fc2ブログ

ひとり壁に向かい… 【◯つばき食堂】

2024.01.23

 2日続けてのラーショ系。
つくづくレパートリーの薄いことよ😅


20240123 tsubaki-11


しばらくヒマだと思っていたら、不定期に携わっている仕事が来た。
それも総集編みたいな形で通常よりボリュームがある。
朝イチに取りかかっても午前中いっぱいかかるかも… という読みは外れ、終わったのが14時近く。
ボリュームだけでなく中身も濃いのだった。

“前編”とか書いてあったから当然“後編”もあるんだろう。
いまから気が重い。


20240123 tsubaki-1220240123 tsubaki-1320240123 tsubaki-14


頭脳労働者的には、キツイ仕事すなわちアタマを目いっぱい使っているので、余力が残っていない。
なーんも考えたくない。
で、同じような店が続くと。


20240123 tsubaki-15


券売機でラーメン並をポチッと… のつもりが、出てきた食券を見ると塩ラーメンとな?
やはりおつかれモードのようで💦


20240123 tsubaki-16


まあ、塩ラーメン前回食べておいしかったので問題なし。


20240123 tsubaki-18


ラーメン来る。


20240123 tsubaki-19


とんこつ塩は濃すぎるとキツい。
こちらの塩ラーメンは、うま味も風味もギリギリ絶妙な度合いで表現されていると思う。


20240123 tsubaki-20


お店は調理場を囲むL字カウンターとその周りにテーブルを配置した小間、および右隣のぐるりと壁際にカウンターを巡らせた小間からなる。
僕は右側にしか入ったことがない。


20240123 tsubaki-21


ひとり壁に向かってラーメンをすする。
自分なりにアタマの疲れを癒す的な空間になっているのかも。


20240123 tsubaki-22


[DATA]
◯つばき食堂
東京都小金井市貫井北町3-33-10





[Today's recommendation]


https://youtu.be/BmfDUDgM5ko?si=ky9ETdQuBgJTqlB0



wachat240223.jpg



20240123 tsubaki-23-2


ズージャの流れるシャレオツな 【ラーメン関口】

2024.01.22

 昨年3月に建物老朽化のため惜しまれつつ退去・閉店するも5月に移転・開店しファンを喜ばせた「ラーメン関口」。
閉店4日前開店1カ月後の両店にたまたま入っている者としては、その後の様子なども何かと気になるわけで。


20240122 ramensekiguchi-11


「ラーメン関口」はラーメンショップ系のラーメン店だが…。

――黒を基調とするいまどきの店舗デザインで、ラーショ色は皆無。店頭の掲示物の“継承”“グランドオープン”といった用語、TwitterやInstagramのQRコード、開店祝いの胡蝶蘭… と、そこかしこに見え隠れするプロデュース感…

前報に書いているように、移転後の店舗はまるでラーショっぽくない。


20240122 ramensekiguchi-12


なんというか、小洒落てる。
どれくらいコジャレてるかというと、BGMがジャズというくらい。


20240122 ramensekiguchi-13


ちょっと調べてみると、そのまま移転ということではなく移転(継承)ということで、店主は以前とは違う人(弟子?)らしい。
なので以下、看板に従って当店を「らーめん関口」と表記し、移転前の「ラーメン関口」とは区別することにした。


20240122 ramensekiguchi-14


ということで「らーめん関口」、以前の「ラーメン関口」とどこが違うといって、とにかく入りやすい。
なにしろ幹線道沿いの強制退去? 老朽物件に対し、こちらはピカピカの駅チカプロデュース店?… ですから。

あと接客が(以前に比べ、だいぶ)丁寧です😅


20240122 ramensekiguchi-15


ちなみに元の店主の関口氏は昨年9月、佐渡島にラーメン店を開いたらしいこちらを参照)


