ガッツリ丼の誘惑 【淡淡】

2017.04.20

 店名の由来は淡路島という情報を国分寺のオフィシャルっぽい媒体で見たことを思い出し、探してみたら国分寺市商工会のウェブサイトだった。
「店名の『淡淡』は(店主の)出身の淡路島からつけたもの」
15年前(2002年10月)の記事だ。当時創業20年とあるから今年35周年に当たる。
このサイトにはほかにも、いまや名店・行列店、惜しくもその後たたんだ店など、貴重なラーメン情報が載っている。

http://kokubunji.shop-info.com/web/closeup/noodle/noodle.html

この店は早稲田実業に近いことから、有名野球選手が通った(ている?)ことで知られる。高校野球部行きつけということからもわかるように盛りのよさがウリだが、それ以前に料理の名前からしてガッツリ感が漂う。肉あんかけチャーハン、豚キムチ丼、焼肉丼…。
トッピングメニューのトップにマヨネーズって(笑)。
人気No.1の焼肉丼エッグ650円に。


tantan14.jpgtantan15.jpg


以前入ったとき、初老の店主のほかに若い見習い風がいて、きちんと世代交代ができているようで好ましく感じたのだが、今回、たぶん同じ若者だと思うが「今日、4限ありますんで」と店主に断っていた。アルバイトの大学生だったか…。
4限に出る前にまかないを作ってもらうことになってチャーハン大盛りをオーダー。「作るところを見せてもらっていいですか?」という熱心さこそ、後継者の資質だと思うのだが。


tantan13.jpg


焼肉丼エッグはその名のとおり焼肉丼の上に目玉焼きがのったもの。写真では2玉のエッグに表面が覆い尽されているが、この下に豚肉の焼肉がたっぷり敷かれている。
豚肉はショウガとニンニクを効かせた甘辛のたれに漬け込んである。ほかに具はなく、たまに香りづけのネギがへばりついてるくらいでほぼ肉のみ。スタ丼のネギなしという感じだ。シンプルなのはいいが、若干単調なので何か箸休めがほしいところではある。

それに卵2個だから、カロリーとかコレステロールとか、おっさん的にはいろいろ問題はありそうである。
しかしこういうB級っぽい食べ物にいちばん弱いのが、とりもなおさずわれわれ世代のおっさんである。見た目からしてその誘惑に誰もあらがえない。あまつさえ、特盛とか口走る輩さえ出てきかねない。
おっさんはどう立ち向かったらいいのか。

まあ、おいしそうに見えるなら食べればいいだけなんだが。ただ、まかないのすさまじさを目の当たりにしただけに、さすがに特盛の人は考え直したほうがいいとは思うが。


tantan17.jpgtantan16.jpg


[DATA]
淡淡
東京都国分寺市本町2-4-5


Latest Articles
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
ふるさとの原風景を体感 【ますや】 Aug 08, 2019
ホヤをめぐる諸問題(と思い出) 【角上魚類 小平店】 Aug 07, 2019
ネパールカレーと近未来予想図 【PIMA】 Aug 05, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2