう感覚を持っている。

なかでも最も頻繁に訪れているのが小川の「九州ラーメン いし」。
去年までは月イチのペースで通っていたが、今年ははっきり回数が減った。気がつけば前回から丸3カ月空いてしまっている。


181215 ishi-11 181215 ishi-12


やばいやばいと、久しぶりに行ってみたのが12月11日。
シャッターが下りていて張り紙がしてあった。
「都合により休ませていただきます」

そっか、まあ明日出直そう… と、そのときはそれくらいの感覚だった。それが翌日、翌々日とシャッターは下りたまま。
そうこうするうちに、「小川のいし閉店かもしれないらしいですね」というコメントが寄せられるわ、冒頭のつかりこさんの記事を読んで疑心暗鬼を募らせるわで…。
ほとんど毎日、様子を見に行くことになったわけです σ( ̄、 ̄=) ウーム…


181222 ishi-11


通い続けること10日。12月21日夕――
シャッターが上がり、周囲に濃厚なとんこつ臭をまき散らしていたのでありました ヾ( ̄∇ ̄=ノ


181222 ishi-12


さっそく翌日、久々となる相方と一緒に出掛けた。そもそも移転前のこのお店を見つけたのは相方である。


181222 ishi-23


聞けば、休んでいたのは20日ほど。
「検査入院してました(笑)」と大将。詳細は控えるが、まあ元気そうでよかった。


181222 ishi-24


ラーメン2つ、うち1つ大盛り。

3カ月ぶりのラーメン。
こんなおいしいラーメンは食べたことがない。


181222 ishi-22


帰りしな、「来年もよろしくお願いします」とあいさつすると、
「まだ早いやろ」と大将。「今年、まだ来るやろ(笑)」

うーん…
ですよねー ( ̄0 ̄)/ オォー!!


181222 ishi-28


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

wachat181222.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=TeaKAB-IxOE


とんこつラーメンのEndless Summer 【九州ラーメン いし】

2018.09.06

 行きつけのラーメン屋「いし」で冷やし中華をやっていることに気づいたのは去年の8月
次に行ったら食べてみようと思いつつ、気づいたら10月になってしまっていた。

今年7月の猛暑日、冷やし中華食べる気満々で「いし」に入ったが、注文で口をついて出てきた言葉は「ラーメンと餃子のセット」。
ここのラーメン(のスープのにおい)は中毒性が高いので、半径10m以内に踏み込んだ途端、ラーメンの呪縛にとらわれてしまっているらしい。


180906 ishi-13


断っておくが、冷やし中華というたべものが特別に好きなわけではなく、行きがかり上、ムキになっているにすぎない。
でも昭和B級路線のたべものにうまいのまずいの言ってもしょうがないと思うし、いまどきのラーメン基準で“評価”されてもなぁ… と。そうやって水を差していても、遊び心のないつまんねーやつ… ってだけで。


180906 ishi-14


9月6日。東京の予想最高気温は34℃。
おそらくこの2~3日が今年最後の猛暑。このタイミングを逃したら「いし」の冷やし中華はさらに来年に持ち越しとなってしまう。

3度目の正直というか、意志を強く持って入店。
先客はなく、大将がカウンター右隅の席で新聞読んでる。カウンター真ん中らへんに座り、お冷やをついでる大将に「冷やし中華」としっかりした発声で申告。
1年越しのミッション完遂… と思ったら、思わぬ壁が立ちはだかった。


180906 ishi-16


「やってない」と大将。
「は…?」
「やってない」

ちょっとアセッたが目の前の壁の品書きに素早く目を走らせ、“冷し中華”の短冊を指さしつつ、
「だってそこに張ってあるじゃん!」と、つい言葉もあらっぽく反撃。
「張ってあるけど、やってない。8月限定(笑)」
「去年、9月って言ってたじゃん(笑)」

