fc2ブログ

繊細な四季の移ろいを 【菓子処あかぎ 久米川店】

2023.07.19

 和菓子屋さんのショーケースには季節ごとに定番の品が並び、それらは繊細な日本の四季の移ろいを表現する芸術作品にも例えられる。


20230719 akagi-11


――旬の素材を使うことはもちろんですが、菓子そのものの中に季節感があるという点で、和菓子に並ぶ食べ物はありません。~~夏になると葛を使った和菓子がつくられます。透き通った質感が水を思わせ、見るからに涼しげです。~~葛の和菓子には、風鈴や打ち水と同じ、涼感を演出する感性が込められています。全国和菓子協会HPより)


20230719 akagi-12


ところで上の書きだし部分に甚だしい違和感を禁じえないのは私だけではないはず… というようなことを書いた本人が言うのもなんなんだが。


20230719 akagi-13


晴れれば日照り、降れば水害という極端な気象続きの日本列島。
“繊細な日本の四季の移ろい”はどこへやら… である。
自然現象ばかりでなく人の心も荒み果てたかのような連日の事件報道。


20230719 akagi-14


せめてお菓子に日本人の美意識や美しい自然を見いだしたい… といったらまるであべこべだ。


20230719 akagi-15


麩まんじゅう、水まんじゅう、若鮎の夏の和菓子3題。


20230719 akagi-1620230719 akagi-1720230719 akagi-18


小豆は低脂質・高タンパクで食物繊維の豊富な健康食品で、漢方的には赤小豆(セキショウズ)と呼ばれる生薬素材である。
東洋医学では季節の気候そのものが病気を引き起こす原因となる“邪気”であると考える。
梅雨のころの高い湿度を“湿邪”、盛夏の高温による邪気を“暑邪”と呼ぶ。


20230719 akagi-19


赤小豆は清熱利湿薬として使われる生薬。清熱とは熱冷まし、利湿とは体の余計な水分を排出する作用であり、夏の邪気である暑邪と湿邪を払うのに最適である。


20230719 akagi-20


禍々しいまでに過酷な今年の夏には、ちょうどいい。


20230719 akagi-21


[DATA]
菓子処あかぎ 久米川店
東京都東村山市栄町2-37-3
https://kashidokoro-akagi.com/
https://www.instagram.com/kashidokoro_akagi/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/DD9Z13L2N-4



wachat230719.jpg



20230719 akagi-22


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2