やっててよかった! 【ラーメンショップ 小川店】

2018.11.07

 チビ猫が具合を悪くしていて、ふざけたこと書く気になれないのでサクサクいきます。

09:30ちょうどに、NS社のSRさんからドーンと仕事が来る。
10:29 ドドーンと追加。
13:17 作業すべて終了。

遅い昼ごはんにあてもなく自転車を走らせていると、久米川駅前で後輪から変な音がする。タイヤに穴が開いて中のチューブがグンカンドリの喉袋のようにプクーッと。
下りて押し始めてすぐ破裂。パーンと大音響。
横にいたおばちゃん、「うわっ!?」と飛びのく…。


181107 ramenshop_ogawa-14


そのままかかりつけのサイクルショップ「MCS東村山」へ。
自転車屋のおっちゃんは世相川柳の達人である。
東村山警察署主催のオレオレ詐欺防止川柳かなにかの優秀賞作品も掲示してあるぞ。
「還付金 もらうつもりが 倍返し」


181107 ramenshop_ogawa-20 181107 ramenshop_ogawa-21
この中に、おっちゃんの自虐ネタが…(左は4月撮影)


ということで、昼ごはんがすっかり遅くなってしまった。
これくらいの時間になると晩ごはんに響かないように軽めに麺類くらいしか食べる気にならないが、15時を回っていれば、さすがに開いているところは少ない。


181107 ramenshop_ogawa-18


一橋学園~新小平~青梅街道エリアで行く店行く店ことごとく休憩時間。
15:30を過ぎ、昼めし抜きを覚悟したころ、不意にオアシスにたどり着く。


181107 ramenshop_ogawa-17


当ブログではこの系統をこれまでこちら「小川店」を含め3店取り上げているが、記事を読み返してみると、すべてこんな感じの遅い時間に入っている。
あいててよかったSEVEN-ELEVEN やっててよかったRAMEN-SHOP


181107 ramenshop_ogawa-11


(言うわりに、全体にふざけたトーンになってるような (_ _ ; ペコペコ…


181107 ramenshop_ogawa-13


注文はラーメン並500円。
意外なことに先客があり、しかもご老体。
そちらのやりとりを見ていて、ここはラーメン提供時に支払うという“中払い”システムであったことを思い出した。


181107 ramenshop_ogawa-15 181107 ramenshop_ogawa-16


この系統のラーメンは、こういうタイミングで食べることが多く、なぜかこういうタイミングがうまいのである。


181107 ramenshop_ogawa-12


[DATA]
ラーメンショップ 小川店
東京都小平市小川町2-1290



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=KUwjNBjqR-c



waka181107.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


チェーン店にあらず? 【ラーメンショップ 小川店】

2017.08.23

 昨日の流れというか、きっぱりワンコインでいってみようとなったとき思い浮かぶのは、やっぱりラーメンである。
街の古い中華屋さんでラーメンは400~500円といったところ。350円という店もこのあたりには数軒ある。しかし、たいがいが膨大なメニューを掲げるそういうお店で「ラーメン一丁」というのはいかにも寂しい。
そこで浮かんでくるのがラーメン専門店だが、専門店では激安チェーンを除いてワンコイン以下というところはなかなか存在しない。できればチェーン店は使いたくない。


rasho-ogawa12.jpg


以上のような過程をたどって達した結論がラーメンショップ、いわゆるラーショである。
チェーン店じゃないか、と言われそうだが、僕の中でラーショはそうはなっていない。だってどう見ても個人店である。
――加盟店間における統一への意志はさほど強くなく、個人経営店の緩やかな連合体といった性格を持つ。事実、出されるラーメンは豚骨醤油系のスープをベースとしている点は共通しているものの、スープの濃さや味、麺などについては各店舗の裁量に任されており、それぞれの店舗でまったく別の味といっていいほどである。(Wikipedia)

昔、こんなことがあった。
志木街道沿いの「ラーメンショップ 秋津店」に、まだ小学校低学年だった長女と行ったときのこと、おやじ的女子小学生がネギラーメンを頼む。僕は普通のラーメン。店主が何の疑いもなく僕の前にネギラーメンを置こうとするので娘のほうを示すと、「あれ、こっちなの? てっきりお父さんがネギだと思って麺多くしちゃったよ」
こんなチェーン店、ない。


rasho-ogawa14.jpg


青梅街道沿いの「ラーメンショップ 小川店」は、壁付の電飾看板はすっかり色あせ、軒先テントも薄汚れている。店内は薄暗く、壁一面に黄色地に赤文字のお品書き。それもだいぶくすんでいる。床の隅にはいろんな用具や用品が積まれ、5Sどころじゃないだろう。
こんなチェーン店、ない。


rasho-ogawa15.jpgrasho-ogawa16.jpg


ここは一度入ったことがあって、ラーメン並が500円ということを知っていた。流れ的にちょうどいい気がする。
2時近くでもちゃんとお客さんが入っていて、僕の前に1人、あとに2人。やはりというかラーメン好きっぽい若い男性ばかりで、僕のほかに並という人はおらず、中か大である。ネギラーメンの人もいる。
時間が遅いからか、おやじさん1人での運用で、しばしば仕込みか何かで厨房の奥に消える。


rasho-ogawa17.jpg


ここはラーメン提供時に支払うという前払いというか中払いシステム。
ラーメンは背脂多め、具はチャーシュー、ホウレンソウ、ノリ、ネギ。
チャーシューは2枚でそれぞれ厚みがある。トロトロとまではいかないが、けっこう煮込んであってしっかりした味。
こういうグジャッとしたホウレンソウってなんか懐かしいんだが、どういう系統で使われていたんだろう? いや、懐かしいからといって肯定するものではないが。
途中、豆板醤を投入して味に変化をつける。とんこつラーメンに唐辛子系は鉄則だ。調子に乗って、めったに使わないおろしニンニクも入れて、いまさら夏バテ対策を図る。

ラーメンは普通においしい。だって、小金井の「椿」や西国分寺の「とんとんラーメン」といった人気店と本質的には変わらないわけだから。僕は椿よりこっちのほうがおいしいとさえ思う。
個人経営のラーメン店が姿を消していくなか、穴場的昭和のラーメン屋なのである。


rasho-ogawa13.jpg


[DATA]
ラーメンショップ 小川店
東京都小平市小川町2-1290



[Today's recommendation]

Sticky Fingers
The Rolling Stones
『Sticky Fingers』




chat170823.jpg


Latest Articles
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
漆塗りの付け台でいただく1CLにぎり! 【寿司金】 Oct 05, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2