fc2ブログ

半世紀の時を超え 【ファミリーレストラン 丸広百貨店川越店】

2023.01.08

 しばらく車を動かしていなかったからバッテリーが不安というのもあって、近場に出かけることにした。
いつものように言いだしが遅いので近場といってもごく近場、川越へ。
人気の寺社の多い川越は正月、大混雑となる。
しかし松も明けていることだし、混むといっても大したことはあるまい。

出だしが遅かったので川越到着は11時近くになり、いつも車を止める「あぐれっしゅ川越」横の観光用共同駐車場は満車… どころか入り切らない車であふれており、この時点で不穏な空気が漂っている。
スマホ情報で偶然見つけた駐車場に止め、そこから近い氷川神社にまずお参りしようということになった。

で、行ってみると…。
やはりというか、人も車も混雑を極めていたのでありました ( ̄▽ ̄;)!! ガーン


20230108 maruhiro-familyrest-1020230108 maruhiro-familyrest-11
川越氷川神社


おそらくどこもこんな感じだろうから、お参りは無理。
もう昼ごはん食べて帰ろう(笑)。
しかしそれだって、ちゃんと食べようと思ったら行列不可避っぽい。
うーん、困った…。


20230108 maruhiro-familyrest-37
時の鐘


そこで思い出したのが、歴史の街・川越とはひと味違ったもう一つの川越の顔。

(前フリ終了 (; ̄。 ̄Aフゥ…)


20230108 maruhiro-familyrest-38
大正浪漫夢通り


川越の中心街はざっくり、県道15号川越日高線を境に、北の観光地(一番街・喜多院・川越城)エリアと、南の繁華街(クレアモール・川越駅・本川越駅)エリアに分けられる。
観光の中心“大正浪漫夢通り”は繁華街側では“クレアモール”というありきたりなショッピングストリートに姿を変える。
観光地側から普段あまり用事のない繁華街エリアへ“脱出”しようというわけだ。


20230108 maruhiro-familyrest-14


クレアモールの中ほどに位置する「丸広百貨店川越店」。
1957年開店の老舗百貨店で、川越市唯一のデパートである。


20230108 maruhiro-familyrest-15


こちらの売り… というか知る人ぞ知る名物が、デパート大食堂。
いまやデパート自体が希少な存在になりつつあるが、デパート食堂はまさに絶滅危惧種である。


20230108 maruhiro-familyrest-16


6階が飲食店街で、そのいちばん奥にあるのがデパート大食堂「ファミリーレストラン」。
どうです、このネーミングセンス ( ̄▽ ̄)b

差し渡し5メートルはあろうかというショーケース。
そこにはよいこの夢と希望が詰まっている。


20230108 maruhiro-familyrest-1720230108 maruhiro-familyrest-1820230108 maruhiro-familyrest-19


デパート食堂は子どものころ親に連れていってもらった記憶しか残っていない。
せいぜい小学校低学年までで、成長してからは入らなくなった。コッパズカシくて。
実に半世紀ぶり… ということになろうか。


20230108 maruhiro-familyrest-36


メニューは和洋中とそろうが、デパート食堂の定番ナポリタンが見当たらないのが、ちょっと残念。

一方、デパート食堂といえばお子様ランチだが、“キッズメニュー〈小学生まで〉小学生までのお客様以外もご注文いただけます(+200円)”とある。
これは気になる… が、さすがに頼む勇気はないなぁ(笑)。


20230108 maruhiro-familyrest-2520230108 maruhiro-familyrest-26

20230108 maruhiro-familyrest-2720230108 maruhiro-familyrest-28

20230108 maruhiro-familyrest-2920230108 maruhiro-familyrest-30


注文は、無難なところでカツカレーと中華丼。


20230108 maruhiro-familyrest-24


広い空間に席がゆったり配置されくつろげる。
窓際の席からは秩父連山が見渡せる。


20230108 maruhiro-familyrest-31


カツカレーはお約束のソースポットで♪


20230108 maruhiro-familyrest-32


まずその匂いが懐かしい。
おうちのカレーではない“よそ行き”の匂い。
外食といえばよそ行きであり、デパートがよそ行きのワンダーランドだった時代の匂いがする。


20230108 maruhiro-familyrest-34


中華丼は具だくさんでボリュームもある。
ハクサイ、ホウレンソウ、ニンジン、サヤエンドウ、グリーンピース、タケノコ、キクラゲ、ベビーコーン、豚肉、エビ、ウズラの卵…。


20230108 maruhiro-familyrest-35


母親はよく、フンパツして五目中華そばを食べさせたがった。
山海の具材たっぷりの中華料理は当時、ぜいたくな食べ物だったのだ。


20230108 maruhiro-familyrest-39


小江戸&大正浪漫の街・川越のもう一つの魅力。
昭和レトロがあふれてる。


20230108 maruhiro-familyrest-2020230108 maruhiro-familyrest-2120230108 maruhiro-familyrest-2220230108 maruhiro-familyrest-23
※許可をいただいて撮影


