fc2ブログ

ご褒美のおすし 【東鮨】

2022.05.20

 今週、めちゃくちゃ忙しかった。
連休のしわ寄せで、毎月の仕事のピークにもうひと山のっかった形。
最後まで引っ張られた仕事は依頼元で滞り、工程表では昨日校了の予定が1日押して、僕の作業は今朝の段階でそろった分までということになっていた。
で、朝イチで来たものを粛々と進め、11:47終了。

つ、つかれた… ヽ(  ̄д ̄;)ノ

人間の基礎代謝カロリーの20~25%が脳の活動によって消費されるという。
さっきので70%は使ったかなー。
したがって、

腹が、減った……


20220520 azumazushi-1120220520 azumazushi-12


頑張った自分へのご褒美。
やっぱ、おすしでしょ。


20220520 azumazushi-1320220520 azumazushi-14


昼ごはんにガッツリ食べたい自分的に、そばとすしは(量的に)上品すぎて候補に上りづらい。
それが量も質も満足させてくれるお店があることを思い出した。
その“最強すしランチ”を提供する「東鮨」へ。


20220520 azumazushi-1520220520 azumazushi-16


どのへんが最強かというと、ランチのすしがにぎり・ちらしとも800円とそもそもリーズナブルな設定だが、にぎりは1.5人前にしても1100円。もっとグッとお得になる。
さらに、上にぎり・上ちらしともにランチサービスで1650→1100円。


20220520 azumazushi-1720220520 azumazushi-18


ということで、にぎり1.5人前と上にぎりを注文。


20220520 azumazushi-1920220520 azumazushi-20


L字カウンター7席とテーブル席が4人×2。
カウンターに案内され目の前で一個一個にぎる大将の姿を見ていると、この値段で… と食べる前から申し訳ない気持ち。


20220520 azumazushi-3720220520 azumazushi-38


小鉢の冷ややっことお椀(あら汁)に続いて、おすしがくる。

「写真、いいですか?」
「ダメでーす(笑)」

前もこんな感じだったな… σ( ̄、 ̄=) ンー


20220520 azumazushi-2120220520 azumazushi-2220220520 azumazushi-23
上にぎり

20220520 azumazushi-2920220520 azumazushi-3020220520 azumazushi-31
にぎり1.5人前


「いや、いつも同じネタってわけじゃないからさ、前に見たのと違うじゃんとか言われても困っちゃうし」と大将。「“写真はイメージです”って書いといてよ」
「“いつもよりいいネタ使ってます”って書いときます」
「あ、そうそう。きれいな人には特別にってね(笑)」
「それはぜひ、書いてもらわねば(笑)」と相方。


20220520 azumazushi-2420220520 azumazushi-25

20220520 azumazushi-28


上にぎりは中トロ、イカ、赤身、白身、赤貝、イクラ、エビ、玉子に、ネギトロ巻き(手巻き)が付く。


20220520 azumazushi-3220220520 azumazushi-3320220520 azumazushi-34

20220520 azumazushi-3520220520 azumazushi-36


1.5倍は並扱いだと思うが、それでも赤貝ひもや炊き牡蠣、ホタルイカといった上ネタがのる。
まさに質も量も満足させてくれる。


20220520 azumazushi-39


食後のコーヒータイム。
じわじわ実感が湧いてきた。

「仕事、終わったー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!


20220520 azumazushi-4020220520 azumazushi-41


[DATA]
東鮨
東京都東村山市本町4-12-52
http://www.shoukoukai.or.jp/member/azumazushi/






[Today's recommendation]

wachat220520.jpg




https://youtu.be/8RXUBBKAIs0



20220520 azumazushi-45
麦畑 / 小平市小川町


復活! 応援バラちらし 【鮨孝】

2022.02.13

 フォローしている「鮨孝」さんのInstagramに5日ほど前、“バラちらし寿司をオリンピック期間中復活させます”という投稿が上がった。

なぜオリンピックでバラちらし?
キャプション、ちゃんと読みましょう。

――女子アイスホッケースマイルジャパンで活躍中の東村山出身の床姉妹も食べた、バラちらし寿司をオリンピック期間中復活させます。


20220213 sushikoh-1520220213 sushikoh-16


その写真には見覚えがある。
コロナ第1波の2020年4月、テイクアウトで提供していたバラちらしを床姉妹が食べ“東村山エール飯”で応援してくれたという話。
そのバラちらしを食べながら今度は床姉妹や日本代表をテレビで応援しようという、おすしやさんの粋な計らいである。