最後の障壁は大将のしょうもないジョークであった ゞ( ̄∇ ̄;) チョーイ…


180906 ishi-17


やってない、やってない… とブツブツ唱えつつ、たれを調合したりレタスを並べたりと、冷やし中華は着々とできあがっていく。
「はいよっ」とカウンター越しに冷やし中華の提供。
「無理やりスイマセン(笑)」
「無理やりなぁ…、倍額とられてたりして?(笑)」
大将の憎まれ口は止まらない… ┐(  ̄。 ̄)┌ ヤレヤレ…


180906 ishi-19


冷やし中華は具のいろどりがよく、思ったより豪華である。野菜たっぷりで栄養バランス的にも好ましい。
チャーチューなんか、惜しみない感じ。「いし」のチャーシューは素朴でおいしいのだ。
タレは九州的個性とかいうことはなく普通のゴマ油風味だが、ボリューム感もあって、満足の一品。


180906 ishi-18


…が。
僕のあとに入った2組4人、注文が全員ラーメン絡み。チャーシュー麺とか餃子のセットとか。
このお店に入ってラーメン食べていないというのは、まったく初めての体験であり、周りをラーメンの客に囲まれて、こんなにつらい思いをするとは思わなかった。
これは想定外の事態である。


180906 ishi-21


◆  ◆  ◆

2018.09.10

 ということで4日後、がまんできずにラーメン食べにやって来ました(笑)。

「大盛り」と告げると、
「冷やしじゃないの?」と大将。
どんな漫才やねーん \( ̄  ̄メ) ォィォィ…


180906 ishi-20


ラーメン、やっぱうまいなー…(笑)。

「この前、冷やし中華食べたら、逆にラーメンものすごく食べたくなっちゃって。禁断症状ですかねー」
「それはいいことや」と大将。「じゃ、また冷やし食べてもらって(笑)」


180906 ishi-15


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

Bruce Springsteen Born In The USA
Bruce Springsteen
『Born In The USA』

https://www.youtube.com/watch?v=77gKSp8WoRg



wachat180906-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


猛暑日こそ汗かきメニュー? 【九州ラーメン いし】

2018.07.18

 こう暑いと状況判断力が破綻をきたし、いっそ極限状態を体験してみようか… とか考えちゃったりもした昨日の「ひの食堂」だったりするが、今日もまたまた思考回路は迷走ぎみ。


180718 ishi-11
東村山中央公園


小川の「九州ラーメン いし」は、多少年季は入っているが普通のラーメン屋である。普通のラーメン屋なのでエアコンは装備されている。装備されてはいるが相当年季が入っている。

ここはお客さんも年季が入ってる。この非常事態下、不要不急の外出は避けたほうがよい人々が多くを占める。
いつもビール飲んでるおっちゃんなんか、相当な距離を毎日徒歩で通ってるんじゃないか?(かなり手前でチャリで追い越したことが何度か)
ほかの常連さんも似たような状況だと思うので、この猛暑の中をお店にたどり着けるとは思えないのだ。


180718 ishi-18


なので、お店は開店休業状態ではないかと考えた。
それはそれで極限状態だろうから、どんなもんだろう? とか、大将ヒマかな? とか。


180718 ishi-13


入り口の全面引き戸は下側が透明ガラスで、カウンター席のお客さんの足が外から見える仕様になっている。
右奥のビールのおっちゃんの指定席に、ちゃんと足がある。しかも2人分。
入ってみると、前回初めて見た(たぶん)おっちゃんといつものおっちゃんが、仲よくビール飲んでる。ここはこういう謎のコミュニティが散発的に形成されている。


180718 ishi-14


それにしても、こういう団塊の世代? はたくましい。
猛暑日とか不要不急とか、おかまいなし。心配不要。

むしろ危ういのが自分で、ハアハア言って汗を拭きながら入ってきた姿を常連のおっちゃんはおもしろそうに眺めているし、「こっちこっち」とお店の大将にはエアコンの真下に誘導されるし。
2年前にも同じことがあったことを思い出したが、エアコンのパワーは確実に衰えている。


