fc2ブログ

街道沿いの老舗割烹 【三河屋】

2022.06.12

 前々記事前記事の続きで、吹上しょうぶ公園をあとにしたわれわれは青梅市街へ向かった。

前々記事に書いているように街歩きを兼ねており、旧青梅街道をブラブラしつつ昼ごはんの店を探すという展開である。
去年秋、青梅市街地を探索したときは青梅駅から東青梅駅へと歩いているので、今回はちょうどその逆向きになる。


20220612 mikawaya-1520220612 mikawaya-16


といっても、すでに正午を回っているので、昼ごはん最優先。
東青梅駅北口交差点から西分一丁目交差点まで666m歩き、見た中でいちばん惹かれたうなぎ屋さんのある青梅線踏切まで引き返す。


20220612 mikawaya-1120220612 mikawaya-12


お店に入ろうとして、ふと空が気になった。
さっきから雲行きが怪しい。

スマホで「東京アメッシュ」を開くと、積乱雲の巨大な赤い塊がすぐそこに迫っていて、このまま入れば食べている最中に降りだされ身動きとれなくなること必至。
「こりゃダメだ」と、急いで東青梅駅南口の駐車場に向かったのであった。


20220612 mikawaya-1320220612 mikawaya-14
雲行きが怪しい


この場合、駐車場から離れた場所にいたことが問題で、車で移動している分には多少降られてもどうってことないので、駐車場が整っていそうなお店をあらためてスマホで検索。
で、すぐに気づいた。
「さっきのお店、駐車場ないわけないわな」

という紆余曲折を経て、JR青梅線踏切際の「割烹 三河屋」へ。

駐車場は別館敷地にあり、道を挟んだ本館までわずかな距離を移動中、ドワワーッと降ってきたのであった。


20220612 mikawaya-1720220612 mikawaya-18
慌ててお店に駆け込んだ


「三河屋」は1932(昭和7)年創業の老舗割烹。
概要は、[本館]1F食事処・宴会場、2F宴会場、3Fビアガーデン(夏季)、[別館 桂月庵]1F 駐車場、2F 宴会場、屋上ビアガーデン(夏季)


20220612 mikawaya-45
ビアガーデン入り口は別にある


はじめチェックしたとき興味をひかれたのが屋上ビアガーデン。
自分で利用するチャンスはないかもしれないが、線路際のビアガーデン… 情報として面白いと思った。


20220612 mikawaya-2120220612 mikawaya-22


ということで本館1F食事処、広さはあるが厨房など入り組んだつくりで、個々のテーブルは隔絶感があって意外に居心地がいい。
…と思ったんだが、すぐ隣の小上がり宴会場では大家族×3くらいの宴会がワイワイ執り行われていて、ちょっとアレで…。
雷もドッカンドッカン落ちまくってて Σ( ̄ε ̄;| | |・・・


20220612 mikawaya-1920220612 mikawaya-20


基本うなぎ屋さんなのである程度覚悟はあったが、品書きをざっと見たところ最安レベルが天重の1100円。その次が天ぷら御飯の1430円。
それを1つずつ頼む。


20220612 mikawaya-2320220612 mikawaya-24

20220612 mikawaya-2520220612 mikawaya-26
メニュー帳抜粋。ずっと後ろのほうに[お食事]がある


あとから入ってきたおばちゃんグループのガヤガヤ声から“天ざる”というのが聞き取れる。
そんなのあったか…? と品書きを見直すと、後ろのほうにひっそりとそばメニューがある。
見つけられなかったのは悔しいが、これはかなりリーズナブルだと思うので、やはり情報として掲載。