20240122 ramensekiguchi-18


食べたのはラーメン並。


20240122 ramensekiguchi-19


店舗はコジャレてるかもしれないが、ラーメンは昔ながらなラーショテイスト。


20240122 ramensekiguchi-20


のり×3、チャーシュー×3で、盛り付けにもこだわり?
浅いラーメンどんぶりとか。


20240122 ramensekiguchi-21


ハコやコピーはレトロチックにつくり込んでいても味はいまどき… という逆パターンのチェーン系を引き合いに出すまでもなく、“継承”することの尊さ。


20240122 ramensekiguchi-22


[DATA]
らーめん関口
東京都小金井市東町4-43-5
https://twitter.com/ramensekiguchi
https://www.instagram.com/ramen_sekiguchi/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/cizgXSegrko?si=WMdX8l2JbiaOWwHE



wachat240122.jpg


血沸く? 【熊本ラーメン ひごもんず neo 三鷹】

2024.01.13

 今日は午前中予防注射。
まあコロナワクチンなんだが。
6回目にして初ファイザー。
初めてというのは何にしろ一抹の不安を覚えるもので。


20240113 higomonzu-20


ワクチン接種後は血が騒ぐというか、mRNAという異物を体に入れるわけだからマクロファージやら好中球やら樹状細胞やらが騒ぎ立て、血沸き肉踊る(←用字間違い… とされている)

「なんでもいい、じゃんじゃん持ってこい!」
と、肉肉しいラーメンを食べたりなんかしていたのであった1回目2回目参照)


20240113 higomonzu-11


肉肉しいラーメンということで、三鷹の「ひごもんず」。
ワクチン1回目に食べた新宿「桂花ラーメン」👆 の流れをくむ熊本ラーメン。


20240113 higomonzu-12


桂花の看板メニュー 太肉(ターロー)麺のごとく豚の角煮がゴロゴロのるメニューを、こちらでは角煮ラーメンと称する。
まあ、そのまんまやね。


20240113 higomonzu-13


券売機でそのものを探していると、“まる角ラーメン”というものが目に留まる。


20240113 higomonzu-14


150円も安いので角煮ラーメンの角煮少ないバージョン? と推測されるが、それでも写真には角煮が2個も写っている。
こっちでいいんじゃない? と、ポチッとな。


20240113 higomonzu-15


実は去年角煮ラーメンを食べたとき、角煮が多すぎて(←お店サイド的にはPRポイントだが)、年齢的にそろそろきついかなと。
角煮が2個ものっていれば十分満足できるのである。


20240113 higomonzu-16


ただ、具に生キャベツがなく、それがこれほど物足りなく感じるとは…。


20240113 higomonzu-17-220240113 higomonzu-18


ターロー麺は偉大なり!
てか、ここの角煮ラーメンにも生キャベツのってるんだけどね✌


20240113 higomonzu-19


[DATA]
熊本ラーメン ひごもんず neo 三鷹
東京都三鷹市下連雀3-26-9
https://higomonzu.com/
https://www.higomons-neo.com/
https://www.facebook.com/higomonsneomitaka





[Today's recommendation]


https://youtu.be/_kVSFFaD5io?si=Q5OlGmN7Ah8yw09K



wachat240113.jpg



20240113 higomonzu-22
鉢植えの黄梅


正月_ラーメン🍜 【洞くつ家】

2024.01.06

 年末仕事納めの日(12/28)にゴッソリ仕事が来て、最終期日は01/09㈫だが01/05㈮から段階的に戻してほしい旨。
正月に仕事しろとほぼ言ってるようなもので、人使いが荒いのなんの ( ̄- ̄;) ンー

さすがに三が日は手を付ける気にならないが、そうなると4日フルスロットルで立ち上がらないとアウトっぽい。
そのまま6日まで走り続けた感じ。
松の内にこれほどガッツリ仕事というのは、ちょっと記憶にない。


20240106 dokutsuya-11


ということで、ちゃんと自転車に乗るのはかなり久しぶりで、なんか平衡感覚がグラつくのであった。


20240106 dokutsuya-12


昼ごはんに吉祥寺の「洞くつ家」へ。
正月といえば… と思い出したら、無性に食べたくなった。


20240106 dokutsuya-13


昔からなぜか正月に吉祥寺に行きたくなり、行ったはいいがやっているお店がほとんどなく困っているところに、開いててよかった洞くつ家♪ みたいな過去記事を参照ください)

