fc2ブログ

自家栽培粉を、地元の技で 【初後亭】

2021.10.24

 前記事のつづきで、武蔵五日市駅から横沢小机林道で山を越えて横沢入へ下り、秋川・JR五日市線沿いに武蔵五日市駅に戻る途中で昼ごはん。


20211024 shogotei-55-120211024 shogotei-55-2
© OpenStreetMap contributors


以前歩いたことのあるルートだが記憶がまだらなので、歩き直してよい思い出として上書きしようという趣旨である。
昼ごはんも同じお店に。


20211024 shogotei-27


武蔵五日市駅近く、三内川の谷の際にあるうどん・そば店「初後亭」。


20211024 shogotei-2820211024 shogotei-29


ロケーションが特徴的なので、その点だけかすかに記憶にあったが、外の看板の“あきる野の伝統を継ぐ”“自家栽培粉100%”などの文言に、先ほど横沢入里山保全地域で見た“はざかけ”のイメージも手伝って、いろいろ思い出されてきた。

――あきる野の自家農場で自家栽培した小麦と蕎麦を受け継がれた地元の技で提供する東京都で唯一の店HPより)

そんなスペシャルなお店だった。


20211024 shogotei-3020211024 shogotei-31


創業1986年。
うどん小屋といった風情のこじんまりした外観。
玄関で靴を脱いで上がるスタイルで、10畳かそこらの座敷の間に2人または4人用の座卓が5卓備えてある。奥にも部屋があるもよう。


20211024 shogotei-3220211024 shogotei-33


“名物”と書いてある“引きずり出しうどん”は外せない。温野菜のせを注文。
もう1品は肉汁もりうどんに。


20211024 shogotei-35


HPで“平日は土日、祝祭日と違い初後亭本来の落ち着きがあります”と平日の来店を推奨しているように、日曜日の本日は少々バタついている。
僕らのあとの2人客とそのあとの4人予約でうどんが売り切れとなって、その次の人は断られていた。自分たちも実は危なかったという。


20211024 shogotei-3620211024 shogotei-37


引きずり出し温野菜のせは、釜揚げうどん風。
北多摩で“糧(かて)”と呼ぶ温野菜などのトッピングを、こちらでは“まし”というらしい。
釜揚げに温野菜は、吉田のうどんを彷彿させるものもある。
キャベツと小松菜、大根、にんじんがたっぷり。


20211024 shogotei-34


食べ方が品書きに書いてあるが、削り節がたっぷりで、上からかけたり、いろいろ楽しめる。
ゆで汁の塩気もあるので、しょうゆは調整といった感じ。


20211024 shogotei-4120211024 shogotei-42


肉汁うどんのバラ肉は武蔵野うどん一般より厚みがあって、かみしめると肉のうま味が広がる。
引きずり出しもそうだが、自家製ゆず胡椒がよく合う。


20211024 shogotei-3820211024 shogotei-39


こっちのうどんは締めてあるのでもちろんコシが強いが、小麦の香りは温かいほうが立つかも。
どっちがいいとはいえない。どっちもおいしい (≧ω≦)b OK!!


20211024 shogotei-40


「お店の味じゃないんです」とご主人。「このあたりの家庭で食べられてきたうどんなんです」


20211024 shogotei-4320211024 shogotei-44


HPにあるように、受け継がれた地元の技で正直に。
そんな誠実そのもののうどんが味わえるかけがえのない存在である。


20211024 shogotei-45


[DATA]
初後亭(しょうごてい)
東京都あきる野市三内字初後
http://www.gws.ne.jp/home/shogotei/
https://www.facebook.com/%E5%88%9D%E5%BE%8C%E4%BA%AD-428422690596225/





[Today's recommendation]

wachat211024-22.jpg




https://youtu.be/bx6PWnpSyOk



20211024 shogotei-47
アザミ類 / 横沢入


旧街道の素朴なそば・うどん 【さしだ家】

2021.06.24

 狭山丘陵一周の自転車コース上のラーメン店をシリーズで掲載しているが、このエリアは武蔵野台地のうどんどころでありラーメンよりまずうどんではないか…? という疑念が生じたからかどうか、ともかく気になるうどん(そば)店もたくさんあるので、ラーメンにこだわらず広く取り上げていくことにした。
要するにマップの情報を充実させて自転車コース+αの訴求度を高めていきたいと。

コロナの影響で“町を捨てよ、田舎へ出よう”とこっち方面にばかり出かけており、実はうどん屋さんにもけっこう入っている。
この半年ちょっとの間にこのブログに掲載したお店をマップにポイントしてみた。ラーメンよりうどんのほうが多い。


sayamamap210625-333.jpg20210624 sashidaya-33
うどん・そば:①かたくりの湯 大の一讃輝観音茶屋穂波うどんこうちゃんうどん ゆで太郎入間宮寺店 ラーメン:①松屋峰英軒山岡家瑞穂店ラーメンショップYAMANAKAわかまつ(2020年以降の掲載順) © OpenStreetMap contributors


リスタート第1弾は瑞穂町の手打ちそば・うどん「さしだ家」。


20210624 sashidaya-22


青梅街道の残堀川に架かる地蔵橋の西の交差点を北へ。道幅は狭いが西麓側では唯一丘陵を縦断する学校通りという主要道沿いにお店はある。


20210624 sashidaya-23


かつては立派だったに違いないが漆喰がすっかり剥落して少し残念な姿の土蔵が目印。
青梅街道と日光街道が交わる交通の要衝・箱根ケ崎宿に近く、歴史を感じさせる商家や農家の建物が残るエリアである。


20210624 sashidaya-28


店内はテーブル席4人×2、小上がり席4人×2。
1時半で先客1組2名。


20210624 sashidaya-27


品ぞろえが比較的豊富で、そば・うどん対等扱いと、いわゆる武蔵野うどん系統とはちょっと違うようだ。


20210624 sashidaya-2420210624 sashidaya-25


田舎うどんというものが気になって聞いてみると、みそ仕立てのけんちん汁風とのこと。それはそれで大いに惹かれるものがあるが、この気温では…。
(冷たい)とろろうどんを注文。


20210624 sashidaya-26-2


待つ間、ぼんやり壁の品書きを眺めていると、“合乗り”という文字が目に留まる。そばとうどんの盛り合わせという意味だろう。
“合乗りとろろ”
がーん ( ̄▽ ̄;)!! ガーン


20210624 sashidaya-2920210624 sashidaya-30


ツルッとしたのど越しのよいうどんで、やわめだが適度な弾力が心地よい。少し甘めのつゆと相まって優しい味わいに。
昔ながらの田舎うどんという印象で、心落ち着くものがある。


20210624 sashidaya-21


先入観からうどんファーストで考えがちだが、玉売りのお店があったりして、このあたりにはそば文化の流れもあるんじゃないかと思ったりする。
こちらのそばはすごく気になる。


20210624 sashidaya-31


[DATA]
さしだ家
東京都西多摩郡瑞穂町石畑1833





[Today's recommendation]

wachat210625.jpg




https://youtu.be/3UNsV5H7xxc


Latest Articles
辰年に行くべき… 【馬橋稲荷神社】 Mar 02, 2024
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2