20220612 mikawaya-2720220612 mikawaya-28


天ぷら御飯、天重はどちらも小鉢、お新香、ご飯、みそ汁つき。
天ぷらの内容が惜しみなく潤沢で、それだけに天ざるそば880円がいよいよ気になるんだが…。


20220612 mikawaya-3320220612 mikawaya-34


小鉢がタケノコ・豚肉・油揚げ・こんにゃくの煮物というちゃんとしたもので、うれしくなってしまう。
こういうのは良店の証しかも。


20220612 mikawaya-3120220612 mikawaya-32


天ぷらはエビ×2、キス×2、ナス、カボチャ、シシトウ、シイタケ…。
ネタ数の多さもさるとこながら、油切れよい揚がり具合。


20220612 mikawaya-3520220612 mikawaya-36


店構えや鰻の幟に反し、アットホーム&コスパ優良なお店なのでした ♪(* ̄∇ ̄)/


20220612 mikawaya-3920220612 mikawaya-40


店を出ると、ちょうど雨がやんで空気が冷たくなっていた。
帰りは車の窓を開け放って、気持ちよいドライブに。


20220612 mikawaya-4120220612 mikawaya-42


[DATA]
三河屋
東京都青梅市勝沼1-192
http://www.t-net.ne.jp/~mikawaya/index.html





[Today's recommendation]

wachat220612-33.jpg




https://youtu.be/nJTfG1MmMwQ



20220612 mikawaya-47
夕刻の東村山市


門前の宿坊料理 【山香荘】

2021.09.23

 前記事のつづきで、武蔵御嶽神社にお参りしたあと石段を下って茶屋の通りを抜け、左に下って御岳山駅へ向かう。
ここの茶屋が全部閉まっていては、確実に昼ごはんにありつくには、来るときに営業しているのを確認しているケーブル駅前の茶屋をめざすしかない。


20210923 mitake-65


神代ケヤキの写真を撮っていると、すぐ横に食べ物屋さんっぽい置き看板が出ている。
“御昼食 営業中”
これはラッキーかも。


20210923 sankoso-2320210923 sankoso-24


天ざる 千五百円也、釜飯 千五百円也

パチパチ…(頭の中でそろばん弾く音)

“可也(オッケー)”と出ました。


20210923 sankoso-21


“民芸の宿”というキャッチから、いわゆる宿坊的なニュアンス。
駅前の土産物屋より深く参拝文化に通じる付加価値を考えれば、観光地価格としてもさほど高くないという算用。


20210923 sankoso-2520210923 sankoso-26


古民家風の重厚なつくり。
靴を脱いで上がり框の段差をまたいだ先は、売店兼ロビー風。


20210923 sankoso-2720210923 sankoso-28


民芸風の物販と、古道具などが飾られた広い空間。あちこちに置かれた和風テーブルセットに思い思いにくつろぐ人たち(前客2組)。
ゆっくり流れる順番待ちの時間が、なんともぜいたく。


20210923 sankoso-2920210923 sankoso-30


順番が来て通された食事の部屋は、つくり込まれたロビーとは対照的に素朴な民家の座敷風。
10畳か8畳の部屋を襖を外して4つつなげたような広い空間に座卓がゆったり配置してある。


20210923 sankoso-3320210923 sankoso-34


注文は予定どおり昼の膳の手打ちそば天ざる、釜めし梅。


20210923 sankoso-3520210923 sankoso-36


待っている間、スマホで調べたところ、こちらの建物のバックグラウンドがすごい。

――直木賞作家浅田次郎氏の母の実家でもあり、今でもたびたび滞在し、当館で多くの小説が生まれています。御岳山商店組合HPより)


20210923 sankoso-3720210923 sankoso-38


日替わりの食前酒はさくらんぼのお酒。


20210923 sankoso-45


そばはホシの入った本格手打ち。
わさびは本わさびで、うま味の感じられる爽やかな辛味がいい。
天ぷらは、えび、さつまいも、なす、まいたけ、ししとう、みょうが。


20210923 sankoso-44


2セット合わせると6鉢にもなる潤沢な小鉢は山菜メイン。


20210923 sankoso-3920210923 sankoso-40


わらびの煮物やまいたけの天ぷらがおいしいのはさすがに山ならでは。
また、刺し身こんにゃくは御岳の名物とか。宿坊によって違いがあるそうだが、こちらはぷるぷるで軟らかい新感覚。


