fc2ブログ

東京のはずれの古民家で――その2 【古民家いろり】

2023.09.03

 前記事の続きで、青梅市小曽木の古民家カフェ「いろり」昼ごはん編。

五右衛門風呂の足湯は築70年と書いたが、喫茶・食事処となっている母屋は築160年、江戸期の建物を改築したものだそうだ。


20230903 irori-12

20230903 irori-13

20230903 irori-14


土間から右に上がって続きの2間とその奥左の1間が客間に使われている。
左上座の礼法が染み付いているため、この右向きのつくりに違和感を覚えるワタシ。

…というように、古民家というがわれわれの子ども時分こういう民家はごく普通で、日常感覚で接していた。
いうなれば古人間だな、わしら ( ̄- ̄;) ンー


20230903 irori-30


最初の部屋が畳の間で、次の部屋が板の間、左に折れた奥の間が洋室風。


20230903 irori-16

20230903 irori-17

20230903 irori-18


畳の間の掘りごたつの席に通される。


20230903 irori-19


食事メニューの幅が広い。
そば・うどん、天丼、うなぎ、川魚、豆腐料理…, and BBQ.


20230903 irori-20

20230903 irori-21

20230903 irori-22


迷った末、ちょっぴりぜいたくランチと野菜天そば(ざるそば+野菜天)に。


20230903 irori-23


野菜天はかぼちゃ、さつまいも、ピーマン、モロヘイヤ、しいたけ。
ほぼ自家栽培と思われる。
そばも太さが不ぞろいで、どことなく田舎風。


20230903 irori-24

20230903 irori-25

20230903 irori-26

20230903 irori-27


ちょっぴりぜいたくランチのメインは豚肉みそ漬けソテー。
加えてまぐろ刺し身、さつまいもとなすの揚げ浸し、なめこと青菜のみぞれあえ、きゅうりとだいこん・赤ピーマンの酢の物。
それにひと口デザートとぶどうが付く。


20230903 irori-28


背後は霞丘陵七国峠。
昭和48年ころのツクツクボウシの声が聞こえた気がした、夏の終わり。

(つづく)


20230903 irori-29


[DATA]
古民家いろり
東京都青梅市小曽木1-135
https://kominkairori.owst.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/NF23_W8wjEg?si=qMe5gm7Hb2YcG_-F



wachat230903-22-22.jpg



20230903 irori-33
次号予告


東京のはずれの古民家で――その1 【古民家いろり】

2023.09.03

 青梅市の北東端に位置する“都内唯一の温泉郷”岩蔵温泉。
ヤマトタケルの開湯伝説が残る古くから知られた存在だが、かつて5軒あったという旅館も現在は1軒を残すのみで往時のにぎわいは失われている。

昔、名栗や秩父に行くのに何度か通り、“東京唯一の”といううたい文句に惹かれいつか泊まりに来てみたいと思いつつ、温泉街の衰退もあり忘却の彼方に。
それがコロナ禍における近場観光というマイブームの中で再びその名が浮上、ときどき周辺スポットなどを調べたりしている。


20230903 irori-ashiyu-11


「岩蔵温泉の古民家に卵買いに行くべ」と言う。
純国産鶏“もみじ”から産まれた“もみじたまご”を売っているという。
カフェもやっていて昼ごはんも食べられるので、念のため予約を入れたという。


20230903 irori-ashiyu-14


「古民家いろり」は岩蔵温泉の南の外れに位置する。
家から行く場合、青梅街道から岩蔵街道に入ってそのまま… という非常にわかりやすい場所にあるが、岩蔵温泉中心部も見ておきたかったので飯能側から大回りのルートをとり、11時前に現地到着。


20230903 irori-ashiyu-1520230903 irori-ashiyu-16
アザミ類やヤブランと、花は秋模様


11時開店まで少しあるので、目の前のパン屋さんで買い物をしたりして時間をつぶす次々回掲載)


20230903 irori-ashiyu-17
パン屋さんの向こうに古民家


ぶらぶらしているとお店のおばちゃんが出てきて幟が立った。
「さっきまで曇ってたのにすっかり晴れて、また暑くなりそう」などと時候のあいさつ。


20230903 irori-ashiyu-18


前庭部分に広めのバーベキューコーナーがつくられている。
以前は駐車場だったもよう。


20230903 irori-ashiyu-20


その脇を抜け母屋に向かうと、右手にちょっとした小屋。
“足湯”と書いてあり、なんと五右衛門風呂で薪が焚かれ、煙突からは煙がたなびいている。


20230903 irori-ashiyu-21


バーベキュー場の炭の準備から戻ってきたさっきのおばちゃんに「写真撮らせてもらっていい?」と聞くと、「足湯、もう温まってるから入れるんじゃないかしら」と。


20230903 irori-ashiyu-22


おばちゃんはてきぱきとタオルやら座布団やらと支度してくれ、そのまま足湯につかることになったのでありました😺


20230903 irori-ashiyu-23

20230903 irori-ashiyu-24


このお風呂はこの家の息子が生まれたときに造ったもので、生まれたといってももう70になるから70年前のもの?(笑)… というようなことをおっしゃっていて、ほかにも岩蔵温泉の源泉を分けてもらおうとしたら… などいろいろ楽しいお話を聞かせてもらった。


