fc2ブログ

創業150年の 【寿庵忠左衛門】

2023.12.03

 前記事の続きで昼ごはん編。
飲食店目的で出かけることはほとんどないので、事前に調べるということもまずない。
いつも“現地調達”である。


20231203 juan-11


五日市の商店街は一度しか歩いたことがないが、それ以上に親近感を覚えるのは、この1~2年でクルマまたはバスで通ることが多いから。
この先の檜原村や青梅市の山歩きスポットに行くのに必ず通る。


20231203 juan-12


そんな感じでいくつか気になっているお店があり、そのうちうどん・そば(&ラーメン?)のお店に行ってみることに。


20231203 juan-13


お店に入ろうとすると、そこは製麺屋さんの麺売り場。
お食事処は裏手という案内がある。


20231203 juan-14-2
途中の「天和」というのが直営? ラーメン店で、これも気になるが


行ってみると、それは古民家風の立派な建造物なのであった。


20231203 juan-15


「寿庵忠左衛門」は、創業150年の製麺店「寿美屋」のお食事処である。


20231203 juan-16


――創業の頃、江戸時代には、この五日市の村々の多くの家で、そばやうどんを打ち食しておりましたが、その頃寿美屋では寒い季節を中心に、そうめんの製造につとめておりました。「寿美屋」HPより)


20231203 juan-17


もう一つ、山方から炭を買い取り里方へ売る炭問屋を営み、屋号の「寿美屋」はそれに由来する。
玄関が古い商家のような、あるいは旅館のような、格調高くも懐かし感いっぱいな。
ホームページには“大正時代の別棟母屋を改装した”とある。


20231203 juan-18


靴を脱いで上がり、通された部屋はモダンな洋間風。
思いがけず、まったりくつろげる。


20231203 juan-19


田舎そば、釜上げうどん、舞茸天ぷらを注文。


20231203 juan-20


お店の雰囲気からイメージしていた上品なのと違って、うどんは田舎風というか、釜上げにしてはしっかりした歯応えがある。


20231203 juan-21


ちょっと遠いが同じ武蔵国のうどん文化圏ということか、地元意識に訴えるものがありうれしくなる。


20231203 juan-22


そばはまさに田舎そば。


20231203 juan-23


ゴツっと無骨な歯応えの太麺は、かみしめるほどに若草のようなそばの香りが口に広がる。
さすが創業150年というおいしいそば・うどん。


20231203 juan-24

20231203 juan-25

20231203 juan-26


帰りしな、表の売り場でお土産に乾麺を(手にずっしり重いくらい)買う。


20231203 juan-27

20231203 juan-28


生麺のショーケースに“学校給食の味 ソフトめん”というのがあり、半額だったのでつい買ってしまう。
懐かしいかどうかというと、僕にとっては懐かしいが、相方はソフトめん経験がなく一度食べてみたかったらしい。
ソフトめんといえば、ケチャップですよね…?

阿伎留神社・広徳寺編おしまい)


20231203 juan-29


[DATA]
寿庵忠左衛門
東京都あきる野市五日市64
https://www.sumiya-men.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/u-u6GU8Of5k?si=rqA0uhYuQEIj10PC



wachat231203-55.jpg



20231203 juan-30

20231203 juan-31


創業天保年間 【高尾山 髙橋家】

2023.03.21

 前記事に書いているように、高尾山の下山は必ず1号路になる。
山頂から下って薬王院にお参りし、山門を出て流れのままに歩けば、いつの間にか1号路を下っている。
つまり1号路は薬王院の表参道。


20230321 takahashiya-36


全行程コンクリート舗装で車も通れる初級コースの1号路だが、ひたすら急傾斜の上り坂で体力的にはきつそう。
僕らは下ったことしかないが、硬いコンクリート路面の下りは足腰への負荷が大きい。慢性的坐骨神経痛の右足がしびれてきて、帰りの運転が不安になる。


20230321 takahashiya-11


下りきったところはケーブルカーの麓の駅(清滝駅)。


20230321 takahashiya-13


最初の記事にも写真を載せている薬王院の石柱やおそうじ小僧の立つ分かれ道☝を、左に行けば6号路で右に行けば1号路という地理を、この時点で理解。


20230321 takahashiya-14


その石柱の道の向かいに趣ある建物のおそば屋さん。


20230321 takahashiya-15


やれ混んでるの、やれ値段が高いのと難癖をつけ回避することの多い観光地の老舗然とした飲食店。
わりと抵抗なくそこに決まったのは、山頂の茶屋・売店と値段が違わない、いやむしろ安い… という相対的価値判断が大きかったように思う。