20220213 sushikoh-1320220213 sushikoh-14


…と、この記事が1日早かったらタイミングばっちりだったんだが、実に惜しい… というかかなり残念! とお感じの人も多いことと思う。日程を1日間違えていたという (〃 ̄ω ̄〃ゞ

でもまあ、オリンピック期間はあと1週間あるし、スマイルジャパンおつかれさまでした、残りの競技もガンバレ日本代表ということで。


20220213 sushikoh-2720220213 sushikoh-28


そのバラちらし、僕らも第1波のタイミングで食べている。なんと、1パック500円の驚愕価格。
その後、いまからぴったし1年前に食べたときは、さすがに値段の付け方を間違えていたことに気づいたらしく、790円に値上げしている。


20220213 sushikoh-17-18


3回目となる今回、なんと500円に戻っているではないか!
思うに、あくまでも五輪応援企画ということで、採算度外視。まさに粋な計らいといえよう。


20220213 sushikoh-19-20


今回はウニのせバラちらし(800円)も登場。
1個ずつ買う。


20220213 sushikoh-23-24

20220213 sushikoh-21-22


マグロ、サーモン、アジ、白身、とびこ、桜でんぶ、酢ばす、きゅうり、かんぴょう、しいたけ、厚焼き玉子…。ウニは蒸しウニかな、ねっとり濃厚。

しっかり甘く、酸っぱい、ニッポンのハレの日のごちそう。
晴れ舞台の観戦にこれほどふさわしい食べ物があるだろうか。


20220213 sushikoh-25-26


[DATA]
鮨孝
東京都東村山市本町2-6-25





[Today's recommendation]

wachat220213.jpg




https://youtu.be/qbfWl5g2-eI



20220213 sushikoh-29


年をとるということ 【鮨孝】

2021.10.30

 先月このブログにも書いているヘルベルト・ブロムシュテット指揮NHK交響楽団のコンサート当日。
実はスケジュール調整にかなり苦労していて、無事行けることになってホッとしている。それでも午前中は2人とも仕事で、開演45分前に家を出て自転車すっ飛ばして会場の「所沢ミューズ」へ。


20211030 sushiko-11
所沢市民文化センター ミューズ アークホール


ブロムシュテットさんを知ったのは高校のころ。
世界最高峰オーケストラの一つシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者に抜擢された(日本では)無名の若手指揮者ということで、権威主義的音楽ジャーナリズムの鼻もひっかけないあしらいのなか、当時進行していたベートーヴェン・チクルスの「田園」だけは高評価で、これは聴いてみたい! と。
その後、名誉指揮者としてN響への度重なる客演などを通じ、ブロムシュテットは日本で最も愛される指揮者となっていく。


20211030 sushiko-12


若手と思っていた当時、実は50歳前後であり、今年でなんと94歳!!
立ったまま棒を振るだけで驚かされるが、若いころよりむしろ速いんじゃないかというテンポ設定で、弛緩することのないインテンポで高い集中力を維持したまま2曲。まるで奇跡のよう。
感動して涙が出た。


20211030 sushiko-13


夜は予約してあった東村山の「鮨孝」へ。


20211030 sushiko-1520211030 sushiko-16


お祝いということで娘2人も帰っている。
節目の年齢のお祝いらしい。


20211030 sushiko-1720211030 sushiko-1820211030 sushiko-19


でもさ、昔なら長寿とされた節目でも、あんな94歳見せられたらとてもじゃないが祝ってもらう資格があるとは思えないし。
なのでそのへんは、サラッと、コソッと。


20211030 sushiko-22


本日はとりあえず“おまかせ寿司”4人前を予約してある。


20211030 sushiko-23


酒は「澤乃井 新酒しぼりたて生原酒 一番汲み」を四合瓶で頼む。
「おつかれさま!」
と乾杯(笑)。


20211030 sushiko-2420211030 sushiko-25


「前後しちゃって…」と食前酒を出してくださる若女将。
もう一回乾杯(笑)。


20211030 sushiko-26


にぎりをメインに、食前酒・先付・お椀・茶碗蒸し・デザート付きのコースなのである。


20211030 sushiko-2720211030 sushiko-28


先付の具だくさんの煮しめ、茶碗蒸しに続いて、追加で頼んだ合鴨つくね焼き。
串にかぶりつくと少しぷりっとした歯ごたえがあって、中はジューシー。
粉山椒をたっぷりつけて食べるとおいしい。