20230903 irori-ashiyu-25

20230903 irori-ashiyu-26


「無料開放してますから、いつでも入りに来てください!」
薪の五右衛門風呂が無料って、すごくないですか?
後ろの山はハイキングコースになっており、山歩きのあとなどに超オススメ。


20230903 irori-ashiyu-27


足湯を出たわれわれは、食事処になっている母屋へ。


20230903 irori-ashiyu-28


これが手入れの行き届いた立派な古民家で、満足度抜群なのだが、足湯につい字数を割いて長くなってしまったので、食事編は次記事で。


20230903 irori-ashiyu-29


土間に卵コーナーがあった。
すぐ近所の「すごい賞をとった」という鶏卵農園のもの。


20230903 irori-ashiyu-30


国産鶏のもみじたまごが1個30円。
かつてない卵価格高騰の時代において信じ難い良心価格である。


20230903 irori-ashiyu-31


帰りしな、卵を6個買う。

(つづく)


20230903 irori-ashiyu-32


[DATA]
古民家いろり
東京都青梅市小曽木1-135
https://kominkairori.owst.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/caqud0AnhyA?si=HMVrdB6u5wPQ3pNq



wachat230903-11.jpg



20230903 irori-ashiyu-33
次号予告


明治期建造の土蔵で 【土蔵食亭 三河屋】

2023.07.09

 前記事の続きで、奥多摩町氷川の昼ごはん編。


20230709 okutama-30


「奥多摩ビジターセンター」情報で特に気になったのが旅館のランチというものだ。
当地は観光で栄えたそうで、いまでも数軒の旅館が残されている。
前記事でも触れているように、それぞれに特徴あるランチを提供している。


20230709 mikawaya-31


なかでも目を引くのが青梅街道沿いの割烹旅館の看板と“そば”“お食事処”の幟。
背後には風格ある白壁の建物。
「氷川郷麻葉の湯 三河屋旅館」である。


20230709 mikawaya-11


野立て看板に“創業百八十年”とあるが、看板自体が色あせており、それから何年もたっているに違いない。
…とHPを見てみると、キャッチコピーが“創業200年の古き良き日本の湯宿”。


20230709 mikawaya-12


その土蔵部分を改装したのが「土蔵食亭 三河屋」。
一見敷居が高そうだが、道沿いにメニュー帳が出ているので入りやすい。


20230709 mikawaya-13


――明治後期に建てられた土蔵を食堂風に改装した食事処。土壁と木材で建てられた土蔵は、夏はひんやり涼しく、冬期は暖房効果もある自然の力が活かされています。HPより)


20230709 mikawaya-14


外観から受ける印象どおりきれいに整えられた店内で、メンテナンスが行き届いているもよう。


20230709 mikawaya-15


漆喰の壁や太い梁による重厚感あるつくりで、壁には農具・民具。
明治~昭和混在な感じの空間演出である。


20230709 mikawaya-16


「写真撮っていいですか?」と尋ねると、「どんどん宣伝してください♪」と、接客のおばさまの対応はとてもフレンドリー。


20230709 mikawaya-17


注文は、天ざると天麩羅膳、それからおすすめの山女塩焼き。


20230709 mikawaya-18

20230709 mikawaya-19

20230709 mikawaya-20

20230709 mikawaya-21


小上がりに2人掛け席3卓、土間に4人掛けテーブル3卓ほど。
先客1人は隅の小上がりでクラフトビールを飲んでいらっしゃるが、民芸調を醸し出す落とし気味の照明のもと、昼飲みにはしっぽり最高の雰囲気。
クルマの人(←わし)は当然、飲めないわけだが…。


20230709 mikawaya-22


天ぷらは、エビ、舞茸、なす、かぼちゃ、ししとう。
膳のほうはエビが2尾。


20230709 mikawaya-23

20230709 mikawaya-38


「おいしそうに撮れました?」
というおばさまには申し訳ない写真になってしまっているが、言い訳だがiPhoneは暗いのが苦手で…💦


20230709 mikawaya-26

20230709 mikawaya-25


天ざるはよもぎそばとのことで、ツルッというのど越しはうどんに近い感じもするが香りは爽やか。
小鉢の刺身こんにゃくは手づくりだそうで、ぷるぷるした食感がたまらない。