20230321 takahashiya-16


「髙橋家」は、天保年間(1830~43)創業の老舗。


20230321 takahashiya-17

20230321 takahashiya-18


4~5組の順番待ちという状況だが、お店が広く客さばきがシステマティックで回転が速い。
ホールスタッフは皆さん若く、システム構築・運用にもそういった若い感性が感じられ、見ていて清々しい。


20230321 takahashiya-19


――そば粉六割ととろろと上質粉で練った当店自慢のおそばや、店内にある樹齢150年余の柿の木に因んだお献立や、お土産を取り揃えております。お店HP

たまたま通された席が、その柿の木の横だった。
店内から屋根を突き破って伸びている。


20230321 takahashiya-24


注文は鴨ねぎせいろと天麩羅せいろ。


20230321 takahashiya-2020230321 takahashiya-21

20230321 takahashiya-2220230321 takahashiya-23


高尾山といえばとろろそばらしいが、とろろそば1000円はちょっと…。
鴨ねぎせいろ1250円なら気持ちに折り合いがつけられる(笑)。


20230321 takahashiya-25

20230321 takahashiya-26


六割というそば、見た目ホシが入り香りもよい。
細すぎず適度なコシ。
全体に上品に構えていないところがよいと思う。


20230321 takahashiya-30


天ぷらはエビとマイタケと、ん… なんだろう?


20230321 takahashiya-29


コロモの下の赤っぽい色合いとひと口目の甘味から、はじめカボチャかと思ったが、ネッチョリした食感はカボチャとは違い、甘味もより強い。
もしかしたら…。


20230321 takahashiya-28-2


お会計で…
「天ぷらの赤いのって…?」と聞いてみる。
「はい。干し柿でございます」

品書きの記述から、柿かもしれないが柿の季節じゃないし… と思っていたが、干し柿であったか。
素朴な甘味が香り高いそばとよく合う。


20230321 takahashiya-27
このアングルでいちばん手前の赤っぽい天ぷらが干し柿


おそばの量もしっかりあり、1食できっちり満足させてもらえるお店。

(つづく)


20230321 takahashiya-31
屋根を突き破って伸びる柿の大木


[DATA]
高尾山 髙橋家
東京都八王子市高尾町2209
http://www.takahasiya.com/index.html





[Today's recommendation]


https://youtu.be/hxYEVlhHtC0



wachat230321-66.jpg



20230321 takahashiya-32
次号予告


うま味豊かなきのこ汁&香り高いそば 【そばと茸の里】

2022.04.29

前記事の続き)

昼すぎには降りだすという予報なので、早く出て午前中に切り上げる予定だったわけだが、即清寺、愛宕神社と回っても10時半。
近くには3軒ほど飲食店があり、そのどれかで昼ごはんを食べたいが、まだどこも開いていない。

まだ天気は持ちそうなので、地図の記憶を頼りに“一の滝”を見に行く。


20220429 yoshinoyamaenchi-3820220429 yoshinoyamaenchi-39


滝へは車道から遊歩道を下るが、柵や段々に使われている丸太が真新しく、調べてみると今年整備されたばかりらしい。おかげで僕らのようなヘタレでも手軽に見物できる。
丸い滝壺を備えるコンパクトながら姿の整った滝であった。


20220429 yoshinoyamaenchi-3420220429 yoshinoyamaenchi-35
20220429 yoshinoyamaenchi-3620220429 yoshinoyamaenchi-37
ホウチャクソウ、マムシグサ、モミジガサ、ニリンソウ


吉野街道に戻ると「吉川英治記念館」の隣のおそば屋さんが、幟を出したりと、ちょうど開店準備中。
そのまま入店。


20220429 jamono-3320220429 jamono-34


「そばと茸の里」というお店。
店名のとおりキノコ汁のそばが売りらしく、キノコは自家栽培とのこと。


20220429 jamono-1320220429 jamono-14


店内はテーブル・小上がり各1卓とカウンター8席。


20220429 jamono-1720220429 jamono-18


小上がりの座卓には売り物の干しキクラゲやフキみそのパックなどが、開店直後につき、まだ雑然と積んである。


20220429 jamono-32


テーブル席に着き、きのこつけ汁そばと鴨汁せいろそばを注文。


20220429 jamono-1520220429 jamono-16


「タラの芽の天ぷらはいかがですか?」とお店のおばちゃん。
野菜天ぷら(5品)を頼もうと思っていたが、確認したところそれにはタラの芽は入らないとのことなので、タラの芽天ぷらに変更。
「2人で食べてちょうどいいくらいの量ですよ」と。