20211030 sushiko-29


続いて、やはり追加注文の本日の揚げ物。あんこうの唐揚げである。
ひとくちサイズと聞いたがなかなか大きく食べ応えがある。飾り切りのすだちに女性陣は喜ぶ。こういうひと手間は遊び心か余裕の証しか。
むちっとした肉質はふぐに通じる。


20211030 sushiko-30


いよいよメインのにぎり。


20211030 sushiko-3120211030 sushiko-32



中トロ2貫、貝類2貫(ホタテとミル貝)、ウニ、甘海老、イカ、イクラ、玉子、鉄火巻き… 本格ネタの数々を堪能❣️


20211030 sushiko-3520211030 sushiko-36



まぐろのよさはさすがである。
ミル貝の香り、ウニの甘み…。


20211030 sushiko-3320211030 sushiko-34


職人のにぎる寿司は、やっぱりおいしいものだなぁ… としみじみ。


20211030 sushiko-14


[DATA]
鮨孝
東京都東村山市本町2-6-25





[Today's recommendation]

wachat211030.jpg




https://youtu.be/eew0fbFsgjA



20211030 sushiko-37
娘からのお祝い


人気のランチずし、忠実に継承 【魚がし寿司】

2021.07.09

 理不尽に忙しくてヤサグレてるワタシ。
気合の入った企画であるということはわかるんだが、だったらそれに見合った工程を組むべきである。気合が入っている分ボリュームがあって、にもかかわらず動きだしが残り5営業日って…。しかもできあがっているものを半日寝かせ、ただでさえ少ない残り時間を無為に過ごさせる。その間ほかの分も上がってきて、僕のところで渋滞する。
そんな突貫工事で製品クォリティを担保するなんて、どだい無理な話だ。無理でもやるというスタンスだけに、ストレスがたまる (ー'`ー ;) ウーム…


20210709 uogashizushi-33


気分転換に昼ごはんを食べに。
3日ぶりの外食。というか、3日ぶりの外出か…。


20210709 uogashizushi-32


歩いて最初に目に留まった「魚がし寿司」へ。


20210709 uogashizushi-35


こちらは一昨年、代替わりしている。代替わりというか、よその職人さんに事業譲渡した形だと思う。
その再スタート直後に入って以来、約2年ぶりの「魚がし寿司」。


20210709 uogashizushi-30


注文は、ランチ限定サービスの魚がしにぎり×2。
先代時代からの人気メニューで、店頭に掲示されているのでずっと続けていることは知っていた。税込み1000円という値段も変わらず。


20210709 uogashizushi-29


新しい職人さんは若い方で、2年たったらいろいろ変わっていることもあるんじゃないかと思ったが、店のレイアウトや雰囲気はほぼ昔のまま。匂いも同じ。


20210709 uogashizushi-2720210709 uogashizushi-28

20210709 uogashizushi-36


魚がしにぎりは、マグロ、ブリ、サーモン、カツオ、イカ、エビ、炙り〆鯖、玉子、鉄火巻とかっぱ巻き。
お椀はアオサ入りあら汁。


20210709 uogashizushi-2120210709 uogashizushi-22


シメサバをバーナーであぶってあるところがいまっぽいかなぁ…。
それ以外は先代時代とほぼ同じ。いや、過去記事と見比べると、にぎりが7貫→8貫と増えている。


20210709 uogashizushi-25


相変わらずランチであってもネタがでかく、マグロやエビなどは1貫で満足できる。
デカいだけにごまかしの利かないネタの味。


20210709 uogashizushi-23


ランチだけでいうのもアレだけど、先代のいいところが忠実に継承されているように感じられる。しかも1貫増量で。
こういう質実剛健な感じ、いまどき貴重かも。


20210709 uogashizushi-24


さて、午後もまだまだ仕事はつづく。
明日はいよいよアレの日で、ドキドキ…。


20210709 uogashizushi-31


[DATA]
魚がし寿司
東京都東村山市栄町1-9-14





[Today's recommendation]

wachat210709.jpg




https://youtu.be/UvM2Cmi-YRU



20210706 yamaodamaki-22
ヤマオダマキ


お祝いのお寿司🎉 【ダイヤ寿司】

2021.04.03

 前記事の続きで、家族が集まったのは次女のお祝いをするためであって、お祝いといったら、やっぱり寿司。
お店で食べることも考えたが、4人で動くのは気が引けるし不安でもある。
宣言が解除されているなか、どう行動しようと勝手だとは思うが、こうなってしまっては発出も解除も意味をなしておらず、個々人で判断するしかないのだよ。


