fc2ブログ

移転・絶賛営業中! 【カレーハウス ナンバガン】

2023.06.18

 前記事の続きじゃないが、引き続き梅雨の晴れ間の盛夏先取りモードで、夏といえばカレーでしょう🍛

インドカレー店でこのブログの掲載数のいちばん多い「ナンバガン」が移転したという情報をどこかで目にしてずっと気になっていた。
昨年11月7日の新装開店で、移転先は久米川駅南口から萩山駅へ抜ける萩山通り沿いの旧久米川病院向かいあたり。


20230618 nanbagan-11


名物的巨漢店員さん(オーナー?)がいまにもぶっつぶれそうな自転車を悠然とこぐ両国駅周辺を彷彿させる光景を最近目にしないと思ったら、新店舗は自分の動線から微妙にずれる。久米川の商業エリアからも外れるが、そば屋、居酒屋、中華屋などの遺構が認められ、萩山三丁目アパートおよび久米川病院を背景に商店街としてそれなりに隆盛を誇っていたものと推察される。ただし知る限り、久米川病院移転前にしてすでにほぼ消滅商店街状態の、決して好条件とはいえない立地である。
まあ、インド・ネパールカレー店はとんでもない場所に突然出現したりするのでいちいち驚かなくなったが。


20230618 nanbagan-12


ちなみに「ナンバガン」という名前のお店ははじめ久米川駅南口、前記事「笑顔」の向かいあたりで営業しており、東村山駅西口に移転・改称(現「ロティー屋」したその1年後に本町商店街に「ナンバガン」という別のお店がオープンするという非常にわかりにくい経緯を経て、5年ほど市内2店舗体制で安定的に営業していたが、このたび再び同様の移転劇となった。


20230618 nanbagan-13


本町の旧店舗跡には、先に「アランバ」というカレー店がオープンしているが、内情や関係性についてはというと… まったくわかりません。


20230618 nanbagan-14-2


12時すぎで先客はないがお店スタッフは3人もいる。
以前の物件より広く明るい店内、4人掛けテーブル換算で6卓分、ゆったりと配置してある。


20230618 nanbagan-16


注文はランチカレーセットから、ほうれん草(チキン)カレーセット。
「辛さは?」
そうか。久しぶりで忘れていたけど、インドカレーは最初の手続きが煩雑なんだった。
辛さ中辛、ナンかライスかはナンで、ドリンクはアイスチャイ。


20230618 nanbagan-17

20230618 nanbagan-18


もう1品はビリヤニの1.マトンチャーハンで、辛さは甘口、ドリンクはラッシー。


20230618 nanbagan-1920230618 nanbagan-20


すぐにサラダが来て、続いてドリンク。そのあとだいぶ時間が空く。
厨房からはニンニクを炒める匂いやらナン生地をたたきつける音やらと活気が伝わってくる。
7分後、2皿同時にやって来る。


20230618 nanbagan-21
ビリヤニを覆い隠すほどのナンのデカさ!


ナンがでかい!
大きいナンを出す店はもはや珍しくないが、年々大型化の一途をたどっているように感じるのは気のせい?
しかもこちらはナン/ライスおかわり自由だ。


20230618 nanbagan-24


こういう店ではだいたいチキンカレーかマトンカレーなので、ちょっと変化をつけてほうれん草カレーにしてみました… というつもりだったが、調べてみると前回もまったく同じほうれん草チキン。
ホウレンソウの青臭さがスパイシーなフレーバーとよく合うと思っていて、最近いちばん注文率が高いのは実はこのタイプなのだった。


20230618 nanbagan-25


食べ終わるころ、例の巨漢の方が出勤。
「ナンおかわりできますよー!」などと声が掛かって、一気に店/客の風通しがよくなる。
一見プロレスラー風のこちらの方、格闘能力は定かでないがコミュニケーション能力および接客術には間違いなくたけている。


20230618 nanbagan-22


入れ替わるように接客係の人が出ていったが、なぜかUber Eatsの背負子をしょってる。
自製品をUber経由で出前?
アジアの人のビジネスセンスは独特で、日本人には捉えきれない収益性をその方式に見いだしているのかもしれない。