[DATA]
ファミリーレストラン 丸広百貨店川越店
埼玉県川越市新富町2-6-1 丸広百貨店川越店6F





[Today's recommendation]


https://youtu.be/sfiuaOWjEkI



wachat230108.jpg


素晴らしく昭和な 【キッチンサン】

2021.09.19

 久々に朝から青空の広がる、まさに秋晴れ。自転車日和である。
午後に松が丘に用事があるので、午前中、所沢方面を自転車でブラブラ。
まず松が丘の先の所沢市山口に一昨年オープンしたというショッピングモール「SAVE AREA」へ。

ところで、ここにSAVE AREAの写真がほしい。記事的にはそのほうが絶対よくなるとわかっていても、現場では気づかない。ブログを始めて3年半、その部分のカイゼンがまったく進んでいないので、今後はそういう行動を心がけようと思う。何でもかんでも撮る、と。

SAVE AREAはモールというよりシェアスペース感覚の想定外にサブカル&アートな空感で、なかなか面白い。機会があったら取り上げてみたい。

昼ごはんのお店を探しに新所沢へ。
大型ショッピングモールの斜陽化にはいろいろ考えさせられるものがあるが、もっとお世話になっている「新所沢パルコ」も2024年2月末をもって営業終了という。
かつての若者文化の発信拠点の面影はなく、たとえば「SAVE AREA」との対比も際立つわけで。


20210919 kitchensun-20


昭和は遠くなりにけり… も、たべもの屋さんに関してはあくまでも昭和寄りなワタシ。


20210919 kitchensun-2720210919 kitchensun-28


パルコ2階、昭和感いっぱいな外観のうどん&喫茶のお店には一度入っておきたいと思っているが、緊急事態宣言で臨時休業。

駅構内を通って東口へ。
駅前商店街の洋食レストラン「キッチンサン」も、ずっと気になっているお店。


20210919 kitchensun-2520210919 kitchensun-26


L字カウンターの周囲にテーブル席が配置されているつくりで、僕らが入った時点でテーブル6脚すべて埋まるという感じに賑わっている。家族連れが多い印象。


20210919 kitchensun-30


カウンター席には、スポーツ新聞を手にゆっくり食後のコーヒー… だったりと、昭和の喫茶店文化を懐かしむかの風情の高齢男性の姿もちらほら。

ランチセットのハンバーグと豚天盛り合わせと、週替わりランチのポークソテーミートソースを注文。


20210919 kitchensun-3120210919 kitchensun-32


メニュー表のレイアウトから、ミートソーススパゲティにポークソテーがのってくるものと思い込んでいたが、こうきたかぁ…。


20210919 kitchensun-2120210919 kitchensun-22


それにしても、厚めのポークソテー2枚でボリューム満点。
ランチセットのハンバーグも豚天もずっしりと。
どちらも660円とは思えない内容だ。


20210919 kitchensun-2320210919 kitchensun-24


甘くないミートソースがいい。
野菜の自然な甘みのみで、ひき肉のうま味とコクが引き立つ。シンプルな昔ながらの味わいで、このソースでぜひスパゲティを食べてみたい。


20210919 kitchensun-33


ハンバーグと豚天のドゥミグラスソースも同様に昔なつかしの…。
生タマネギがたくさん入った厚みのあるボリュームハンバーグ。


20210919 kitchensun-3420210919 kitchensun-35


店内は手入れが行き届き、お客の出入りも激しく、現役そのもの。
だからこそ味わえるタイムスリップ感。
パルコというよりこんなお店のある街がうらやましい。


20210919 kitchensun-29


[DATA]
キッチンサン
埼玉県所沢市松葉町2-2





[Today's recommendation]

wachat210919.jpg




https://youtu.be/awtOMzqS9_M



20210919 tsuriganeninjin-22
ツリガネニンジン / 荒幡富士


話題の施設で観光気分 【レストランTiam】

2021.06.20

 昨年オープンして話題になった「ところざわサクラタウン」は、所沢市との共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の中核であり国内最大級のポップカルチャーの発信拠点となる、KADOKAWAグループが所有・運営する複合施設である。


20210620 sakuratown-52


自分の行動圏(自転車コース)に位置するため、前記事末尾の写真のような形でこのブログにもときどき登場するが、これまでちゃんと取り上げたことはなかった。
申し訳ないがトイレ休憩用の施設という捉え方だったが、横目で見る飲食店やショップが意外に地元コンシャスだったりで、実は気になっている。


