FC2ブログ

ふらっとフジランチ 【フジランチ】

2019.02.10

 テレビは朝夕のニュースの時間帯に流れているくらいでそれほど見るほうじゃないが、最近いやな事件が多く、ニュースでもそういう報道になったらテレビを消しちゃったりする。かわいそうで聞いてらんないから報道しなくていいよ… という事件、多すぎると思いません? 
というようにテレビの中ではもう逃げ場もなくなってきている。

うちでは最近Bluetoothスピーカーを導入した。CDはすぐ終わるが、これならスマホの音楽プレーヤーと同期させれば延々とかかっている。
主に夜に使うのでJazzがいい。僕のiPhoneにはロック・ポップス系が3.57GB入っていて(iPodにはクラシックが14.7GB)、入れようと思えばまだ入るが、シャッフルさせるのでライブラリの統一感を欠いてはならない。そこで、あまり使っていない相方のiPhoneミュージックをJazz専用とすることになった。


190210 fujilunch-22 190210 fujilunch-23


Jazzは詳しくないが、ときどき気まぐれに買っていたCDが30枚ほどある。そのうち無難なところを20枚ほど取り込み、ANKERで流してみた。
うん、いいじゃない ( ̄― ̄)(―_―) ウンウン
シャレオツなバーみたいだ。
猫が走り回りさえしなければ(笑)。

欲が出て、というか20枚ではまだまだ薄いので、このJazzライブラリを充実させるべく、国分寺の中古CDショップ「珍屋(めずらしや)」へ。


190210 fujilunch-24


…と、国分寺に行った理由だけでこんなに長くなってしまった σ( ̄、 ̄=) ンー…
前振り、ながっ!


190210 fujilunch-11


「珍屋」の話はまた別の機会にということで、お昼ごはん。


190210 fujilunch-14


「オーケー」の裏手に気になる店がいくつかあるのでそちらに向かう途中、「フジランチ」の前を通った。
行列がない。土日でそれは珍しいんじゃないだろうか。
通り過ぎざまに中をのぞいてみた。手前のテーブル席が空いている。
ちょっと行き過ぎ、回れ右しました。


190210 fujilunch-12


洋食店「フジランチ」は人気店なのでこんな感じででもなければなかなか入れない。
間口の狭いお店で、右手にカウンター7席、左に4人掛けテーブルが3つ縦に並ぶ。


190210 fujilunch-15


注文は、本日のサービスメニュー“好評”ハンバーグステーキ¥810→¥720(小ライス¥690円)と、Bセット(ベーコン玉子ソテー+鳥のからあげ)780円。


190210 fujilunch-19


「ライスはけっこう多いですけど?」と聞かれ、1つ半ライスにしてもらう。
このへんのシステムというか段取りはいつも一緒。


190210 fujilunch-17 190210 fujilunch-18-2


ついでに食べるものもだいたい一緒… ということはあとで自分のブログを読み返して「そうだったかなぁ…」となるんだが(笑)。


190210 fujilunch-20


ハンバーグステーキはナツメグなどスパイシー感が特徴。


190210 fujilunch-26


マスキングが強すぎる感もあるが、個人的にはこういうタイプは好みである。
優しい味わいのドゥミグラスソースとのバランスがよい。


190210 fujilunch-27


Bセットは唐揚げが食べたかったので選んだ。
ムネ肉とササミが使われているようで、しょうゆベースの下味がしっかり付いている。


190210 fujilunch-25


このセットは、まあぶっちゃけ唐揚げとベーコンエッグなわけで、「家で食え!」とツッコまれそうだが、とんでもない。使い込まれ手入れの行き届いたフライパンでこしらえた卵料理は一味も二味も違います。


190210 fujilunch-28


たまたま空きがあったからふらっと入るという選択肢にこういうお店があるのはありがたい。
ここの料理もまた幸せの味、元気の出るたべもの。
不足ぎみの活力がチャージされた気がした。


190210 fujilunch-13


[DATA]
フジランチ
東京都国分寺市本町2-13-7



[Today's recommendation]

wachat190210.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://youtu.be/MmwsQ_dHrFM


