fc2ブログ

激変の地で王道を行く街中華 【嵐屋】

2017.08.28

 武蔵小金井駅北口繁華街のメインの通り“Musako通り”(小金井街道の「伊東書房」の交差点から西へ、西友裏を通る道)の北側。一帯は細い路地に飲み屋が軒を連ね、おそらくムサコの最奥地である。
飲み屋街なので日中はだいたい閉まっているが、逆にこういう場所で昼に営業している店は妙に気になったりする。洋食「おがわ」、ビストロ「Sa香菜屋」、割烹「真澄」などがそう。

ハンバーグレストラン「葦」の脇を入る通称“病院通り”を少し歩いて右に曲がる角にある「嵐屋」は、このディープゾーンにあって、小金井市内でもトップクラスの人気を誇る実力派中華料理店だ。


arashiya21.jpg


本日も仕事のタイミングが微妙で昼食の時間がずれ込んでしまい、2時を過ぎてこんなところをうろついている。
もしかしたら… とのぞいてみたら“営業中”と出ている。こちらは午後も通し営業のようで助かった。


arashiya23.jpg


先客は僕のすぐ前に入った4人、入って左手の3卓を占めている。僕は右側にずらっと並んだ2人席のいちばん奥へ。
この店のつくりは右の壁に長いソファベンチが作り付けてあって、その前に小テーブルが並べてある。カウンター席はないが、このへんがカウンター的なので、ちょっと時間をずらせば1人でも使いやすいと思う。


arashiya16.jpg


注文は半ちゃーはんセット(めん類に半ちゃーはん250円を付ける)を、めん類はらーめん(550円)で。念のため、値段は550+250で800円となる。
厨房のご主人とホールの奥さんという2人体制で、2人とも意外に若い。まあ、若いといっても、たとえば市内の名店櫻華の店主に比べればずいぶん若い、というニュアンスだったりもするんだが(…失礼)。
奥さんはややクールな印象だが、基本的にどちらも非常に丁寧な接客で好感度は高い。


arashiya31.jpg


僕の位置からは見えないが、厨房からはずっと中華鍋のガコンガコンが聞こえている。音だけでも勢いがあって食欲に訴えるものがある。
約7分でラーメンとチャーハンが同時にやって来る。どちらも見た目シンプルで好ましい。


arashiya26.jpg


ラーメンは鶏ガラベースのしょっぱめのスープに、麺は黄色っぽい中細やや縮れで、もちっとした食感。具はチャーシュー、味玉、メンマ、海苔、ネギ。
チャーシューは噛み応えのある昔ながらのタイプだが、味はしっかり入っている。味玉が半熟じゃなく固ゆでなのも個人的にはうれしいところ。


arashiya24.jpg


チャーハンは高く盛り付けてあるので意外に量がある。具はチャーシュー、卵、ネギ、グリーンピースとベーシックで、味付けもオーソドックス。ラーメン同様ちょっと塩気が強いが、今日ぐらい暑い日にはちょうどよく感じられる。


arashiya27.jpg


武蔵小金井は南口の大規模再開発によって街の様子が一変し、急に都会的になったので、たとえば中華なら本格中華寄りになってしまい古い街の中華屋(街中華)はほぼ残っていない。
そんななか、(比較的)若い人が街中華のスタンスで営業し、それを繁盛させているというのは特筆に値すると思うのである。ここはラーメン激戦区でもあるからなおのこと。
どこの街にも1軒はほしい王道の中華食堂である。


arashiya22.jpg


[DATA]
嵐屋
東京都小金井市本町5-18-13





[Today's recommendation]


https://youtu.be/wyPKRcBTsFQ



chat170828-22.jpg


Latest Articles
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
田舎風景に忽然と 【五千頭の龍が昇る聖天宮】 Sep 11, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2