年末に故あって本屋めぐりをしたときにも感じたことだが、吉祥寺の人出がハンパない。
これもコロナ禍の反動だろうか。


20240106 dokutsuya-14


「洞くつ家」も店内に順番待ち多数。
しかしすでに14時に近く、にもかかわらず他店の状況も似たようなものと容易に想像され、観念して並ぶ。


20240106 dokutsuya-15


注文はラーメン。

待っている間、おねえさんがお好みを聞きに来る。
家系独特の複雑な注文を10人分以上一気に承り、これを間違いなく反映させるという離れ業。
昔住んでいた新丸子の名店「三ちゃん食堂」が思い出され、なかなかの見もの。


20240106 dokutsuya-20


お好みは、“味の濃さ”→“薄味”。
高血圧対策とかではなく、家系はどこもそれがいちばんウマいと思うから。
しかし薄味と頼む客を、昔から自分のほかに見たことがない😅


20240106 dokutsuya-16


具はチャーシュー、ホウレンソウ、ノリ、ネギと、家系の基本形。


20240106 dokutsuya-17


途中、生唐辛子とにんにくを投入。


20240106 dokutsuya-1820240106 dokutsuya-19



新年最初のラーメン🍜
おいしくいただきました。


20240106 dokutsuya-21


[DATA]
洞くつ家(どうくつや)
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-4
https://twitter.com/dokutsuya2003





[Today's recommendation]


https://youtu.be/w8nfte2IcEY?si=PVz96jRvBqiihagv



wachat240106.jpg



20240106 dokutsuya-22


今日は夏日で来週冬至で 【小金井大勝軒】

2023.12.16

 今日、庭仕事をしていて蚊に刺されたワタシです🦟

本日の最高気温、千葉県横芝光町で26.2℃、神奈川県小田原市26.0℃… と、関東各地で夏日を記録。蚊も出るはず。
自転車で走っているとシジュウカラのさえずりさえ聞こえる。

しかしながら、来週は冬至。
お正月は本当に来るんだろうか…?


20231216 koganei-taishoken-11


自転車で軽く38km走って「小金井大勝軒」。
僕のようにほぼ追い込まない自転車の乗り方でも、けっこう汗かいてるし💦


20231216 koganei-taishoken-12


久しぶりにオーソドックスなしょうゆ味のラーメンが食べたくなって、いまいちばん好きかもしれないこちらへ。
どれくらい好きかというと、9月以来という、最近のこのブログとしては異例的ショートインターバルで入るくらい。
しかもそれを覚えていなかったという脳みその温暖化… って、もうええわ ヾ(・ω・o)


20231216 koganei-taishoken-13

20231216 koganei-taishoken-14


風除室の券売機で、いつもどおり中華そばをポチッと。
そのあともおおむねいつもどおりなので、以下はコピペで省力化させていただく。


20231216 koganei-taishoken-15


東池袋系だけに、やはりもりそばが人気だが、僕はどの系統でも頑なにラーメン(中華そば)。


20231216 koganei-taishoken-16-2


もっちりしたストレートの太麺は、大勝軒原体験である「中野大勝軒」を彷彿させ、なんともいえないおいしさ。


20231216 koganei-taishoken-17


ダシは鯖節・煮干しの魚介系の香りが強く、カエシは甘からず。


20231216 koganei-taishoken-18


うま味・風味など、これより強ければ過剰… というギリギリのラインを追究した最高の一杯と、個人的には思っている。

(コピペ終了)


20231216 koganei-taishoken-20


それにしても、こう気温が高いとラーメンというより冷やし中華だろう! と考える向きもあろうかと思うが、一説によると冷やし中華を始めるタイミングは一日の最高気温20℃ライン。

ぼちぼち“冷やし中華はじめました”の季節なんですね… って、違うだろ。


20231216 koganei-taishoken-21


[DATA]
小金井大勝軒
東京都小金井市貫井南町2-16-12
https://koganei-taishoken-group.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/7T7t4JuBDr0?si=NlOjzxqIgEpX3wHj



wachat2312116.jpg



20231216 koganei-taishoken-22
武蔵野公園のオギ原


昔懐かしい気持ち 【ホープ軒本舗】

2023.12.12

 前記事の続きで、「みんみん」からの「ホープ軒」。
ともに昭和時代からこの街を代表する“ザ・吉祥寺”的存在。


20231212 hope-ken-11


トシの瀬は、昔懐かしい気持ちにさせられる。
“今年の◯◯”や“1年の振り返り”といったメディア報道や、年賀状の宛て名の懐かしい名前、忘年会でのあれこれ、等々、過去を振り返る機会が多いため。