180718 ishi-17


「ラーメン・餃子のセットで」と、暑気あたり寸前の様子の人間とは思えない注文をするワタクシ。
「はぁ?」という顔の大将。首をかしげながら餃子鍋に火を入れる。

実は今日、違うものを食べるつもりでやって来た。
このお店で冷やし中華を出していることを去年の夏の終わりに知り、それは1年越しの課題となっていた。
しかし入った瞬間、どうしてもラーメンが食べたくなった。ここのとんこつラーメンはそれほど自分にとって中毒性が高い。


180718 ishi-15


スープをひと口。「ああ、ラーメンにしてよかった…」と幸せな瞬間。
ニンニクのパンチが効いた餃子も、スタミナチャージにはもってこい。


180718 ishi-16


しかしすぐに汗が噴き出す。
こめかみから伝い落ちてパンツにしみをつくるほど。油断するとラーメンどんぶりに滴り落ちそうになる。
そんな難儀してる自分を尻目に向こうで常連さんとおしゃべりしていた大将、食べ終わるころあいでにやにやしながらやって来た。

「暑かったろう」
「いやぁ…。ついラーメンって口走っちゃって」
「だから冷やしにすりゃよかったろうに(笑)」
それ、先に言ってくれる? おっちゃん ヾ(- - ; )


180718 ishi-12


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

Kid Creole The Coconuts Tropical Gangsters
Kid Creole & The Coconuts
『Tropical Gangsters』

https://www.youtube.com/watch?v=IhMuTHSJAFg



chat180718.jpg
◆ 猫写真はこちら


コミュニティに根差す九州の心 【九州ラーメン いし】

2018.05.02

 連休で何かしたかというと、ここまでは特にはないのだが、それでも気持ちお出かけモードというか、距離的にも行動パターンとしても普段よりかなりアクティブに動いている。
そういうアウェー感にも似た気疲れもあって、食べ慣れたものが食べたくなる。
海外旅行から帰るとすしが食べたくなる心理とちょっと似てる。ホームのたべものということ。


180502 ishi-12


ということで、ホーム戦は人生で1~2番に多く食べている小川のラーメン屋「いし」へ。


180502 ishi-13


この陽気なので、去年食べずじまいだった冷やし中華始めてるかもと期待したが、まだのようだ。6月からといったかな?
お店は入り口開けっ放し、でもさすがにエアコンは稼働していた。
その送風の先の位置に座り「大盛り」と注文。


180502 ishi-14 180502 ishi-15


先客は1人。
見たことない人だが、いつものビールのおっちゃんの席に座って酎ハイ飲んでる。大将が右端に座るから、その一つ手前の席。
常連さんは時間をずらしてすみ分けてるのかな(笑)。
その人がきわめて口数が少ないので、大将も黙ってる。


180502 ishi-16


犬の散歩のおばちゃんが開いている引き戸の向こうから大将に声をかける。
何やらしばらくやりとりがあって、なぜかおばちゃん、割り箸を受け取る。


180502 ishi-20 180502 ishi-19


九州にゆかりはないが、ここのラーメンは自分にとって心のふるさとのようなたべもの。
何度食べても飽きない、心底ほっとするホームの味わい。


180502 ishi-17


お店を出ると、さっきのおばちゃんが店先の植木鉢の手入れをしている。それで割り箸だったのか。
「草むしりですか?」と声をかけると、
「今度来たときにはきれいなお花が咲いてるよ」と。
雑草を抜きつつ、植木の下草のニワゼキショウの株が詰まった部分を間引いているようだ。


180502 ishi-18


ここでは正しい地域コミュニティの姿を見ることができる。
今度来るときは、冷やし中華に初挑戦かな。


180502 ishi-11


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

Billy Joel The Nylon Curtain
Billy Joel
『The Nylon Curtain』

https://www.youtube.com/watch?v=BHnJp0oyOxs



chat180502.jpg
◆ 猫写真はこちら


とりとめのない午後2時 【九州ラーメン いし】

2018.02.26

 今年最初の「いし」のラーメン。
気がついたら2カ月以上空いちゃってる。

こういうのはブログを始めたメリット・デメリットの後者のほう。率直に言って、行きつけのお店に行きづらくなった。
何かの間違いでこのブログの記事が目に留まるようなことでもあったら困るな、と。困るようなこと書いてるつもりはないけど、気まずいには違いない。