20210620 sakuratown-12


朝までしつこく降り続いた雨も上がって急速に天候が回復する勢いにつられるように、ひやかしノリで出かけてみた。


20210620 sakuratown-11


自転車でのんびり行っても30分ほどの距離。
施設は、ホテルや商業施設、ジャパンパビリオンなどがある「本棟」と「角川武蔵野ミュージアム」、「武蔵野坐令和神社」の主に3棟からなる。


20210620 sakuratown-1320210620 sakuratown-14


まずお参り。


20210620 sakuratown-15-2


武蔵野坐令和神社は、“主祭神に東京大神宮より天照皇大神、相殿神に東所沢の氏神とされる本郷氷川神社より素盞鳴尊を勧請して祭神とし…”という格式と、“訪れてみたい日本のアニメ聖地88”の1番札所という大衆性の、聖俗両面併せ持つ。この二面性は施設のコンセプト全体に通底しているようにも感じられる。


20210620 sakuratown-16

20210620 sakuratown-17

20210620 sakuratown-18


例によって昼ごはんが主目的だったりするが、お目当ての「手打ちうどんさわいち」には順番待ち多数。隣の「ラーメンWalkerキッチン」も同様で、1つ上の階の「角川食堂」に至っては長蛇の列である。
途方に暮れました (o ̄∇ ̄)o!! ガーン


20210620 sakuratown-19

20210620 sakuratown-20

20210620 sakuratown-21


先に案内板を見ていた相方が、「上のほうにホテルレストランというのがあるみたいよ。ちょっと高そうだけど」と。
たしかに元・角川社員(←わし)としては知っている人間がいないとも限らないし、ラーメン屋に並んでいる姿を見られるのはちょっとアレだったり、足元を見られたくない(笑)というビミョーな心理が働く。

なにかミョーに荘厳なホテル用エレベーターホールへ。


20210620 sakuratown-22


6Fがホテル階で、その名も「EJ ANIME HOTEL」。


20210620 sakuratown-5520210620 sakuratown-56


ロビーは一見普通のホテル風で、レストランも格式高そう。


20210620 sakuratown-2620210620 sakuratown-27


が、振り返ると…


20210620 sakuratown-58

20210620 sakuratown-29


ビジネスとしてどっちが本筋でどっちがあそびなのか、どっちも本気なのか、あるいは…。
戸惑いつつ「レストランTiam」へ。


20210620 sakuratown-30

20210620 sakuratown-3120210620 sakuratown-32

20210620 sakuratown-33


ランチメニューから、ちょっと大きな和牛ハンバーグ・セットとビーフシチューかけオムライス・セットを注文。
参考までにグランドメニュー? のメニュー帳を開いてみると…


20210620 sakuratown-3420210620 sakuratown-35

20210620 sakuratown-3620210620 sakuratown-37


はじめほとんど客はいなかったが、次第に埋まっていった。
客層がミョーに若い。子どもと言ってもいい。


20210620 sakuratown-38


ようやく気づき始めたが、(仮説だが)ここは“一流ホテルというセット”であり、スタッフは“ホテルマンを演じている役者さん”なのかもしれない。
僕らは知らず知らず、異世界から忍び寄る“虚無”という役をやらされているのかもしれない。


20210620 sakuratown-39


そう考えると逆に面白い。
夢を見ない大人もふとさまよい込んでしまうファンタージエン。


20210620 sakuratown-40


…と、神道の世界からだいぶ遠くまで想像の翼を広げているのである。


20210620 sakuratown-41


食事はサラダに始まって…


20210620 sakuratown-42

20210620 sakuratown-43

20210620 sakuratown-44
ちょっと大きな和牛ハンバーグ・セット


20210620 sakuratown-45

20210620 sakuratown-47

20210620 sakuratown-48
ビーフシチューかけオムライス・セット


20210620 sakuratown-49


食事のあとはコンセプトショップやミュージアム棟、隣接する武蔵野樹林パークへ。
軽い気持ちで訪れて、気がつけばすっかり観光気分を満喫していた。


20210620 sakuratown-5020210620 sakuratown-51



[DATA]
レストランTiam(ティアム)
埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 EJアニメホテル
https://tokorozawa-sakuratown.jp/shop-restaurant/tiam.html
https://twitter.com/ejanimehotel?lang=ja





[Today's recommendation]

wachat210620.jpg




https://youtu.be/-7fUQBnpobM
武蔵野坐令和神社の写真の赤い幟に関連して



20210620 mojizuri-11
ネジバナ / 東所沢公園


夢幻のごとき過日の面影 【食堂 蘭】

2019.05.22

 清瀬市北西部の旭が丘団地は入居開始が1967年と、築年数50年超の物件である。
2016年公開の是枝裕和監督作品『海よりもまだ深く』の舞台として知られ、監督自身9歳から28歳までこの団地で暮らしていたという。