20231212 hope-ken-12


ラーメンも当然、昭和ナツカシのお店に強く惹かれるわけで。
…てか、年中そんなお店ばっか入ってる気がしないでもないが。


20231212 hope-ken-14


中華そば+もやし増量をポチッと。


20231212 hope-ken-15


もやしは免罪符というか、最近タンメンばかり食べているのと魂胆はいっしょ。
気休めともいう (;^_^ A

誤解のないように、もやしトッピングもタンメンも大好きではあるので。


20231212 hope-ken-16


さて展開上、1年を振り返ってみて――

今年いちばん多く入ったラーメン店は、間違いなくこちら「ホープ軒本舗」。
記事にするのは3回目だが、おそらく月イチペースで入っている。


20231212 hope-ken-1820231212 hope-ken-19


ちゃちゃっと入りやすい気安さがある。
定期的に食べたくなる中毒性がある。


20231212 hope-ken-17


なにより、昔懐かしい気持ちにさせられる。
トシをとると。


20231212 hope-ken-20


[DATA]
ホープ軒本舗
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12





[Today's recommendation]


https://youtu.be/VInxOLmKWmA?si=FMQqwIa3eQUP2fB6



wachat231212-22.jpg



20231212 hope-ken-21
昔、「ホープ軒」はこのへんにあった


あのころ、とんこつラーメン 【江川亭 小金井本店】

2023.09.26

 東八道路の前原一丁目交差点は多磨霊園の石屋通りと府中運転免許試験場の代書屋通りが交差し、昭和カオスな異次元空間であったと想像されるが、そういったシゴトがすでに夢まぼろしのいにしえの…。
付随してニーズも高かったであろう飲食店の名残のごとく最近まで残っていた古くさいお店も同様に。

今年3月、最後のとりで的「ラーメン関口」が閉店(その後、移転復活)
とんかつ「巌窟王」は去年2月に店を閉め、その隣の「江川亭」はというと……
セ、セーフよぼのぼのちゃん! 💦


20230926 egawatei-11


「江川亭 小金井本店」は2017年、創業地より90m西の前原交番前交差点に移転・健在である。


20230926 egawatei-12


オールドウェーブなとんこつしょうゆラーメンは、いまどきのラーメン店に食指を動かされないオールドラーメンファンにとって貴重な存在といえよう。


20230926 egawatei-13


「江川亭」の創業は1979年といわれる。
いわゆる“江川事件”当時。


20230926 egawatei-14


店名が野球の江川卓氏に由来するというのは有名な話。
一番をめざすという心意気が込められたもので、少しあとの時代の吉祥寺「ぶぶか」と同様なネーミングセンスである。
いまならさだめし“Shoheiラーメン”といったところ。


20230926 egawatei-15


2000年前後にチェーン展開を開始し、東村山にも出店。
同じころ開店した「らあめん花月」とあわせ、当時いまより地位の高かったとんこつラーメンが一挙2店もできたというので東村山の“住みたい街”ランキングがグッと上がったんじゃないの? と大騒ぎになったとかならなかったとか。
まだ若く胃腸も丈夫だった僕らも、深夜に食べに行ったりしたものである😅


20230926 egawatei-1620230926 egawatei-17


東村山店はなぜかほとんど行かなくなり、実に久しぶりな「江川亭」は、初の本店。
角地の明るくきれいな店内。
移転してキャパも大きくなっているんだろうけど、いまどき珍しく券売機が導入されていない。