isi180226-17.jpg


ちなみに僕がブログをやっていることを、同居家族を除けばごく親しい友人2人しか知らない。自分の場合、こういうことは匿名だからできる。
お店に対しても同様で、距離感が近いと思うほど慎重になる。だから行きづらいというのもある。


isi180226-12.jpg


2時近くに常連さんと入れ違いに入って、客は僕1人。
やっぱりこの店に来るとホッとする。
「大盛り」と注文すると大将がうれしそうな顔になるのはいつものこと。


isi180226-13.jpg


調理場の壁の何年も張り替えられずにすっかり変色しちゃってる品書きの下に、見慣れないものが張ってある。寄せ書き入りの常連さんの集合写真のようだ。
――おっちゃんいつもおつかれー ラーメンいしサイコー いつも有難う御座います

「なんか張ってありますねー」と僕。
「いや、持ってきちゃったから張ってるの」と照れる大将。


isi180226-11.jpg


わからないのはそのあとの発言。
――いや、うちは宣伝はしないよ。お客はみーんなリピーター。それでも食べるのに困らないくらいにはやっていけてるの。おれ、ネットなんか見たことないよ。年寄りには無縁の世界(笑)。

なんだろうな…(笑)。

「食べたい人が食べたいときに来ればいいんですよね」
というような当たり障りのない相槌を打ったような気がする。


isi180226-14.jpg


テレビで、去年落雷で壊れた犬山城天守のしゃちほこを新たに取り付ける工事が行われたというニュースが流れる。

「犬山城行ったよ。上る道、狭いんだ」と大将。「お城、けっこう行ってるのよ。何でも聞いて(笑)」

それからずっと、あちこちのお城の話、むかし燃費の悪い車に乗っていたという話、僕の郷里の方面に大将も縁があったとかで東北も交通の便がずいぶんよくなったという話。九州はやっぱり遠いというような話…。
要するに、とりとめのない会話というやつ。

その間、僕はずっとラーメンすすりながらだから、楽ではない(笑)。
それでも、しみじみおいしいのである。


isi180226-16.jpg


長く通っているけど、こんなに話したことはない。

なんだろうな…?

そんなことはないとは思うけど、ブログを始めたメリット、だったりして…。


isi180226-15.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

Adele 19
Adele
『19』

https://www.youtube.com/watch?v=BW9Fzwuf43c



chat180226-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


一品主義か 無頼麺か 【九州ラーメン いし】

2017.12.06

 小川の「九州ラーメン いし」はいちばん頻繁に入る店である。いちばん頻繁に入る店であるが、行きつけの中でいちばん品数の少ない店である。品数が少ないので、食べるものは決まっている。
食べるものがいつも同じでもう書くことがないので(笑)写真でごまかすことにする。


ogawa18.jpg


うちから「いし」に行くには、八坂の交差点から野火止用水沿いに進み、西武国分寺線の踏切を越え「草門去来荘」の前を左折する。


ogawa11.jpgogawa12.jpgogawa13.jpg


開店時間に合わせて向かうと、途中どこかで、いつもビール飲んでる常連のおっちゃんを追い抜くことがある。
このおっちゃん、実はうちの近所に住んでるんじゃないか? と思うことがある。
僕が先に着いて注文して座っていると、「よぉ~」と大将にあいさつしながら入ってくる。


ogawa14-2.jpgogawa15.jpgogawa16.jpg


小川駅周辺はブリヂストン東京工場の企業城下町的発展を遂げた土地であるが、ブリヂストン側の東口にはお店はほとんどなく、飲食機能(特に飲み)は西口駅前の一角に集中している。


ishi8-17.jpg


駅から「いし」に行く場合、西口の階段を下りて正面の「戸隠そば」を右折、古い飲み屋が並ぶ狭い路地を抜ける。
左手に“ラーメン”ののぼりが見える… はずだが、今日は出ていない。10月に行ったときの写真を見ると、やっぱりのぼりはない。台風で飛ばされたかなんかしてそのまま、とか?