駅から遠く便利とはいえないが、それゆえに“自前の”立派な商店街を備えている。いや、備えていた、というべきか…。
今回取り上げる「食堂 蘭」は、この衰退商店街の真ん中にひっそりたたずむ食堂遺産である。


190522 ranshokudo-43
左が東京都清瀬市、右が埼玉県新座市


ブログ記事をつくるにあたり基本情報を調べて初めて知ったが、ここには都県境が引かれていて、道を挟んで団地側が清瀬市、商店街側が新座市になる。
人々は、清瀬市から新座市にラーメン食べに行ったり、新座市から清瀬市に寿司を出前したりしている。埼玉県の小児科にかかって東京都の薬局で薬出してもらったり、東京都の郵便局で買ったハガキを埼玉県のポストに投函したりしているわけである。
まあ実際に生活している分にはそんなことはどうでもいいとは思うが。


190522 ranshokudo-11

190522 ranshokudo-12190522 ranshokudo-13

190522 ranshokudo-14

190522 ranshokudo-15190522 ranshokudo-16

190522 ranshokudo-18190522 ranshokudo-19


このあたりをたまに自転車でうろついたりしていたのはもう20年も前のことだろうか。
そのころすでにだいぶくたびれていたように記憶しているが、それでもいまよりずっとお店も人出も多かった。


190522 ranshokudo-17


ショッピングモール(これは清瀬市側)内の去年倒産した「スーパーナカヤ」はシャッターを下ろしたままで後継テナントも決まらず、衰退ぶりを強く印象づけている。
で、このスーパーの場所、以前は「クイーンズ伊勢丹」だったと記憶しているが、本当だろうか σ(・・?) ホエ…?
こんなとこにクイーンズがあったはずないんじゃないの…? と考えだすと、自分の記憶にまったく自信が持てなくなる。
キツネやタヌキに化かされでもしていたかのようで。


190522 ranshokudo-20

190522 ranshokudo-21190522 ranshokudo-22

190522 ranshokudo-23

190522 ranshokudo-24190522 ranshokudo-25

190522 ranshokudo-26


◆ ◆ ◆

最近まで営業していた表通りの中華屋も今回見たらなくなっていた。
飲食店で残っているのは、すし屋2軒と焼き肉屋とうどん屋と、この「食堂 蘭」くらいだろうか。


190522 ranshokudo-64


「食堂 蘭」の店頭メニューで特徴的なのが曜日サービスで、水曜日の今日はチキンカツ、からあげ、アジフライ、コロッケ、もつ煮の各定食が690円。


190522 ranshokudo-55


メニューを確認のうえ、入店。


190522 ranshokudo-65


店内は10席足らずのL字カウンターのみ… と思ったら、壁に備え付けの小さいテーブルというかカウンターというか、そちらも一応2人席として利用可。


190522 ranshokudo-60


サービスの下げ幅が大きくいちばんオトクなのが770円→690円のアジフライだが、無難な感じのからあげを注文。


190522 ranshokudo-63


スタッフはご夫婦と思われる年配のお二人。
おかあさんが揚げ鍋に火を入れる。


190522 ranshokudo-56


一膳飯屋とか一杯飲み屋のようなものをイメージしていたが、壁のていねいなレタリングの品書きを見ると、エビフライ、コロッケ、カレーライス、ナポリタン、ミートソース… と、ベースは洋食屋だろうか。
実際、途中で奥から出てきて調理を交代したご主人は、ビシッと白いシェフスーツをまとっている。


190522 ranshokudo-57


からあげは小ぶりがごろごろ。このタイプにありがちな揚げすぎということもなく、しっとりジューシー。
付け合わせの具なしナポリタンが洋食屋origin説を裏づけるようだ。


190522 ranshokudo-58


でも、何げにご飯がおいしい。
何かの葉っぱのしょうゆ漬けのような小鉢の漬物も自家製じゃないだろうか?


190522 ranshokudo-59


食後はコーヒー or 紅茶 or ウコン茶(この日はなし)が付くというサービスのよさ。


190522 ranshokudo-67190522 ranshokudo-62


食べるスピードがこういう場所では速すぎると自覚せざるを得ず、店を出れば相対論的時間軸のズレがいくばくかは生じているんじゃないかと、あたりを見回してみるのである。


190522 ranshokudo-66


[DATA]
食堂 蘭
埼玉県新座市あたご3-7-3





[Today's recommendation]

wachat190522-22.jpg




https://youtu.be/SZgIk2b68gQ


https://www.youtube.com/watch?v=ZDglQDpqqAM


Latest Articles
辰年に行くべき… 【馬橋稲荷神社】 Mar 02, 2024
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2