210403 diazishi-28


ということで「ダイヤ寿司」でテイクアウト。
にぎりは松にぎりに。


210403 diazishi-26


正月に食べたときは極上にぎりで、今回は1人多いため予算の関係でランクダウンかというと、そうには違いないが、ケチったのではなくスポンサーに配慮したもの。お代は親持ちではないのである。
ならば長女持ちかというとそうでもなく、なんとお祝いされる次女本人が支払うという、一風変わった趣向になっている。


210403 diazishi-27


次女はある賞をいただいた。賞状と賞金をいただいた。その賞金で家族に寿司をごちそうすると。


210403 diazishi-21


にぎりを抑えた分、ほかでぜいたくさせてもらった。
極上海鮮太巻3240円。
前回食べた江戸前太巻が1000円以下とは思えないおいしさとボリュームだっただけに、その4倍近い値段の品とは… と心惹かれるものがあった。


210403 diazishi-22


松にぎりはぜんぜん豪華である。


210403 diazishi-34


寿司を食べつけない人間にとって、極上と遜色ないくらいに豪華に見える。細かく比べればちょこちょこ違いはあるが、パッと見それを感じさせない仕事はまさにプロフェッショナルであり、食べる人間への思いが込められている。


210403 diazishi-25


すしダネの海鮮サラダがまた秀逸。


210403 diazishi-29


海鮮太巻は、言ってみればそのにぎりのネタすべてを一点にギュッと閉じ込めた、「お寿司のビッグクランチや~!」
小さい小さい、固まったかと思うと、それが爆発する!(『美味しんぼ』)
まさに、お寿司のビッグバンや~!


210403 diazishi-30


あらためて、おめでとう🍾🎊🎉㊗️🌟
収束後、親持ちでちゃんとやらなければ。


210403 diazishi-31210403 diazishi-32


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/





[Today's recommendation]

wachat210403-55.jpg




https://youtu.be/sIBXTHB0QDw



210403 diazishi-33
次女が買ってきたタヌキケーキ


すし食べたい、食べさせたい 【鮨孝】

2021.02.12

 たまたま日程が重なったのか、それとも父にバレンタインチョコを渡すという共通のミッションがあったからか(笑)、娘がそろって泊まりに来た。
4人そろうのは去年10月以来。


210212 sushikoh-21210212 sushikoh-22


夜ごはんに「鮨孝」のバラちらしをテイクアウトすることに。
すしは正月の「ダイヤ寿司」以来だが、どうやら親という生き物は子どもにすしを食べさせたいらしい。


210212 sushikoh-26


「鮨孝」のバラちらしは去年の緊急事態宣言時にも食べている。
そのときの値段は500円で、絶対これ価格設定まちがってるよね… と言いながら食べたものだが、今回は790円と改定されている。それでも十分安いんじゃないだろうか。


210212 sushikoh-24210212 sushikoh-25


昼に電話で注文して夕方にお店にとりに行く。品を受け取って自転車のかごに積んでいると、大将がわざわざ見送りに出てきてくれた。
「出前もやってますから」というので、けっこう遠いうちのあたりでも来てくれるのか尋ねると、「ええ、ぜんぜん大丈夫です。どんどん届けますよ」と。


210212 sushikoh-27


出前のすしというものにはいまだに特別感がある。
思えば若いころ、帰省すると親は決まってすしの出前をとった。やっぱり子どもにすしを食べさせたかったんだ。


210212 sushikoh-28


バラちらしには食紅で縁取った酢ばすが加わり、色味の印象がいっそう華やかに。
お雛祭りにチョーおすすめ!


210212 sushikoh-35


マグロのづけ、エビ、イカ、タイ、アジ、サーモン、とびこ、桜でんぶ、キュウリ、シイタケ煮、厚焼き玉子、錦糸卵…。エッジの立った各ネタは、もちろん鮮度抜群。うまー ( ̄◇ ̄;) …!
脇に添えられたキュウリの古漬けがまたやたらおいしいんだけど、自家製だろうか?


