fc2ブログ

ホスピタリティの心 【魚人】

2023.09.24

 国立天文台には食堂もあって、大学みたいなものだから学食みたいなものだろうけど、一般も使えるらしいというので実はアテにしていた。
が、土日祝休み。学食だけに。
近くの深大寺までそばを食べに行くという手もあるが、天文台が楽しすぎて時間が遅くなってしまっている。そっちは家とは反対方向だ。
もう何でもいいから最初に目に入ったお店に入ろうということで、帰路の天文台通り。

最初に目に入ったのがうなぎ・天ぷらの看板の老舗然とした店だが、近日オープンの張り紙がしてあり、老舗閉店後の物件に居抜きで入った新店らしい。
そのあとも、すし屋はシャリ切れ、そば屋は臨時休業、街中華は行列… と、間の悪い流れはとどまるところを知らず、気がつけば東小金井駅。


20230924 uonchu-11


ラーメン屋ならやってるけど、ラーメンじゃなぁ… と思ったら、その隣に“すし処”の暖簾が掛かっている。


20230924 uonchu-12


おそるおそる暖簾をくぐり、「食事、できます?」


20230924 uonchu-13


ということで、寿司割烹「魚人(うおんちゅ)」。

入ったのはいいが、店内に品書き的なものがいっさい見当たらない💦
加えて、カウンターのみの店内に常連の昼飲み客1名のみ… という、間が悪いということでは極め付きと言っても過言ではないアウェーな条件なのであった。


20230924 uonchu-14


常連1名のみがなぜ問題かというと、話し相手がほかにいないから客はずっと店主に話しかけ、自然、店主はそっち専属になってしまう。

う、うーむ ( ̄ω ̄;) ウーム…
…という頃合いで、もう1人常連さんが入店。

常連どうしの会話の場が形成されれば、いちげんさんもずっと居やすくなる。
「にぎりとちらしができますが」と、店主もようやくこっちの仕事に取りかかれる。


20230924 uonchu-25


注文はにぎり2人前。
「10個くらいにぎりますね」と、意外に若いマスター。「ランチということで、シャリ大きめで」

もしかしたら休日ランチサービスというものはなく特別に対応してくれたのかも。
いま目の前で玉子焼いてるし… w( ̄o ̄)w オォ!


20230924 uonchu-1520230924 uonchu-1620230924 uonchu-17


にぎりはこのように見事なもの。


20230924 uonchu-1820230924 uonchu-1920230924 uonchu-20


マグロが部位の違う2貫、白身はマダイ、イサキ2貫と、焼霜造りはカマスだそうだ。エビもむき身でなく活きからさばいてある感じ。
写真撮り忘れたがお椀は海老の頭のみそ汁で、だしが濃厚である。


20230924 uonchu-21

20230924 uonchu-22


放っておかれているようで、さりげなく好き嫌いを聞いてきたりと、マスターの接客はきめ細か。
きめ細かでありながら、常連とおしゃべりしつつ、肩に力の入っていない自然体。
いつの間にか、いちげんさんもすっかり和んでいるのである。


20230924 uonchu-23


とはいえ、“品書きのないすし屋”という不安はぬぐえない。
おあいそに席を立つと、そっとメモを渡される。

うーむ。
想定の範囲のいちばん下のラインなのだった c( ̄▽ ̄)

巡り巡って大当たり🎯


20230924 uonchu-24


[DATA]
魚人(うおんちゅ)
東京都小金井市東町4-43-6





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=VQd_eRDnVsA



wachat230924-33.jpg


ハレの日のおすし 【ささき寿司】

2022.12.30

 年末で娘が帰ってくるというので、晩ごはんをどうするかという話になる。
こういう場合、2つの考え方があり、普段食べないようなごちそうにするか、食べ親しんだ母の手作り料理にするか。

なぜか油揚げがダブついてるらしい。
「おいなり作ろうか」という。「ムスメ、いなり好きだし」
「だったらそれに合わせておすし買ってこようか」

ということで、おすし屋のごちそうと母の手料理の折衷ということに。


20221230 sasakisushi-11


こんなときにちょうどいいと前々から考えていたお店がある。
武蔵小金井の「ささき寿司」は、江戸前にぎりと京風押しずしの2枚看板。
テイクアウトチェーンやスーパーを除き押しずしを買えるお店は貴重である。


20221230 sasakisushi-12


にぎりより押しずしのほうがハレの日っぽい。
しかもおいなりに組み合わせるとなると、そっちのほうが断然しっくりくる。


20221230 sasakisushi-13


さばバッテラ、えび、穴子、サーモンを各1本
注文が入ってから目の前で作ってくれる。


20221230 sasakisushi-14

20221230 sasakisushi-15


待つ間、ショーケースをじっくり眺めると、にぎりと押しずしのほかに、さばや小鯛の棒ずし、茶巾ずし、大阪ずし、助六… と、実に幅広いラインアップ。
「おすしの万国博覧会やぁ~!」