20230926 egawatei-18

20230926 egawatei-20

20230926 egawatei-19


注文は中華麺。
東村山店では昔からそれしか食べたことない。
たぶんこの先も、ずっと…。


20230926 egawatei-21


[DATA]
江川亭 小金井本店
東京都小金井市前原町5-9-11
https://www.egawatei.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/h9d2ZeAvBgA?si=E-I0sVaL58yzo4CV



wachat230926.jpg


どこか遠くへ 【たから家 本店】

2023.09.25

 ようやく涼しくなって… というにはまだ早く、ようやく涼しい日も増え始め、自転車の距離も延び始め。

西荻窪→富士見ヶ丘→芦花公園と、あまり通ったことのないルートを走り、久しぶりに道に迷う。

そもそも知らない道を地図も見ずにテキトーに走っているので“迷う”も何もないが、テキトーながらだいたいどのあたりにいて、どの方角を向いているか、常に把握しつつ移動しているつもりではある。
それがわからなくなったと。

道に迷うとワクワクする。
突如、知らない街に放り込まれてしまったわけで。

ゆーめー はーるか~♪

すると、どこか見覚えのある景色が。
「実篤公園」
一人旅、終了 (撤収ー!! (-o-\) λλλλλ,,,,,)


20230925 takaraya-41


そのまま崖線を下って野川を渡り、調布の中心部。
迷ったので、腹が、減った……。


20230925 takaraya-40


調布駅徒歩1分のラーメン屋さん「たから家」。
調布はさすがになじみが薄いが、昔、いまよりもっと動き回っていたころから存在し、隣の「宇奈とと」とともに調布で数少ない入ったことのあるお店である。


20230925 takaraya-37


当時、ラーメン本なんかでよく紹介されていて、あいまいな記憶によれば西新宿の「満来」のあたりに支店を出していたような…。
1回しか入ったことがなかったが、女性が取り仕切っていて細やかな気配りの行き届いた、ラーメン屋らしくない… という印象が残っている。


20230925 takaraya-38


20年ぶり? くらいの再訪。
スタッフはやはり女性… だが若い方なので、以前のままというわけではないと思うが、でもお店の印象は変わらず。


20230925 takaraya-31


注文はらーめん。


20230925 takaraya-32


20年前に一度だけ食べたラーメンの味など覚えているはずもないが、こちらの麺は妙に記憶にある。
平打ちっぽい中太の縮れ麺で加水の多いツルッとした食感は、当時(というか、いまも)個性的なのかもしれない。


20230925 takaraya-34-2


スープは鶏ガラベースのやや甘めの優しい味。
歯応えと肉の風味の残るチャーシューがおいしい。


20230925 takaraya-33


昔から食べ○グの点数の低いお店だが、自分にとってそれはどうでもいい話。
接客など雰囲気を含め、リピートしたいかどうかは、人それぞれ。


20230925 takaraya-42


[DATA]
たから家 本店
東京都調布市小島町1-11-7
https://chofu.com/takarayahonten





[Today's recommendation]


最後のダークダックス”遠山 一さん、9月22日死去。93歳 https://youtu.be/6V1hCgo9rH0?si=NgfbMLcxH0CSCmi1



wachat230925.jpg



20230925 takaraya-43-2


無性に食べたくなる 【◯つばき食堂】

2023.09.13

 夏の真っ盛り、日中の猛暑を避けて早朝に自転車乗りをする“朝チャリ”で運動不足解消を図っていたが、ひと月前の記事あたりを最後にパタッとやらなくなった。
そのころからグッと忙しくなり、朝4時起きだと午前中には眠気が来て仕事に支障を来すという、ごく当たり前の理由による。

早朝起きの影響かというと、夜の眠りの質の悪さとその蓄積に真の原因がありそうな気もするが、ともかく暑いし眠いし忙しいし、ひどく朦朧たる日々が過ぎていったという。

たまに昼日中に自転車に乗る。
自然、東に向かっている。
本能的に太陽に背を向けている。


20230913 tsubaki-11


いまだ夏真っ盛りのごとき9月半ばの昼日中。
午前中根を詰め、気晴らしに昼チャリ。
たまに昼日中に自転車に乗るのは、ときどき無性にラーメン食べたくなるから。


20230913 tsubaki-12


無性に食べたくなって、なんとかたどり着いた「◯つばき食堂」。
いま、半径5~6km圏が限界らしい。


20230913 tsubaki-13


このところ幟で推しが強く気になっていた塩ラーメンをポチッと。


20230913 tsubaki-14


お店はいつもながら混んでいる。
もともと車の客が多いので、猛暑は関係ないかもしれない。


20230913 tsubaki-15

20230913 tsubaki-16


こちらは半年ぶりくらいだが、けっこう大きな変化というか、ラーショ系定番卓上調味料のおろしニンニクとラージャンがなくなっていて、代わりにそれらを一体化したような“ニンニク豆板醤あえ”的なものが。