20230618 nanbagan-23


ボリュームいっぱいのビリヤニを食べきれずパックに詰めてもらう。
そのお礼か、なぜか保護猫マグネットをあげる相方(笑)。

カレーもうまいが、いわゆる異文化コミュニケーション? も、インド・ネパールカレー店の醍醐味かも。


20230618 nanbagan-15


[DATA]
カレーハウス ナンバガン
東京都東村山市萩山町4-4-42
https://www.facebook.com/GULMELI.JP





[Today's recommendation]


https://youtu.be/BQ0mxQXmLsk



wachat230618.jpg



20230618 nanbagan-26
本町商店街の旧店舗(現 アランバ)


意外やパリパリ感がおいしい 【ナンバガン】

2021.05.03

 「本多屋酒店」で酒を調達したあと、カレーでも買って帰ろうかということに。
先の緊急事態宣言からずっと休んでいた本町商店街のインド・ネパールカレー店「ナンバガン」が営業再開しているのを先日見かけ、安堵していたところである。


210503 naanbagan-11


行ってみると、入り口のドアが開けっ放しで風通しよさげ。
先客は1組2人。


210503 naanbagan-12210503 naanbagan-13


「食べていっちゃう…?」
と外でヒソヒソやっていると、例の巨漢の店員さんが、
「イラッシャイマセー♪」


210503 naanbagan-14210503 naanbagan-15


「ナンバガン」は記事にするのは3回目だが、お店で食べるのは初めて。
インドカレー店はもともとテイクアウト対応しているところが多く、このお店はうちから近いっちゃ近いこともあり、自然のなりゆきで“忙しいとき買って帰る店”と刷り込まれている。


210503 naanbagan-28


しかしインドカレーのテイクアウトには重大なマイナス要因が潜む。
“ナンしっとり”問題である。
保温のためアルミホイル等で包装されたナンは、どうしても湿気がこもってシナシナになってしまう。

世の中にそれしかないのであれば、しっとりナンも文句なくおいしいと思うが、焼きたてパリパリと比べると勝ち目はない。
乾麺パスタでぜんぜん満足だが、生麺パスタというものを出されてみると… というのに似ているかもしれない。


210503 naanbagan-17
210503 naanbagan-18


「日替わりはキーマと白菜です」
カレーに白菜…? という好奇心もあって、まずそれに決める。


210503 naanbagan-19


もう1品は、ほうれん草チキンカレー。
ドリンクはアイスチャイとマンゴーラッシー。


210503 naanbagan-20


こちらの店員さんはキラー・カーンとタイガー・ジェット・シンを足して割ったような風貌で(主観です)ビビるが、以前、街角でおばあさんと立ち話しているのを見かけたことがある。手を前に組んで巨体をちぢこめてシルバーカーの小っちゃいおばあさんの話をかしこまって聞いている姿を見て、この人、人間ができてる… と思いました。


210503 naanbagan-23


日替わりの白菜カレー。


210503 naanbagan-24


意外なことに白菜のパリパリ感や甘味がキーマカレーに違和感なくなじんでおいしいのである。
あとから入ってきた常連さんの「日替わりは白菜」に対する当たり前のような反応からして、定番アイテムなのかもしれない。


210503 naanbagan-21


僕はインドカレーではホウレンソウ系をよく食べる。
その青臭さがスパイシーなフレーバーとよく合うと思っている。


210503 naanbagan-22


「ナンのおかわりは?」
「いや、大丈夫です」


210503 naanbagan-25210503 naanbagan-26


炭で焼きたてのナンを食べられるのはうれしい。しかもおかわり自由。
あと20歳若かったら、喜んでもう1枚頼んでいただろう。


210503 naanbagan-27


[DATA]
ナンバガン
東京都東村山市本町4-3-5(👉移転





[Today's recommendation]

wachat210503-33.jpg




https://youtu.be/_6dspPwrnRM


慌ただしい年の瀬に、手軽でオトクなカレー弁当 【ナンバガン】

2017.12.31

 今日は朝からおせち作り。

毎年31日におせちというのは決まってる。決めたわけではないが、必ずそうなる。
どうしてだろう?

