FC2ブログ

自粛の中に少しの贅沢を 【ダイヤ寿司】

2020.05.07

 娘が泊まりに来るというので、夜はすしにすることにした。
いま、市内のおすし屋さんの多くがテイクアウト限定商品を売り出しており、それがものすごいお値打ち価格だったりするので、客としては申し訳ない気持ちにもなるが、どれもこれも食べてみたい。
そんな中で今回選んだのが「ダイヤ寿司」。


20200501 diazushi-11


優良店の多い市内すし屋の中でも屈指の人気店というのもあるが、いまこのお店ではInstagramでほぼ毎日“お魚クイズ”をやっていて、これが非常におもしろいし勉強にもなる。
正解者にはその魚のにぎり1貫がサービスされるというもので、ちょうど出題中のクイズを当てる自信があったと。


20200501 diazushi-12


「松にぎり×3、いなり寿司2コセット×3、お魚クイズの答えは… イサキ?」と、注文内容を相方とLINEで共有。
ちなみに、いちおう連休明けであるので僕は多忙を極め、相方は1カ月ぶりくらいで出勤している。
昼の営業時間11:30~14:00の間に電話で予約して、夕方の開始時刻17:00にとりに行く。大将は握り場で黙々と仕事をされていて、にぎりたてをそのまま持ち帰る感覚だ。


20200501 diazushi-13
20200501 diazushi-14
20200501 diazushi-15


松にぎりは、マダイは皮霜造りで、エビはボタンエビ? というあたりがぜいたく感いっぱい。
マグロは赤身も中トロもうま味濃厚、極上のおいしさだ。


20200501 diazushi-16


いまだけサラダ付きで、茨城のシモタ農芸の野菜とみそドレッシングが評判の海鮮サラダを自宅でいただけるのはうれしい。


20200501 diazushi-1720200501 diazushi-18


いなりセットはホタテ時雨&五目。
江戸前ずしのお店のいなりというのは、やっぱり気になるだろう。
キホン甘辛味のいなりに甘辛い具であるが、このいなりは揚げがあっさり炊いてあって全然くどくない。具材の味が引き立って、ぜいたくかつ食卓も華やぐおいなりだ。


20200501 diazushi-19

20200501 diazushi-21
漆器に盛り付けてみた


お魚クイズの答え、イサキのにぎりは3貫も付いてきた。3人分の注文だろうからと、そういう言わず語らずのうちに… みたいなサービス精神って素晴らしいと思う。

「このイサキは脂ののりがすごいです」と大将。
イサキの脂はブリ系などより軽い感じで化学的に正しいかわからないが不飽和度が高そうで良質っぽい… と勝手に考えているが、ここまで脂ののったイサキは食べたことがない。
皮目を香ばしくあぶってあって、絶品。これがサービス品とは…!


20200501 diazushi-23


自粛生活が続くと気持ちもしぼみがちになるが、戦時中じゃあるまいし食べることのぜいたくまで慎む必要はまったくないのである。
食を楽しむことは生きることそのものだから。


20200501 diazushi-24


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/





[Today's recommendation]

wachat20200507.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/m83e8Z14ecw

 にほんブログ村 音楽ブログへ








インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪


旬魚と香草のであいもの 【ダイヤ寿司】

2017.04.30

 妻が「お昼どうする?」と聞いてきて、わしが答える前に「すしがいいの」と長女。またかよ…(笑)。
しかも妻は「おとうさんのお給料出たばっかりだからちょうどいいかもね」とか、とんでもないこと言ってるし。


diazushi31.jpg


昼のすし屋は、とりあえずランチサービスのあるところしか考えない。昼とはいえ、すし屋では板さんとのコミュニケーションが欠かせない気がするが、ランチメニューを頼んでおく分にはそれ免除というふうに勝手に理解しているからだ。コミュニケーションが嫌というわけじゃないが、昼間からというのはちょっと気が重い。
しかしこのあたりで日曜日もランチをやっているすし屋は限られる。僕の知る限り、東村山市内では4軒。そのうちの一つが、市内でも屈指の人気店「ダイヤ寿司」だ。


diazushi32.jpg


新青梅街道に面したお店だが、入ってみれば驚くほどの快適空間が用意されている。
1階カウンターはさすがに気が引けるので2階に上がらせてもらう。見習いだろうか、前に来たときには見なかった若い板さんが注文をとりに来た。


diazushi40.jpg


次女がちらしセットで、ほかの3人がにぎりセット(ともに1000円+税)。
BGMはBill Evans & Jim Hall『Undercurrent』


diazushi34.jpg


まずバラちらしが配膳される。
「スズキとマトウダイとカンパチ、炙りはタチウオです」との説明。
ほかにマグロ、エビ、玉子、シイタケ、タケノコ、ニンジン、でんぶ… と、豪華かつ彩りもよい。
ちらしと一緒にサラダ・お新香が提供され、にぎりができるまで少し間が空くのでわれわれはサラダをゆっくりいただく。


diazushi36.jpg


このサラダが鮮烈。野菜の上にタコやイカ、シメた魚などの細切れがちりばめられている。すし種の端切れだと思われるが、端切れとはいえすし種に変わりはない。
そして特筆すべきはハーブ。“魚のハーブ”といわれるディルだが、フレッシュでこういう使い方をするのか、と感嘆する。


diazushi35.jpg


「セルフィーユ、ルッコラ、もちろんディル、その他もろもろ、とてもおいしい有機野菜を作っている茨城のシモタ農芸から届きます」と二代目が教えてくれる。この人はハーブのブログを開設しているほどの達人なのであった。
野菜、ハーブ、魚介を、みそベースのドレッシングが絶妙にまとめる。


diazushi17.jpg
diazushi18.jpgdiazushi19.jpg
にぎりセットのすし一式


にぎりは少しずつ、にぎりたての提供で、まずマグロ、ヒラマサ、エビ、スズキの4貫。


diazushi37.jpg


1000円のランチでヒラマサは驚きだ。しかも五島列島の漁港直送である。
マグロは漬けなのにとてもやわらかく、口いっぱいにおいしさが広がる。


diazushi38.jpg


続いてタチウオの炙り、玉子、イクラ。
タチウオは香ばしく、鮮度抜群でまったく臭みがない。


diazushi41.jpg


最後に巻き物で、具はイナダのニンニク風味みそ仕立てのなめろうと、これもひと仕事施してある。
お椀はカワハギのアラのみそ汁。
食後のコーヒーが付く。


diazushi42.jpg


ランチで鮮度抜群の多彩な魚種をいただける。こういうのはちょっとない。しかもサラダ一つとってもランチのレベルを軽く超えている。
僕らが最初の客だったが、帰るときには1階カウンターがすっかり埋まっていた。その人気ぶりもうなずける。


diazushi39.jpg


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/





chat170430-2.jpg


Latest Articles
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
弁当といったら、ここ! 【じゃがいも】 Jul 04, 2020
給食メニューで#エール飯! 【東村山給食センター】 Jul 01, 2020
テイクアウトは計画的に! 【きくや】 Jun 30, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その2 Jun 28, 2020
最近のインスタ投稿、まとめてみた Jun 26, 2020
魚屋さんの極上ワンコインちらし 【佐藤水産】 Jun 23, 2020
武蔵野の原風景をめぐるユルポタコース Jun 22, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2