20230709 mikawaya-27


山女の塩焼きは、家庭ではこうはいかないという絶妙の焼き加減。
まさにいまが旬で、脂が乗ってとてもおいしい。


20230709 mikawaya-28


で、やっぱり…
「ビ、ビール… ヽ(´д`)ノ ハァハァ…


20230709 mikawaya-29


奥多摩駅は奥多摩三山(大岳山、御前山、三頭山)や雲取山の登山口でもあり、“下山のあとのお楽しみ”にこちらのお店を組み込んだハイキングコースなどを、頭の中でシミュレーションしているのであった。

(つづく)


20230709 mikawaya-30


[DATA]
土蔵食亭 三河屋
東京都西多摩郡奥多摩町氷川1414
https://mikawaya-ryokan.com/storehouse.html
https://www.instagram.com/mikawaya_okutama/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/t07Oor0SdBw



wachat230709-22.jpg



20230709 mikawaya-37
次号予告


懐かしのドライブイン的な 【お食事処 日本亭】

2021.08.14

 うちは上がってすぐ階段があり、玄関と階段で吹き抜け構造になっていて、そこを利用してキャットウォークみたいなものをつくれないかという構想を温めている。
秋は工作の季節。
イメージを具体化するためにDIY方面を見ておきたいので、「ジョイフル本田 瑞穂店」へ。

そのついでに昼ごはん。
6本前の記事と似た状況ということで、そういえば瑞穂ネタが多い。


20210814 nihontei-13


前回の「たかはしや」のある箱根ケ崎交差点から1kmちょっと。国道16号岩蔵街道交差点の「お食事処 日本亭」へ。
ずっと気になっていたお店だが、瑞穂国の日本亭と、いま気づいたがなかなかすごい名前なのであった。


20210814 nihontei-14


駐車場がかなり埋まっていて、店内も混み合っている。
小上がり席が片付くのを待たせてもらったが、この間、店員さんの対応はこなれていて安心感がある。


20210814 nihontei-1520210814 nihontei-16


広い店内の中央にコの字カウンター、周囲にテーブル席と小上がりというつくり。


20210814 nihontei-17


メニューは定食、丼、中華麺、そば・うどん… と、幅広いラインナップ。


20210814 nihontei-1920210814 nihontei-20

20210814 nihontei-21-220210814 nihontei-22

20210814 nihontei-2320210814 nihontei-24


16号という幹線道路にあって、なんでもござれな品ぞろえ。
客席や窓枠など随所に配置してあるルーレット式おみくじ器。
まさにファミレス以前の昭和のドライブインそのもの…! と興奮を隠しきれないワタシ。

興奮のあまり、まんぷくセットというありえない注文をしてしまったという。


20210814 nihontei-18


まんぷくセット来る。


20210814 nihontei-2520210814 nihontei-26


おぉっ! と歓声が湧く。
えぇっ… !? とざわめきに変わる。


20210814 nihontei-31


ご飯の量がものすごい。
しかも唐揚げまで付いてくるって、知らなかった…(←知らんがな ヾ(ーー )


20210814 nihontei-28


こういう場合、ゆっくりしてたら負ける。
満腹中枢に追い付かれる前に食べきる“逃げ戦法”しかない。

が、ラーメンも肉野菜炒めも懐かしすぎて、ついつい立ち止まって味わってしまっている。
シンプルだけれども家では出せない“お店の味”。


20210814 nihontei-27


これは要するに、いわゆるラーメンライスだが、それだと寂しいのでおかずも付けて… ということで、おかずが付けばおのずとご飯の量も増え、ならばおかずをもう1品付け… というスパイラルを描いている。
いまだバージョンアップ途上かもしれない。


20210814 nihontei-30


もう1品は肉そば。
細めのそばで、のど越しがいい。
脂身の少ない豚肉がたくさん入って、長ネギと合わさってよい風味。


20210814 nihontei-29-2


で、この無茶な注文内容でも意外に苦労せず食べられた。
いろいろ懐かし要素に若いころの活力が呼び覚まされたからかもしれない。


20210814 nihontei-1120210814 nihontei-12
駐車位置の関係で外観写真が撮りづらい条件で、車内から撮った2枚を合成してある


[DATA]
お食事処 日本亭
東京都瑞穂町大字箱根ヶ崎1128-3
https://mizuho.shop-info.com/nihontei/





[Today's recommendation]

wachat210814.jpg




https://youtu.be/rQXSSh_LF1Y



20210814 nihontei-32
「ジョイフル本田」駐車場から望む雨の狭山丘陵


新緑がまぶしい 【奥多摩湖レストセンター 丸井亭】

2021.05.02

 県境をまたぐ移動の自粛が呼び掛けられているが、そう一律に言われてもなぁ… と。
相方の出身県だったり、所沢なんか普通に歩いて行けたりで、埼玉県には地元意識があるし。
「出ないでください」と言われても、こっちには出ているという意識はなく、戸惑いを隠せない緊急事態宣言下のGW。