大掃除や年賀状はいつもなりゆき。
なりゆきだけに、全部重なることもあった。若いころは。
大みそかに第九を聴きながら煮物の合間に窓拭きをやって、松前漬けの人参を刻みつつ門松を飾り付け、全部終わって年賀状の印刷を始める。

そんなのはこりごりだから、おっくうだけどおせちのほかは早め早めにやるようになる。
経験値というより、全部一気にというパワープレイが利かなくなっているということ。
体力も気力も。

あっ、おせちが31日というのは、単純に日持ちの問題でした。


naanbagan2-36.jpg


ということで忙しいので、昼ごはんは持ち帰り弁当。
東村山 本町商店街のカレー店「ナンバガン」のカレー弁当にする。


naanbagan2-37.jpg


注文は、私:タンドリー弁当(ダル(豆)カレー)850円、妻:キーマカレーライス弁当500円、長女:カレーナン弁当(ほうれん草ジャガイモカレー)500円、次女:ナンバガン弁当(チキンカレー)650円(税抜き価格)。
要するに、店先に出ている Takeout Corner の4種ひと通り、ということ。


naanbagan2-31.jpgnaanbagan2-32.jpg


持ち帰ったものを全部広げてみると、弁当パックが3、カレーのカップが1、ナンが3枚。
弁当パックのうち、2つがライス入り。
なんかややこしいが、メニュー写真のとおりに組み合わせてみると、ナンバガン弁当にはライスもナンも付く。これはボリューミー。
500円の2品もコスパ抜群。


naanbagan2-11.jpg


で、やや突出して高いタンドリー弁当だが、こちらはタンドリーチキン、シークカバブ(インド風チキンのつくね)、チキンティッカ(骨なしチキン)が1つずつ付く。



グランドメニューの写真から単価を割り出して単純計算すると、この3品だけで675円になる。
なのでタンドリー弁当850円もかなりのサービス価格だ。


naanbagan2-15.jpg
キーマカレーライス弁当 500円

naanbagan2-18.jpg
カレーナン弁当(ほうれん草ジャガイモカレー) 500円

naanbagan2-17.jpg
ナンバガン弁当(チキンカレー) 650円

naanbagan2-16.jpg
タンドリー弁当(ダル(豆)カレー) 850円


カレーはもちろんどれもおいしいが、石窯で焼いたチキンが香ばしい。冷めても全然イケるので弁当にもってこいだ。
みんなで少しずつ分けて食べた。


naanbagan2-33.jpg


このあと、おせち作りの続きと、夜の鍋&年越しそば(うちは一体化している)の準備となる。


naanbagan2-38.jpg


[DATA]
ナンバガン
東京都東村山市本町4-3-5(👉移転





[Today's recommendation]


https://youtu.be/7wfYIMyS_dI



chat21071231-333.jpg


500円であちらの本格カレー 【ナンバガン】

2017.11.17

 昨日の話――
朝早くにP社のTAさんから仕事のメールが来た。これは急ぎの案件ではなく、仕事を月単位で捉えれば通常なら来月分にあたる。年末が近づくとこのように前倒し部分が出てきて、重複して混乱するし当然、量も増える。
昼前にまたTAさんから仕事が来た。こっちは月単位で動く性質のものではないので、いつ来るか予測がつかない。急がなくてもいいと感覚的には思うが、これを放って食事に出るのがなんか気持ち悪い。

実は1カ月半も前にL社のHHさんから依頼された仕事が今夜来ることになっている。これは仕事自体の難易度が高く、ボリュームがあって、かつ超特急というスリリングな案件。来る前になるべく身軽になっておきたい。
TAさんの追加分は1時間か2時間でできそうな内容なので、片づけてから昼ごはんに出ることにした。


naanbagan31.jpg


昼ごはんは「村山ホープ軒 東大和店」
食べたのは餃子セット(ラーメン、餃子5コ、半ライス、つけ物)。すごい量。

食べ終わるころGmailを受信。P社のTAさんから、みたび。
「立て続けにすみません。〇〇を送ります」
これは2カ月前に日程が決まっていた案件。
忘れてた…。
こんなおなかポンポコで、ちゃんと仕事できるのか?
大丈夫か、オレ…。


