路地裏に歴史と文化の薫り 【でんえん】

2017.07.22

 1957年創業、60年続く国分寺の名曲喫茶「でんえん」。元は1924年に建てられた米蔵だという。
以前より気になる店だったが、先週放送されたテレビ東京『出没! アド街ック天国』に登場し、店主が90歳の女性であることを知り、これはぜひ行っておかなければと思った。


denen14.jpgdenen12.jpg


見ようによっては趣があり、見ようによっては朽ち果てている。――名曲喫茶というものはすでに40年ぐらい前からそういう存在だった。
昔入った名曲喫茶は、お茶の水の「ウィーン」、高田馬場「らんぶる」、中野「クラシック」、吉祥寺「こんつぇると」「バロック」など。これらの中でも「らんぶる」と「クラシック」の廃墟感はすごかった。
それらは「バロック」を除きすべて閉店し、ほかに新宿「らんぶる」など、現存するが名曲喫茶とは名ばかりというところも多い。
そんななか、われわれが若かったころすでに古びていたと想像され、そのまま現在に至っている貴重な存在が「でんえん」である。


denen15.jpgdenen13.jpg


扉を開けるとマダムのお出迎え。きちんとした服装にベレー帽の上品でかわいらしい女性である。
店のつくりは突き当りを左折するL字形で、意外に奥行きがある。いちばん奥の席に着く。
名曲喫茶に共通のにおいがする。かび臭いような、ヤニ臭いような。しかし壁紙などはメンテナンスされており、店内はきれいで落ち着く。
コーヒーは480円。角砂糖が懐かしい。

看板に〝クラシックと絵“とあるように、壁にはセザンヌ、マリー・ローランサン、ジョルジュ・ルソー… の絵。
フルート協奏曲的なバロックの音楽が流れており、先客1人がスピーカーに向かって座っているので、昔を思い出して会話がはばかられる。
その後2組お客さんが入り、(マナーの範囲内で)普通に会話が交わされ、僕らもやっとリラックスする。


denen18.jpgdenen17.jpgdenen16.jpg


曲はシューベルト『野ばら』に変わる。チェロ編曲の小品集のようで、続いて同じくシューベルト『セレナード』、シューマン『トロイメライ』、サン-サーンス『白鳥』、ボッケリーニ『メヌエット』…

店を出ると3時前にして日が陰っている。工事中の駅前ツインタワーの影響のようだ。
明るい日の光にさらされるよりも、路地裏の暗がりが、むしろ古き情緒を際立たせる。
大きな環境の変化にも、60年も街の文化を支え続けたその存在感は揺るがない。


denen11.jpg


[DATA]
でんえん
東京都国分寺市本町2-8-7



[Today's recommendation]

maisky.jpg
『Famous Cello Works』
Mischa Maisky(Vc)



Latest Articles
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
漆塗りの付け台でいただく1CLにぎり! 【寿司金】 Oct 05, 2019
懐かしの屋台ラーメンを彷彿させる… 【ラーメン えどっこ】 Oct 04, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2