20210923 sankoso-4120210923 sankoso-42


素朴ながらも手の込んだ小鉢をつつきながら、釜めしが炊き上がるのを待つ。
この静謐な時間がなんとも…


20210923 sankoso-43


ふらりと入ったところが江戸時代から続く由緒ある宿坊だったというのも、御岳ならではかもしれない。


20210923 sankoso-3120210923 sankoso-32



[DATA]
山香荘
東京都青梅市御岳山137
http://musashimitakejinja.jp/





[Today's recommendation]

wachat210923-2.jpg




https://youtu.be/HxB1MKOo9FI



20210923 sankoso-47
帰りのケーブルカー


お高いようで、意外に…? 【たかはしや】

2021.08.01

 午後に所沢の松が丘に用事のある人がいて車で送っていくことになっており、早めに出て青梅街道を西へ。
東村山駅から2.5kmほどの目的地へ30km以上の大回りで向かおうというわけである。

なんというか、家にいるのがキツい。
「オリンピックはとてもステイホーム率を上げている」と都知事は言うが、関心のない人間はどうせよと。もともとテレビはあまり見ないが、ニュースや天気予報の枠にまでオリンピック中継に食い込んでこられるのはストレスである。
平時であれば新宿や吉祥寺に出かけているところ、そうもいかないので、車で少し遠いところへごはんを食べに行くというケースが多くなっていると。


20210801 takahashiya-11


青梅街道・箱根ケ崎交差点に割烹風の日本料理店がある。


20210801 takahashiya-12


ときどき書いているが、昨年来、こっち方面に自転車で来ることが多くなっていて、当然、街の情報にも詳しくなっていく。
日本料理「たかはしや」は、交通の要衝・箱根ケ崎宿の昔の賑わいをしのばせるかのような古い街並みの外れに位置し、由緒あるふうな構えもあって気になる存在。
1人では入りづらい雰囲気で、まさにこんなシチュエーションのためにとっておいたようなお店である。


20210801 takahashiya-13


1974年創業。
1573(天正元)年創建という圓福寺の門前に位置することもあってか法要など会食需要が多いようで、店のつくりもそれなりに格式高い。お値段もややお高い (;^_^A


20210801 takahashiya-1720210801 takahashiya-18

20210801 takahashiya-1920210801 takahashiya-20


きのこおろしそばとヒレかつ重を注文。


20210801 takahashiya-15


ざっと通路を挟んで右がテーブル席、左が座敷席というつくりで、テーブルは1つずつボックスに仕切られプライバシーに配慮されている。
その点はコロナ禍において大きなアドバンテージになるので強調しておきたい。


20210801 takahashiya-16


ちなみに見える範囲で座敷席は畳用テーブルセットとなっていて、足の悪いお年寄りへの配慮も行き届いている。
女性店員さんの接客は、丁寧かつ親身&すごく気さく (≧∇≦)b


20210801 takahashiya-24


そばはぶっかけタイプ。
写真ではいまひとつ豪快さが伝わらないが、盛り付けは30cmかそれ以上という大皿に、どぉーんと。


20210801 takahashiya-25


きのこはブナシメジとエリンギ。
そばは国内産そば粉使用の自家製とのこと。


20210801 takahashiya-26


ところかまわず手繰ってはズズッとすする。つけそばのように粋とはいかないが、痛快である。


20210801 takahashiya-21


ヒレかつ重は見るからにボリューミーだが、食べてみると見た目よりもっと重量級。分厚いカツが、面積の大きい浅鉢の表面をびっしり覆っているのだから。ご飯の量もきっぱり多く。


20210801 takahashiya-22


かつはデカいが脂身のないヒレかつだからペロッと食べられる。味付けもくどくなく上品。


20210801 takahashiya-23


“お高い”という印象は間違いで、このヒレかつ重などオトクと言っても過言でない。


20210801 takahashiya-14


高いわけではなく、安い選択肢の少ない… としたほうが的確。
今回の組み合わせはお値段以上の満足度といえる。
これなら、たとえばうな丼2350円(持ち帰りなら2070円)も、かなり期待できるかも。


20210801 takahashiya-27


[DATA]
たかはしや
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎135
https://mizuho.shop-info.com/takahashiya/





[Today's recommendation]

wachat210801.jpg




https://youtu.be/UIArwjfCClk



20210801 kamakiri-22
ハラビロ? カマキリ 3齢? 幼虫


Latest Articles
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2