naanbagan32.jpg


――ということで、昨日の午後から今日の午前中にかけてグダグダ、昼ごはんはテイクアウトとなった。

東村山の本町商店街、パン屋「ローラル」跡に7月にオープンしたカレー屋「ナンバガン」は店頭正面を料理写真で派手に飾ってあるが、その中にTakeout Cornerというものを見つけ、ずっと気になっていた。
キーマカレーライス弁当500円、カレーナン弁当500円というところが特に気になる。


naanbagan39.jpg
5月24日撮影


ナンバガンは以前は久米川駅前、いまの「金の串」の場所で営業していた。このあたりでは「ピアーズ」に次ぐぐらいの古株である。
いろいろあっていまはこのようになっているが、この店に限らず東村山のインドカレー事情は複雑そうだ。東村山に限らず、あちらの人たちのビジネスセンスには日本人はついていけないのかもしれない。
ちなみにこの店の看板は、インドではなくネパール料理となっている。


naanbagan36.jpg


外でメニューをチェックして入店。
剃頭の大男が立ちはだかる。
ビビったぁ…。
向こうはにこやかに「イラシャマセー」

「…お、お弁当、大丈夫ですか」とおそるおそる尋ねると、にこやかにメニュー表を渡され、「こちらにドーゾ」とカウンター席に通される。あくまでもにこやかに。この人とは仲よしになれそうな気がする。


naanbagan14.jpg


ナンバガン弁当650円、タンドリー弁当850円も気になるが、まずはやはり500円弁当の実力を試してみたい。
弁当4品中、いちばん見た目にぎやかなキーマカレーライス弁当500円(+税)をオーダー。辛さは中辛に。

店員は3人。3対1で、完全にこっちが異邦人的。
大男と小柄な男性が厨房、その手前の客用テーブルでオーナー風… 違うな、マネジャーという用語がぴったりくる男性が電話中。日本語で、お金のオハナシ。


naanbagan34.jpgnaanbagan35.jpg


奥の2人はこの怪しげなニッポン人(わし)にちらちら視線を向けるが、マネジャーは完全無視。もしかしてまったく目に入っていないのかもしれない。
こういう人は見抜いている。平日のこんな時間のこんな場所に、重要人物などいるはずがない。重要人物とは、ちょっとでも自分のビジネスに関係しそうな人物。われわれはみんな下位カーストに映ってるのかもなぁ…。コワイコワイ。


naanbagan16.jpg


インド風(ネパールでもスリランカでも)カレーは、日本人がつくっても絶対こういう味にならない、と僕は思っている。日本人によるそういうカレー屋やカフェなんかはたくさんあるが、南アジアの人がつくるものとは別物。いい悪いじゃなく、和式印度はDNA的に「新宿中村屋」の亜流にしかならないものなのかもしれない。


naanbagan37.jpg


キーマカレーライス弁当は、メインのキーマカレーのほかに赤いものと緑のものが。
赤をおそるおそるなめてみる。ケチャップ。僕はケチャップはあまり使わないからこれをどうしたらいいか? 仕方ないから目玉焼きにかける。
で、ホウレンソウカレー? と予想した緑のものは、香りは完全にトウガラシだ。かなり辛い。これはカレーの辛さ・香り調整用に非常に有用。マイルドなキーマカレーにいいアクセントとなる。
ライスには目玉焼きとタンドリーチキンがのる。チキンは冷めてもとても香ばしい。土釜で焼かないとこの香りは出ない。


naanbagan38.jpg


500円で本格ネパールカレーというのは魅力。お店で食べてもランチメニューはナン+ライス食べ放題で795円から、とお得。
なによりカレーがおいしい。
個人的には、中村屋よりこっちが好き、という感想。


naanbagan33.jpg


[DATA]
ナンバガン
東京都東村山市本町4-3-5(👉移転





[Today's recommendation]


https://youtu.be/fiH9edd25Bc



chat20171117-222.jpg


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2