20220429 jamono-19


まず突き出しのつくだ煮。
ぱっと見、コンブかと思ったが、食感がコリコリ心地よい。
「これはキクラゲだね c( ̄▽ ̄)
店内で売られてもいるキクラゲを使っているのかも… と、おそばへの期待も高まる。


20220429 jamono-2020220429 jamono-21


タラの芽の天ぷらは、塩か天つゆで。
天つゆは薄口しょうゆに上品なだし。
タラは開き気味の葉もあって、野趣あふれる香りやほろ苦さはまさに春の息吹。


20220429 jamono-2220220429 jamono-23


きのこつけ汁は、しいたけ、まいたけ、ぶなしめじ、えのきと、長ねぎがたっぷり。


20220429 jamono-30


干ししいたけのだしと具から出るキノコのうま味のみで味を整えているんじゃないかというような、まさにきのこ汁。
店頭には竹ザルに大量のしいたけが干してあった。


20220429 jamono-2520220429 jamono-26


鴨汁はそれに鴨肉を加えたもの。


20220429 jamono-29


キノコに負けない野性味ある香り強いそば。
細めのそばがつけ汁によくなじむ。


20220429 jamono-31


個性派だけれども本質的。
そんなおそば屋さん。


20220429 jamono-2720220429 jamono-28


小上がりに並んだパックがどうしても気になり、きゃらぶきを買う。
甘くないすっきりしたしょうゆ味でごはんにも酒にもよく合うつくだ煮だった。

(さらにつづく


20220429 jamono-1120220429 jamono-12


[DATA]
そばと茸の里
東京都青梅市柚木町1-78-3





[Today's recommendation]

wachat220429-22.jpg




https://youtu.be/Hd5tyvpTHqU


門前そばシリーズ 【そば処 もとはし】

2022.04.14

 朝4時半に猫に起こされ、そのまま仕事をしてしまったワタシ。
忙しいと、そうなる。朝型なので。
もっと忙しくなると、3時起きになったり。

午前中いっぱい仕事して、気分転換に昼ごはんを兼ねて外出。
一日中しっかり降るという予報だが、午前中ほとんど降っていないしアメッシュでもまとまった雨雲はみられないので、散策もできるかも。


20220414 motohashi-1120220414 motohashi-12
右隅に写っているのが塩船観音寺 仁王門


“門前の茶屋”というのが好き。
地図上でそれっぽいのを見つけてずっと気になっていたのが、塩船観音近くのそば店「もとはし」。

というか、塩船観音はツツジで有名で、そっちメインと考えるべきかな。


20220414 motohashi-13-220220414 motohashi-14


花は見てみたいが混むのはイヤ。
今日あたり、盛り直前の絶妙なタイミングのような気がする。

ということで、青梅市の塩船観音寺へ。


20220414 motohashi-1520220414 motohashi-16


出るのが遅かったので現地に着いたのは13時すぎ。
まずおそば屋さんへ。


20220414 motohashi-1720220414 motohashi-18


シンプルなメニューから天せいろと本鴨せいろを選ぶ。
せいろだけだとちょっと寂しいし、とろろや辛味大根は家でも食べるから。


20220414 motohashi-2320220414 motohashi-24


ほかに客はなくテレビなどもついておらず、ときおり周囲の森から聞こえてくる鳥の声。
都会の喧騒とかけ離れた落ち着いた空間で、ゆったり時間が流れる。


20220414 motohashi-1920220414 motohashi-20


おそばが本格的なのがうれしい誤算?
見た目からおいしそうだったので2~3本そのままつまんでみると、口の中にそばの香りがふわりと広がる。


20220414 motohashi-25-26


天ぷらには定番のエビやナスのほか、旬のコゴミとアシタバが盛られている。
聞けば家の近くで朝に摘んできたそう。
スーパーで売られているものとはまるで別物な、山菜本来の力強い味と香り。


20220414 motohashi-29-30


かぼちゃ、さつまいも、にんじん… と根菜もたっぷりで、ボリューム満点。


20220414 motohashi-27-28


鴨汁には斜め切りにして焼き目を付けた長ネギ、揚げナスが入り、ゆでた小松菜を上から添えてある。
なかなかワイルドな鴨汁で、体が温まった。


20220414 motohashi-42


そばはねっとりした舌触りで風味・甘みが感じられ、わさびはおろしたて。


20220414 motohashi-40


思っていたよりずっと本格的でおいしいおそば屋さんなのであった。

(つづく)