そういう無頼っぽさ、こちらの大将に感じる。
ピエール瀧より、ブライアン。


ishi8-11.jpgishi8-12.jpgishi8-13.jpg


壁の品書きは10年くらい変わっていないかもしれない。2014年の消費税増税時、すでにすっかり変色している短冊を張り替えなかったことを記憶している。すなわち、価格据え置き。

お客さまに寄り添い… というか、全部書き換えるのめんどくさいだけじゃないかなー(笑)。僕はそうみてました。
価格据え置きというより、短冊据え置き。


ishi8-18.jpg


品書きを見てわかるように、主食となるのはラーメンと高菜チャーハンのみ。
それを、大盛りにするとかチャーシュー麺にするとか、ライスを付けたり餃子とセットにしたりするくらいしか食事のバリエーションはない。
餃子セットは張り紙ズタズタで内容も値段も判読不能。これはラーメンまたは高菜チャーハンとのセットで、どちらも900円。


ishi8-19.jpg


「何にする?」
「えーと、餃子あります?」
「あるよ」
「じゃ、餃子とラーメンのセットで」

以前、餃子を頼んだら「終わっちゃった」と言われたことがある。
それも、焼くのがめんどくさかったんじゃないかなぁ…(笑)。


ishi8-14.jpgishi8-15.jpgishi8-16.jpg


ラーメンには紅ショウガがあらかじめのってくる。僕はそれをチャーシューの上に陸揚げして酸味と色がスープに移るのを防ぎつつ食べ進める。
餃子は左右対称で底面紡錘形。具はキャベツなど野菜が主体で、ニンニクのパンチが効いている。皮は薄いがコシ・弾力が強い。


ishi8-20.jpg


定期的にどうしても食べたくなる。
いつも同じものを食べていても、全然飽きることがない。
餃子は今年初めて食べた。
たいへんおいしい餃子である。

この900円のセットが、バランス・量ともにベストチョイスかな、と最近思っている。


ogawa17.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

u2 war
U2
『WAR』

https://www.youtube.com/watch?v=EM4vblG6BVQ



chat171206.jpg
◆ 猫写真はこちら


ときどきリトルフクオカ? 【九州ラーメン いし】

2017.10.11

 10月のとある日曜日。遅い昼食に小川のラーメン屋「いし」に行った。満席で、しかも大いに盛り上がっている。
そういうことはあまりなく、時間が遅かったこともあって、まったく予想していなかった事態に呆然と立ちすくんでいると、ちょうど僕が入った位置に座っていた女の人が横のいすの上の荷物をどかして席をつくってくれる。そうなってしまったら、いくらオヨビでないのがわかっていても、もうそこに座るしかない。

そのあとすぐに気づいたのだが、そこは荷物が載っていたというより食べ終わっていま外で遊んでいる小さい子どもの席だったらしい。恐縮してますます縮こまりつつも周りの状況に耳をそばだてていると、どうやら店内10名強の一個団体はそれぞれ別個の4~5グループからなるようなのだ。

この人々に統一感を持たせ、僕に強烈な疎外感を覚えさせる原因は、言語にあるようだ。特に会話がよく聞こえる両隣の2グループ。明らかに九州方面の言葉で話している。


ishi7-11.jpg


古い常連っぽいお母さんを中心に、娘さんと孫2人という構成の左の家族は、大将にずっと話しかけているから事情がつかみやすい。
娘一家が今度東京勤務になった、とお母さんは言う。だからこの店にこの子らを連れてくるために私も久々に東京に出てきた、と。