街角の洋食屋、という存在 【フジランチ】

2017.11.12

 街の洋食屋というものを特別視するのは、憧れを抱きつつ見上げるというような感覚をいまも覚えているからかもしれない。
子どものころ、ごくたまに連れていってもらった洋食屋は別世界だった。学生時代、都会になじんだつもりでいても、洋食屋はもう一段洗練度の高い近寄りがたい存在だった。
街で古びた洋食屋を見かけると、胸を締め付けられるような感情がこみ上げてくる。それは単なる懐かしさというより、若いころに抱いていた憧憬の念がよみがえるからじゃないかと思ったりもする。


fujilunch21.jpg


国分寺に所用のツレに付き合って、というか道案内で、自転車で国分寺へ。昼ごはんは老舗洋食店「フジランチ」にしようということに。
東恋ヶ窪の住宅街を抜けて「オーケー」の裏から店の前の路地に入ると、開店待ちのお客さんが。僕らと同じような年格好の男女1組。
近くの駐輪場に止めて時計を見ると、まだ11時16分。フジランチは行列の絶えない人気店である。


fujilunch12.jpg


開店までにまだ10分以上あって、そこまで並ぶ覚悟のできていないわれわれは、ほかの店をのぞいたりしながら時間をつぶそうかという感じでぶらぶら店のほうに戻ってみると、列にもう1人加わっている。少し慌てて、おとなしく後ろに並ぶ。

店内からハンバーグの空気抜きの音が聞こえてくる。
午前中、街が動きだす前の張りつめた空気感の中に活動準備の気配が伝わってくるとワクワクするものがある。それが食べ物を用意する物音だったりすると、ワクワク度はひときわ高く、同時に腹が減る。


fujilunch13.jpgfujilunch14.jpg


お店のお母さんが一人一人に声をかけて招き入れてくれたのは、開店7分前の11時23分。客を長く立たせておかないというホスピタリティ精神の表れなんだと思う。

こぢんまりした店内は、右手にカウンター7席、左に4人掛けテーブル3脚。われわれは真ん中のテーブル席に。
注文は、妻が本日のサービスメニュー“人気メニュー”ハンバーグステーキ¥810→¥720(小ライス¥680円)、僕がAセット(ポークカツ+魚フライ)¥700。


fujilunch15.jpg


列の先頭の組が奥のテーブル、真ん中が僕ら、もう一つのテーブル席にもすぐに若いカップルで埋まった。カウンターも見る見るうちに満席に。客はあっという間に合計13人に。
一方、お店側はシェフご夫妻と息子さん? か若い男性の3人体制。というか、調理は店主1人でこなす。超オープンなキッチンには臨戦態勢のピリピリ感が漂う。


fujilunch16.jpg


注文で気になることが一つ。最初に入った5人中、ツレを含めて3人が小ライスであった。そのあと入ってきたお客さんに、若い店員さんは「ライスは普通でもけっこう多いですけど」といちいち確認している。で、半分ぐらいの人はやっぱり半ライスなのである。
こちらは盛りの多さでも知られる。


fujilunch23.jpgfujilunch17.jpg


まずハンバーグステーキの提供。
「Aセット、すぐできますから」
と、若い人はそのあとも、みそ汁を運んできたりほかの席に料理を持ってきたりするたび3回も、すまなそうに声をかけていく。
長身のこの人は狭い通路をカニ歩きで移動する。前に入ったときもそうやって忙しく行き来していたな、と思い出す。


fujilunch19.jpg


皿がそろって、シェアしつついただく。
こちらの人気メニューにして本日のサービスメニューであるハンバーグステーキは、やはりよく出ているようだ。
フワッとしているが粗びき感もあり、ニク感はけっこう高い。食べやすいように切り分けてある。ナツメグの効いたスパイシーでおいしいハンバーグである。
魚フライはアジフライ。肉厚でホロッと軟らかく、臭みもない。
各皿に添えてあるナポリタンが感涙もの。毎朝開店前に大量に仕込んでるんだろうな。


fujilunch22.jpg


ちなみにライスの量であるが、普通盛りの僕の分は、すごく多い。小ライスのツレも、食べきれない。その食べきれなかった分、僕がナポリタンをおかずにいただきました(笑)。


fujilunch20.jpg


お会計で若い人とお母さんは「お待たせしちゃって」としきりに恐縮している。
そんなに待たされた覚えはない。というか、ワクワクしながら調理場を拝見しているから、待ち時間が全然気にならない。

忙しいご主人も、仕事の手を休めてあいさつしてくれる。
こういうのをとびきりの笑顔という。


fujilunch11.jpg


[DATA]
フジランチ
東京都国分寺市本町2-13-7



[Today's recommendation]

Procol Harum
Procol Harum
『Procol Harum』




chat171112-3.jpg
◆ 猫写真はこちら



                                         

2017.11.12 すしの万葉/東京都東村山市青葉町2-9-100

manyoh11.jpgmanyoh12.jpg
いなりずし350円→250円(第56回東村山市民産業まつりにて特別出店)


Latest Articles
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2