FC2ブログ

197X年の… 【蝦夷】

2018.07.03

 サッポロラーメンというものに対して、一つのカテゴリーとして取り組んでいる。
どう取り組んでいるかというと、ただ食べるだけなんだが(笑)。

“サッポロ”とは、そう名乗って1970~80年代に全国を席巻した某ラーメンチェーンおよびその傍流の生き残りのことで、北海道札幌市のラーメンシーンを探るといったまともな方向性ではない。
もちろん東京あるいは全国のトレンドなどともまったく関連性はないので、間違っていまどきのラーメンマニアの方の目に留まったら、なぜそのようなお店が取り上げられるのか不思議に思われるだろう。


180703 ezo-11-1


でも僕はラーメンというものにトレンドや求道や究極や至高を求めないし、新しい味に出会うより、昔食べておいしかったラーメンがそのまま残っていることのほうがありがたい。
言い換えれば個人的追憶だったりただの懐古趣味だったりするので、ラーメン情報として無価値と考えていただいて差し支えない。


180703 ezo-12


これまで取り上げたサッポロカテゴリーのお店は、蝦夷えぞえぞ菊えぞふじニューコタンピリカピリカ元祖札幌や
このうち2店がすでに閉店していることからも、製品ライフサイクル理論(PLC)における位置づけが理解できるというもの。
だからこそ、焦りもする。


180703 ezo-13


と、辛気くさい話はおいといて、ちょっと昼ごはんの時間が遅くなってしまったので清瀬駅前の「蝦夷」へ。
こちらは24時間営業なので、当然午後の中休みもない。


180703 ezo-14


ん? PLC衰退期の業態で、24時間営業?
そう。こちらはラーメン屋というより昼飲み・朝飲みのできる店として一定のニーズがあるようなのだ。


180703 ezo-15


2時半の来店で、お客さんはなし。お店はおばちゃん2人体制。優しそうなおばちゃんと、怖そうな台湾出身のおばちゃん。
注文は、いつも変わらず味噌らーめん600円。


180703 ezo-16


優しそうなおばちゃんはまもなく上がり、調理担当は怖そうなおばちゃんで、若干不安がよぎる。この人は何かと動作が荒っぽい。
麺を投入して、中華鍋の火口に火を入れる。流しのザルのキャベツとモヤシをぶちまけ、続いてカウンター後ろにくくりつけられた3つの容器からブラインドタッチで千切りニンジンをピックアップし、スープを注ぐ。みそを溶いて、白い粉投入(粉、ちょっと多くね…?)。最後にニンジンの隣の容器からやはり手探りでニラを摘み入れ、器の麺の上に盛る。
この間3~4分。

雑というより、ある種の名人芸だ。
3つの容器のうち誤ってタマネギに指を突っ込んだおばちゃんシステムが瞬時にエマストしたシーンを見たことがある。


180703 ezo-18


味噌らーめんは、1970年代の味というのかな。
こういうラーメンを食べ続けられるだけで僕は満足だが、それが簡単ではない局面にあることは、前半に書いたとおり。


180703 ezo-17-2


怖そうなおばちゃんが「サッカー見た?」と。
朝方のベルギーvs日本のことだが、敗戦を悔しがる様子は一般の日本人と変わらず、強いシンパシーも感じる。この人怖くないな。
「でも、私は褒めてあげるの」と、こういうタイプの外国出身の方が、なぜかみんな飲み屋のママさんノリになるのはナゾではある。


180703 ezo-19


[DATA]
蝦夷
東京都清瀬市松山1-4-33





[Today's recommendation]

Dario G Sunmachine
Dario G
『Sunmachine』

https://www.youtube.com/watch?v=dLB56lFYlBI



chat180703.jpg
◆ 猫写真はこちら


サッポロラーメンを求めて 【蝦夷(清瀬)】

2017.02.28

 最近、サッポロラーメンを一つのテーマにしている。といっても札幌の老舗・名店・人気店といったまともな方向性ではなく、1970年代に全国を席巻した“札幌ラーメンと称する”チェーン店の傍流の生き残り、というB級な話だ。
去年行った店の名を列挙すると、蝦夷・えぞ・えぞふじピリカ・ピリカ・コタン。字ヅラをみて「ああ、あのテね」とピンとくる人も、わしらの世代には多いんじゃないだろうか。


ezo16.jpg


前記6店のうち、たぶん家からいちばん近いのが清瀬の「蝦夷」。24時間営業のこの店は朝から飲めるというアナーキーさが売り(?)で、過去3回訪れた累計でわし以外にラーメンを食べている客の数はゼロ。周りはみーんな常連の酔っぱらい。ここはラーメンだけ食べて済まされる店ではないのではないか? と本気で疑うほどなのだ。
それでもリピートしているのは、やはりこういうラーメンが好きだから。


ezo17.jpg


この手はどこも、みそラーメンが基本メニューだ。
僕はオープンキッチンの調理の様子を背後から眺められるこのへんの席に座る。
モヤシ、キャベツ、ニンジンを強火で一気に炒め上げてスープを注ぎ、ぐつぐつ煮立った状態でみそを溶く。ここのところが、器でみそとスープを合わせる「ピリカ」や「えぞふじ」とは工程が異なる。ニラ、粉、オイルを加えて完成。


ezo18.jpg


味噌らーめん600円。
たっぷり野菜は4種類。肉類は入っていない。

学生時代、西早稲田の「えぞ菊」に通い詰めた。僕が「サッポロラーメン」を追い求めるのは青春の追憶なんだと思う。


ezo15.jpg


[DATA]
蝦夷
東京都清瀬市松山1-4-3





chat170228-2.jpg


Latest Articles
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2