この事態はブリヂストンの久留米工場と東京工場間の人事異動に関連するものと思われる。こちらは親子2代で工場勤務ということだろうか。
そう考えると、ほかのグループも年齢層や人員構成こそ違うが同じような事情で、普段それほど混むことのないこの店を変な時間帯ににぎわせているのかもしれない。


ishi7-12.jpg


あちこちから替え玉コールがかかる。この店は替え玉システムではないが、「はいよっ」と大将は当たり前のように応じている。
非九州人の僕は「ラーメン大盛り」とコール。
なんと、テレビの女子駅伝まで会場は福岡だ。若い女性たちがテレビを見ながら「宗像大社たい!」とか盛り上がってる。
ここはどこ? て感じ。


ishi7-14.jpg


例の家族が帰ったあと、大将が片づけに出てきた。「なんすか、これ。びっくり」と言いそうになったが、混んでびっくり、じゃ失礼にあたるので言葉を変える。
「にぎやかでいいですね」
「にぎやかって、なんだかなぁ…。でもびっくりしたろう?」
「びっくりしたー(笑)」

ちょうど1年前の話。
この店では人事の季節、いつもこんな光景が繰り広げられているんだろうか?


ishi7-15.jpg


それから1年たって――

本日は僕の前に男性客が1人。
やはりというか、古いローカルネタで大将と盛り上がっているもよう。僕が入ったところで大将が、
「でもそれって、またずいぶん古いねー」と締めくくる。で、こっちに向かって「大盛り?」

「大盛り」と答えざるを得なかったりもする。


ishi7-13.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

Sting Englishman in New York
Sting
『Englishman in New York』

https://www.youtube.com/watch?v=d27gTrPPAyk



chat171011.jpg


毎年なんよ、知らんかった? 【九州ラーメン いし】

2017.08.18

 小川の九州ラーメン「いし」のお客さんはいつものようにほぼ常連で占められ、今日は自分の前に3人。うちスポーツ新聞を読んでいる人はよく見かける顔である。そのあとすぐに、もっとよく見るおじさんが入ってきて、このよく見る人たち同士で緊密なやりとりが交わされるのである。この2人は前からこんな仲良しだったか? とか思うんだが、もしかしてほぼ毎日ここで顔を合わせていたりするんだろうか?


ishi6-13.jpg


注文はいつものようにラーメン大盛り(600円+100円)。
夏場、こういう冷房対応のまったくあてにならない店でラーメンを食べるのはかなりの覚悟が要る。例年、ちょっと曇りがちな日とかに「エイヤッ」て感じで突入する。そうまでしても食べたいってことなんだろうけど。
その点、長雨・日照不足の今夏はずいぶん気楽に立ち寄れる。ラーメン屋さんにとってはありがたい天候ってことなのかなぁ?


ishi6-14.jpg


右隣のスポーツ紙のおっちゃんに大皿の料理が提供される。初めて見る荷姿。
レタスやキュウリ、錦糸卵、紅ショウガのようなもので盛り付けられている。そう、これはどう見ても冷やし中華である。
しかしそれはないだろうから特製サラダ的なものとかそんなところだろう、と考えつつ何げなく調理場の壁に目をやると、“冷し中華”の張り紙。それも2枚も3枚も。
おっちゃんの皿をあらためてのぞき見ると、たしかに麺が認められる。この店の麺は白っぽいので野菜を盛り付けると目立たないのだ。
これは意外だった。


ishi6-12.jpg


酎ハイのアテのように、涼しげな冷やし中華をゆっくりゆっくり召し上がるおっちゃん。
その横で、大汗をかきながらラーメンを一気に食すワタクシ。


ishi6-11.jpg


支払いのとき。
「冷やし中華、やってるんですね」
「やってるよー。あれ、知らんかった?」
「知らんかった」
「毎年やってるよ」

そうだったのか…。
考えてみれば、注文はラーメン大盛り、たまにチャーシュー麺と決まってる。お品書きなんかちゃんと見たことなかった。

「何月まで?」
「9月ごろかな。7、8、9と。6月にはまだやらないんだけどさ。今度食べてみてよ」
もちろん、今年中になんとか。


ishi6-15.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



[Today's recommendation]