210212 sushikoh-36


ほかに太巻き、鉄火巻き、のり巻き(かんぴょう)、カッパ巻きを買った。
すし職人の巻くのり巻きはやっぱり違います。


210212 sushikoh-30


これ全部で5000円ちょっと。
やっぱり値段の付け方まちがってる ( ̄▽ ̄)b



210212 sushikoh-31


[DATA]
鮨孝
東京都東村山市本町2-6-25





[Today's recommendation]

wachat210212.jpg




https://youtu.be/OoOaZ6lLGaQ



210212 sushikoh-33
マガモ♂ / 北山公園


おせちもいいけど…? 【ダイヤ寿司】

2021.01.02

 正月にすし、というのは理屈に合う。
どちらも松竹梅がつきものでしょう… って、何のひねりもないんだが 「( ̄  ̄;) ドウモスイマセン

にもかかわらず正月にすしを食べた記憶がない。
思うに、おせちに飽きた舌はすしを欲しない。しょうゆ味どうしなだけに。
おせちもいいけどカレーもね! 論法が説得力を持つゆえんであろう。


20210101diazishi-22.jpg


とか書いておいて、正月にすしを食べた。


20210101diazishi-23.jpg


年末にすしを食べることは珍しくなく、「今年も食べたいね」と言いつつもバタバタして年を越した、というのが真相である。
また、正月に刺し身を食べるという人は多いと思うが、これに違和感を覚えて今年は用意していなかった。その代わりというのもあった。


20210101diazishi-24.jpg


で、すしのほうが刺し身より全然しっくりくると感じた。
正月は米飯を食べる機会が減るから、シャリがうれしい。

おせちもすしも、そもそも保存を利かせるようにつくられた食品だ。
そういう意味でも正月にすしというのは理にかなっているのである。


20210101diazishi-25.jpg20210101diazishi-26.jpg


前記事の神社めぐりの途中、西武遊園地駅の長い待ち時間に相方が電話注文。
「ダイヤ寿司」で極上を頼んだ、と。
その先の道中、昼どきに腹をすかせつつ歩いた8.7km、“ダイヤ寿司のゴクジョウ”が頭の中でぐるぐるして、つらいのなんの(笑)。


20210101diazishi-27.jpg


指定の4時にとりに伺って、早めの晩ごはんに。
前回の緊急事態宣言の最中の5月にも「ダイヤ寿司」でテイクアウトしているが、そのときの松にぎりよりランク上の極上。


20210101diazishi-34.jpg


思わず息をのむ、まさに極上ネタ。
中トロ・ウニ・イクラ…。


20210101diazishi-31.jpg


見たことないような魚もあって、赤みがかった白身はイシガキダイなど〇〇ダイと呼ばれる系統かな? ねぎみそのようなペーストがのっているのは、炙った皮の感じから寒グレ(メジナ)…? と一貫一貫、はてな? もまた楽しい。


20210101diazishi-32.jpg


想定外のサラダ付きがうれしい。
すしダネの海鮮サラダはみそドレッシングにハーブの香りのアクセントが秀逸。


20210101diazishi-28.jpg


いなりセットと太巻きも一緒に注文してあった。
前回も食べたいなりセットは、ホタテ時雨&五目。


20210101diazishi-29.jpg


太巻きは玉子のほか、かんぴょう、しいたけ、でんぶと、甘辛ネタ中心の庶民派。
この助六系の華やかさこそ、まさに正月のお祝い気分にぴったりなのであった。


20210101diazishi-33.jpg


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/





[Today's recommendation]

wachat20210102-2.jpg




https://youtu.be/q6XNCNIRub0



20210103 hachikokuyama
冬枯れの八国山


新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】

2020.07.15

 新型コロナウイルスの感染拡大により魚介類特に高級魚の需要鈍化・価格低迷が深刻であるという。料亭やすし店、旅館・ホテルなどの休業や売り上げ減が直撃している形だ。
その影響かどうか、身近な鮮魚売り場でも珍しい魚種を見かけることが多くなった気がする。個人的にはちょっとうれしい… と言ったら漁業者に申し訳ないが、魚屋に行く機会が増えたのは確か。
普通、魚を買うのは「デポー東村山店」「佐藤水産」「角上魚類小平店」「ととや」で、この間、めちゃめちゃ混む角上以外は確実に利用頻度が増えている。


