FC2ブログ

本格手打ちから大衆路線まで、懐深いそば屋 【浅野屋】

2017.11.22

 東大和の裏道を走っていたら、そばが食べたくなった。あったかい天ぷらそば。
午前中は天気がよかったが、このあと下り坂とのことで、早くも曇って肌寒い。
駅前にちょっと気になるそば屋があったのを思い出した。


asanoya12.jpg


「浅野屋」は、そば屋としての立ち位置が面白い。
そば屋は大きく2タイプに分かれると思う。
一つは僕が“街そば”と呼ぶ、まあ普通の街のそば屋。そばはそば粉30%の機械製麺で、そばより定食や丼物、カレーなどのほうがよく売れる、というような。
もう一つは、ツレが“ジャズそば”と呼ぶ、手打ちの二八や十割そばを出す店。地酒・銘酒を取りそろえ、いわゆる蕎麦前も充実し、BGMにはジャズ。
浅野屋はこの両方の顔を持つという印象がある。


asanoya14.jpgasanoya13.jpg


駐車場には“常陸秋そば”ののぼりが立つ。
僕はそばには詳しくないが、なぜか茨城はそばどころとしての格が高いイメージがある。調べてみたら生産量全国2位。
その茨城のブランド品種を提供するという。

一方、店頭のショーケースはカレー南うどん、とろろせいろそば、ミニ天丼重… と、街そば的。もちろん天ぷらそばもある。
常陸秋そばも気になるが、いまの気分は、フツーの、なんてことのない天ぷらそば。


asanoya24.jpgasanoya25.jpg


1時前で先客はなし。ちょっと意外な感じ。
入り口のあたりの隅っこのテーブルがいいかな、と思ったら、
「こっちこっち」と奥でお店のお母さんが手招きする。「いちばんあったかいとこに座って」
石油ストーブの真ん前のカウンター席に座らされる。


asanoya23.jpgasanoya26.jpg


「今日は寒いから、さっきのお客さんたち、こういうの食べてたわよ」と、煮込鍋うどんなどをお勧めされる。
ものすごくメニューが多い。煮込み関係も魅力的だし、目の前の短冊ではあら挽き手打ちせいろそば、常陸新手打ちせいろそばの誘惑。“名物創作・薬草てもみそば”って何だろう?
しかしここは予定どおり天ぷらそば。セットもあるようだが単品で。


asanoya15.jpgasanoya16.jpg


内装は民芸調。BGMは野鳥の鳴き声。ミソサザイのさえずりの向こうにホトトギスの声が聞こえ、季節感的にどうかと思うが癒しの効果はあると思う。
厨房は奥まっていてよく見えないが、忙しそうに動き回る人影からは、職人さんは複数いるかな? やはりというか、街そばの顔のほうでは出前需要が多そうだ。


asanoya17.jpgasanoya18.jpgasanoya19.jpg


さて、入った瞬間に友だちみたいになってしまってるお母さん、奥に引っ込んで姿が見えない。お冷やかお茶がほしいのだが、忘れられたままである。
天ぷらそばに意外に時間がかかっている。
僕はサンコウチョウの声などを聴きながらボーっと待っている。


asanoya21.jpg


ようやくできあがった天ぷらそばを運んできたお母さん、「あ、お茶々が来てないね」と。
「先におそば食べててね」とお茶々を入れに行く。
天ぷらは、大きく太い海老、かぼちゃ、はす、にんじん、ピーマン。
意外にも小鉢付きで、なぜかクリームシチュー。
それと自家製漬物、かぶ、人参、大根の葉。かぶがすごくおいしい。
これは単品ではないのでは? と不安になるほどの充実の内容である。


asanoya22.jpg


お支払いで、「950マンエーン」と、お母さんはあっけらかんと。
そのあと、
「でもお相撲、終わんないねー。長引きそうだよね」
「え、…稀勢の里?」
「それもそうだけど、日馬富士」
「ああ、そっち…。でもあれ、T親方おかしいでしょ」
「だよねー。T乃花、協会の理事にまでなってあんなことやってんだからさ。似た者どうし集まったんだよ、親方も弟子も」
「そう。だいたいあの人、前からおかしかったでしょ」
「そうそう。あの一家、みんな変だよねー」


asanoya20.jpg


やばい… 盛り上がってきた。
僕の数少ない特殊能力である“おばちゃんと下世話なネタで盛り上がれるアビリティ”が発動してしまってる。
以前それで所沢の中華屋のおばちゃんと30分近く立ち話をしてしまった。

話しながらもじりじりと出口のほうににじり寄る。お母さんもにじりにじりと、間合いを詰めてくる。
が、きりのいいところでガラッと引き戸を開け、
「気をつけてね。ありがと、ありがと」と送り出してくれる。
入るときよりいい気分で出られるというのは、何か得したようでうれしいものである。


asanoya11.jpg


[DATA]
浅野屋
東京都小平市小川町1-73-3



[Today's recommendation]

Weather Report Heavy Weather
Weather Report
『Heavy Weather』




chat171122.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
ひそかに続く三鷹ディープゾーン探訪 【かどや】 Nov 23, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2