またがなければいいのね?
ということで、東京都内を水平移動。
青梅街道をひたすら西へ。


20210502 maruitei-38


目的地は東京の水がめ、小河内ダム。
わしらの庭さきゃ多摩湖だけれど、こっちは奥多摩湖。字ヅラからも遠くへ来た感が漂う。
でも、出なければいいのね? σ( ̄、 ̄=) ンー


2021002 maruitei-22


雄大な光景が広がり、ひと気も少ない。
文字どおり胸が開くようであり、コロナ禍でいかに窮屈な暮らしを強いられているか思い知らされる。


2021002 maruitei-21


目的地は小河内ダムと書いたが、正しくはというか、やっぱりというか、食べ物屋さん目的である。
昔、丹波山村や小菅村のキャンプ場に向かうときに通って、このルートには土産物屋併設の食堂、いわゆるドライブインがいくつか残っていたことを覚えている。それが最近、妙に思い出され、機会をみて確かめておきたかったというのがある。


20210502 maruitei-39


出発前にグーグルマップで当たりをつけた第一候補の開店時間のだいぶ前に着きそうだったので、ダム見学してみましたと。


20210502 maruitei-24


小河内ダムをあとに、そのお店に向かったが、お休み。
次の候補が「奥多摩湖レストセンター 丸井亭」。


20210502 maruitei-26


ロケーションやお店の外観に既視感があり、探しものが見つかったようで興奮。
やっているかどうかわからないけど、広い駐車場は開いているのでとりあえず入ってみようと車を入れている最中に幟が立った。


20210502 maruitei-26 (2)


最初の客ですいているというのもあったが、意外といったら失礼だが感染対策は僕らの地元より徹底していて、そもそも余裕のある配置のテーブルを最大3人までと制限してある。


20210502 maruitei-27


ドーンと釜めしな店構えで、やっぱり釜めしは外せない。
なに釜めしにしようかと品書きを見ると、釜めしは山菜のみ。まぁ迷わなくて済む。


20210502 maruitei-28


こういうドライブインでは絶対そばが食べたくなる。
いつもであれば安直に山菜そばを選んでしまうところ、釜めしが山菜なだけにちょっと慎重に検討。


20210502 maruitei-29


木札の品書きの列に唯一上書きしてある手書きの短冊を目ざとく発見。
その“奥多摩原木しいたけ あんかけそば”に決める。


20210502 maruitei-30


待っている間、次々後客が入り、あっという間に満席になった。
先手必勝的な動きが、今回光った。
満席といっても各席2~3人なのでスカスカではあるが。


20210502 maruitei-31


あんかけそばは、スライスされたしいたけがたっぷり。
驚くほど肉厚である。


20210502 maruitei-32


ホームページに“奥多摩 原木しいたけ「たまのこ」”の説明。

――旬の時期だけ味わえる標高1200m育ちの無農薬・無施肥で山の恵みだけで育つ原木しいたけは、肉厚でプリプリな食感と旨みが美味しいとリピーターも続出!


20210502 maruitei-33


具にしいたけと少しの青ネギのみという潔いシンプルさ。
長ネギの青い部分だけを極細に切り、彩りと香りを添えてある。
鈍重になりがちな甘辛あんかけが、添えられた本ワサビでキリッとなる。


20210502 maruitei-34


釜めしといえば、因縁というか、2年前の10連休の旅行のときに食べて以来だと思う。


20210502 maruitei-35


具は、タケノコ、ワラビ、マイタケ、ニンジン、ウズラに、やはり肉厚しいたけの甘辛煮。
あっさりした味付けで食が進む。


20210502 maruitei-20


切り干し大根、ナスの煮浸し、ダイコンの甘酢漬けと、副菜も手づくり感いっぱい。


20210502 maruitei-37


片道2時間足らずでいけるリフレッシュポイント。
狙い目はこのように観光地すぎないところかな。


20210502 maruitei-25


[DATA]
奥多摩湖レストセンター 丸井亭
東京都西多摩郡奥多摩町川野289
http://maruitei.com/





[Today's recommendation]

wachat210502.jpg




https://youtu.be/2bDHzugiOvA




 奥多摩名物
2021.05.02 へそまんじゅう総本舗/東京都青梅市日向和田3-863

20210502 hesomanju-2720210502 hesomanju-26
20210502 hesomanju-23


おへそ形のまんじゅう。蒸したてフワフワをいただける。
北海道産小豆100%にこだわった自家製粒あんがおいしい。


20210502 hesomanju-24


Latest Articles
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2