20221230 sasakisushi-16


危うくもう2~3品、追加で注文しそうになった。
パックを受け取ると手にずっしりきて、追加しなくてよかった… と。


20221230 sasakisushi-22


1本が6切れにカットされていて、1人2切れ×4種。


20221230 sasakisushi-17


シャリの味が濃いチェーン店のものを考えると、ちょっと飽きがくるかも… という量だが、こちらはシャリもネタも甘さ控えめ。
実に上品な味で、いくらでも食べられる。


20221230 sasakisushi-18


穴子は香ばしくあぶってあり、押しも強すぎずふんわり口の中でほどける。
えびはすし1本に2尾ほどと大ぶりなものを隙間なく重ねて敷いてあり、1切れの厚みがすごい。
さばは程よく脂がのり、漬け酢も甘すぎず、とてもおいしいバッテラ。


20221230 sasakisushi-19


これだけ食べても2500円ちょっと。
品数豊富で味よくコスパ抜群!
しみじみいいお店だと感じたのであった。


20221230 sasakisushi-20


皆さま、よいお年を😺


20221230 sasakisushi-23


[DATA]
ささき寿司
東京都小金井市前原町3-40-22





[Today's recommendation]


https://youtu.be/ecDhLebBBhc



wachat221230.jpg


江戸前&京風、二枚看板のおすし屋さん 【ささき寿司】

2019.12.29

 国分寺から武蔵小金井経由で花小金井まで歩く予定だったが、僕は買ったばかりのスニーカーでアキレス腱が痛くなり、相方は仕事で痛めた腰痛が悪化して、途中棄権。
昼ごはんを食べて武蔵小金井から電車で引き返すことにした。
とにかく休みたいので、迷わずズバッとお店を決めたいところ。


20191229 sasaki-11


前原坂上の交差点から質屋坂通りに入ったところに興味深いすし屋がある。
「ささき寿司」は、江戸前 & 京風を掲げる二枚看板のおすし屋さんだ。


20191229 sasaki-12


基本、持ち帰りずしのお店だと思うが、店内飲食コーナーのようなテーブルが表からも確認でき、いつか入ってみたいと思っていた。


20191229 sasaki-15-2


優しそうな年配のご夫婦のお店である。
「お店で食べられますか?」と一応確認。入って正面がショーケースになっていて、そこで注文してから席に着くシステムのもよう。


20191229 sasaki-19


ショーケースには握り寿司、押し寿司、助六、大阪寿司、京寿司、細巻き各種… とズラッと並んでいて、「まるでおすしのオールスターゲームやぁ!」


20191229 sasaki-18


ここはやはり江戸前と京風の両方をいただきたい。
江戸前のほうはにぎり(並)1000円にすんなり決まったが、京風のほうは大いに迷う。とにかく押し寿司や棒寿司が大好きで、バッテラ、穴子、えび、えび玉… 全部食べたい。


20191229 sasaki-17


すると“お好み”という文字が…。
サンプルでは押し寿司2個ずつ3種類で630円。


20191229 sasaki-16


「えーと、このお好みというのは…?」
「どの組み合わせでも大丈夫ですよ」とご主人。
これはうれしいセットだ。王道的にバッテラ、穴子、えびでお願いする。


20191229 sasaki-20


先入観で押し寿司は作り置きかと思っていたが、このお店は注文を受けてから作る。にぎりももちろんその場でにぎるので、当然時間がかかる。
その間、おかみさんはお茶を入れたり、器の用意をしたり、ワケギを刻んだり。
入れたての緑茶がおいしい。


20191229 sasaki-21

20191229 sasaki-22


すしは約10分で一緒に出される。
にぎりはとにかくネタが大きい。マグロもイカも分厚いカットで、エビもでかい。アジなんか、トビウオか…? と本気で思ったほど。
シャリが甘くないのが江戸前的である。


20191229 sasaki-23

20191229 sasaki-24


と思ったら、押し寿司のシャリも甘さ控えめだ。
というか、バッテラのサバも穴子のツメもぎりぎり絶妙の甘さで、押し方もふわっと優しく、実に上品な押し寿司である。これならいくらでも食べられそう。


20191229 sasaki-25


お茶のサービスとお椀も付いて持ち帰りと同じ値段と、このイートインはお得である。
でも、持ち帰りという気軽なスタイルでレベルの高い押し寿司をいただくことができるというのは貴重だ。
これはいいお店を見つけた。


20191229 sasaki-26


[DATA]
ささき寿司
東京都小金井市前原町3-40-22





[Today's recommendation]

wachat191229.jpg




https://youtu.be/7SQY60Ta8gE


Latest Articles
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2