FC2ブログ

1皿で2度おいしい! 【カヤシマ】

2017.08.02

 吉祥寺の老舗喫茶店「カヤシマ」。
お店のホームページに吉祥寺タウン誌の社長取材記事へのリンクが張られているが、2002年のその記事に創業27年とあるので、今年で42年ということになる。


kayashima17.jpg


老舗喫茶店というより、いまや『孤独のグルメ』登場店として有名。ドラマは喫茶店でナポリタンというわかりやすいストーリーだったと思うが、この店はナポリタンレベルにとどまらず食事メニューが充実している。ちなみに今日の客は全員食事の客だった。


kayashima19.jpg


僕は喫茶店カレーというジャンルをそれとなく追求している、というか言及することがある。この店は喫茶店でありカレーが主要メニューではあるが、自分の考える“喫茶店カレー”とはだいぶ様相が異なる。
喫茶店カレーというからにはハコの部分は喫茶店であるはずだが、この店はそう名乗っているにもかかわらず喫茶店要素が希薄なのである。オシャレ要素と言い換えてもいい。
夜は居酒屋といわれれば、それは十分納得できる。じゃあ昼は喫茶店かというと、定食屋にしか見えない。


kayashima12.jpgkayashima11.jpg


ポークジンジャーカレー980円をオーダー。
お店のスタッフは、厨房に社長とパートっぽい女性、ホールに男子学生風アルバイト。この3人が密に連絡をとり合いながら注文を次々にこなしている。
驚くのは社長の容貌で、先述の15年前の記事の写真と現在の実物に違いを見いだせない。
また、愛想がなくいかにも、というバイト学生だが、仕事は真面目そのもので接客も意外にソフト。自分の若いころのよう、と言ったらバイト君に悪いが、阿佐ヶ谷の喫茶店でバイトしていた学生時代を思い出した。


kayashima13.jpgkayashima14.jpg
kayashima18.jpg


カレーはサラダとみそ汁付き。
昔の洋食レストランタイプのカレーで、肉はビーフ。これにご飯の上にポークジンジャーがのるぜいたくメニューだ。
ポークジンジャーには濃いめの甘辛の味が付いている。皿半分はカレーソース。どちらもご飯が進む食べ物の代表である。
箸で肉とご飯を食べ、スプーンに持ち替えてカレーを食べ、の繰り返し。白いご飯がどんどんなくなっていくから、ご飯だけおかわりがほしくなる。
ただ、肉とカレーがまったく別系統の味なので、いつまでたってもそれぞれ別個の扱いのままだ。試しに一緒に食べてみたが、まったくピンとこない。やはり別個に食べたほうがおいしいし平和である。
最後までそんな感じで、なんだか2食分食べたような満ち足りた気持ちになる。


kayashima15.jpg


喫茶店文化の奥深さというか、学生文化の猥雑なエネルギーというか、そういうものが残されている吉祥寺そのものというお店である。
こういった、いわば食のパワースポット的な部分へのアクセスを、今後増やしていきたいと考えている。


kayashima16.jpg


[DATA]
カヤシマ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-9
http://kayashima.org/



[Today's recommendation]

jasonmraz.jpg
Jason Mraz
『I'm Yours』

https://www.youtube.com/watch?v=EkHTsc9PU2A



chat170802-1.jpg


Latest Articles
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2