fc2ブログ

霊験あらたかな 【穴八幡宮】

2023.12.28

 前記事に書いているごあいさつ先とは、娘(次女)が学生時代にアルバイトをしていたラーメン屋さんで、穴八幡宮のすぐ近くにある。
その折にはひとかたならずお世話いただいており、オーナーさんと店長さんにごあいさつすることができ、少し肩の荷が下りた。


20231227 anahachiman-12


娘は一昨年、とある文学賞をいただいており、お店の皆さんそれをわがことのように喜んでくださっている。ハッと気づいた。娘の支えとなっているのはこのような人たちであり、親ではない。自分はもうヤキモキする必要もないのだと思うと、感謝と安堵が込み上げた。
まだお参りしていないけれども、穴八幡様のご利益にあずかったような心持ちがした。


20231227 anahachiman-11


例年この時期は西早稲田の穴八幡宮に一陽来復の御守を授かりに参っているが、コロナ禍の2020-21年は休止、2022年は目先を変えて隣の放生寺の“一陽来福”を授かっているので、穴八幡は2019年以来4年ぶりとなる。


20231227 anahachiman-13


穴八幡宮は1062(康平5)年、源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め氏神八幡宮を勧請し東北鎮護の社として祀ったことに始まる。

――寛永十八年(1641年)、宮守の庵を造る為に南側の山裾を切り開いたところ神穴が出現し、中から金色の御神像が見つかった事などから、この時より穴八幡宮と唱えられるようになりました。「御由緒」神社HPより)


20231227 anahachiman-14


一陽来復御守は神社に伝わる福神(打ち出の小槌)伝説に起因し、江戸中期より冬至の福神祭に授与されていたという。
毎年、冬至から節分までの期間に頒布され、冬至・大晦日・節分のどれかの24時、その年の恵方に向けて壁などに貼り付けておまつりするというもの。
金銀融通のお守りとも呼ばれ、金運アップ、商売繁盛などのご利益があるとされる。


20231227 anahachiman-15


まず古札守納所へ去年の御守を返納。
去年のお守りは上記のように放生寺の“一陽来福”だが、お寺自体が穴八幡宮の別当寺なのでこちらに納めても問題ないだろうと。


20231227 anahachiman-16

20231227 anahachiman-18-2


一陽来復の御守を授かり、拝殿にお参りして終了。


20231227 anahachiman-17

20231227 anahachiman-19


御札御守頒布所はそれほど感じなかったが、拝殿にこれほど並んだ記憶がない。
コロナ明けの反動が強く実感され、2024初詣はどこも大変そう。

(つづく)


20231227 anahachiman-20


[DATA]
穴八幡宮
東京都新宿区西早稲田2-1-11
https://www.anahachimanguu.jp/
https://twitter.com/anahachiman





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UPBd8eHQqIw?si=5O8ksPOPsbw7QVu6



wachat231228-22.jpg



20231227 anahachiman-21-3
次号予告


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2