こだわり食材の絶品炭火焼き 【西のやかた】

2017.08.12

 西武池袋線秋津駅北口は、JRとの乗り換えで混雑する南口とは一変、閑散とした街である。スーパー「いなげや」があるくらいで商店も少なく、用事のある人以外は行くこともない。しいて挙げればこの先に明治薬科大学があるので、学生はちらほら見かける。
僕は特に用事がある人でもないんだが、明治薬科大のもっと先の中里緑地や柳瀬川回廊に植物などを見に行くことがあるので、ときどきこのあたりを通る。あと、坂の下の団地の中を流すことも。あのすし屋はまだやってるのかな… という感じで。
そんなときに見かけて気になっていたのが鶏料理・串焼きの「西のやかた」。備長炭使用店にしてお手ごろ価格のランチを提供するという。


nishinoyakata13.jpgnishinoyakata12.jpg


本日、昼すぎに武蔵野線を使うという妻に、昼ごはんは秋津近辺でどうか、と打診され、それならばと真っ先に思い浮かんだのがここ。情報の少ない店だしお盆休みも懸念されたが、とりあえず行ってみて暖簾が掛かっていてひと安心。
店先のランチメニューを検討していると、「ここ、生活クラブなんだ」と妻。“こだわり食材”のポスターが張ってある。真っ先にそれに気づいたのは、妻自身が組合員だから。
一気に親近感と期待感が高まる。


nishinoyakata14.jpgnishinoyakata15.jpg


店内は思ったほど広くない。外からは隣のテナントと一体化して見えていたのだ。でも狭いわけでもなく、左手の上がりにはゆったり3卓配置されている。右がカウンターで、席の上をぐるりと瓦付きの庇を巡らしてある。
優しそうなお父さんとしっかりしてそうなお母さんという、イメージ的に最も安定感のあるコンビネーション。今年で開店13年という。

奥の席に上がる。注文を決めかねていると、お母さんが「やきとりと干物は炭火で焼きます」と言うので、迷わずその2品に。
「干物はアジかサバになります」
「じゃあサバで」
「やきとりのご希望は? おまかせでいいですか?」
「はい。おまかせで」


nishinoyakata16.jpgnishinoyakata17.jpg


お父さんはリチャード・ギアと二瓶正也を足して2で割ったような容貌で(ちょっと違うか…)、辛子色の半纏の前をはだけて着こなす粋な料理人だ。あとで生活クラブのホームページ(お母さんが教えてくれた。「お父さんの顔写真も出てるの」と)で確認したところ、“神田の名店で30年以上、技を磨きつづけた”とのこと。“その熟練の技で備長炭で焼き上げた国産鶏のやき鳥は絶品です”とある(http://kosodate.seikatsu-club.jp/shop/nishi_3_sh.html)。


nishinoyakata19.jpg


やきとり定食と干物定食は、ともに副菜にポテトサラダ、人参と小松菜のごまあえ、大根おろし、お新香(大根、きゅうりのぬか漬け)、みそ汁(油揚げ、水菜)。いずれも食材・調味料の素性の正しさが伝わる手づくりの味わい。
それに、いま備長炭で焼き上げた主菜。どちらも870円とは思えない充実の内容だ。


nishinoyakata18.jpg


サバはよく脂がのり、炭火で香ばしく焼き上げられている。下ごしらえも実に丁寧。
やきとりは、やきとり(ねぎま)、つくね、すなぎも、ぼんちりの4串。生活クラブのすなぎもはよく食べるので覚えのある味だが、ほかもすごい。特に、よく脂がのっていながら軽く上品なぼんちりは、まさに絶品。
「ここのレバーを食べたらほかではちょっと、と言われますよ」とご主人。
そうだろうな、と納得しつつ夜に来られたらいいだろうな… と考えていると、同じことを思ったのか「夜は何時までなんですか?」と妻。9時半とのことで、けっこう早いが、やっぱりうちからはちょっと遠いかな…。


nishinoyakata20.jpg


「個別配送ですか?」と聞かれ、「それと、あとうちは『デポー』が近いから」と妻。
「それはうらやましい」とお母さん。
「昨日も行ってきたところですよ」とお父さん。
ついさっき会ったばかりなんだから知るよしもないが、実のところご近所さんのような近しい関係であったという、とても不思議な感覚。

こちらのご主人はひたすら空堀川沿いを自転車で東村山のデポーまで買い物に行くという。
ならば僕らは同じルートを逆向きにここまで飲みに来てもいいのではないか?
ただし、飲んだら帰りは自転車を押して帰ることになるんだが。


nishinoyakata11.jpg


[DATA]
西のやかた
東京都清瀬市野塩1-171-13



[Today's recommendation]

animage.jpg
『ANIMAGE BEST COLLECTION』



chat170812.jpg


Latest Articles
ラーメンハウスという業態は… 【白龍】 Oct 22, 2019
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2