20200715 yoshi-11


さらに興味深いことに、この間、魚屋そのものが増えた。それも2店も。
久米川駅南口の居酒屋「あごひげ酒場」は7月5日、店頭を魚屋仕様に改装し「あごひげ鮮魚屋台」としてリニューアルオープン。
また、緊急事態宣言下シンボルのマグロのオブジェの下で弁当と一緒に豊洲直送の鮮魚を販売していた「海鮮鮨 義 東村山店」も、店舗内で物販を継続中。


20200715 yoshi-12


上記のようにもともと魚屋に恵まれた地域であるが、さらに選択肢が増えたのは、やっぱりうれしいことだ。


20200715 yoshi-13


「義」をのぞいてみることに。


20200715 yoshi-15


2カ月くらい前かな、店先で何やら準備作業中のところを通りかかり様子を眺めていると、スタッフが話しかけてきた。「魚屋、続けますよ」と。
暑くなってきて屋外販売は無理なので店内に冷蔵ショーケースを設営中とのことだった。


20200715 yoshi-14


入店してテイクアウトメニューから海鮮丼を注文。


20200715 yoshi-16


「で、魚屋というのは?」と聞いてみた。
「こちらから注文していただきます」と、おねえさんは入り口正面の料理写真を示す。それを見て注文すると調理場のほうから品を持ってきてくれるというシステムのようだ。


20200715 yoshi-17

20200715 yoshi-18


ショーケースに鮮魚が陳列してあると思っていたので予想と違っていたが、でもまあ、そこそこ品ぞろえは多い。
試行錯誤の途中と思われるので、引き続き要観察としておこう。


20200715 yoshi-19


持ち帰りの海鮮丼は、マグロ、サーモン、エビ、アジ、イクラにトビコ、玉子、イカはアカイカ系? 青魚はカンパチ? えんがわはオヒョウ? という内容。


20200715 yoshi-20


800円としたらネタ数が多く、たとえばアジは活魚か? というくらい鮮度抜群。
ただ、女性や年配客の多いお店ということもあってかシャリの量が少ないのが、男子的にはアレかな…。


20200715 yoshi-21


ちなみにこちらはもともと広々とした店内レイアウトで個室席も多いので、密を気にすることなく店内飲食を楽しめると思う。


20200715 yoshi-22


[DATA]
海鮮鮨 義 東村山店
東京都東村山市本町2-16-1
https://yoshihigashimurayama.gorp.jp/





[Today's recommendation]

wachat20200715-2.jpg




https://youtu.be/dbB-mICjkQM



20200715 yabumyouga
ヤブミョウガ / 所沢市大字久米


驚愕! すし屋のバラちらしを1CLで 【鮨孝】

2020.05.18

 東日本大震災後、津波で家を失った両親が2カ月近く東京のわが家に身を寄せていた。両親の朝ドラを見る習慣がそのまま惰性でいまに残り、ニュースが終わっても朝ドラまでテレビをつけっ放しで、ものによってはちゃんと見たりもしている。
当時、年寄りはなぜ同じドラマを朝と昼の2回見るのか不思議でしょうがなかったが、いま朝ドラ『エール』をきっちり朝昼2回見ているワタシです o(- -;*)ゞ

東京オリンピックを筆頭に、NPBも春の六大学も夏の甲子園も、古関裕而関連のスポーツイベントは軒並み延期や中止になってしまったが、そのことがむしろドラマの存在意義を高めているように感じる。
“エール”はいま国民の合言葉であり、この困難な状況で大いに励まされる内容のドラマだと思う。


20200518 sushikoh -29


ということで今回のエール飯は、オリンピアンも食べた「鮨孝」のバラちらし。
平昌オリンピック女子アイスホッケー日本代表の床亜矢可・秦留可姉妹は東村山市出身。Instagram「#床姉妹」の投稿14件中2件がこのバラちらしだ。


20200518 sushikoh -28


バラちらし2つと太巻き1本を電話で注文。


20200518 sushikoh -31


SNSで投稿の多いテイクアウト限定バラちらしだが、ビジュアルと価格の間に乖離があるので確認してしまったほど。
「500円です」
信じられませーん!!