20230913 tsubaki-1720230913 tsubaki-18


当然、使ってみる。
生ニンニクざくざく感は、年齢的・胃腸的にキツいかも。
いや、そういう年齢の人に使ってもらおうという意図ではないから。


20230913 tsubaki-19


こういうある意味極限状態ではっきりすることだが、まわりは自分と違う世界を生きる人々。
どんな世界に生きようともラーメンは変わらずおいしい… とかまとめようと思ったわけじゃないが。
やっぱりおいしいものはおいしい。


20230913 tsubaki-20



[DATA]
◯つばき食堂
東京都小金井市貫井北町3-33-10





[Today's recommendation]


https://youtu.be/43HOnc3nZ5s?si=z0chkIu7287fGlPN



wachat230912.jpg



20230913 tsubaki-22


サイコーの一杯🍜 【小金井大勝軒】

2023.09.02

 土曜日はふつう早めの時間に出られるが、前記事に書いたように自爆的に仕事を残してしまい、それがまた想定外に時間がかかって、家を出るのが正午近くになってしまった。
結局、暑さとの闘いで、無理が利かないのである。

無理が利かない=思う存分ラーメン食えない ( ̄- ̄;) ンー

たとえば新宿のラーメン食べたくなったら片道30kmだろうが自転車こいでいくが、クルマでラーメンというのは考えられないという、そういう意味。

ところが、土曜日だからか、9月という秋の暦に入ったためか、近場の人気ラーメン店は大行列だったりする。
あるいは皆さん、思う存分ラーメンが食べられない夏を過ごし、欲求不満がたまっているのかも。


20230902 koganei-taishoken-11


いくつか行列店をパスしつつ新小金井街道を南下。
結局、いまいちばん食べたいと思っていたラーメン屋さんにたどり着く。


20230902 koganei-taishoken-12


「小金井大勝軒」もこのエリアを代表する人気店で、かなりにぎわっている気配ではあるがキャパが大きいので外に行列ということにはなっていない。


20230902 koganei-taishoken-13


東池袋系小金井グループとか、シノギの世界さながら何かとメンドイこの渡世。
そんなの知らん! という雑然たる店内の雰囲気が好き。
長年染み付いた魚介だしの匂いと相まって、心底落ち着く。


20230902 koganei-taishoken-1420230902 koganei-taishoken-1520230902 koganei-taishoken-16


風除室の券売機で、いつもどおり中華そばをポチッと。


20230902 koganei-taishoken-17


カウンター(大テーブル)に通される。
一見コワモテ? なおにいさん方の親身な接客が、いちばんのポイントかも。


20230902 koganei-taishoken-18


東池袋系だけに、やはりもりそばが人気だが、僕はどの系統でも頑なにラーメン(中華そば)


20230902 koganei-taishoken-19


もっちりしたストレートの太麺は、大勝軒原体験である「中野大勝軒」を彷彿させ、なんともいえないおいしさ。


20230902 koganei-taishoken-21


ダシは鯖節・煮干しの魚介系の香りが強く、カエシは甘からず。
うま味・風味など、これより強ければ過剰… というギリギリのラインを追究した最高の一杯と、個人的には思っている。


20230902 koganei-taishoken-22-2


ここがあればほかにラーメン屋、いらないかな😅


20230902 koganei-taishoken-23


[DATA]
小金井大勝軒
東京都小金井市貫井南町2-16-12
https://koganei-taishoken-group.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/_iKRLmtq7CE?si=s_l9MqrW0ht06HrQ



wachat230902.jpg


Latest Articles
辰年に行くべき… 【馬橋稲荷神社】 Mar 02, 2024
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2