FC2ブログ

農家のはなれスタイル 【よしふじ】

2017.07.16

 うどんどころ小平市内には人気うどん店も多く、特にいわゆる武蔵野うどんは老舗・名店がしのぎを削る。その中でもトップクラスの人気を誇るのが「よしふじ」。
最寄りの小平駅からでも15分は歩くので車で行くのが一般的だが、これがわかりにくい。僕は最初にこの店をめざしたとき、自転車にもかかわらず見事にスルーしてしまった。
東京街道と新小金井街道の交差点のすぐ西。奥まっていて見つけにくいが、通りにうどんののぼりが出ているのでそのへんを南に折れればなんとかなる、という感じでいけるとは思うが。


yoshifuji11.jpg


本日は1時ちょっと前で店内はかなりの混雑ぶり。テーブル4つは埋まっており、小上がりに3つある6人用座卓のうち真ん中の席を7~8名で囲んでいる。ここの局地的過密状態が、実際以上に店全体の混雑ぶりを印象づけている。
もう2つの座卓は空いているので、奥のほうに席をとる。
それで、われわれの隣ということになるが、この過密団体客は3世代家族連れのよう。お母さんと娘2人、そのどちらかの連れ合い、孫3~4人といった構成で、夏休みできょうだいが集まった感じ。東京の新盆と関係あるんだろうか?
ほかにもテーブル席に2組、小さい子ども連れの家族客がいる。


yoshifuji13.jpgyoshifuji12.jpg


壁にはFC東京の選手のサイン色紙がたくさん貼ってある。そういえば練習場はすぐそこだが、営業時間が11:00~14:30なのでサッカー選手も昼に来るのだろう。
お昼の田舎うどん。夜の六本木のイメージのプロ野球選手とは大違いの健全さ。

いちばん忙しいタイミングのようでお店の人は相当バタバタしている。ホール係はひょろっとした陽気な眼鏡のおばちゃんとやや若いおねえさんで、なんとかおばちゃんをつかまえて注文する。
田舎糧うどん630円(僕)、ぶっかけおろしうどん860円(妻)、野菜天ぷら(5品)220円。


yoshifuji15.jpgyoshifuji16.jpg


ほかに客層で特徴的なのが、ファッションに気を使っていそうな若者が散見されること。その手の人たちと遭遇することは少なく、たとえば若い人ということならくたびれたラーメン屋でもたまに見かけるが、そういう場合、若いけれどもおしゃれではない。
これは店の人気のバロメーターとなる。そういうおしゃれな人たちの背後には、情報化、ビッグデータ、IoTといった用語が見え隠れしており、そういう系統の客が出現するのはその競争を制した証しであり、そういう店こそがランキング上位に食い込むのである。指示詞だらけで恐縮だが。


yoshifuji21.jpgyoshifuji22.jpg


提供までにけっこう時間がかかっており、その間、少しずつお客さんが出ていって、店内が落ち着いてきた。隣の家族も帰り支度を始めているが、同時に真ん中らへんのテーブルの家族連れも席を立ち、なんだか入り乱れてわけがわからなくなった。と思ったらそれらは同一団体の別動隊なのであった。
大家族が去って閑散とした店の隅っこにポツンと取り残されたわしら2人。この位置では配膳も手間だろうからとテーブル席に移らせてもらう。

さて、延々と前振りが続いてなかなか本題に入らないようなじれったい展開で申し訳ないんだが、実際なかなか本題に入らないのである。
うどんが来ない。
席を移ってからもしばらく待って、お冷やはこれで3杯目。さすがに不安になって、でもなおしばらく待たされ、もう1杯お冷やをつぎに立とうかというころに、ようやくうどんがやって来る。
注文から27分。


yoshifuji17.jpg


まず糧うどん。
麺の量は多い。汁もたっぷりで、具は刻み油揚げ。糧は小松菜とゆでた細切り大根。
うどんは素朴に小麦が香り、コシはあるが硬すぎず優しい食感。誰にでも抵抗なく食べられるうどんで、家族連れが多いのもうなずける。
で、麺は申し分ないが、汁が僕の好みでは甘すぎる。どれぐらい甘いかというと、たっぷり汁を吸った具の油揚げでおいなりさんを作ったとしたら「京樽」くらいの甘さになるんじゃないかというくらい。
まあ、飾らない田舎味というコンセプトだと思うので、それはそれで大事なことだが。


yoshifuji18.jpg


ぶっかけも麺量は同程度。大根おろしにちくわの天ぷらが付いて、薬味はつけ汁の白ネギと違って小口青ネギと、とてもバランスがよい。
別に頼んだ野菜天ぷらは、カボチャ、サツマイモ、ニンジン、レンコン、シソの5品。

農家のはなれ・蔵のリノベタイプで比較的新しく、店内はきれいで手入れが行き届いている。でもどこか年季のようなものを感じるのは、おばちゃんたちのオペレーションに負うところが大きい。
ビールを頼んだ客に「はい、アサヒ。よーく冷えてますよ」と提供する。
店の歴史を補って余りある、そんな“人の歴史”を垣間見る思いである。


yoshifuji19.jpgyoshifuji20.jpg
yoshifuji14.jpg


[DATA]
よしふじ
東京都小平市大沼町1-116



                                         

2017.07.16 ならは/東京都小金井市本町1-10-5

naraha11.jpgnaraha12.jpgnaraha13.jpg
ピオーネぶどう大福210円、さくらんぼ大福200円、水羊羹180円、水まんじゅう(杏仁)130円


Latest Articles
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
肉料理&焼き鳥、期待の新店 【肉料理 KOU】 Nov 24, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2