20200518 sushikoh -23


うわさのバラちらし、まさに「おすしの宝石箱やー!!」
この見た目の美しさは職人の包丁の技によるところが大きい。細かく切りそろえられた各ネタのエッジが立っている。もちろんネタの鮮度が抜群によくなければこうはならない。
シャリのおいしさが、チェーン系やSM惣菜コーナーと差のつくところだとも思う。


20200518 sushikoh -25


“すし屋の玉”が無造作に散りばめられたバラちらしが500円… というところが、最大のポイント。


20200518 sushikoh -24


500円では量が少ないかもしれないと思って太巻きを追加したんだが、ぜんぜん少なくなかったです。
巻いてあるネタはきっぱり甘かったりして、江戸前ずしのお店としてフトコロの深さを感じる。


20200518 sushikoh -26


さて朝ドラ『エール』、これほど明日(5/22放送分)が待ち遠しい展開って…。
トーモンの魂がぐわんぐわん揺さぶられるのだ。


20200518 sushikoh -22


[DATA]
鮨孝
東京都東村山市本町2-6-25





[Today's recommendation]

wachat20200518.jpg







20200518 sushikoh -33




自粛の中に少しの贅沢を 【ダイヤ寿司】

2020.05.07

 娘が泊まりに来るというので、夜はすしにすることにした。
いま、市内のおすし屋さんの多くがテイクアウト限定商品を売り出しており、それがものすごいお値打ち価格だったりするので、客としては申し訳ない気持ちにもなるが、どれもこれも食べてみたい。
そんな中で今回選んだのが「ダイヤ寿司」。


20200501 diazushi-11


優良店の多い市内すし屋の中でも屈指の人気店というのもあるが、いまこのお店ではInstagramでほぼ毎日“お魚クイズ”をやっていて、これが非常におもしろいし勉強にもなる。
正解者にはその魚のにぎり1貫がサービスされるというもので、ちょうど出題中のクイズを当てる自信があったと。


20200501 diazushi-12


「松にぎり×3、いなり寿司2コセット×3、お魚クイズの答えは… イサキ?」と、注文内容を相方とLINEで共有。
ちなみに、いちおう連休明けであるので僕は多忙を極め、相方は1カ月ぶりくらいで出勤している。
昼の営業時間11:30~14:00の間に電話で予約して、夕方の開始時刻17:00にとりに行く。大将は握り場で黙々と仕事をされていて、にぎりたてをそのまま持ち帰る感覚だ。


20200501 diazushi-13
20200501 diazushi-14
20200501 diazushi-15


松にぎりは、マダイは皮霜造りで、エビはボタンエビ? というあたりがぜいたく感いっぱい。
マグロは赤身も中トロもうま味濃厚、極上のおいしさだ。


20200501 diazushi-16


いまだけサラダ付きで、茨城のシモタ農芸の野菜とみそドレッシングが評判の海鮮サラダを自宅でいただけるのはうれしい。


20200501 diazushi-1720200501 diazushi-18


いなりセットはホタテ時雨&五目。
江戸前ずしのお店のいなりというのは、やっぱり気になるだろう。
キホン甘辛味のいなりに甘辛い具であるが、このいなりは揚げがあっさり炊いてあって全然くどくない。具材の味が引き立って、ぜいたくかつ食卓も華やぐおいなりだ。


20200501 diazushi-19

20200501 diazushi-21
漆器に盛り付けてみた


お魚クイズの答え、イサキのにぎりは3貫も付いてきた。3人分の注文だろうからと、そういう言わず語らずのうちに… みたいなサービス精神って素晴らしいと思う。

「このイサキは脂ののりがすごいです」と大将。
イサキの脂はブリ系などより軽い感じで化学的に正しいかわからないが不飽和度が高そうで良質っぽい… と勝手に考えているが、ここまで脂ののったイサキは食べたことがない。
皮目を香ばしくあぶってあって、絶品。これがサービス品とは…!


20200501 diazushi-23


自粛生活が続くと気持ちもしぼみがちになるが、戦時中じゃあるまいし食べることのぜいたくまで慎む必要はまったくないのである。
食を楽しむことは生きることそのものだから。


20200501 diazushi-24


[DATA]
ダイヤ寿司
東京都東村山市栄町1-16
https://daiyazushi.jimdo.com/





[Today's recommendation]

wachat20200507.jpg




https://youtu.be/m83e8Z14ecw


Latest Articles
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2