20220414 motohashi-31-32


[DATA]
そば処 もとはし
東京都青梅市塩船220-1





[Today's recommendation]

wachat220414-11.jpg




https://youtu.be/1pzCjEZx59k



20220414 motohashi-33
次号予告


リアル昭和な 【鶴家】

2021.11.21

 前記事に書いているように、まず梅岩寺にお参りして、旧青梅街道を駅のほうにぶらぶら歩いていると、どこからともなくうまそうな匂いが漂ってくる。

「立ち食いそばの匂い…」(=うまそうな匂い)

と、つられるように狭い路地に入り込めば、路地はそのまま古いビルを通り抜ける構造になっている。ビルの通路の両側はテナントで、左手中ほどにそば店。
匂いのもとはこちらのようだ。


20211121 tsuruya-28


残念ながら立ち食いでなく普通のおそば屋さん… というのは立ち食いそば好きの感覚であろうが、いや、これをフツウといえるだろうか…? という独特の空気感。
まだ10時前で開店準備中で、後ろ髪引かれる思いで街歩きに出かけたのであった。


20211121 tsuruya-36


そのあとは前記事のとおりマルシェでチョコレートを買い東青梅駅近くまで歩いて引き返す途中いきなりサンバが始まったと(11:00)。
しばらくサンバの後ろを歩いたが、ハラが減って裏道にそれてパレードを追い越し、やっぱり青梅駅前のくだんのそば店「鶴家」に戻ってきたのである。


20211121 tsuruya-1120211121 tsuruya-12
正面の外壁デザインが同じ部分は、変則形だが一体のビルのようだ


おそば屋さんが入っているのは駅前ロータリーに面した鉤形の青梅中央ビル。


20211121 tsuruya-13


角のラーメン屋さんもいい感じ。


20211121 tsuruya-14


店頭のサンプルケースが美しい。
そして懐かしい。


20211121 tsuruya-15


中学のころ街に遊びに行ったときに1人であるいは友だちと入ってカレーを食べていたおそば屋さんを思い出す。


20211121 tsuruya-1620211121 tsuruya-17


青梅というのは不思議な街で、自転車に乗っている中学生くらいの男子を見かけると、その年代のころの自分の行動が重なって思い出されたりする。
このお店はそんな半世紀近く前の記憶を刺激するものがいろいろ詰まっていそうな雰囲気をたたえていた。


20211121 tsuruya-20


店内は、テーブル席が4卓、奥にカウンターと小上がり。
サンプルケースのカレーには惹かれるものがあるが、その前にそばつゆの匂いに引っかかっていたわけで、嗅覚の訴求力は視覚を上回る。


20211121 tsuruya-1820211121 tsuruya-19


注文は鴨南ばんそばと天そば。
あとでカレーのセットメニューを発見して、カレーと小かけにすればよかったと、いつものようにモヤモヤ。


20211121 tsuruya-2120211121 tsuruya-22


お客さんは先客1組4人、後客5組9人。
いずれも女性かつ高齢者… つまりはおばあさんで、男性はわし1人、平均年齢80歳近く? で、70歳以下はわしらだけ。
イベントが行われていて観光客も少なくないこの日のその状況に、自分の嗅覚は間違いでもないなぁ… と思いました (〃 ̄∇ ̄)ノ


20211121 tsuruya-3120211121 tsuruya-32


そばは思っていたのと違って、太さが不ぞろいで手打ち感いっぱい。ネチッとした食感から、そば粉率も高そう。
そういえば店頭に“手打ちそば”の掛け軸が掛かっていた。


20211121 tsuruya-25


天ぷらは、エビ、シソ、シシトウ。
つゆはしょうゆが強く、かつ味濃いめ。ゆず皮が添えてある。
そばの香りはそれに負けていない。
量は少なめだが、おいしいそばである。


20211121 tsuruya-2920211121 tsuruya-30


鴨南ばんは、鴨がたっぷり入って、新鮮で軟らかい細めのネギといいコンビ。
体も温まりほっとひと息。


20211121 tsuruya-27


食べ終わってお店を出ると、サンバのリズムが聞こえる。
ゆっくり追いついてきたようで、僕らがご飯を食べている間もこの人たちは踊り続けていたと。なんか感動した。
パレードが通過する道々の古い商店のお年を召した人々の純粋に楽しそうな反応も、すごく昭和なのであった。

(つづく)


20211121 tsuruya-3320211121 tsuruya-34


[DATA]
鶴家
東京都青梅市本町131-22





[Today's recommendation]

wachat211121-22.jpg




https://youtu.be/jUQCKZZQcKA



20211121 tsuruya-35


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2