Echoes Silence Patience
Foo Fighters
『Echoes Silence Patience & Grace』

https://www.youtube.com/watch?v=SBjQ9tuuTJQ



chat170818.jpg



kamakiri170818.jpgyamori170818.jpg
ハラビロっぽくもみえてきたカマキリと、ちょっと大きくなったようにみえるニホンヤモリ


絶品餃子の罠 【九州ラーメン いし】

2017.06.26

 昼ごはんにはいろいろな店を利用しようと心がけているのだが、それは昼食を新しい物事に接する機会と位置づけているからだ。ある意味、冒険心を満たそうとしているのである。まあ、新しい物事とか言いながら古い店にばっかり行っているという矛盾はおいといて。
冒険の目的の一つに刺激を求めることが挙げられると思うが、毎日のように刺激を受けているとさすがに疲れてくる。そんなときになじみの店に入るとホッとする。
そう多くないなじみの店の一つ「いし」に1カ月ぶりに来店。

ただ、このところの傾向で、ポジティブシンキングというのか、なじみではあるがここでもまた新しいことに挑んでみたくなる。もう何年になるか覚えていないが、この店に長く通っていながら一度も食べたことのないメニュー、餃子へのチャレンジである。


ishi5-14.jpg


大将がいつものように「大盛りにする?」と聞いてきたので、僕は少しもったいぶって「…餃子セット!」。やや意表を突かれた様子の大将が「いいよ」とおっしゃる。
いいよって…? じゃあ、よくない場合もあったんだろうか?
なんだかよくわからないが、すぐに餃子のタレの入った小皿を渡される。これに好みで卓上のラー油を使用するということのようだ

壁の短冊はぼろぼろで判読不能だが、餃子セット(餃子+ラーメン)は900円(餃子+高菜チャーハンも可)。
まずラーメンができあがる。僕はいつも大盛りだからそうじゃないが、ラーメン普通盛りはどんぶりをベコベコのアルマイトの皿に載せて提供される。
具は変わらず、チャーシュー2枚、スライスゆで卵、小口ネギ、紅ショウガ。
麺はいつもより硬めのゆで加減。そうすると、とんこつスープに硬麺で、ああ、やっぱり九州だな… と妙に納得する。


ishi5-16.jpgishi5-12.jpg


ラーメンを半分ほど食べたところで餃子が焼き上がる。
どこか形がかわいらしい。よく見ると、この餃子は包み方が変わっていて、左右均等に畳んで中央で合わせてある。合わせ目を寝かせない。左右対称で、焼き目が付く底面は紡錘形、上面では合わせ目が船の竜骨のように中央に走る。
具はキャベツなど野菜が主体で、ピリッとするほどニンニクが効いている。外見はかわいいが、中身はガツンと男らしい。皮は薄いがコシのあるタイプ。
とてもおいしい餃子である。これまで食べてこなかったことを悔やみつつも、うれしい気持ちにさせられる。


ishi5-15.jpg


さて、なんかやばい感じがするんだが、この餃子はビールに誘導するための罠なんじゃないか? だからこの店ではビールを飲んでいる客が多いんじゃないのか?
今日も、いつも見かけるおじさんと、見たことはないが常連風のおじさんが、カウンターの端っこで昼間から大いに盛り上がってる。僕も“そっち側”に片足突っ込んでしまった気がするんだが…。


ishi5-11.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10


chat170626.jpg


Latest Articles
ありがとう、ピリカのおやっさん 【ピリカ】 Jun 23, 2019
すべての終わりは新たな始まり 【そばうどん 松本】 Jun 23, 2019
中華屋のカレーが食べたくなるのは…? 【東洋軒】 Jun 22, 2019
お値段以上、満腹必至の… 【むさしや】 Jun 21, 2019
家族でほっこり、〆のラーメン 【ラーメン 味六】 Jun 20, 2019
トラウマ→ウマウマな、地域密着中華 【紅龍房】 Jun 18, 2019
身近なところにある希少植物 ――さいたま緑の森博物館 Jun 17, 2019
昔ながらの玉売り製麺所のイートイン 【はらだ製麺】 Jun 16, 2019
人気店の期間限定出店 【初代青樹】 Jun 16, 2019
暑気払いにどぜうをドウゼウ… 【あま利】 Jun 15, 2019
激安うな丼と食堂史をめぐる冒険 【エイトランド】 Jun 13, 2019
東京ラーメン、王道スタイルか…? 【美楽】 Jun 12, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2